自然消滅するカップルの理由10選│自然消滅したい時&したくない時の対処法とは

自然消滅という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際に自然消滅は何ヶ月連絡が取れない期間が過ぎると自然消滅になるのでしょうか。今回は、自然消滅の定義から自然消滅する男女の心理や理由だけでなく、自然消滅をしたい人orしたくない人に向けて対処法を紹介していきます。

カップル必見!自然消滅について詳しく解説します。

自然消滅するカップル

「自然消滅で恋人同士が別れた」というのは、いったいどれぐらいの期間連絡を取らないとそう言えるようになるのでしょうか。

何となく使ってきた言葉だけど、改めてそう聞かれると答えられなかったりしますよね。

今回は、自然消滅とはどういう状態かという定義から始まり、その心理や理由から、自然消滅したい人・したくない人それぞれの対処法を紹介します。


自然消滅とは?定義や期間は?

自然消滅とは、それまで恋人として付き合ってきた2人が、突然音信不通になる、あるいは少しずつ疎遠になるなどして別れに至った状態を指します。

それでは、いつまで連絡を取らないでいると自然消滅になるのでしょうか。

期間はそのカップルによって感じ方が違うため、一概に「この期間連絡を取らないと自然消滅」という決まった期間はありません。

ただ、相手から連絡がないことも気にならず、お互いに忘れてしまった状態に至れば、自然消滅が成立したと言えます。


【男女別】恋人と自然消滅してしまった10個の理由を解説

ここからは恋人と自然消滅してしまった10個の理由について、男女別に解説します。

男性と女性で、自然消滅についてどのような捉え方の差があるのか、逆に共通点はどれぐらいあるかを確認してみてください。


彼氏と自然消滅してしまった理由

まずは、女性が彼氏と自然消滅してしまった理由から見ていきましょう。

あれほど好きだった彼氏のことを求めなくなった女性心理とは何なのでしょうか。

女性特有の理由をまずは押さえておきましょうね。彼女と自然消滅したくない彼氏は要チェックです。


1. 傷つくような言葉を言われてしまったから

彼氏から傷つくような言葉をぶつけられたとき、女性は距離を置いて心の傷を癒やそうとします。

普段あんなに優しかったのに、どうしてこんなにきつい言葉を投げかけたのか、とショックを受けている可能性もあるでしょう。

もしくは、それまでずっと彼氏の言動に我慢していたけれど、我慢し切れなくなったのかもしれません。

いずれにせよ、これ以上彼氏と顔を合わせたくないという状態まで追い込まれた心理状態になると、女性は連絡しなくなります。


2. 自分からなかなか積極的に連絡が取れないから

内気な性格で、いつも彼氏の方から声をかけてもらっていた女性の場合も自然消滅に至りやすくなります。

自分からなかなか積極的に連絡が取れず、彼氏が連絡しなければそのままになる、というパターンです。

最初は彼氏からの連絡がなくて寂しく思いますが、そのうちだんだんと彼氏と一緒にいない状態が普通になります。

その状態が長く続くと、付き合っていること自体がどうでもよくなり、自然消滅が成立するという流れです。


【参考記事】はこちら▽


3. 喧嘩をして、仲直りができなかったから

喧嘩をすると気まずくなりますよね。

うまく仲直りができず、わだかまりが残ってしまい、意地を張って連絡を取らないようになる、というパターンもあります。

最初は我慢をして連絡を取らなくなるのですが、だんだんと相手への気持ち自体が薄れて「もういいや」となる状態に。

そこまで至ってしまうと、連絡すること自体の心理的な壁が高くなってしまいます。

そしてそのまま何となく気にはなりながらも放置して、いつのまにか自然消滅に至るという結果になるのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 遠距離恋愛で、自然と連絡をしなくなったから

遠距離恋愛は、付き合い方を工夫しないと自然消滅を招く可能性が高くなる交際の仕方です。

物理的な距離があると、連絡をして会う努力が重要になります。

しかし、あまり会わなくなると相手への気持ちが薄らぎ始め、下がったテンションを再び盛り上げる機会がありません。

女性が彼氏からの連絡がないこと自体に慣れてしまうと、女性の心は彼氏から離れてしまう、という結果につながります。


【参考記事】はこちら▽


5. 束縛が激しかったり、暴力を振るわれてしまったから

彼氏の束縛が激しい、暴力を振るうなど、一緒にいてストレスの多い関係も自然消滅の原因になります。

あからさまに拒否をすると身の危険があるため、女性は少しずつ距離を取って自然消滅を計画するのです。

そこまで女性に用心させてしまう彼氏は、自分のやっていることに無自覚なので、気が付くと女性から連絡が途絶えた、という状況に。

このように、距離を取らざるを得ない場合にも、男性を刺激しないよう注意しながら、女性は自然消滅に持っていきます。


【参考記事】はこちら▽


彼女と自然消滅してしまった理由

では、彼氏が彼女と自然消滅してしまった理由にはどのような傾向があるでしょうか。

男性と女性の間で、自然消滅の原因がどう変わってくるのか知ることで、自然消滅しないように対処することもできます。

女性の場合と同様、5つの理由をまとめました。


1. 性格の価値観などの、相性が合わなかったから

趣味の方向性が違ったり、金銭感覚があまりにもかけ離れているなど相性の違いを感じると、男性は自然消滅したいと考えるようになり連絡してこなくなる場合があります。

もともと男性はこまめに連絡を取ることが苦手なタイプが多いためです。

性格が合わないとストレスを感じるようになり、連絡することが非常に億劫になってしまいます。

彼女から連絡しないとあっという間に自然消滅になりがちなパターンです。


2. 他に好きな人ができて、そっちの女性に流れたから

男性は新しいもの好き。新しい恋人ができると、そちらの方に夢中になります。

結果として、新しい女性ができると、以前の女性には連絡しないという状態に。

誠実な男性の場合は、きちんと前の彼女に別れを告げますが、彼女とできる限りもめたくないから、自然消滅に持ち込むという男性もいます。

このときの自然消滅では、昔付き合っていた女性もできる限り傷つけたくないから、というズルい理由を述べる男性も少なくありません。


【参考記事】はこちら▽


3. 愛情表現を拒まれてしまい、傷ついたから

愛情表現をすること自体が嫌になってしまったことが原因で、だんだんと連絡しなくなったというパターンもあります。

男性は、女性とはまた違う繊細な一面を持っています。

自分にとって精いっぱいの愛情表現をしたのに彼女に受け入れてもらえないと、自尊心が傷つけられ、なかなか立ち直れません。

そうなってしまうと、男性は連絡すること自体がストレスになり、自然消滅したいと考えて彼女との間に溝を作ってしまうのです。


4. 仕事が忙しくて、パートナーに対する気持ちが冷めたから

よく聞かれる別れの原因に、仕事の忙しさが挙げられます。

女性は比較的器用で、仕事と恋愛の切り替えをうまくやっていくのですが、男性は切り替えがうまく行かない人が多いのです。

男性は、「仕事なら仕事」と割り切って集中することで成果を上げていきます。

仕事のことで頭がいっぱいになると、その他のことが目に入らない状態に。

やがて彼女に対する気持ちが薄くなり、自然消滅へと向かいます。


5. デートの日程が会わなくて、いつの間にか連絡を取らなくなったから

デートの日程が合わずに何度かデートの予定が流れると、だんだん気まずくなります。

「誘ってもまたダメになるのではないか」と思うと、連絡を取ること自体に心理的な障壁ができてしまうパターンです。

悪意がないとは言え、せっかく誘っているのに何度も断られると、男性は「拒まれた」と感じてしまいます。

こうなってしまうと、連絡したいという気持ちが薄れて自然消滅する方向に…。


【参考記事】はこちら▽


どうして?自然消滅してしまう男女の心理とは

ここからは、自然消滅してしまう人の心理を8つにまとめて紹介します。

どういう心理状態で自然消滅するのかを知ることで、そうならないための対処法を考えることも可能です。では、順番に見ていきましょう。


心理1. 相手に対しての好きな気持ちが薄れた

そもそも、相手に対して好きだという感情が薄れてしまうと、自然消滅したくなります。

交際している状態は煩わしいけれど、積極的に分かれるという行動を取るのもエネルギーがかかるので、自然消滅という形で楽になりたいのです。

相手のことを本当に想っているなら、少々エネルギーを使ってもきちんと別れを告げようとするもの。

それさえしないほどに、相手に対する気持ちが薄れてしまっているということなのです。


【参考記事】はこちら▽


心理2. 彼女や彼氏以外に、好きな人ができた

恋の始まりは、他の異性なんて目に入らないほど、好きな気持ちで溢れていますが、付き合いが長くなってきて、気持ちが落ち着くと相手の欠点が見えるようになります。

そんな時、他の魅力的な異性と出会ってしまうと心惹かれる男女が多いようです。

できれば、波風を立てずにそっと相手の前から姿を消したいと考えるようになり、自然消滅を選択します。

彼女や彼氏から連絡があっても、のらりくらりと交わして、自然消滅の成立を目指すのです。


心理3. 金銭的に厳しい状態になってしまい恋愛どころではなくなった

この心理には、その人の見栄が大きく関連しています。

交際相手に金銭事情を知られたくないという心理が働くと同時に、必死になってお金の工面をしたり、働いたりして日々を必死に生きている状態です。

相手には「仕事が忙しい」という言い方で、会いたいとう連絡にも応じなくなり、相手側も諦めるように。

会う回数が少なくなると、相手側の情熱も薄まってくるので、自然消滅しやすくなります。


心理4. 傷つくようなことをされて落ち込んでいる

恋愛感情が傷つきたくないという気持ちに負けるため、相手に連絡する気力が起こりません。

相手の顔や声を見聞きするだけでも嫌、という相当強い嫌悪感情を引きずっている状態です。

このような心理状態になってしまったら、相手側が相当誠意をもって謝るなど「もうあなたを傷つけません」というメッセージを明確に伝えなければ自然消滅まっしぐらに。

修復がかなり難しいケースです。


心理5. 別れを切り出すのが気まずい

別れを切り出してもすんなり受け入れてもらえそうにない、あるいは非常に面倒なことになると感じている場合、この心理状態になります。

付き合っている相手が、ちょっとヤンデレなタイプや繊細ですぐに自殺してしまいそうなタイプなど、修羅場になることが予想される相手は、特に別れを切り出しにくいもの。

また、別れを告げる自分の方に非がある場合も、自分が非難されてこじれることが予想されるため、別れを切り出しにくくなります。


心理6. この先関係をどうするか迷っている

この先、恋人との関係をどうするか迷っている場合、積極的に自然消滅をするというより、迷っているうちに自然消滅を招いてしまう場合もあります。

この心理状態は優柔不断な人によく見られ、恋愛に積極的でなくなっている状態です。

恋人との良い思い出もあり、未練が多くあることは間違いありません。

しかし、良い思い出よりも、交際によって生じる問題の方が重いと感じているため、交際に積極的になれないのです。


心理7. 事故や何かのトラブルに巻き込まれてしまった

事故や何らかのトラブルに巻き込まれてしまった場合、相手に迷惑を掛けたくないという心理から、自然消滅を選びたくなります。

この場合、相手には比較的愛情が残っている状態です。

もし、何らかの形で、原因となるトラブルが解決した場合、改めて相手に連絡したい、と考え直す可能性も残っています。

自然消滅したくなる心理の中では、比較的復活の可能性が残っているケースですので、復縁を望む人には努力の余地が残されていると言えるでしょう。


心理8. 今が忙しすぎて連絡を取る暇がない

とにかく今が忙しくて連絡を取る暇がない場合も、自然消滅したくなる心理につながります。

忙しさが続くと精神的にも疲れ果てるため、心が大きく動くようなことをするのも億劫になるのです。

「いくら忙しいとはいえ、連絡する時間ぐらいあるだろう」と相手から指摘されると、ますます連絡に対する心理的な障壁が高まりかねません。

相手にこちらから連絡するにしても、様子を見ながら頻度を少なくする必要があります。


自然消滅は嫌!連絡したいという方へ対処法を紹介します。

「どうしても自然消滅したくない」「相手との関係を継続したい」という方へ、対処法を解説します。

順を追って対処していくことで、相手への関係を継続させられる可能性は高められますよ。ここでご紹介する対処法をぜひ試してみてくださいね。


対処法1. なぜ自然消滅をしてしまったのか理由や原因を考える

ここまで見てきたように、自然消滅を招いている原因を見極めなければ、自然消滅したいという相手の心理を解消することはできません。

まずは、相手がどういう気持ちから今の行動に出ているのかをじっくりと考えてください。

ある程度相手の心理に目星がついてから、それに応じた対応を進めていきましょう。

そうすることで、自然消滅を防げる可能性はかなり高まります。


対処法2. まずは原因になっていることを改善する努力をする

相手が自然消滅したくなっている原因が見極められたら、その原因を解消するように工夫するところから始めましょう。

最近デートがマンネリ化しているようなら、何らかの方法でこれまでとは違ったデートができるように考える必要があります。

仕事が忙しかったり、あまりお金がないようなら、連絡の頻度を自ら少なくしながらも、定期的には必ず連絡するようにしましょう。

例えば、1日に何回も連絡をしていたなら1日1回にする、これまでが1日1回なら1週間に1回にするなど、現状よりも減らしてください。

自分の連絡したい気持ちを抑え、あくまでも相手に負担を掛けないようにすることがポイントです。


対処法3. 無理に追いかけるようなことはせず、もう少し返信を待ってみる

子どものころ、これから宿題をしようとしていたのに親から「宿題まだやってないでしょ、しなさい」と言われてげんなりしたことはありませんか?

人は、これからやろうとしている物事を他人からせかされると、やる気が失われるものです。

返信の催促があまりにも多いと、逆に連絡したいと思わなくなる心理もこれと同じこと。

返信を促したくても連絡はできる限り避けることが重要です。


対処法4. 「体調大丈夫?」など短文で相手を気遣う内容を送ってみる

「最近あまり連絡が取れていない」「返信が返ってこない」場合は、相手を気づかう短文のLINEなどを送ってみましょう。

まずは、相手が返しやすい形で連絡を復活させることを目標にします。

相手側から返信があった場合、相手が返信を返してきた速度に合わせてこちらも返信しましょう。

相手からの返信が嬉しくてすぐに返したくなる気持ちも分かりますが、ここは少しずつやり取りを復活させることを重要視してくださいね。


対処法5. 自分から何かしらの方法で別れを告げ、自然消滅にしない

連絡を取っても返信がない場合は、はっきりとけじめをつけて新しい道を選択しましょう。

自分のためにもこちらから別れを切り出し、自然消滅を避けてください。

相手に別れを告げることで、相手があなたに対する愛情が残っているかどうかに気付くこともできます。

しかし、相手の気を引くために別れを口にすると逆効果です。

あくまでも、自分がこの恋に見切りをつけ、新しい出会いに進むために必要なことだと決心してから行動してくださいね。


対処法6. 復縁したい場合は、適切な冷却期間を挟み、自分磨きに没頭する

自然消滅した関係を復活させたい場合は、これまでと違う自分の魅力を相手に気付いてもらう必要があります。

そのために、これまでの自分にはない魅力を増やすつもりで、自分磨きに打ち込みましょう。

恋愛以外で打ち込めることを見つけることで、相手に対して連絡を取りたい気持ちを抑えられます。

あなたからの連絡が途絶えたことで、相手は逆に焦って連絡してくるかもしれません。

冷却期間は諸説ありますが、嫌な思い出が薄れるには3ヶ月~半年ぐらいが良いという説もありますので参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽


対処法7. 自然消滅を受け入れ、次の恋愛に進む

ここまで自然消滅を回避するための対処法について見てきましたが、残念ながらいくら努力してもダメな場合もあります。

その場合は、割り切って新しい出会いと恋愛を進めるようにしましょう。

あなたが新しい出会いを見つけて相手のことを忘れたころに、相手から連絡が入るというパターンもあります。

いずれにせよ、停滞している関係にあまり固執しないことで次の動きが出るものです。


自然消滅したい!理由があって別れたい人にテクニックを紹介

ここでは、自然消滅を望む人のために、その手段をご紹介します。

なかなか別れられない相手や問題のある相手との関係をフェードアウトすることでもめごとを回避したい方は、ぜひ参考にして、自然消滅を成功せてくださいね。


1. 引っ越しをしたり、実家に帰ってしまう

まずは、物理的に相手が連絡を取れなくするテクニックとして、引っ越しを推奨します。

引っ越し先は相手が知らない街や、自分の実家がおすすめです。

実家の場合、連絡しても当人以外が出てくる可能性もあり、連絡をする心理的障壁は高くなります。

このようにして、連絡が取れなくなることで、相手側が諦めてくれる可能性に期待しましょう。

頑張ったのに引っ越し先にまで連絡が来るようなら、別の方法を試す必要があります。


2. LINEの返信の頻度をだんだん減らしていく

LINEは手軽に連絡が取り合える上に、相手から何らかの連絡があることを通知もしてくれる便利なツールです、

これぐらいならまあいいか、と返信してしまいそうになる点がLINEの凄いところですが、自然消滅を望むなら返信頻度を減らします。

相手との接触回数、接触時間を減らすことで、相手側の情熱も落ち着く可能性が上がりますよ。


3. デートは忙しいことを言い訳にして上手く断る

デートを断る理由として、最も無難で効果的なのは「忙しい」です。

忙しいと聞くと、相手もそう何度も連絡ができなくなります。

相手側も、忙しい相手に何度も連絡を入れるとウザがられるだろう、ということを想像するためです。

理由としても「忙しい」にはいろいろな意味が含められるため、相手に言いにくいことがある場合はぜひ使ってみてください。

何度かうまくデートを断ることで、自然消滅が成立する可能性はさらに高まります。


4. LINEをブロックや未読無視する

自然消滅をさせる総仕上げとして、最後にLINEをブロックするか、未読無視をして、相手に無言の意思表示を伝えます。

さすがに未読無視が続くと、相手は自分と連絡を取りたくないことに気付く人が多いもの。

これで、多くの場合は自然消滅が成立します。

ここまでやっているのに連絡をしてくる相手の場合、自然消滅は難しいかもしれません。その場合は、腹をくくって話し合う必要も出てくるでしょう。


自然消滅したい人もしたくない人も、対処法を参考にしてみて。

自然消滅について、そうしたくなる心理や原因を見てきました。

同じ自然消滅でも、裏にはいろいろな心理がありましたね。

自然消滅をしたくないと考える人も、逆に自然消滅を望む人も、それぞれに使えるテクニックはいろいろあります。

ご紹介している情報をうまく役立てて、自分の望む方向に前進していってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事