手を繋ぐタイミングってデート何回目から?デート中に繋ぐタイミングも解説

手を繋ぐタイミングって気になりますよね。今記事では、デート中に手を繋ぐベストタイミングを大公開!また、手をつなぐ前に確認すべき注意点も合わせて解説していきます。男性も女性も恋人と手を繋ぎたいと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

手を繋ぐタイミングを知りたいカップル必見!

何回目のデートから手を繋ぐのか

まだ付き合う前だけれど好きな人と手を繋ぎたい、けれど手を繋ぐタイミングがよく分からないと悩む人は多いでしょう。

特に女性は、女性から手を繋いでもいいのか迷うものです。

今回は、手を繋ぐのに最適と言える様々なタイミングを解説した上で、手を繋ぐ時の注意点や手を繋ごうとしない男性心理についてご紹介します。


そもそも何回目のデートで手を繋ぐのが最適なタイミング?

手を繋ぐ最適なタイミング

好きな人と手を繋ぎたいというのは誰もが考えることです。付き合う前なのか付き合い始めてからなのか、何回目のデートで初めて手を繋いだらいいか迷うもの。

何回目のデートだと手を繋ぐタイミングとして最適なのか、3つのタイミングをご紹介します。


手を繋ぐタイミング1. 交際後なら初デートでもOK!

カップルとして付き合うことをお互いに決めたのなら、スキンシップはたくさんとりたいのが本音でしょう。

手を繋ぐというのは気軽なスキンシップの方法なので、付き合い始めてから初めてのデートで手を繋ぐカップルは多いはず。

既にお互いの気持ちは分かっていますから、「手を繋ごうか」と言って繋いでもいいですし、黙って手を取るのもドキドキして楽しいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


手を繋ぐタイミング2. 付き合う前なら3回目くらい理想的

恋人になりたいなと思ってはいても、まだ付き合っていないなら初めてのデートでは手を繋ぐ勇気は出にくいものです。

まだ関係が深まっていないこともあって、初めてのデートでは友人と変わらない雰囲気で過ごして様子を見ることが多いでしょう。

「また会いたいな」と思って次のデートをして、デート中の雰囲気やデート後の連絡の様子から相手の好意が伝わってくるようなら、3回目のデートで手を繋ぐというのがちょうどいいタイミングです。

【参考記事】はこちら▽


手を繋ぐタイミング3. 奥手なカップルなら、付き合って1ヶ月くらい経過した時

手を繋ぐタイミングは奥手なカップルは付き合って1ヶ月

付き合ってはいるのだけれど、気持ちを言葉や態度に表すのが苦手だったり照れくさかったりすると、なかなか手を繋ぐ段階まで進みません。

時間をかけて心理的な距離を縮めて、1ヶ月ほど経ってから手を繋ぐというカップルもいます。

「何回目のデートで手を繋ごうか」と考えるのではなく、お互いの気持ちが近づいた時が手を繋ぐタイミングというパターンです。

【参考記事】はこちら▽


デート中の手を繋ぐベストなタイミングは?

手を繋ぐベストなタイミングは景色の綺麗なところにいるとき

今日こそは彼氏や彼女と手を繋ぎたい!と思いながら臨むデートは、緊張しながらも楽しいものです。

しかし、デート中どのタイミングだと自然に手を繋げるのかが難しいところでしょう。

デート中の手を繋ぐベストなタイミングについて、3つご紹介します。


デート中で手を繋ぐタイミング1. 待ち合わせ場所で合流した時

デート中に「今かな」「もう少し後にしようかな」などと考えていると、手を繋ぐタイミングが気になってしまってデート自体を楽しめません。

いっそのこと、待ち合わせ場所で会って移動する時にすぐ手を繋いでしまうと意外にスムーズです。

「はい」と言いながら手を出されると、相手もまんざらではないはず。

デート中手を繋いでる時間も長くなるので、お互い嬉しい時間を過ごせるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デート中で手を繋ぐタイミング2. 街中や駅など人混みを歩く時

デートで人が多い場所に行くと、お互いの間に他人が入ってきたりして、横に並んで歩くのが難しい状況になります。

そのままでいると、さらに距離が開いてデートどころではなくなることも。「危ないから」などと言いながら自然な形で手を繋げるでしょう。

気遣いが嬉しいだけでなく、人混みでも安心して歩けるので一石二鳥と言えます。


デート中で手を繋ぐタイミング3. 並んで歩いている時に、ふと相手の手と触れてしまった時

手を繋ぐベストなタイミングは歩いてるとき手が触れたとき

待ち合わせ場所から目的地に向かって歩いている時も、手を繋ぐチャンスがあるタイミングです。

横に並んで歩いていると、ふとした拍子に彼氏や彼女の手と触れてしまうことがあります。そのタイミングをとらえてさっとて手を繋ぐというのも一つの方法。

横にいると相手の顔を見なくてもいいので、恥ずかしくても手を繋ぎやすいのです。


デート中で手を繋ぐタイミング4. 急な階段の登り降りをする時

デートの時、スカートやヒールといったファッションで行く女性は多いでしょう。デートの目的地に急な階段があったり、砂利などが敷いてあったりすると歩きにくいもの。

そんな時は彼氏が彼女に「気を付けて」などと声を掛けながら、自然な形で手を繋げるタイミング。照れくささがあっても手を繋ぎやすいはずです。


デート中で手を繋ぐタイミング5. お店から出る時

ウインドウショッピングや食事など、デート中はいろんなお店を出入りします。用事が終わってお店から出る時は、彼氏が彼女をエスコートすることがほとんどです。

ドアを先に開けて外に出た後、続いて出てきた彼女の手をさりげなく取る機会があるでしょう。

エスコートした後も手を放さないでそのまま繋ぐと、スムーズな形で手を繋げるはずです。


デート中で手を繋ぐタイミング6. 景色が綺麗な所を二人で散歩している時

手を繋ぐベストなタイミングは綺麗な景色が見えるところ

街中でのデートではなく、ドライブで郊外に出かけるデートをするカップルも多いでしょう。

高台など見晴らしが良い場所だと、美しい景色だけでなく夜なら夜景が楽しめることもあります。

二人で散歩しながら景色や夜景を見ている時は、何となく気持ちが盛り上がって手を繋ぐ雰囲気になりやすいもの。相手の手のぬくもりを感じながら、恋人同士の幸せな時間を過ごすのもおすすめです。


デート中で手を繋ぐタイミング7. 相手の歩くスピードが遅くて、置いていきそうになった時

男性と女性とでは、体格的に脚の長さが違うこともあって、歩いてデートしている時に距離ができる場合があります。

男性がつい一人で歩く時のペースでさっさと歩いてしまったり、女性があちこちお店をのぞきながら歩いたりすると、男性が女性を置いていきそうな状況になることも。

そういう時は、「早くおいで」と言いながら男性が手を出してあげるといいでしょう。これなら、あれこれ考えず自然な繋ぎ方ができると言えます。


デート中で手を繋ぐタイミング8. お互いに目があって良い雰囲気になった時

何回目かのデートで、お互いのぎこちなさもほぐれてきた頃になると、自然に手を繋ぐタイミングが出てきます。

一緒にいるだけで幸せを感じると、男性からはもちろん、女性からも手を繋ぎたくなるもの。話している途中に目が合って、気持ちが盛り上がってきたら、そっと手を繋ぐということもあり得ます。

恋人と過ごしているんだという実感もじわじわとわいてくるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


デート中で手を繋ぐタイミング9. デートの帰り道でもう少しでバイバイする時

手を繋ぐベストなタイミングは別れ際

楽しかったデートが終わるのは寂しいものです。

好きな人と少しでも一緒にいたいという気持ちがあるため、デートの別れ際はお互い別れづらい気持ちになるでしょう。

幸せな時間が終わるのが惜しくて、ついどちらからともなく手を繋ぐことも。

デートが終わる時に手を繋ぐことで、互いの愛情を確かめあえると言えるでしょう。


デート中で手を繋ぐタイミング10. 付き合う前の場合、告白してOKをもらった時

デート中に手を繋ぐのは、付き合い始めてからとは限りません。

付き合う前に彼氏や彼女に勇気を出して告白して、相手からOKをもらった瞬間、嬉しくて「やった!」と、思わず相手の手を取ってしまったというケースは少なくありません。

付き合う前だから手を繋ぐのはやめようと遠慮していた分、OKしてもらったことで嬉しさが爆発し、つい手を繋いでしまうのです。


手を繋ぐ前に確認しておきたい注意点

手を繋ぐ注意点

好きな人と手を繋ぎたい、そう思うのは自然なこと。

ただし、お互いに幸せな気持ちになるような手の繋ぎ方をすることが、相手への思いやりと言えます。

ここからは、彼氏や彼女と手を繋ぐ前に確認したい注意点について、ご紹介します。


手を繋ぐ時の注意点1. 緊張のあまり相手の手を強く握りしめすぎないこと

誰でも、初めて手を繋ぐ時は緊張するものです。特に付き合い出してから初めて手を繋ぐ場合、焦ってついギュッと強く相手の手を握ってしまうことは少なくありません。

相手がびっくりしますし、相手の手に爪が食い込んだりして痛い思いをさせてしまう可能性があります。

相手を軽くエスコートするつもりで、落ち着いてゆっくり相手の手を握るようにすることを注意点として覚えておきましょう。


手を繋ぐ時の注意点2. 乾燥肌で手がカサカサしてる場合、事前に保湿しておく

手を繋ぐというのは、直接相手の手に自分の手が触れる状態です。

手の繋ぎ方が軽めだとしても、肌が乾燥していて手の甲や指がカサカサしていると、感触はあまりよくないと言えます。

肌がカサカサしないように、事前に保湿クリームなどで保湿し、肌をケアしておきたいもの。特に肌が乾燥しやすい冬場は注意点として頭に入れておくといいでしょう。


手を繋ぐ時の注意点3. 手汗をかいている時は、ハンドタオルで拭いてから手を繋ぐ

手を繋ぐ時の注意点は手汗を拭く

初めて相手と手を繋ぐ瞬間はとても緊張するものです。

手を繋ぐ少し前から「そろそろ繋ぐかも」と思うと、緊張して手の平に手汗をかくことは珍しくありません。

相手からすると、緊張しているのは分かっていても、じっとりとした状態の手がくっつくとあまり気持ちよくないでしょう。

手を繋ぐ前に軽く手汗を拭きとってから手を繋ぐことが大切です。


女性が不安になる、いつまで経っても手を繋いでこない男性の心理とは?

手を繋いで来ない男性心理

カップルとして付き合いだしたのに、彼氏がなかなか手を繋いでくれなくて不安に感じている女性は少なくありません。

何回目のデートで手を繋いでくれるのか、タイミングが分からず焦りを感じる場合もあるでしょう。

なかなか手を繋いでくれないのはなぜなのか、その男性心理についてご紹介します。


手を繋がない男性の心理1. 手は繋ぎたいけれど、どう行動に移せば良いのか分からない

好きな女性とスキンシップを取りたいと思うのは、男性であれば誰しも同じです。しかし、どのタイミングで手を繋いだらいいのか男性も迷っている可能性があります。

タイミングを間違えて手を握り、彼女を驚かせてしまうのではないかといった不安や、もし拒否されたらショックだから勇気が出ないといった複雑な思いがあって、どう行動したらいいか決めかねているのです。


手を繋がない男性の心理2. 単純に手を繋ぐ必要はないと思っている

彼女のことは好きだけれど、人前で手を繋ぐのは好きでないという男性は多いです。

照れくさいと感じたり、人が見ているところでイチャイチャしたくないと考えていたり、手を繋がない理由は様々でしょう。

彼女に対して関心がないというよりも、手を繋ぐ必要を感じていないタイプである可能性が高いです。


手を繋がない男性の心理3. 相手が手を繋ぎたいと思うなら繋いでも別に構わないと思っている

手を繋いで来ない男性心理は相手が繋ぎたいならかまわない

基本的に恋人の考えを大切にしたいと考えている男性だと、自分からは積極的には動きません。

彼女が手を繋ぎたがったら繋ぐし、繋ぎたがらなければ繋がないという、女性の態度に合わせて行動しているだけというタイプの可能性があります。

付き合う前や付き合い始めたばかりの頃は、彼女の気持ちがよく分からなくて手を繋がないだけなのかもしれません。


手を繋がない男性の場合、女性から手を繋ぐのはアリなの?

女性から手を繋ぐのはあり?

彼氏がなかなか手を繋いでくれないと、なぜだろうと不安になりがちです。

しかし、カップルとしてお互い気持ちが通じているなら、何回目かのデートで女性から手を繋ぐのはアリでしょう。

男性が極端に恥ずかしがり屋だったり、自信がなくて手を繋いだら彼女に嫌われるかもしれないと遠慮している可能性があるからです。

女性から手を繋ぐことで関係が進展するかもしれませんよ。


本当に手を繋ぐのが苦手な男性の場合、腕を組むのがおすすめ!

手を繋ぐと、片方の手を互いに握り合う体勢になるため動きづらくなるのは確かです。その不自由さが嫌で、手を繋ぐのが苦手という男性は珍しくありません。

手を繋ぐのが苦手な彼氏なら、手を繋ぐのではなく腕を組む体勢がおすすめ。

彼氏は両手が使えますし、体をくっつけることができるのでカップルとしては互いを身近に感じられて嬉しいはずです。


手を繋ぐタイミングを見極めてくださいね。

手を繋ぐタイミングを見極めて

手を繋ぐという行為は一見簡単そうに見えますが、なかなかタイミングが取りづらいものです。

特に、付き合う前や付き合いたての頃は、初めて手を繋ぐ時のタイミングを図りかねて悩む人は多いでしょう。

この記事を参考に、手を繋ぐ様々なタイミングをつかんで、実際のデートの際にできそうな方法をぜひ実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ