思いやりがない人/ある人の特徴とは?優しい心を育てる方法を解説

思いやりがある人って謙虚で魅力的な人が多いですよね。そこで今回は、思いやりがない人/ある人の特徴から、思いやりの心を育てる方法まで詳しくご紹介します。日頃の行いをこの機会に改めて、魅力的で思いやりがある人を目指しましょう!

思いやりがある人になりたい方へ。

思いやりがない人&ある人の特徴

思いやりがある人は性別・年齢問わず、幅広い人から好かれます。そのため、自分も思いやりのある人になりたいと思う人も多いでしょう。

しかし、思いやりを持つ方法は学校や会社では教えてもらえず、どうすれば思いやりのある優しい心を持てるか分からない方もいるはず。

そこで今回は、思いやりがある人とない人の特徴や思いやりを持つ方法まで詳しくお届けしていきます。人から憧れられる人になれるよう、思いやりの心を育てていきましょう。


前提として「思いやり」の意味とは?

思いやりとは、他人のために気遣って尊重することを指します。もう少しかみ砕いて説明すると、他人のためを思って優しくするといった意味です。

ただし、思いやりには「これをすれば思いやり」といった明確な基準がありませんので、何をもって思いやりとするかは人によって異なります。

思いやりは相手が判断するものですので、善意を押し付けないように注意しましょう。


思いやりがない人に見受けられる特徴は?

まずは思いやりがない人に見られる特徴を紹介していきます。

もしも自分がこういった特徴に当てはまっていれば、他人から思いやりがなくて気遣いができない男性・女性だと思われているかもしれませんよ。


思いやりがない人の特徴1. 自己中心的な性格で、自分の理想や欲を優先しがち

思いやりがない人は、他人よりも自分を優先してしまいます。自己中心的な性格をしているので、自分さえよければそれでいいと思っているのでしょう。

そのため、自分の理想や欲望を優先することで、他人がどれだけ損をしたとしても罪悪感すら抱きません。その割に、他人からの思いやりは過剰に要求してしまう特徴も持っています。

【参考記事】はこちら▽


思いやりがない人の特徴2. 責任感が弱く、すぐに人に任せがち

思いやりが欠けている人は、自分の感情に素直です。やりたくない物事ができれば、すぐに他人に任せて自分は楽な方に逃げようとしてしまいます。また、任せるだけでなく、責任転嫁までしてしまう傾向も見られるでしょう。

自分が嫌な物事は他人も嫌がるはずですが、そのことに気付いていないから平気で他人に責任を押し付けてしまいがちです。

【参考記事】はこちら▽


思いやりがない人の特徴3. 人から受けた親切を当たり前と思い込み、感謝の言葉を伝えない

思いやりがない人は、まるで自分が王様であるかのように傲慢に振舞います。人から親切にされるのが当たり前だと思っており、当然感謝の言葉を伝えることもありません。

いわゆるお坊ちゃんやお嬢様のように育てられた男性・女性に多く見られる特徴とも言えます。そんな経験が原因となって、思いやりがない人に育ってしまったのかもしれません。


思いやりがない人の特徴4. 自己愛が強く、周囲の人に対して興味や関心が薄い

自分が大好きなあまり、自分だけしか見えていないのも思いやりがない人の特徴です。周囲の人に対しては興味や関心を持っていないため、人のために何かしてあげるなんて発想は持ち合わせていません。

たとえ人が困っていたとしても、困っているのにすら気付かないでしょう。反面、自分が困った時には平気で助けを求めて、応じてくれなければ逆ギレする自分勝手な性格も併せて見られます。


思いやりがない人の特徴5. 頑固な性格で自分の意思を曲げられない

思いやりがない人は、人を想う気持ちがありませんので他人の意見は軽視してしまいます。どれだけ他人が良い意見を提案しても自分の意志が大事なので聞き入れはしないでしょう。

一度他人の意見を聞いた上で、自分の主張を述べるのなら全く問題ないのですが、そもそも聞く姿勢を持たないので思いやりがない人と思われます。持ち前の頑固な性格が原因で、思いやりが持てないのも多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


思いやりがない人の特徴6. 自分の事は棚に上げて、人には厳しい指摘をする

自分に甘く、人に厳しいのも思いやりがない人ならではの特徴です。他人が失敗すれば驚くほどの怒りを見せますが、自分が同じ失敗をすれば「人間だからミスはある」「細かいことは気にしない性格だから」と笑いながら誤魔化そうとします。

自分の事は棚に上げて、人に厳しい指摘をするのは主観的にしか物事を見ていないからで、自分も当てはまってしまっているのに気付いていないのでしょう。


思いやりがない人の特徴7. デリカシーのない発言をする時がある

相手の気持ちを考えようとせず、自分の気持ちをそのまま表面に出してしまうのが思いやりがない人。例えば仕事でミスした人に対して「なんでミスするの?」と、励ましではなく注意する言葉を投げかけてしまい、相手を思いやって優しい言葉をかけられないのも特徴です。

また、女性に対して「太った?」、男性に対して「まだ出世しないの?」といった明らかに礼儀がなっていない質問をするのも良く見られます。


反対に思いやりがある人に共通する特徴

思いやりがない人の特徴が分かった所で、ここからは思いやりがある人の特徴を紹介していきます。

どれも人のためを思った素晴らしい特徴ですので、こういった特徴を身につけていけるように努力していくといいでしょう。


思いやりがある人の特徴1. 相手の心情に寄り添って物事を考えられる

思いやりがある人は、わざわざ聞かなくても相手の気持ちを察せます。その上、相手の幸せや辛さも自分のことのように思えるため、本当の意味で相手の心情に寄り添って物事を考えられるのです。

人に寄り添うことで自分の時間がなくなったり、労力がかかったりしても気にせず、他人を常に優先に考えているのが思いやりがある人には多く見受けられます。


思いやりがある人の特徴2. 聞き上手で人の話にきちんと耳を傾ける

会話をする際にも、「相手に気持ちよく会話させてあげよう」と気配りしているのが思いやりがある人の特徴です。

自分がしたい話をするのではなく、相手の話にきちんと耳を傾けて、リアクションを織り交ぜながら興味津々に聞いてくれる姿勢は聞き上手だと認識する人がほとんどでしょう。

そんな姿勢でいれるのも相手を思いやれる気持ちがあるからで、人から魅力的に思われるポイントです。


思いやりがある人の特徴3. 感謝の気持ちを大切にしており、周囲へきちんとお礼の言葉が言える

自分が何かをしてもらった時には、礼儀として必ず感謝を忘れないのが思いやりがある人。それが自分にとっては余計なおせっかいだったとしても、自分のために思ってくれた気持ちを尊重してきちんとお礼を伝えます。

してあげた側が逆に申し訳なくなってしまうくらい、感謝の気持ちを丁寧に伝えようとしてくるのは思いやりがある人には多い特徴です。


思いやりがある人の特徴4. 寛容な心の持ち主で、相手の意見や要望を尊重できる

思いやりがある人は、たとえ人が的外れな意見を言ったとしても決して軽視しません。寛容な心を持っており、相手の意見や要望を尊重した上で自分の意見を口にするので、周囲の人は自然と思いやりがある人の意見に賛同します。

良い意見であれば素直に取り入れようとしますし、より良い結果を残しやすいのも思いやりがある人の力です。


思いやりがある人の特徴5. 常に笑顔で愛想が良い

他人を思いやれる気持ちがあるのは、心にゆとりがある証拠です。心に余裕があれば、自然と笑顔でいれるようになり、人に対しても愛想よく振舞えます。

どれだけ仕事などで忙しくなってもイライラしたり、仏頂面になったりせず、笑顔を保ち続けられるので周囲を明るくする能力も魅力的。

何もしなくても周囲を温かい気持ちにできるのは、思いやりがある人ならではの特徴でしょう。


思いやりがある人の特徴6. 親切をしても見返りを求めない

多くの人は何かをしてあげれば、自然と見返りを求めてしまうもの。しかし、思いやりがある人は「親切にするのは自分の意志だから」といって見返りを求めようとしません。

損得勘定を一切持たずに他人のために行動できるのは、真の優しさを持っているからだといえるでしょう。誰でも見習える特徴ではなく、思いやりがある人にだけできる行動だといえます。


思いやりがある人の特徴7. 物腰が柔らかく、誰に対しても謙虚な姿勢で接している

思いやりがある人は、相手によって態度を変えたりしません。子供や大人、男性に女性と、誰に対しても物腰が柔らかく謙虚な姿勢で接します。

これも相手のためを思う気持ちが働いて、損得勘定抜きで人と接せるからでしょう。権力者だけでなく弱者にも公平な態度で接している姿に魅力を覚える人が多く、自然と周囲に人が集まってくるのも思いやりがある人の特徴です。


良いことだらけ!思いやりがある人ならではのメリット

思いやりを持つことで人から優しい性格と思われるだけではなく、他にも明確なメリットを得られます。

ここからは、思いやりがある人ならではのメリットを3つ見ていきましょう。


メリット1. 誠実な人柄なため、周囲の人から信頼されやすい

他人の気持ちを尊重したり、人のために行動したりする姿勢は、誰が見ても誠実で素敵な人として映ります。それは単純に人から好かれやすくなるのと同時に、周囲中から信頼されやすいことに繋がるでしょう。

信頼は得ようと思って得られるものではなく、周囲中から信頼されている人はなかなかいません。信頼されれば重要な仕事を任されたり、意見が通りやすくなるので、大きなメリットとして考えられるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 異性にも自然と気が配れるのでモテる

思いやりがある人は、人への気遣いに慣れています。そのため、異性に対しても自然と気配りができるようになり、好かれようといった下心を一切感じさせないため、とにかく異性からモテる一方です。

男性・女性共に付き合うなら気配りができて思いやりがある優しい人を選びますので、モテるべくしてモテているといえるでしょう。恋愛を思う存分楽しめるのは、何よりのメリットとして考えられます。


メリット3. 愛想がよく聞き上手なため、誰とでも打ち解けられる

思いやりがある人には、コミュニケーションを築きやすいといったメリットが発生します。愛想が良くて、聞き上手なので男性・女性問わずどんな人ともすぐに打ち解けられるでしょう。

日常生活ではもちろん、仕事でも有利に働き、営業の職種などであれば、取引先と良好な関係を気付いて営業成績も上げられます。どれだけ便利な世の中になっても人との関係の重要さは変わらず、コミュニケーションが得意なのは生きていく上での強力な武器となるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


思いやりの心を持つには?思いやりの気持ちを育てる方法5選

思いやりがある人は魅力的で人から好かれるのが分かった所で、今から思いやりの心を持つために励んでいきましょう。

具体的に、思いやりの気持ちを育てる方法を5つ紹介していきますので、日々の生活に取り入れていってくださいね。


思いやりの育て方1. 普段から笑顔で過ごすことを意識してみる

思いやりがある人は笑顔が周囲を明るくすることを知っているため、常に笑顔を保っています。思いやりの気持ちを育てるためには、自分も普段から笑顔で過ごして周囲を意識していきましょう。

笑顔でい続けるには心の余裕が不可欠ですので、自然と笑顔を保てるようになっている頃には他人を気遣える余裕が身についているはず。

気を抜くとすぐに仏頂面になってしまいますので、笑顔を強く意識することが大事ですよ。


思いやりの育て方2. 感謝する時は、ハッキリと口に出して気持ちを伝える

人から何かしてもらった時、感謝の気持ちを持つのは当然の礼儀です。その上で、感謝の気持ちを胸に留めておくのではなく、ハッキリと口に出して言葉として伝えるようにしましょう。

自分の知り合いには元から実践している人も多いとは思いますが、見ず知らずの人からの善意には感謝をなかなか口にできていないはず。

どんな相手でも、些細な善意でも感謝をハッキリ伝えることで、人を思う気持ちが身についていき、思いやりの気持ちを育てることに繋がりますよ。


思いやりの育て方3. 主観だけでなく、相手の視点に立って物事を考える癖をつける

思いやりは相手を尊重して、相手のために尽くすことですので主観的な考えではいつまで経っても身につきません。

思いやりの気持ちを育てるためには、相手に視点に立って物事を考える癖をつけて、主観的な考えから卒業するようにしていきましょう。

そうすれば相手が何を思っているのか大体の想像ができるようになっていき、困っている時などに自然を手を差し伸べられます。

【参考記事】はこちら▽


思いやりの育て方4. 人間観察や勉強をして、洞察力をアップさせる

相手が何を求めているかを理解して、それを叶えてあげることで思いやりとなります。相手が求めているのを理解するために、日頃から人間観察や勉強に励んで洞察力を向上させていきましょう。

洞察力があれば相手の気持ちを汲み取れるようになっていきますので、その結果、相手の要望を満たすアクションを起こせるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


思いやりの育て方5. 身近な思いやりのある人をロールモデルにして、言動や行動をマネしてみる

何をするにも一番効果的な方法が、他人のマネをすることです。そのため、身近にいる思いやりがある男性・女性をお手本として設定し、発言や行動を一つずつマネていきましょう。

完全にコピーするのは抵抗があるかと思いますので、自分が見ていて感心したり、尊敬したりしている部分だけで構いません。

一つずつ自分の魅力にしていって、思いやりの気持ちを育てるよう焦らず取り入れていきましょう。


思いやりの気持ちを持って、人間関係を良くしていきましょう。

思いやりの心が持てれば周囲から好かれますし、何より自分の気持ちが裕福となります。得をするばかりでデメリットはありませんので、思い立った瞬間から思いやりの気持ちを育てるように励んでいきましょう。

すぐに身につけられるものではありませんが、時間を掛けてでも思いやりがある人になる価値はあります。

他人を想う気持ちを忘れずに日々を精一杯生きていって、他人から尊敬される思いやりがある人になっていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事