年下彼女 × 年上彼氏の年の差恋が長続きする「8つの付き合い方」

年上彼氏の皆さん、彼女が年下だからって子供扱いしていませんか?今回は年下彼女との上手な付き合い方やメリット&デメリット、魅力や男性の本音を徹底レクチャーします。年の差カップルならではの心配事や不安、結婚観などもばっちり解決。彼女の魅力を全面に引き出して、周りが羨む幸せカップルに!

男性なら一度は付き合いたい。可愛い年下彼女

年下彼女との上手な付き合い方とは.jpg

年上男性とのお付き合いって、女性なら一度は憧れるもの。学生時代に社会人男性と付き合うことって、いつの時代も女性にとってはステータス。

最近、年下男性×年上女性の恋愛も主流となりつつありますが、やはり可愛い年下彼女を欲しいと思う男性は多いはず。 けれど、年の差ゆえの悩みもついてまわるもの。そこで今回は、年下女性の攻略法&長続きする付き合い方を伝授していきます。


そもそも、年下彼女と付き合うメリットは?

年下彼女と付き合うメリットと魅力.jpg

男性から人気抜群の年下彼女。「付き合うなら年下が良い」と豪語する男性も中にはいますよね。それだけ年下彼女と付き合うと同年代とは違う、魅力があるということなのでしょう。ここから、年下彼女の魅力と付き合った時のメリットについてお送りしていきます。


1. 年下彼女の魅力

年下彼女の魅力.jpg

まずは、年下彼女の魅力について。女性側も「年上の男性に甘えたい」、「リードして欲しい」という願望を持っている人も多いのが実情。同年代の男性には中々見せないところを年上男性には見せてくれるのかもしれません。年下彼女独特の魅力について解説します。


年下彼女の魅力① 遠慮なく頼ってくれる

年下彼女の魅力は、遠慮なく頼ってくれる所。しかも年下だからこそ多少のわがままは許せますよね。頼られれば頼られるほど、「俺がしっかりしないと」と責任感も生まれて行きます。責任感の積み重ねは、貴方の男らしさをより底上げしてくれるでしょう。気づいたら、自然と器も広くなっているのかもしれませんね。

【参考記事】女性が考える器が大きい男の特徴はこちら▽


年下彼女の魅力② ストレートに愛情表現をしてくれる

愛情表現の仕方は、十人十色ですがやはり1番嬉しいのは“ストレートな愛情表現”。デートの帰り際、LINEのやり取りをしている時も恥ずかしがらず「好きだよ!」の直球勝負。大人になればなるほど、「惚れたもん負け」という考えが先行して愛情表現が出来ないこともありますよね。愛情表現1つにも躊躇しない年下彼女の無防備さは、ある意味最強かも。


年下彼女の魅力③ 自分に釣り合おうと背伸びする

「年下で経験も少ないけど、彼氏に認めて欲しい」という思いから背伸びしたがる年下彼女。デートの時、大人っぽい格好をしてきたり慣れないお酒を頼んでみたり。釣り合おうと頑張る姿を見ると、自分のために背伸びする姿が愛おしくて仕方ないと思う男性も多いことでしょう。

【参考記事】まさしく男性が好きな彼女にしたい女性ですね▽


年下彼女の魅力④ 何でも一生懸命

社会人経験も少なくて、右も左も分からない年下彼女。仕事も恋愛も全て一生懸命で不器用な所も見えますが、全力で応援したくなります。もし年下彼女が悩んでいたら、ついアドバイスしたり話を聞いてしまうのではないでしょうか。しっかりした自立した女性も魅力的ですが、世話を焼きたくなる年下彼女も成長が楽しみで見守っていきたい存在になりますね。

【参考記事】何か話したい時はしっかりと話を聞くことを意識してくださいね▽


年下彼女の魅力⑤ 素直さ

年下彼女の1番の魅力は、なんと言っても素直さ。デートしたり、何かプレゼントをあげても毎回素直に「ありがとう!」と大喜びしてくれたり、何かアドバイスすると素直に話しを聞いてくれたり。この素直さは、同年代や年上の女性にはない年下の魅力でしょう。


2. 年下彼女と付き合うメリット

年下彼女のメリットとは

続いて、年下彼女と付き合うメリットについて。同年代の女性とは違った魅力を放つ年下彼女だからこそ、付き合った後も貴方自身に良い影響を与えてくれます。貴方の恋愛の仕方、生活の仕方まで前向きに変えてくれるかも?年下彼女と付き合うメリットについてご紹介していきます。


年下彼女のメリット① リードしやすい

年下彼女から見ると、年上男性は知識も豊富で頼りになる存在。何かあれば、貴方に何でも相談してくれますし、「すごい!」「知らなかった!」と立ててくれるはず。年下彼女と付き合うと、頼られる場面が多いと思うのでさりげなく彼女をリードできるのです。女性をリードしたいけど、中々器用にリードできない男性は年下彼女がおすすめです。

【参考記事】忘れてはいけない大切なエスコート術はこちら▽


② 周りに自慢できる

年下彼女を射止めということが貴方自身の自慢になります。やはり男性にとって若い女性は、魅力的なので1度で良いから年下女性と付き合いと、願っている人は比較的多いでしょう。なので、年下の彼女という存在は周りから羨望の眼差しを受けるでしょう。この優越感に浸れるというのも年下彼女ならでは。


③ 自分自身が若くいられる

若い女性と付き合っていると、自然と若者言葉を知れたり最近の流行りもどんどん耳にする機会が増えます。つまり、年下彼女と一緒にいるだけで自分自身もどんどん若返った気分になるのです。いつまでも若々しく、おじさんで終わりたくない男性は年下彼女を狙うべきでしょう。

【参考記事】様々な会話にもついていけるいい男とは▽


3. 覚えておくと良いかも、ちょっとしたデメリットとは

年下彼女のデメリット.jpg

「恋愛に年齢なんて関係ない!」と言いたいところですが、避けては通れない現実があるのも事実。年下彼女と付き合う彼氏が、目を瞑っても気になってしまう悩みがこちら▽

  • ジェネレーションギャップを感じる
  • 彼女と同年代の男たちに嫉妬する
  • 結婚への温度差
  • 体力の違い
  • わがまますぎる
  • 中々甘えられない

年の差が離れている程、それに比例して悩みも増えていくもの。しかし、悩みを減らす努力を怠らなければ、年下女性と長くお付き合いすることは可能です。マイナスに目を向けすぎず、相手を受け入れる体制をしっかりと整えてくださいね。

【参考記事】わがままなな彼女との上手な付き合い方とは▽


年下女性の攻略法&年の差カップルが長続きする付き合い方

年の差カップルが長続きする方法.jpg

ここまではメリットについてお話しましたが、実際に付き合ってみると現実はなかなか違います。ここから、年の差カップルが長続きする8つの妙技をお伝えするので、ぜひご覧ください。


1. 彼女だって一人の淑女。子供扱いをしない。

「そんなことも知らないの?」

「まだ若いからね」

など。彼女が年下だからって、思わずこのようなセリフを口にしてはいませんか?年上の彼氏に甘えたい女性は多いですが、子供扱いされたい女性は居ないでしょう。むしろ、 「そんな子供扱いする女性と付き合ってる自分はどうなの?」 と思ってしまうのが本音のところ。自分より若い女性はどうしても未熟に見えがちですが、信頼して“一人の女性”として彼女と接しましょう。


2. ジェネレーションギャップを楽しむ

年の差カップルの一番の悩みとも言えるのが“ジェネレーションギャップ”。カラオケデートや好きな芸能人、他にも流行ったテレビ番組など。年齢・年代が違うので、こればっがりはどうしようもありません。

けれど、それでもジェネレーションギャップを埋めたいなら、日頃から情報収集は怠らないこと。今は何が流行っているのか?相手の興味あることを知ろうと歩みよる気持ちや姿勢が大切です。

【参考記事】カラオケでハズさない鉄板ソングを厳選しました▽


3. 余計なプライドを捨てて、自分から甘えてみる

年上の男性は何事もスマートにこなし、隙がないと思われがち。だからこそ、たまには自分の失敗談を包み隠さず話してみたり、子供みたいに甘えてみたり。「俺が常にしっかりしないと」という気持ちを持つことは、頼り甲斐があって立派です。 しかし、完璧すぎる男性は逆に敬遠されてしまう恐れもあるので注意しましょう。

【参考記事】わがままな男性がモテるのは、自然と相手に甘えるのが上手だから▽

 

4. 年齢のせいにしない(年齢=ただの数字)

年齢のせいにしない.jpg

「もう歳だから」

このようなセリフを彼女の前で口にしてはいませんか?デートする度に「疲れた」「もう歳だから」と言われると「え、もう言動からおじさん化始まってるじゃん。」と内心萎えてしまいます。

間違っても、大人の男性とおじさんは一緒ではありません。いつまでも若々しく、上手な年のとり方をしてくださいね。

【参考記事】年を話題に上手に自虐ネタにしてみて▽

 

5. 時にはストレートに愛情表現を

年上男性に限りませんが、女性はやっぱり「好き」の気持ちを言葉にして伝えてもらいたいものです。特に、いつも寡黙な人ほど愛情表現をしたら、喜びは2倍・3倍と膨れ上がります。マメに伝えるのが照れくさい方は、記念日や特別な日に伝えてあげるが◎。どうしても恥ずかしくて言い出せない男性は、想いを手紙に綴って渡してみるのも素敵ですね。しっかりとストレートな気持ちを伝えてあげましょうね。

【参考記事】彼女への愛情表現の方法について大公開▽

 

6. ”大人の包容力”で相談にのる

何か嫌なこと、困ったことがあって思い悩んでしまったとき、女性は彼氏についつい相談したくなるもの。そんな時は、真剣に耳を傾けてあげましょう。

但し、一つだけ注意点。女性心理として、「相談聞いて」=「私の話を聞いて(くれるだけでいい)」ということなので具体的な解決策を言うのは避けるのが吉。相手の女性が「どうしたらいい?」と具体的な解決策を求めた時だけ、解決策を答えましょう。女性の本音と建前をしっかり見極めてくださいね。

【参考記事】女性の本音と建前をしっかりと見極めて▽

 

7. 結婚について一度じっくり話し合う

年下彼女と結婚について話す.jpg

年齢が離れているほど、結婚に対する価値観は食い違ってきます。貴方がもし30代以上なら、“結婚”の2文字が頭をよぎるはず。周りが既婚者ばかりならより強く感じるはず。「まだ彼女は若いし。この先のことを話すのは重いかな?」と相手に気を気張ってしまいますよね。

けれど、実は彼女側も結婚に対して真剣に考えている可能性もあります。思ったことを口に出さないカップルも多いですが、日頃からお互い素で話し合える関係を構築しましょう。

【参考記事】女性が結婚したいと思う男子の特徴とは一体?▽

 

8. 時には彼女の為を思って。“厳しく叱る”

彼女が年下だと、ついつい可愛くて甘やかしてしまうもの。少しのわがままなら可愛いですが、毎回続くとどんどんエスカレートしていきます。 さらに、なんでもわがままを聞いていると、彼氏から都合の良い男にグレードダウンしてしまうので注意しましょう。

【参考記事】優しいと甘やかすは一緒ではありません!▽


年下彼女に対する男性の本音を大公開

年下彼女に対する男性の本音.jpg

魅力いっぱいの年下彼女ですが、実際付き合っている男性側の本音が気になるところ。 ここから、実際にアンケートを実施して「年下彼女と実際に付き合っている男性の本音」についてお送りしていきます。年下彼女と付き合うとどんな実態があるのでしょうか?


年下彼女と付き合って良かったこと

「2歳年下の子と2年半付き合ってたけど、あまり経験が無かったからデートはどこ行っても喜んでくれた。誕生日プレゼントも初めて貰ったみたいで大喜び。あの時は、めちゃくちゃ張り合いがあった。」(23歳・商社)

「今の彼女は3歳年下。元々職場が一緒の子で仕事を教えるうちに仲良くなって交際スタート。アドバイスしている時、一生懸命な姿が今でも印象的だった。多少生意気なところもるけど、やっぱ可愛い。許せちゃう。」(26歳・営業)

「知人の知り合いで8歳離れている彼女と出会って、趣味が一緒だったから共通の話題 もあって意気投合。1年くらい交際して、ちょうど向こうが結婚適齢期だったからそのまま結婚しました。若干、ジェネレーションギャップはあるけど喧嘩はほとんどない。」(33歳・自営)


やっぱり年下彼女はかわいい!

年下彼女と付き合うと、反応が可愛い&喧嘩が少ないという意見が目立ちますね。「許せちゃう」というところも可愛くて仕方ない様子が見えますね。多少生意気な発言があっても、年下彼女ならそれすら可愛く見えてしまうようです。


彼女が年下だからこそ不安の悩みや不安

「3歳離れてて、自分が社会人で彼女が大学生です。彼女は、人付き合い良くてサークルでも男友達多いんですよね。正直、同年代の男友達が多いから若干心配に思う時もありますね。同年代ってやっぱ話し合いますもん。」(24歳・医療)

「5歳離れてるんですが、仕事が割と激務なんで中々会えない時があってそのうち浮気されそうで怖いですね。相手24歳でもうそろそろ大人だし、声をかけられやすい年齢だから余計に怖いです。」(29歳・IT)

「金銭感覚とか価値観が違うなって思う時がありますね。7歳下の彼女と同棲してるんですが、まだ自分にお金をかけたい年齢なのでボーナス入ったらすぐバッグ買ったり、感情のままにお金遣うタイプなんですよね。もう少し年齢重ねて落ち着いてきたら金銭感覚変わると信じたい。」(32歳・メーカー)


やはりかわいいから心配に…

意外と多かったのが、年下彼女の浮気への心配。特に社会人と学生カップルは、会える時間が少ないので浮気の心配があるのかも。そして、年齢が離れてるからこそ金銭感覚や価値観のギャップもあるようですね。お金に関しては、人生の先輩である自分がより理解しているのでそこは冷静に見てしまいそう。


年齢の違いを受け入れつつ、周りが羨むカップルで居続けよう。

年下彼女と最高の時間を.jpg

生きてきた長さは違えども、せっかく巡り会えた二人。それなのに、自分達じゃどうにもならない年齢の違いに縛られすぎるのはもったいないです。年の差カップルの皆さんに贈りたいのがコチラ▽の言葉。

“年齢というものには元来意味はない。若い生活をしている者は若いし、老いた生活をしているものは老いている。”(井上靖)

Smartlogメンズの皆さんが、少しでも悩みを解消し、彼女と2人の時間を大切に過ごせるよう。そして、幸せなカップルが増えることを切に願っています。

【参考記事】長く続くカップルには共通点があります▽


【参考記事】自分にとっての運命の人の特徴とは▽


【参考記事】いい女ってどういう人?▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事