【完全網羅】年の差カップルの良いこと&悪いこと|年上・年下が上手く行く6つの秘訣

現在では芸能界でも多くなってきた“年の差カップル”。好きな人と年齢差が気になる方に今回は年上彼女や年上彼氏、年下彼女、年下彼氏のメリット&デメリットを全て大公開。長続きする秘訣や年の差ならではの結婚の悩み、芸能人カップルまでお届けしていきます。

年の差カップルが増えてきたけれども実際のところどうなの?

甘える年下彼女

芸能界でも一般人でも年の差カップルが増えてきましたよね。男女問わず年上好きな人から年下好きの人までいるのも事実。同年代とは違った魅力を感じるのでしょう。でも、もし自分が好きな人と年が離れていたら上手く行くのか不安に思うこともありますよね。

今回は年の差カップルのメリットor デメリットから、長続きする秘訣までお送りします。年齢が離れた人に片思い中の方から現在進行形でお付き合いしている方は、必見です。


【目次】

  • そもそも「年の差」を感じる年齢は?
  • 同い年では味わいにくい年の差カップルの「メリット」
  • 年齢ならではの問題も…年の差カップルの「デメリット」
  • 年齢が離れているからこそある年の差カップルの「悩み」
  • 年の差カップルが長続きする6つの“コツ”
  • 「芸能人」の年の差カップルのご紹介

そもそも「年の差」を感じる年齢は?

年の差カップルの年齢


実際、何歳離れていると年の差と感じやすいのでしょうか。男性サイドと女性サイドそれぞれの意見をチェックしてみましょう。年齢差も実際どこまでOKなのか許容範囲も気になりますよね。


【アンケート実施】男性が年の差を感じる年齢

「年上なら7歳上。年下なら13歳下。年上は10歳以上離れていなければ許容範囲。年下は一回り離れていると年の差を感じる。」(23歳男・不動産)

「年上なら5歳上。年下なら20歳以上。年下は何歳でも正直OK。」(30歳男・広告代理店)

「年上なら10歳上。年下なら10歳まで。区切りよく±10歳。それ以上離れていると親戚のおばさんか子供にしか見えない。」(29歳男・公務員)


許容範囲:年下何歳でも。年上なら5〜10歳。

年下の女性を彼女にする場合は、許容範囲の広さを感じますね。ところが、年上の女性を彼女にすると5〜10歳まで。10歳以上になるとかなり年の差を感じるのが、男性の本音のようです。


【アンケート実施】女性が年の差を感じる年齢

「年上なら10歳上まで。年下は3歳下まで。20歳以上年上の人は、親に見えちゃう。5歳以上年下だと弟にしか見えない。」(25歳女・美容)

「年上なら13歳上まで。年下は5歳下まで。年上はちょうど一回りが区切り。年下は5歳以上離れてると話題がついていけないし子供にしか見えない。」(30歳女・外資系コンサル)

「年上は10歳上まで。年下は正直考えられない。基本リードされたいから年上がいい。」(24歳女・旅行代理店)


許容範囲:年下は3〜5歳下まで。年上10〜13歳上まで。

女性の場合、年下に対する年齢差がシビアな印象でした。年上に関しては、男性並みに許容範囲が広かったですね。年上にリードされたい願望を持っている女性が多い傾向がありますね。


同い年では味わいにくい年の差カップルの「メリット」

年の差カップルのメリット


続いて、年の差カップルのメリットについて解説していきます。年が離れているからこそ同年代とは違った世界を見せてくれるのが年が離れている恋人の醍醐味。【年上彼氏】・【年下彼氏】・【年上彼女】・【年下彼女】と分けてお届けしていきます。


年上彼氏と付き合う3つのメリット

年上彼氏のメリット

男性にしっかりリードされたい願望を持つ女性にとって憧れの年上男性。一度年上男性と付き合うと、虜になる女性も多いのが現実。そんな年上彼氏の魅力とは?


年上彼氏のメリット① 経験豊富で包容力がある

学生時代や社会人になりたての頃は、年上で経験のある年上男性と付き合うことを女性なら誰しも憧れますよね。デート中もエスコートしてくれたり、話も聞いてくれる年上の彼氏だったら、毎日安心して過ごせそうな予感がしますよね。

リードされたい願望が強い女性なら相性ぴったりでしょう。器が広い男性と恋愛をすると、自分自身の成長にも繋がるでしょう。


年上彼氏のメリット② 経済力があり、余裕を感じる

経済力がある年上彼氏

自分よりも社会人歴が長い男性は、当然経済力もあってデートの費用も負担してくれるでしょう。学生同士や同年代だと、割り勘になったりデートの費用を考える場面は付き物。

でも、年上彼氏なら費用面での心配が少ないのでデート場所も好きな所に行けますね。経済力があることで心の余裕もある男性が多いはず。

【参考記事】余裕がある男性についてレクチャーしていきます▽


年上彼氏のメリット③ 結婚を考えやすい

もし年上彼氏が25歳〜30代前半で結婚願望がある人なら、結婚の話も自然と出てくるでしょう。子供は将来何人欲しいか・どんな家庭を築きたいか前向きな話が多ければ、結婚までの道はすぐそこかもしれませんね。女性も23歳〜27歳で結婚願望があれば、将来性抜群のカップルになるでしょう。

【参考記事】年上彼氏が結婚を考える時とは?▽


年下彼氏と付き合う3つのメリット

年下彼氏のメリット


続いて近年流行の年下彼氏の場合。自立した大人の女性と同年代の男性は衝突しやすい時もあります。そこで、敢えて年下彼氏と付き合って自分が主導権を握る女性もにわかに増えています。実は、年下彼氏って狙いどころかもしれませんね。


年下彼氏のメリット① アクティブなデートができる

年下彼氏の最大のメリットは体力があること。デート先も「スポッチャ」や長時間歩く「遊園地系」を指定しても息切れせず一緒に楽しんでくれるでしょう。

外出が大好きなでアクティブなデートを積極的にしていきたい女性は、年下彼氏と一緒にデートすればあっという間に楽しい時間を過ごせるでしょう。


年下彼氏のメリット② 将来性があって成長が楽しみ

年下彼氏は将来性がある


彼氏の年齢が若ければ若いほどその分将来性もあるというメリットがありますね。年収も年々上がっていく可能性が高いですし、経験を重ねていけば器も広くなっていくので思わず色々期待したくなりますよね。

年下彼氏の将来図を想像しながら付き合っていくのも楽しそうですよね。


年下彼氏のメリット③ 自分なりに教育できる

しっかり者の女性が年下彼氏をゲットして、「自分好みのいい男」に育てる恋愛スタイルが流行りつつあります。恋愛経験豊富な年上女性から教わりたい男性も増えているので、需要と供給が一致していますね。

年上彼氏は、素直で柔軟性抜群なので年上女性も1から全て教えがいがあるのかもしれませんね。

【参考記事】まだまだある年下彼氏のメリットを大公開▽


年上彼女と付き合う2つのメリット

年上彼女のメリット

男性の草食化が浸透している時代だからこそ、年上のお姉さんにリードして貰いたい願望を持つ男性も増えつつあります。「年上の女房は草鞋を履いてでも探せ」という言葉もあるように、年上の女性は男性を導く存在でもあります。では、どんな魅力があるのでしょうか。


年上彼女のメリット① 弱みを見せやすく、甘えれる

男たる者強くありたいと思いますよね。でも、時には鎧を全て脱ぎ捨てて弱い自分もさらけ出したくなります。ただ、同い年の彼女や年下彼女の前で弱みを晒すのは抵抗を感じる人も多いでしょう。

「話しても理解してくれるかな」と一瞬ストップがかかってしまうんですよね。でも、年上彼女なら包容力があって、どんな自分であっても受け止めてくれるでしょう。人生経験が豊富なので話を聞く胆力も優れていますよ。


年上彼女のメリット② 人間的に尊敬できる

仕事や恋愛、プライベートで沢山揉まれた女性ほど、大人の魅力が溢れ出ていますよね。物腰が柔らかい人や否定せず受け入れてくれる人女性が多いでしょう。そんな年上女性は人間的に尊敬出来るので、一緒にいると自分の格も上がったような気分になりますよね。

【参考記事】年上彼女のまだまだある魅力に迫ります▽


年下彼女と付き合う2つのメリット

年下彼女のメリット

「若い女性と付き合う=ステータス」というバブル期の風潮も未だに残っています。まだ経験が浅い年下女性は、素直で従順に見えることも多いのだとか。年下女性と付き合うとどんなメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。


年下彼女のメリット① 弾けるような若さがある

年下彼女が持つ最大の武器は、ズバリ若さ。仕事で疲れた男性は、若い女性と一緒にいるだけで元気を貰えて癒されるものです。ハリのあるモチモチした肌は、健康的で若い女性特有の魅力です。そして、若い女性を求めるのはやはり男性の本能とも言えるでしょう。

【参考記事】若い女性の魅力に迫ります▽


年下彼女のメリット② ワガママも可愛く思える

人生経験が浅い年下女性のワガママは、手に負える範囲で可愛く思えます。「もっと一緒に居たい」とか、「デートはここに連れて行って欲しい」など。余程、贅沢なことを要求されない限り全部許したくなるでしょう。しかも、してあげたら思いっきり笑顔で喜ぶのでそれがまた可愛いんですよね。

【参考記事】年下彼女のメリットに迫ります▽


年齢ならではの問題も…年の差カップルの「デメリット」

年の差カップルのデメリット

物事は表裏一体でメリットもあれば、当然でメリットも付いてきます。年の差カップルだからこそ、悩むこともあるのです。しかし、デメリットをあらかじめ知っておけば回避できることも沢山あるので知っておいて損はありません。こちらも【年上彼氏】・【年下彼氏】・【年上彼女】・【年下彼女】の順でお送りします。


年上彼氏の3つのデメリット

年上彼氏のデメリット

女性にとってメリットばかりの年上男性。でも、付き合いが長くなると年上彼氏のマイナス部分がどうしても目についてしまいます。実際、どんなデメリットがあるのでしょうか?


年上彼氏のデメリット① 頑固でプライドが高い

年齢を重ねると自分の価値観も出来上がって来ますし、譲れない部分も出てくるのは誰しも仕方がないこと。ハイスペックで仕事に誇りを持っている男性ほど、頑固でプライッドの高い一面を持っています。頑固な人を変えるのは、至難の技。自分が一歩引いて、年上彼氏を立てて上手く操縦する癖をつけた方が良好な関係を築けるでしょう。


年上彼氏のデメリット② 体力のなさを感じることがある

年上彼氏のデメリット

年齢を重ねると大人の魅力に溢れてきますが、その分体力はどうしても衰えていきます。もちろん個人差はありますが、休日も近場デートを求めたり外出を嫌がる年上男性も中にはいます。どうしても遠出をしたい時は、相手の長期休みを狙って提案してみると◎。


年上彼氏のデメリット③ 価値観や言葉使いがおじさん臭い

10歳以上年齢が離れていると、考え方や言葉使いに対しておじさん臭さを感じてしまう場面がどうしても避けて通れません。仕事の話をすると、「俺らが若手の時は」と昔話を繰り広げる人や昔の流行り言葉をそのまま使ってしまう人も中にはいます。

もしおじさん臭いと感じても、「昔はそうだったんだね」と言って聞き流してしまいましょう。


年下彼氏3つの「デメリット」

年下彼氏のデメリット

成長株の年下彼氏。まだ相手側にさほど経験がなければ楽しい時間を過ごせますが、どうしても避けて通れない女性特有の悩みをあらわにすることも。年下彼氏を持つ女性にあるあるの悩みはこちら。


年下彼氏のデメリット① 結婚のタイミングが合わせにくい

年下彼氏が20代前半の場合、結婚願望はほとんど無いでしょう。仕事にも慣れて居ない頃ですし男友達と沢山遊んでいたい時期です。年上彼女がアラサーで結婚願望が強い女性なら、結婚のタイミングが掴めなくてモヤモヤしてしまうことも。年上彼女が焦らず気長に待てるかが鍵ですね。


年下彼氏のデメリット② 気持ち的に甘えにくい

年下彼氏のデメリット

「人は年齢で判断できない」と思いたいのですが、年下男性に思う存分甘えられないジレンマを抱える年上女性も沢山います。普段の会話や仕事の価値観を聞いていて、「子供っぽいなぁ」と思う節がいくつも見つかると、どこまで甘えても平気なのかつい考えてしまうようです。

普段から小さなことでも良いので、年下彼氏を頼る癖を付けて甘える訓練を付けて様子を伺ってみるのも良いかもしれませんね。


年下彼氏のデメリット③ デート代を負担することが多い

年下彼氏を持つとデート代を多めに出したり、割り勘にする人が多数派でしょう。でも、今時の女性は堅実で貯金もしっかりしていてバリバリ働く人も増えたので「デート代が割り勘でも気にしない」という声もよく聞きます。

今まで年上男性と付き合っていたり、奢られる機会が沢山あった女性は「奢って欲しい」とつい思ってしまうかもしれませんね。


年上彼女の2つの「デメリット」

年上彼女のデメリット

自立心たっぷりで頼りになる年上女性。男性側も背伸びしなくて良いので、一緒に居て安心する存在でしょう。年上女性に対して不満を感じる男性の声もほとんど聞いたことはありません。問題は、声を大きくして言えないデリケートな“あの問題”。


年上彼女のデメリット① 早い段階で結婚を匂わされる

相手がアラサーで結婚願望がある女性なら早めに結婚したいのが本音のところ。相当結婚願望が強い年上彼女なら、「友達が今度結婚するんだよね」や「子供欲しいな」と結婚を匂わせてきますね。

予防策として上手くかわして言っても終わりがないので、ハッキリと「俺◯◯歳になるまで結婚は考えてないんだわ」と意思表示をして置いたほうがお互いの為でしょう。


年上彼女のデメリット② 自分より早く老けてしまう

どんなに綺麗な女性でも老いには逆らえません。若々しさを保つには、本人の努力次第でしょう。とは言え、年下男性と付き合っていれば自然と美容に力を入れたり工夫をしているので、しっかり対策を取る女性の方がマジョリティです。

食事等で気をつけていることがあれば、できる限り協力の姿勢を見せてあげて。


年下彼女の2つの「デメリット」

年下彼女のデメリット

可愛くて仕方ない年下彼女。でも、よくよく考えたらつい甘やかしてしまって自分の首を絞めてしまう時もあります。年下彼女を持つ男性が陥る悩みとは?


年下彼女デメリット① 世間知らずで常識やマナーに乏しい

まだ人生経験も浅い年下彼女。マナーや常識に乏しい場面も当然あります。相手が学生なら尚更。そこで、年上彼氏の出番です。年下彼女のマナーがなってなければ、優しく注意してアドバイスをしてあげると◎。

注意しておきたいのは、「そんなことも知らないの?」と上から言うこと。相手目線に立ってあげましょうね。


年下彼女デメリット② 常に甘えられてしまう

年下だからつい甘やかしたくなってしまいますが、相手がもし依存タイプの女性なら常にベッタリしたがるでしょう。最初は頼ってくれて嬉しく感じますが、気づいたら負担に感じてしまうかも。

時々、年下彼女を頼って彼女にも自発性を身につけさせた方が◎。あまりにも甘え過ぎたら、少し距離を取ってみたりバランスを常に意識しましょう。お互いの為です。


年齢が離れているからこそある年の差カップルの「悩み」

年の差カップルの悩み

ここからは男女共通の悩みについて。年齢が離れているからこそ、ライフイベントに関することから関係性や周囲の視線まで悩むことも多々あります。「もっと年齢が近ければ」と思わず感じてしまう出来事は付き物です。年の差カップルあるあるの悩みとは?


① 父と娘、母と息子のような関係になってしまう

相手と年齢が離れていると、恋人同士というよりかは親子のような関係になってしまいます。つまり、対等な関係を維持できないということ。時々は年上側が甘えたり弱みを見せていきましょう。年下が年上に頼りきりの状態をいかに回避できるかが大切ですよ。


② 結婚や出産の調整が難しい

年の差カップルの悩み 結婚

結婚と出産は、タイミングが全て。そして1番大切なのは、相手もその気があるのかということ。もしどちらかが結婚願望が強くて、早めを希望するのなら時と場合によっては別れを選ぶことも決断の1つでしょう。

悲しいですが、「結婚」と「恋愛」は土俵が違うので改めて相手が適切な相手か見極めることも大切です。特に女性が年上の場合は、リミットがあるのでシビアな目線が必要ですよ。


③ 夜の関係がものたりない

年齢と性欲は、密接な関係があります。男性の性欲のピークは、10代後半〜20代。女性の性欲のピークは、30〜40代と言われています。なので、年上彼女と年下彼氏の場合頻度で悩むことは少ないでしょう。

逆に年上彼氏と年下彼女で、年齢差が20歳もあると男性のやる気が出ないということも。年上彼氏の場合は、頻度よりもいかに質で勝負できるかが課題でしょう。


④ ジェネレーションギャップを感じる

年の差カップルの悩み

世代が違うのでジェネレーションギャップの違いも当然出てきます。この場合、お互いの世代の価値観を理解できるかが鍵になります。生まれ育った時代が違うので、それぞれの時代の良い所探しをして悪い所は目をつむりましょう。

1つでも多く共通点を作って、趣味のことを話ししたり新しい価値観を2人で取り入れる癖をつけると◎。


⑤ 周りからの目が気になる

年齢差が大きければ大きいほど、周りからの視線が気になりますよね。自分たちが釣り合っているのかと考えてしまうこともあるでしょう。どう見てもカップルに見えないということもあり得ます。

でも、それを一々気にしていたらキリが無いので周りの目を気にしない習慣を作りましょう。あと、周囲はそこまで自分達を見ていないという意識も必要ですね。


年の差カップルが長続きする6つの“コツ”

年の差カップルが長続きするコツ

最後は、年の差カップルが長続きする秘訣についてレクチャーしていきます。年齢が離れているとは言え、せっかく結ばれた2人。年齢のせいにしてばかり居ては、前に進むことは出来ません。

実際、2人の努力次第で解決できることがほとんどです。いつまでも年の離れた恋人と仲良くお付き合いしていきたい前向きな方は、ぜひとも実践していきましょう。


① 価値観がそもそも違うことを受け入れる

そもそも生まれた世代が違うので価値観も違って当然。どっちが正しいかよりも、これからどうしていくか。どんどん新しい価値観が生まれていくので、それを共有できるように工夫していきましょう。違いを楽しむくらいの気力が必要ですよ。


② 経済的に依存しない

年の差カップルでよくあるのが収入が多い方に依存しがちなこと。特に年上彼氏を持つ女性は、デートの費用も生活費も頼りきりになってしまうケースが多いです。

もし対等なお付き合いを望むなら経済的に依存することは避けていきましょう。いつまでも仲の良い年の差カップルは、お互いに自立してこそ。「相手に何かあっても自分がしっかり支える」くらいの気力を持っておきたいですね。


③ お互いの意見を尊重する

お互いの意見を尊重する

年の差カップルあるあるですが、年上側に主導権があってつい意見を通してしまいがち。年上だから自分がしっかりしないという気持ちが強くなりますが、相手の意見にも耳を傾ける余裕を持っていきましょう。

逆に年下側は、相手の意見も尊重しつつ頼りきりにならないように、バランスを保ちましょう。何か決め事をする時は、お互いの意見を尊重する癖を徹底してみて。


④ 年齢を意識せず、フラットな目線で接する

年の差をどうしても気にすることがありますが、“年齢=ただの数字”というのも頭の片隅に入れておきましょう。

年齢のことはあまり意識せず相手のことをフラットに見て接していくと、もっとお互いに理解も深まるはず。「年上だから」とか「年下だから」と固定概念は取っ払いましょう。


⑤ お互いの時間を大切にする

お互いの時間を大切にする

年の差関係なく、自立した恋人関係を築くにはお互いがどれだけ自分の時間を大切に出来るかに関わっています。恋人と会えない時間に自分の時間を満喫して、自分をアップデートしていきましょうね。

それぞれの時間を大切にした方が相手に依存し過ぎず、程よい距離感を保てますよ。


⑥ 自分磨きを怠らず年齢に負けない魅力をつける

これは、双方に言えることですが自分磨きをし続けることは長続きする為の必須項目。若いからと言って胡座をかけば、気づいたらただ年齢を重ねているだけの状態になっていくでしょう。

このまま老けるだけとフットワークが重いままなら、若々しさとは程遠くなります。年齢以上に魅力を発揮するには、常に目の前のことを頑張ってベストな自分を保ちましょう。

【参考記事】長続きするカップルの秘訣に迫ります▽


「芸能人」の年の差カップルのご紹介

芸能人の年の差カップルの紹介

芸能界の年の差カップルは、おしどり夫婦が多いのが特徴的。しっかりと家庭を築きながら、お互いの仕事に良い影響を与えているんですよね。芸能人の年の差カップルの成功例を参考がてらご紹介します。


【男性が年上パターン】山本耕史と堀北真希(13歳差)

2〜3度舞台やドラマで共演する機会があった2人。山本さんが堀北さんに何度も「電話番号教えて」とアプローチしたのにも関わらず、立て続けに断り続けた堀北さん。それでも6年間片思いをし続け、40通のラブレターを送り続けて京都入りする堀北さんの新幹線に乗りプロポーズ。

見事「交際ゼロ日婚」を成功させたや山本さんの一途さが話題になりましたね。堀北さんも電撃引退を果たし、妻業に専念中だとか。


【男性が年上パターン】渡部健と佐々木希(15歳差)

「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)で、佐々木希さんとの結婚を発表したお笑い芸人の渡部さん。恋愛マスターとして定評があった渡部さんのテクニックに、佐々木さんも思わず惚れてしまったと噂されています。結婚後は、「芸能界の最強カップル」と言われお互いに仕事の幅も広がりまさに公私共に順風満帆状態です。


【女性が年上パターン】小雪と松山ケンイチ(8歳差)

長身で実力派俳優の松山さん。年上でクールビューティーな小雪さんに結婚前提で交際を申し込んだ時に「あなたのようなひよっこで大丈夫?」と切り返されたエピソードは有名です。2年間に及ぶ交際を経た後に、見事ゴールイン成功。子供3人にも恵まれています。松山さんはイクメンぶりも有名で、仕事終わりは一切飲みに行かず真っ直ぐ家に帰って子供をお風呂に入れるのを日課にしているのだとか。

【参考記事】はこちら▽


【女性が年上パターン】ほしのあきと三浦皇成(12歳差)

一世を風靡した元グラビアアイドルのほしのあきさんと才能溢れる競馬ジョッキーの三浦皇成さん。番組出演を経て、交際をスタートしてゴールインを果たした2人。

当時は、女性が年上で男性が年下パターンが珍しく世間を賑わせていました。その後、楽馬で大怪我をした三浦さんを必死に支えるほしのあきさんの献身ぶりに共感の声が殺到したのだとか。今でも仲良く夫婦生活は順調と聞きます。


年の差カップルであることを活かして前向きなお付き合いを。

年の差カップルが長続きする秘訣

年の差カップルのメリット・デメリット、長続きする方法まで盛りだくさんでお届けしました。年齢差があると、悩むことや相手のことを理解するまでに時間がかかることもあるでしょう。でも、年の差カップルだからこそ同年代と比べて喧嘩が少なかったりお互いにとって刺激的な存在になるはず。

回避できるデメリットは早急に対処して、メリットを見続けて楽しくお付き合いをしていきましょう。年齢に決して囚われすぎず。


【参考記事】女性が年上であるメリットとは?▽


【参考記事】年下彼女と年上彼氏についてはこちらを参考にしてみてくださいね▽


【参考記事】年下彼氏が求めるものに迫ります▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事