LINEで分かる“長続きするカップル”の特徴。定番のLINE内容も解説!

彼氏や彼女とのLINEって何を話すのが正解?今記事ではカップルで定番のLINE内容や長続きするカップルのLINEの特徴など詳細にご紹介。LINEの頻度やスタンプの返信、一言や短文の返信はアリなの?を詳細にご説明していきます。恋人と末永く続くようなLINEを御覧ください!

男女共通。カップルでするLINEの内容は悩むもの

カップルのLINE

付き合っている彼氏や彼女へのLINEの内容って悩みますよね…。毎日LINEをしないと落ち着かないけど、長く付き合えば付き合うほどネタ切れになるもの。また、付き合って間もないころも相手のLINEのテンションやペースがわからず悩むこともよくある話。

そこで今回はカップルでする定番のLINEの内容や、カップルでLINEをする時に気を付けることについてご紹介します。


話題がない男女へ!カップルに定番の「LINEの内容」

まずはお馴染みのLINEの内容。ネタ切れの方や他のカップルはどんな会話をしているか知りた人はチェックです!


LINEの内容1. 「おはよう」「おやすみ」の挨拶

多くのカップルがやり取りしているのが、「おはよう」「おやすみ」の挨拶。

また、「おはよう」と「おやすみ」を毎日言い合えるLINEのやり取りができるのは、友達同士だからではなく、カップルならではだからできる特権

特に話題がなくても互いが不安にならないため、生存確認の意味を込めて朝と夜は連絡しても良いかもしれません。


LINEの内容2. 「今日のランチはこれ」「ここに来た」という実況

「一緒に過ごしていない時間も、できるだけ共有していたい」そんなカップルの中には、LINEでこまめに実況休憩をしているカップルもいるようです。

例えば「今日のランチはこれだよ」と写真を送ったり、「今こういうことしてるよ」との内容を送ったり。

特に返信しているわけではなくても、自分のペースでLINEを送れるのはカップルだからこそのやり取りです。


LINEの内容3. 「今から帰る〜」「仕事終わった〜」という報告

一緒に住んでいるカップルやデート前のカップルは、「今から帰る」「仕事終わった」との業務連絡を取り合うことも。

普段は長文のやり取りをしない、LINEのやり取りが長続きしないカップルでも、このような業務連絡や挨拶は欠かさないカップルも多いようです。

「会った時にたくさん話したいから」「文字だけのやり取りで誤解を与えたくないから」と頻繁に連絡を取らないことも1つのカップル像ですよね。


LINEの内容4. 「今から空いてる」という急な誘い

友達や先輩、後輩よりも急なお誘いをしやすいのがカップルの特権。

特にやり取り中の流れではなくても、「ていうかさ、今から会いに行っていい?」「バイト終わった後空いてる?」と急なお誘いをしても許し合える関係なカップルも多いのではないでしょうか。

もちろん誘う時は一方的にならず、相手へのおもいやりを忘れずに。


LINEの内容5. 「次のデートどこ行こっか?」という話

特に共通の話題や、LINEをする内容、話題がなかった時には次のデートの予定を立てるカップルも。

ただ「次のデートどこに行く?」「どこでもいいよ。○○は行きたいとこある?」「うーん…特にないかな」というやり取りが続いてしまうと相手の機嫌を損ねがち。

だから、そのような流れになった時には「夜までに行きたいところ決めてみるから、○○も考えてみて?」と提案し、お互いに行きたい場所を提案しあうとLINEも盛りがります。


LINEの内容6. 仕事でこんなことがあった話

仕事や学校であった話、今日のことについて報告するのも定番中の定番。

中でも、仕事の都合で時間が合わないカップルは、自分の仕事中の相手の動向が気になるもの

そんな時には「今日何していたの?」と正直に相手に尋ねるLINEを送ってみても良いですよ。


LINEの内容7. ただただスタンプを送り合うじゃれ合い

好きな人同士、仲の良い人同士だからできるのが、ただただスタンプを送りあうじゃれ合い。

内容もなかったり、発言をしないとのこともあってよほど気心の許した相手としかできないやり取りなので、カップルでLINEする時に行なう人も多いよう。

たまには可愛いスタンプで「好き」という気持ちを伝えて、カップルのラブラブ度をアップさせてもよいですよ。


LINEの内容8. 共通の友人や知人のおもしろ話

なかなか話が長続きしなそうなときや、話題が切れてきた時におすすめなのが、共通の友人や知人のおもしろい話。

なんとなくLINEを続けたいけれど、続かない時には、「前に合った○○が~」と第三者の話をすることで相手の興味を引き付けることができるでしょう。

また不安な気持ちや好きな気持ちを、架空の第三者の話題として振って、相手の真意を確かめても良いかもしれません。


LINEの内容9. 「今日も楽しかった。ありがとう!」などのお礼や感謝の内容

楽しかったデートの帰り道、一人になったとたんに寂しさが押し寄せて来るのは、仲良しなカップルだからこそのこと。

そんな気持ちを正直に表したり、「今日も楽しかった。ありがとう!」とLINEを送りあうカップルが多くいます。素直にお礼や感謝を送りあえるのはカップルが長続きする内容ですよね。

また、特に男性から見ると、彼女がしっかりと帰宅できたかは心配ですよね。そのため「帰ったら、教えてね」だなんてやり取りをするカップルもいるでしょう。


LINEの内容10. 最近のマイブームの共有

カップルの中には最近のマイブームを共有し合うカップルも。

例えば、好きなスポーツチームを応援していると同じ試合を見ながら「今のプレーかっこよかったね」「今日の○○選手キレキレだね」と実況中継して、まるで一緒に見ている気分を味わう人も。

共通の趣味があると、LINEでの話題ややり取りも増えそうです。


LINEの内容11. 次のに行く予定の旅行の話

デートだけでなく、次の旅行に行く予定を決めるカップルもいます。

そんなカップルはいつものトークルームではなく、LINEのグループを別に作り、そこでその話題をすることも。

通常のトークルームで話すと、行きたい場所の情報や写真を見るために遡るのに苦労しますが、話題ごとにまとまっていると遡りやすくおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


長続きするカップルのLINEの特徴6つ

LINEのテンションや返信するテンポが合わないとストレスがたまるもの。そのことが原因で別れにつながるなんてことにもなりかねません。

そこで、ここからは長続きするカップルのLINEの特徴についてご紹介します。


1. 相手の意見を尊重する

まず大切なのが相手の意見を尊重すること。文字でのやり取りだからこそ、口頭で言い合う冗談が通じないこともあります

だから、相手の意見に賛同できない時には喧嘩に発展してしまうこともなおさら。相手の意見を尊重できないと思ったときは、電話や直接話すようにすることが長続きの秘訣です。


2. お互い無理しない頻度で連絡をする

付き合ってLINEをしていくうちに「相手が絵文字を使わない人」、「1つ1つのLINEをちゃんと読んでから返してくれる人」「短文ですごいスピードで返信してくる人」なのか、特徴がわかるようになります。

それを理解した上で、お互いに無理しない頻度で連絡をしましょう。

特にSNSがそんなに得意ではない彼女・彼氏から返信が来ないうちに、LINEを連投するのはおすすめしません。


3. 基本的に短文でやり取りをする

長文で送ったLINEに対して「了解」「そうなんだ」と短文で送られてくると、「この人、話に興味がないのかな」と思ってしまいがち。

だからこそ、長文のLINEには長文で返信しようとする人が多いのではないでしょうか。

でも、長文でLINEを送ろうとすると億劫になってしまうもの。お互いのためにも短文でやり取りすることをおすすめします。普段返信が短い彼氏さんは要注意です。


4. 要件を端的に伝える

直接会って発言する以上に、言葉だと相手の気持ちや意図がわからない時があります。

長続きしているカップルの中には、このことを理解しているカップルも多く、そういうカップルはLINEでは要件を端的にさらっと伝えている印象です。

大事な話やおもしろい話は会った時に、LINEはあくまでも連絡手段と切り分けてもいいかもしれませんね。好きな彼女・彼氏だからこそ、伝えたいことはスパッと伝えるのが大事です。


5. 二人の共通の話題や言語がある

カップルのLINEの中には、2人だけの共通言語があることも。

例えば、最近2人でブームとなっているお笑い芸人の昔の動画でおもしろいものを見つけては送りあったり、2人ともおいしいお店めぐりにはまっているなら写真を送りあったり。

また、2人だけではまっている言葉尻で会話をすることもあるでしょう。

共通のことがあると「話題がない~」と悩むこともなく、それがカップルとしての長続きの秘訣なのかもしれません。


6. お礼や挨拶を欠かさない

LINEだけでなく、直接会った時の会話の中でも言えることですが、長続きするカップルはお礼と挨拶を大切にしています。

「この間欲しいって言ってた○○を見つけたから買っておいたよ」と言ってくれた時に「わーうれしい!」と返信するよりも先に「ありがとう」と言う。

「仕事終わった~!」とLINEが来たら、自分の話したいことがあっても、まずは「お疲れさま!」と返信する

特に彼氏が何かをしてくれた時には、彼女はしっかりと答えるとぐっと信頼感が生まれます。長続きするカップルに共通して言えることです。

【参考記事】はこちら▽


彼女・彼氏との関係を長続きさせるためにLINEで気をつけたい5つのこと

長続きするカップルのLINEの特徴を見ると、少しの気遣いや思いやりを忘れず大切にしているとの印象を受けました。

そこでここからは、長続きするためにLINEで気を付けたいことを紹介します。


1. 批判的なことや、ネガティブな発言はしない

まずは、LINEでは批判的なことやネガティブなことを言わないとのこと。

やはりマイナスな話は、相手の気持ちも下げるもの。直接の会話ではスルーできても、スルーすることが難しいLINEでは、相手のことを思って、できるだけ避けることをおすすめします。


2. 長文や一方的なLINEを送らない

長文のLINEは、雑な返信ができないゆえに相手の「返信しよう」という気持ちを薄れさせてしまうもの。

また、一方的に連投するLINEも相手に「どこから返そう…」という気分にさせてしまう傾向にあり。

「もし、こうやってLINEが送られてきたらどう思うか」相手の立場に立って自分のLINEを見直してみましょう


3. LINEはあくまでツールという認識を忘れない

LINEはあくまでも連絡する手段です。

LINEの登場する前、メールをまとめて見る人がいたように、電話にすぐには出られない人がいたように、LINEを見るのも返信するのも個人のタイミングで良いのです。

だから、相手からの返信が思い通りじゃなくても、いちいち悩まないようにすること。あくまでも連絡するためのツールに過ぎないということを忘れないようにしましょう。


4. 返信が少し遅いくらいで催促しない

LINEを見るタイミングや返信するタイミングが人それぞれであるとのことは説明しました。

だからこそ、気を付けなければいきないのは返信が少し遅いくらいで催促しないとのこと。

例え、あなたがLINEが来たらすぐに返すタイプでも、相手はあとでまとめてみる派であるということはよくある話。

そんな彼氏・彼女に「早く返信してよ」と言ってしまうと、ストレスを与えかねず別れの原因になってしまうかも。


5. 誰だけ親しくなっても、相手への思いやりを忘れない

LINEだけでなく、付き合うことにおいて大切なことですが、どれだけ親しくなったとしても、相手への思いやりは忘れないようにしましょう。

恋人とはいえども、しょせんは他人です。どれだけ気が合う人でも、あなたの考えていることすべてを理解し、すべてに賛同する人はきっといません。

だからこそ、親しくなったとしても「こうされたら、相手はどう思うか」を考えて、わがままになりすぎないようにしましょう。


長続きするカップルのLINEは“思いやり”が大切

今回はカップルのLINEの特徴や、長続きするカップルのLINEの特徴、長続きするカップルになるためにLINEで気を付けることを紹介しました。

LINEは連絡するための手段でしかないとのこと、相手の気持ちを思いやるとのことを忘れないようにして、楽しい日々を送ってくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事