付き合い始めの不安を解消する方法とは|関係が長続きする秘訣も解説!

好きな人と結ばれても、付き合い始めには多くの嬉しさも不安もありますよね。そこで今回は、付き合い始めは長続きに大切な期間である理由から、付き合い始めにあるあるな不安、交際直後だからこそカップルが心がけたいことまでを解説!さらに、長続きする10の秘訣と注意点まで紹介していきます。

付き合い始めって不安がたくさんありますよね。

付き合い始めの不安を解消する6つのポイント

付き合い始めだと、デートに行くだけでつい緊張してしまいますよね。付き合い始めの場合、「これから上手くいくかな」などと不安に思うカップルも多いでしょう。

この記事では、付き合い始めに抱えやすい不安から付き合ったからこそ心がけたいこと、さらには長続きする秘訣から注意すべきことについて解説します。

彼氏彼女と付き合い始めたばかりの人はぜひ参考にして、交際を長続きさせてみてくださいね。


付き合い始めは関係を長続きさせるのに大切な時期!

付き合い始めは関係を長続きさせるのに大切な時期!

彼氏彼女として付き合うことになった時、だいたい3ヶ月ほど経過すると二人でいることに緊張しなくなります。そうすると、マンネリや倦怠期といった問題に直面してしまう可能性も。

そうして仲違いしないためにも、付き合い始めはできるだけ仲が深まるような努力が必要不可欠。付き合い始めにしっかりと注意をしておくことで、時間が経っても良好な関係が保ちやすいです。


多くのカップルが抱える付き合い始めにあるあるな6つの不安

多くのカップルが抱える付き合い始めにあるあるな不安

付き合い始めの場合、様々な不安が頭によぎってしまうことも。ここでは、多くのカップルが抱える付き合い始めにおける不安について解説します。

ぜひ参考にして、自分に当てはまっていないか確認してみてくださいね。


不安1. 本当に好きでいてくれているかどうか

たとえ相手から猛アプローチして付き合いに発展した場合、付き合いに発展したことに安心して、一気に連絡がなくなるケースも少なくありません。

LINEしてても返信が遅くなることも多く、自分のことをどう思っているのか疑問に思ってしまうことも。特に相手が口下手だった場合、さらに不安が増すケースも考えられます。


不安2. 友達ではなく、恋人として付き合えているかどうか

大人になると、「友達以上恋人未満」などの曖昧な関係になってしまう人も少なくありません。片方は付き合っていると思っていても、もう片方は友達だと思い込んでいるケースも。

「付き合ってください」などの言葉がない状態で付き合い始めたときは、相手に「付き合っていない」と言われることを恐れがち

「私達、付き合っているよね?」と聞けず、つい不安になってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


不安3. 長続きするかどうか

多くのカップルが抱える付き合い始めにあるあるな不安は長続きするか

付き合い始めはワクワクしていることが多く、「できるだけ長続きさせたい」と考えるカップルがほとんどでしょう。ですが、まだお互いのことをしっかりと知らない可能性が高いです。

そのため、デートの時のちょっとした意見の食い違いなどがあった時、相手が何を考えているかわからないので、「長続きするかな」と不安に思ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


不安4. 素を出して嫌われてしまわないかどうか

男女問わず、好きな人の前だとよく見られたいと思いますよね。相手が好きそうなファッションにしたり、いつも以上に紳士的にエスコートしたりすることも多いはず。

ですが、付き合い始めて少し時間が経つと、お互いに素の状態が出やすくなります。素の状態を出した時に相手が「こんな人だったの」とギャップを感じて、嫌われないか心配になるでしょう。


不安5. どこまで進展していいのか分からない

告白して付き合い始めると、恋人としての進展度合いに悩む人も少なくありません。デートを重ねるにつれて、「どのくらい経てばキスをしていいのか?」などつい考えてしまうケースも。

相手のことが心から好きな場合であれば、自分のペースで進展させると「嫌われるんじゃないか」と不安になり、つい躊躇してしまうこともあります。

【参考記事】はこちら▽


不安6. 相手に結婚願望があるかどうか

多くのカップルが抱える付き合い始めにあるあるな不安は相手にけっこ願望があるか

結婚願望が強い場合、恋人も結婚前提で選ぶようになるケースも考えられます。自分は「この人と結婚したい」と考えていても、相手は「結婚はまだ先でいいかな」と思っている可能性も。

付き合い始めではなかなか結婚の話が出にくいので、結婚に対して相手がどう思っているのかわからず、つい不安になりやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合い始めの不安を解消!付き合ったからこそ心がけたいこと

付き合い始めの不安を解消!付き合ったからこそ心がけたいこと

付き合い始めの時は、どうしても不安を感じることが多いです。不安があるからこそ、心がけておきたいことも様々存在していますよ。

ここでは、付き合ったら心がけたいことについて解説します。ぜひ参考にして、不安に思っている彼氏彼女はぜひ取り入れてみてくださいね。


心がけること1. LINE(ライン)を取り合う

まず心がけておきたいことが、相手の彼氏彼女としっかりと連絡を取り合うこと。恋人になった途端、「自分のものになった」という安心感から、つい連絡をおざなりにしてしまう人も多いです。

そうするとお互いにどんどん心に距離ができてしまい、ますます不安になることも。連絡を取り合うことでお互いの様子がわかるので、安心しやすいですよ。


LINEの送り方① ベストな連絡頻度は1〜2日に1回

ラインをする時、彼氏彼女とどのくらいの頻度ですればいいか迷う人もいるはず。できれば1〜2日に1回のペースで相手と連絡をとるよう心がけましょう。

1日に何通も連絡を取りすぎてしまうと、相手がめんどくさくなって連絡がこなくなることも。相手に迷惑がかからないようなペースで連絡をとることを意識してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


LINEの送り方② 返信速度は相手に合わせる

付き合い始めの不安を解消!付き合ったからこそ心がけたいことはLINEの返信速度は相手に合わせる

ラインをする頻度だけではなく、返信する速度にも注意をしておきたいところ。相手からラインがきたことがあまりにも嬉しいがために、すぐに返信してしまうこともあるかもしれません。

ですがすぐに返信してしまうと、相手は「ずっと返信を待っていたのかな」と煩わしく感じて連絡が滞る可能性も。相手の生活リズムにあわせてラインをすることで、良好な関係を保ちやすいです。


LINEの送り方③ 文章の長さは基本的に短文にする

文章の長さにも気をつけておきたいところ。相手に伝えたいことがありすぎるがゆえに、ついあれもこれも送りたくなってしまうこともあるでしょう。

ですが、あまりにも長い文章を送ると、相手は読むだけで疲れてしまいます。次第に連絡をとることが億劫になることもあるので、できるだけ相手が読みやすいよう短文を意識しましょう。


LINEの送り方④ 適度に質問をして、相手のことを知ろうとする

付き合い始めの不安を解消!付き合ったからこそ心がけたいことは適度にLINEをして相手のことを知ろうとする

ラインをする時は、自分も相手に興味がある意志を示しておくことも大切なこと。相手から質問されたことだけ答えて自分からは何も質問しない場合、相手は「自分のことどう思っているのかな」と不安に思いやすいです。

質問して自分も相手のことをしっかりと知ろうとすることで、相手も安心感を覚えて関係性がよくなりやすいですよ。


LINEの送り方⑤ 「おはよう」「おやすみ」「お疲れさま」を送ること

ラインをする時は、何気ない挨拶もしっかりと取り入れてみてください。ラインで挨拶もない状態になると、どんどん会話が少なくなり、相手との間に距離感を覚えて不安になることも。

挨拶など内容のないものでもしっかり連絡を取り合いながら、コミュニケーションを増やすよう意識してみてください。意思疎通を常にすることで仲違いしにくくなり、関係性が持続しやすいです。


心がけること2. カップルが会う最適な頻度は週1〜2回

ライン以外にも、デートする頻度も注意しておく必要があります。週に4回や5回も会ってしまうと、自分の時間がうまく確保できずに喧嘩に発展して仲違いする可能性も。

相手の仕事の忙しさやそれぞれの時間を確保するためにも、週1〜2回のペースで会うようにしましょう。お互いにストレスもかかりにくく、良好な関係になりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


心がけること3. デートを思いっきり楽しむ

付き合い始めは、お互いのことをよく知るためにもデートすることは非常に大切なこと。デートを楽しむことで、お互いのことがより知れるので仲も深まりやすいはず。

付き合い始めのカップルにおすすめしたいデートスポットも実は様々存在しているんですよ。


おすすめデート① 仕事終わりにお酒を飲みに行く

付き合いはじめのカップルは仕事終わりにお酒を飲みに行く

付き合い始めの場合、デートでもお互い緊張しているので、うまく話が発展しないことも多いでしょう。そこでおすすめしたいのがお酒です。

仕事終わりにお酒を軽く飲みに行けば、酔った時にお互いの緊張感がほぐれやすいはず。会話も自然と発展しやすくなり、「そんな一面もあるんだ」とお互いをもっと知ることに繋がります。


おすすめデート② 会話に困った時におすすめの映画館に行く

会話に困った時は、ぜひ映画館も頭に入れておいてください。映画に行けば相手と会話することもないので気まずくなりにくいはず。

さらに映画が終わった後に感想を言い合えば、お互いの価値観もわかり相手のことが知れるきっかけになりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


おすすめデート③ カップル定番のテーマパークに行く

付き合いはじめのカップルはテーマパークに行く

遊園地などのテーマパークに行くのもおすすめ。テーマパークだと、普段なかなか味わえないような非日常を体感できるはず。

ワクワクしたりドキドキしたり、二人で様々な感情を共有しあうことで、仲が自然と深まりやすいでしょう。

付き合い始めであまり仲がよくない場合でも、テーマパークに行くことで関係性が大きく変わっていることもあります。


おすすめデート④ ロマンチックな雰囲気に包まれる夜景デート

夜景が見えるような場所でデートすれば、いいムードを演出できて仲が急接近しやすいのでおすすめです。付き合い始めでまだ距離があるような時でも行きやすく、どんな季節でも行けるのもポイント。

ロマンティックな雰囲気になることで、自然と手を繋ぐなどのスキンシップに発展しやすく、心の距離が縮まりやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


おすすめデート⑤ 外デートを重ねたら、家デートをしてみる

外デートである程度相手のことが知れたら、家デートをしてみるのもアリ。家デートをすることで、相手の生活空間が知れるチャンスにもなります。

一緒に料理をしたり、映画鑑賞したり、2人の空間を楽しむことで相手のことがさらにわかることも。周りに誰もいないので、二人だけの時間が楽しめるのも大きなポイントだといえますよ。

【参考記事】はこちら▽


心がけること4. 日頃からスキンシップをする

付き合い始めの時は、ただデートをするだけでなく、スキンシップをとることも非常に大切なこと。

いくらデートをしていても、距離感がわからないからといってスキンシップを取らないと、なかなか深い関係性に発展しにくくなるでしょう。

付き合い始めでお互いの愛情が深められるスキンシップも様々存在していますよ。


スキンシップ① デート中に手をつなぐ

付き合いはじめのカップルは手を繋ぐ

スキンシップの第一段階として、付き合い始めのカップルにまずおすすめしたいのが手をつなぐこと。恥ずかしさを感じながらも、肌が触れ合うことで仲が深まるきっかけになりやすいです。

タイミングに困ることもあるかもしれませんが、デート終わりの帰り道でさりげなくつないでみると、相手も応じてもらいやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


スキンシップ② 彼女側から腕を組んでみる

彼氏からのスキンシップを待っていても、なかなかしてくれないケースもあるかも知れません。距離が遠くてもどかしさを感じたときは、思い切って彼女の方から腕を組んでみるのもおすすめの方法。

腕を組まれた彼氏はドキッとしながらも、嬉しく感じるはず。お互いの距離も一気に縮まって、恋人気分を満喫しやすいでしょう。


スキンシップ③ 二人っきりの時にハグをする

付き合いはじめのカップルはハグをする

家デートなど、二人きりの時は思いっきりスキンシップが取れますよね。そんな時は大胆にハグをしてみるのもおすすめスキンシップの一つ。

ハグをすることでお互いの体の温もりが感じられて、ドキドキしながらも相手に安心感を抱きやすくなります。仲も深まり信頼関係が生まれやすくなるので、付き合い始めの不安も解消されやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


スキンシップ④ キスをして愛情を行動で示す

ある程度仲良くなったら、キスをして相手に愛情表現してみてください。好きな人からキスをされれば、やはり嬉しく感じてしまうもの。

夜景デートの帰り道など、ロマンティックな雰囲気の中であれば自然とキスをしやすい環境になりやすいです。相手もキスを受け入れやすく、お互いのことをさらに好きになり仲良くなれるはず。

【参考記事】はこちら▽


心がけること5. 記念日や誕生日にはプレゼントを用意して祝う

二人だけの記念日を一緒に祝うことで特別感を味わいやすく、「相手のことをさらに大切にしよう」といった考えになりやすいです。

ここでは、特別な日に渡したいおすすめのプレゼントをご紹介します。


プレゼント① 身につけられるアイテム

まずおすすめしたいのが、身につけられるアイテムです。普段から身につけられるものをプレゼントすることで、たとえ仕事が忙しくてなかなか会えない時でも相手のことを思い出しやすいはず

恋人のことが身近に感じられやすいので、たとえ遠距離などで離れていても、「頑張ろう」とモチベーションアップになりやすいですよ。


彼氏なら職場で使えるネクタイがおすすめ

もし彼氏にプレゼントしたい時は、仕事で毎日使うネクタイがおすすめ。ネクタイだといつも自分の目に付くところにあるので、彼氏にプレゼントすれば、彼氏は仕事中いつも彼女のことを思い出してくれることも。

仕事で忙しい時であっても、彼女からもらったネクタイを見てやる気になりやすく、自分のことをさらに好きになってもらいやすいです。

【参考記事】はこちら▽


彼女なら可愛さを際立たせるネックレスがおすすめ

一方付き合い始めの彼女には、顔周りをより美しく引き立ててくれるネックレスがうってつけ。ネックレスであればどのような服にもあわせやすいので、どんな時でもつけやすいのが特徴だといえます。

さらに上品な魅力をさらに引き出しやすく、女性もつい嬉しくなるはず。たとえ彼氏と離れていても、いつも彼氏のことを近くに感じるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


プレゼント② カップルを強く意識できるペアアイテム

付き合いはじめのカップルは記念日にはペアアイテムのプレゼントをする

お揃いのアイテムをプレゼントすることで、二人だけという特別感を抱きやすいのでおすすめだといえます。同じものを持っていることで、そのアイテムを見たらすぐに恋人のことを思い出しやすいはず。

一緒にいない時であっても恋人のことが頭から離れなくなり、自然と仲が深まってますますラブラブになりやすいといえます。

【参考記事】はこちら▽


プレゼント③ 無難でもおすすめなケーキでお祝いする

付き合い始めて1ヶ月も経っていないような場合、いきなりネックレスなど高価なプレゼントすることにためらってしまう人も。そんな時は、ケーキなど無難なものでお祝いしても相手は嬉しく感じてくれますよ。

例えば名前入りのケーキで誕生日をお祝いすれば、たとえ形として残らなくても、思い出としてずっと心に残りやすいのでおすすめです。


心がけること6. 二人だけの呼び名を決めて呼び合う

普段の何気ない心がけから、二人だけの特別感を相手に抱かせることも大切なこと。「〇〇くん」「〇〇さん」といった呼び方ではなく、二人だけのニックネームをつけてみてください。

これまで呼ばれたことのないような名前で呼ぶことで、距離感が近くなり親近感も抱きやすいでしょう。付き合い始めのぎこちない関係も一気に解消されて、長続きに繋がりやすいです。


付き合い始めカップルが意識したい長続きする10の秘訣

付き合いはじめのカップルが長続きする秘訣

付き合い始めのカップルの場合、恋人とずっと仲良くしていたいと思うはず。ここでは、付き合い始めのカップルが意識すべき長続きする秘訣について解説します。

ぜひ参考にして、「いいな」と思うものがあれば取り入れてみてくださいね。


長続きする秘訣1. どんな小さいことでも感謝を口にする

付き合いたては相手のことをちゃんと知れていないことも多く、感謝していても口にしなければ、「どう思っているんだろう」と相手も疑問に思いやすいでしょう。

そうやって喧嘩に発展しないためにも、まず相手に感謝の言葉を口にすることが大切。何気ないことでも「ありがとう」と言うことで、相手は嬉しくなり関係性が良いものになりやすいです。


長続きする秘訣2. 自分の時間も大事にする

付き合いたての時は相手にゾッコン状態になりやすく、できるだけ相手と一緒にいたいと思う人も少なくありません。ですがそうやって週に何度も会うようになると、自分の時間が持てずにストレスになることも。

自分の時間もしっかりと大切にしてメリハリをつけることで、ストレスも溜まりにくくなりちょうど良い距離感で相手と仲良くなれるでしょう。


長続きする秘訣3. 感じていることは素直に話す

付き合いはじめのカップルガナイトは感じていることは何でも話す

相手のことが好きだからといって、自分を押さえつける行為をしないことも大切なこと。日々相手と接していて感じることがあっても、我慢して言わないとどんどんストレスが溜まって相手のことが嫌になる可能性も。

勇気がいることであってもしっかりと共有するよう意識することで、お互い心地良い関係が保ちやすいですよ。


長続きする秘訣4. 思いやりを持って接する

付き合い始めで相手のことを考えずに独りよがりになってしまえば、どんどん関係性に溝ができてしまいやすいです。

自分のことだけでなく、相手のこともしっかりと考えて日々接することも意識しておきたいところ。相手のことを考えて行動することで相手から信頼されるようになり、カップルとして長続きしやすくなるといえます。

【参考記事】はこちら▽


長続きする秘訣5. 相手の価値観を受け入れる

長続きするカップルになりたいなら、相手のことをしっかり理解することも頭に入れておきましょう。人は生きてきた環境によって価値観も変わります。自分の価値観が正しいんだと思って恋人と接すれば、相手もストレスに感じて不満を感じやすいはず。

相手の考え方をしっかりと受け入れて理解することで、お互い信頼関係が生まれていい関係性になりやすいです。

【参考記事】はこちら▽


長続きする秘訣6. 共通の趣味を見つける

付き合いはじめのカップルが長続きする秘訣は共通の趣味を見つける

カップルで共通する何かを見つけることで、同じ感情を共有しやすくなるので仲が深まりやすいでしょう。

もし共通の趣味がないような場合であれば、一緒に新しいことをやり始めるのもおすすめ。お互いアウトドアが好きならボルダリングやサイクリング、インドア派であれば映画など、共通点を見つけることで仲も一気に縮まりやすいです。


長続きする秘訣7. 喧嘩の後のルールを決める

付き合い始めであっても、何かの拍子で喧嘩に発展するカップルも少なくありません。そんな時は喧嘩の後のルールを決めるのもおすすめ。

例えば「その日のうちに謝る」「原因があった方が相手の好きなものをプレゼントする」など、仲直りしやすいルールをあらかじめ決めておくことで、喧嘩別れになりにくく付き合いが長続きしやすいです。

【参考記事】はこちら▽


長続きする秘訣8. 仕事など相手がしていることに理解を示す

付き合っている時、彼氏彼女が仕事でなかなか会えないケースもあるかもしれません。そんな時「どうして会ってくれないの」などと相手に言ってしまうと、つい相手がイラっとして喧嘩に発展して別れてしまう可能性も。

恋人と長く付き合っていきたい時は、自分の気持ちを押し付けすぎないことも大切なこと。相手に理解を示して接することで、良好な関係を保ちやすいです。


長続きする秘訣9. 相手好みの彼氏彼女になるために、自分を磨く

付き合いはじめのカップルが長続きする秘訣は自分を磨く

いつまでも相手にとって魅力的な人になるのも、カップルとして長続きさせるためには大切なこと。付き合ったとたんに安心してズボラな部分を見せてしまうと、相手はそのギャップに驚いて幻滅してしまうことも

ジムで体を鍛えたり、本を読んで教養を身につけたり、相手にとって魅力的な人でい続けることで相手もさらに好きになってくれるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


長続きする秘訣10. 相手のことを信頼する

信頼関係は、やはりカップルとして付き合い続けるには大切なこと。相手のことが信頼せずに「浮気しているんじゃないか」と干渉してしまうと、恋人がつい冷めてしまうことも。

相手のことをしっかりと尊重して信頼することで、お互いの絆もどんどん深まりやすいです。仲もどんどん深まり、時間が経つにつれてより良い関係性が構築されやすいでしょう。


付き合い始めだからこそ注意すべきこと

付き合いはじめだからこそ注意すること

反対に付き合い始めだからこそ、注意しておきたいこともたくさん存在していますよ。ここでは、付き合い始めだからこそ注意しておくべきことについて解説します。

ぜひ参考にして、当てはまっているものがある場合は改善してみてくださいね。


注意点1. 相手に合わせすぎない

付き合い始めの場合、まだそこまで関係性が深くないので、つい気に入られようとして相手に合わせてしまうことも少なくないはず。

ですが、いつも相手の都合ばかりに合わせてしまうと、どんどん自分にストレスが蓄積されてしまいます。相手に合わせすぎず自分のことも大切にするよう意識することで、無理のない交際が維持しやすいでしょう。


注意点2. LINEをしつこく送りすぎない

付き合い始めの時は、相手にゾッコン状態になりついLINEを何度も送ってしまうケースもあるかもしれません。ですがあまりにも送りすぎてしまうと、相手はついうっとおしく感じてしまいがち

LINEをする時は、相手の状況もしっかりと考慮に入れておきましょう。節度ある連絡をとることで、相手も心地よさを感じて長続きしやすくなりますよ。


注意点3. 関係性が薄い状態でお泊りデートはしない

付き合いはじめだからこそお泊まりはしない

付き合い始めの時は、お泊りデートの時期にもしっかりと注意しておきましょう。

お泊まりをすることで距離を一気に近づくというメリットは確かにあります。ですがお互いの理解が薄い状態で一緒に過ごしてしまうと、すぐに関係性がマンネリ化してしまう可能性も。

お泊りデートをしたい時は、ある程度お互いのことを理解した状態になってからがおすすめです。

【参考記事】はこちら▽


注意点4. しつこく一方的に愛を伝えようとしない

付き合い始めの時は、好きすぎるがゆえに毎日相手のことで頭がいっぱいになる人も多いでしょう。だからといって一方的に愛を伝えようとすると、相手が反対に冷めてしまう可能性も

カップルの間に温度差を生じさせないためにも、一方的ではなく相互的に愛を伝え合うよう意識することで、良好な関係になりやすいといえます。


注意点5. キスなどスキンシップは場所を考えること

付き合い始めの場合、つい恋人に夢中になってしまいどんな場所でもスキンシップを取ろうとすることもあるかもしれません。

スキンシップをとるのはいいことですが、「人前でキスしない」など場所をしっかりと考えておく必要があります。周りから変な目で見られる可能性もあり、カップルの関係性に影響を及ぼす可能性もあるので気をつけておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点6. なかなか会えないからと言って、「会いたい」を何度も言わない

付き合いはじめだからこそ何度も会いたいと言わない

恋人が仕事で忙しい時や遠距離など、会いたくてもなかなか会えないケースも。ですがそこで「会いたい」と何度も言ってしまうと、相手が冷めてしまい関係性が破綻してしまいがち。

恋愛においては、相手の状況もしっかりと理解することも大切なこと。相手のことをしっかり思いやることで、信頼関係も生まれやすく長続きしやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


注意点7. 交際直後に「結婚」というワードは出さない

つい相手に夢中になってしまい、「この人とずっと一緒にいたい」と思ってしまう人もいるかもしれません。ですが付き合い始めの場合は、「結婚」というワードを出さないよう気をつけておく必要もあります。

いきなり「結婚」と言われると、相手はつい「重いな」とマイナスに考えてしまいがち。「結婚したい」と思う時は、ある程度付き合って期間が経ってから口に出すように注意してくださいね。


付き合い始めは、思いやりを持って相手と向き合いましょう。

付き合いはじめは相手と向き合おう

ここまで、付き合い始めに抱えやすい不安から付き合ったからときに心がけたいこと、さらには長続きする秘訣や注意すべきことについて解説しました。

付き合い始めの時は、ついテンションも上がりやすいでしょう。だからといって自分よがりな行動をしてしまえば、相手が冷めてしまい別れに発展することも。相手への思いやりをしっかりと持って、信頼関係を構築してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ