結婚したい男女必見!彼女・彼氏と結婚する方法&恋人を作る方法

好きな人と結婚したいけど…悩んでいる方に必見。今記事では、日本の平均結婚年齢や結婚するタイミングや条件はもちろんのこと。付き合っている彼女・彼氏と結婚する方法から、新たな恋人と出会う方法までご紹介。相手いない・欲しい、子供欲しい方まで様々な「結婚したい人」におすすめの記事になります!

一度きりの人生なら、結婚して幸せな家庭を築きたい。

結婚したい

将来結婚して子供を持ちたい・安定したい・第二の人生をスタートさせたい。人によって結婚に対する価値観は大きく異なりますよね。

そこで今回は、結婚願望の強い男女に向けて結婚に関する“いろは”をお送りしていきます。自分はどういう結婚生活を送りたいか、どうやったら相手を見つけられるか。

自分が理想に思う結婚生活と重ね合わせながらぜひ読み進めてみて下さい。


日本人の平均結婚年齢は?

一つの目安になりますが、まずは日本人の平均結婚年齢についてご紹介。男性と女性でいつ結婚するか若干違いがありますが、改めて確認しておきましょう。

人生プランを考える上で参考になるでしょう。平均結婚年齢のデータは、2018年『少子化対策白書』9内閣府発行)を基にしています。男性、女性と分けて解説していきます。。


1. 男性の平均結婚年齢

現在の男性の平均結婚年齢は、31.1歳と言われています。ちょうど30歳前後が目安というところでしょうか。20代後半から徐々に結婚を意識して、数年で相手を選び30歳前後を目前に入籍と言った流れが考えられます。

女性と比べて、男性の方が文系理系問わず大学の進学率が高いので、社会人になって安定した収入を得るまで時間を要するのでしょう。あと数年で男性の平均結婚年齢は34歳まで上がると見込まれています。

事実婚、通い婚など結婚のスタイルも多様化してきたので「区切りよく30歳」という考えも徐々に浸透しない状態になるかもしれませんね。


2. 女性の平均結婚年齢

続いては、女性編です。女性の平均結婚年齢は、29.4歳です。男性と比べると1.7歳若いです。30歳までに第一子を出産したいと逆算して、この数字なのでしょう。

しかし、あと数年したら第一子出産年齢も31歳と高齢化する見込みです。その理由として、男性以上にキャリアの構築を目指す女性が増えたことが考えられます。

確かに、社会人数年ですぐに結婚してしまうと、築き上げたキャリが中断してしまうのでもったいないと考える女性は増えつつありますね。


結婚したいと感じる瞬間や主な6つのタイミングとは

昨日まで結婚願望が無かった人ですら、何かをきっかけに結婚したいと前向きに考えることも珍しくありません。独身生活を謳歌していたように見えたけれど、電撃結婚を果たした芸能人も何人もいます。

人生のターニングポイントにもなりえる、結婚願望が芽生える瞬間とは?


タイミング1. 親しい友達の結婚式に参列した時

大学や専門学校を卒業して数年働いた後に、続々と結婚する人も増えてきますよね。仲の良い友達の結婚式に参列した時は、結婚に対してどうしても思考が働く瞬間です。

幸せそうな新郎新の姿を見たり、一緒に参列した友達から結婚の報告を受けた時に「自分もいつか結婚したいなぁ」、「何歳までにしたいかな?」とふと思わず考えてしまいますよね。


タイミング2. 親から結婚しないのか心配された時

30歳を過ぎた男女は、親から結婚の心配をされる時期にさしかかります。「孫の顔が見たい」、「一生独身か心配」と親から言われた経験をお持ちの人もいることでしょう。

1人っ子の男女、長男 or 長女の人は特に心配されるのではないでしょうか。責任感が強い人なら“親を安心させたい”という気持ちが強くなって、結婚して家庭を築こうと使命感を持つことも珍しくありません。


タイミング3. 自分が本気で好きになれる人に出会った時

やっと本気で好きな人に巡り会えた時も、結婚に対して前向きになれる瞬間ですよね。

今まで数々の恋愛で失敗を繰り返してきた人、逆に恋愛に本気になれなかった人ほど、本気で好きな人に出会えた瞬間はとてもなく幸せに感じるでしょう。

今までの自分とは思えないくらい仕事もプライベートも順調に事が進む時でもあるので、思い切って結婚をしようと積極的になれるのではないでしょうか。

【参考記事】男性が本気で好きになった女性へのサインをまとめました▽


タイミング4. 自分の子供が欲しいと思った時

子供をいつまでに何人欲しいか、明確な考えを持つ男女も結婚したい気持ちが強くなります。特に女性の場合は、35歳までに出産をしないと…焦る方も多いと思いです。

30歳までに第一子を産みたいと考え、20代後半までに結婚しようとゴール設定を決める人が大半なのではないでしょうか。男性の場合は、細かく人生プランを練っている人ほど「この年齢までに子供が欲しいから結婚を早めにしよう」と考えることも。


タイミング5. 将来や老後に不安を感じた時

1人暮らしの人は特に実感しやすいのではないでしょうか。仕事が終わっても1人で寂しくご飯を食べる、話し相手もいない日を過ごすことも多いでしょう。

この状態があと何十年も続くのが想像できないと現実を考えて、「いずれ結婚したい」と思うのです。

あとは、お金のこと。今後のキャリアや老後の生活を考えた時に自分の力だけで稼ぐのは不安と思う人もいることでしょう。長期的に考えて精神的にも経済的にも人生のパートナーがいた方が良いと思い、結婚願望が強くなる人も中にはいます。


タイミング6. 街中で幸せそうな夫婦を見て寂しいと思った時

街中を歩いていても結婚願望が芽生える瞬間はあります。電車内で子供の手を引きながら笑顔で仲良く話す夫婦を見た、街を歩いている時に老夫婦が手を繋ぎながら様子を見たなど。

「結婚生活って案外と良いものかも。一生1人はやはり辛い」と感じる人は、いつか結婚して素敵な家庭を築きたいと夢見ることもあるでしょう。仕事中や休みの日のふとした移動中に、思わず考えてしまいますよね。

【参考記事】結婚の決め手を知りたい方はこちら▽


何故するの?男女が結婚したいと思う5つの理由

結婚ってポジティブなイメージが強いですが、中には一生一人としか過ごせないなんて不自由でネガティブなイメージを持つ人もいます。

何事もメリットとデメリットという表裏一体で物事は成り立っていますが、結婚願望の強い人は“何を原動に”結婚したいと考えているのでしょうか。その理由に迫ります。


理由1. 世間体や周囲の目が辛い

30歳になったのにまだ独身。周りの友達がほとんど結婚していても話す友達もいないと感じる人は「自分も早く結婚した方が良いのでは?」と感じて、自然と結婚願望が強くなりますよね。

周りの友人や親からも「早く結婚した方が良い」と言われ、気にしているなら尚更プレッシャーは大きくなるでしょう、


理由2. 結婚に対して憧れを抱いている

女性に多い理由ですね。結婚して1人の男性を愛し、幸せな家庭を築くことが女の幸せという考えが根付いている女性はまだ多いです。

結婚に対して憧れを抱いている女性は、「◯◯歳までに結婚したい」と明確な目標を持って逆算思考で積極的に婚活をしていたり、出会いの場に足を運ぶ人が割合的に多いですね。


理由3. 年齢的にそろそろ身を固めたいと思っている

あと2〜3年で30歳を迎える。社会人5年めで仕事も慣れてきてもうそろそろ身を固めたいなど。年齢的な区切りや身の回りが落ち着いてきたタイミングで結婚したいと考える人も未だに多いです。

一旦、これまでの人生に区切りをつけて“第二の人生をスタート”したいと前向きな思考かもしれません。


理由4. 自分の家族を持ちたい

いずれは自分の子供を持ちたい、マイホームを買って温かい家庭を築きたいと思う人も結婚に踏み出したいと思います。

元々子供好きな人、大家族で育った人は特にこの傾向が強いでしょう。中には老後のことを考えて、1人で過ごすよりも家族に囲まれていたいと考える人もいます。


理由5. 精神的な安定や癒やしが欲しい

「高みに行きたい」、「バリバリ仕事してお金や社会的地位を得たい」と忙しい生活を送る男女は心の拠り所が欲しいと思っているものです。そこで、自分の味方になってくれる人生の伴侶や子供が欲しいと感じるもの。

仕事の責任や背負う物が多い人ほど、“結婚=精神的な安定や癒し”というイメージを持つ人も多いかもしれませんね。守るものがあるほど、人は頑張れるものですしね。


結婚願望が強い人に共通する5つの特徴

世の中には結婚願望が強い人と弱い人と二種類いますが、その違いはどこから生まれるのか気になるところ。

育った環境やその人の性格によって結婚願望は左右されますが、どんな人は結婚に対して前向きに考えるのでしょうか?結婚願望が強い人に共通する特徴をお届けします。


特徴1. 両親がとても仲のいいオシドリ夫婦

オシドリ夫婦の両親を持つ人は、最も身近に結婚生活の良いお手本がいる状態です。両親が仲良しだと、結婚生活に対して良いイメージが湧きやすいので「いつか自分も」と自然と結婚願望が強くなりますね。

不倫や浮気の心配があるからなんて一ミリも感じていかもしれませんね。

【参考記事】仲良し夫婦とはどのような人のことを指すのでしょうか?▽


特徴2. 寂しがり屋で一人でいるのが苦手

寂しがり屋で孤独を感じやすい人も結婚願望が強くなりやすいです。なぜなら、一人でご飯を食べてもまったく楽しくないし、家に帰っても話し相手がいないまま淡々と毎日を過ごしていくことに耐えられないと感じることも。

この寂しさを埋めるために、結婚して一緒に暮らしてくれる人を求める人も少なくないです。1人暮らしが長い人に当てはまる特徴ですね。

【参考記事】さみしがりやが気になる人はこちらをチェック▽


特徴3. 異性に対してすぐ結婚の話題を持ち出す

これは比較的分かりやすい特徴です。「何歳までに結婚したい?」、「子供は何人欲しい?」と言ったように異性に対して、すぐに結婚の話題を持ち出す人は結婚願望が強いです。

その人の年齢がアラサーで結婚適齢期なら、尚更ですね。そして、気づいたら自分の理想の結婚生活を語っているなんていうことも珍しくないでしょう。


特徴4. 日頃から積極的に婚活を行っている

結婚相談所に登録、婚活アプリを使って結婚相手を探そうとしている人はまさしく結婚願望の強い人です。結婚を前提に付き合ってくれる人としか出会いたくないので、出会い方や相手も厳選していることでしょう。

確実に結婚したくて自分から積極的に動いているので、日々忙しく過ごしていることも。最近は25歳以下の女性も確実に結婚したくて、早めに婚活に踏み切っていると耳にしますね。


特徴5. 結婚することが目的になりがち

“結婚=人生のゴール”と考えている人も。例えば会話の節々で、「結婚したら仕事を辞めて家庭を守りたい」、「結婚して親を安心させて1人前になりたい」など。

結婚したら人生の役目を果たすというニュアンスで話す人も、結婚意識は高いと言えるでしょう。でも、1つ注意したいのは結婚してそこで終わりと考えがちなところ。

結婚は第二の人生スタートでその後のビジョンが無ければ、相手に人生を委ねて納得の行かない人生を送ることにもなりかねません。目的というよりも“新たなスタート”と意識しておきたいですね。


【男女別】結婚相手に求める条件を大公開!

結婚したいけれども、肝心の相手がいないと結婚という目標を達成できません。つまり、「今付き合っている相手に結婚相手として選んでもらう」or「これから出会う異性に結婚対象内に見て貰う」ということが必要不可欠です。

そこで、男女別に結婚相手に求める条件を知っておく必要があるでしょう。どんな相手を結婚相手に選びたいのか。男女別に条件を解説していきます。


1. 男性が結婚相手に求める5つの条件とは

まずは、男性編から。男性はどんな女性をお嫁さんにしたいのか、どんな女性なら家庭を築けると確信するのか条件をチェックしておきたいですね。

傾向として、女性の内面や行動の仕方を重視する所が見られます。男性が結婚相手に求める条件とは?


条件① 性格や価値観が合う

恋人を選ぶ時は、顔立ちがタイプか重視する男性が多いですが、結婚相手を選ぶ時に欠かせないのは性格や価値観がどれだけ合うかです。

性格と価値観があまりにも異なると、喧嘩が増えたりお互いに不満を感じやすくなるので、人生を共に歩むパートナーは常に自分の考えを理解してくれる女性を選びたくなります。

隣に自分の考えを理解してくれる女性がいると安心して男性も仕事に打ち込めますね◎。

【参考記事】男女の価値観を知りたい方はこちら▽


条件② 男性を立てられる

男性を立てるということは、常に尊敬して一歩下がることでは?とイメージ人もいるかもしれません。実は、男性を立てるという意味はもっとシンプルで“頼る”という意味が正しいのです。

いつまでも「かっこいい」と思われたいという願望が男性にはあるので、女性が頼れば頼るほど男としての自信が付いてもっと頑張れるのです。なので自分に決定権を委ねてくれたり、人前で褒めてくれる女性を奥さんにしたがるんですよね。

【参考記事】おしとやかな女性とはどのような人?▽


条件③ 仕事や趣味に対して寛容

男性にとって仕事は生き甲斐そのもの。個人差はもちろんありますが、仕事の成果を上げて社会的に認められたいし“デキる男”と思われたい願望は男性なら誰しもあります。

そして自分で頑張って稼いだお金を趣味に費やして、休日を充実させたい人も男性には割合的に多いです。

なので多少仕事が遅くなっても怒らない。趣味にお金をかけても文句を言わない女性でないと一緒に暮らしていくのがしんどいと考える傾向があります。つまり、ある程度の自由を許してくれる女性が良いという意味ですね。


条件④ 料理上手で家庭的

毎日仕事を頑張る男性は、美味しい手料理と整理整頓された綺麗な家に癒されます。クタクタになって家に帰ったら美味しい手料理を食べて、綺麗な家で身体を休みたいのです。

だから、家庭的な女性に惹かれる男性が多いんですよね。もちろん人によって得意不得意はありますが、掃除や料理など何か得意なものを1つ持っておくと男性から結婚相手に選ばれる確率はぐっと上がるでしょう。

【参考記事】家庭的な女性を知りたい方はこちら▽


条件⑤ 金銭感覚が近い

結婚生活を営む上で、お金の価値観のすり合わせも必要です。共働きの夫婦が増えましたが、それでも一家の主として「自分が養う」という感覚を持つ男性がほとんどでしょう。

そこで求めるのは、家計をうまくやりくり出来るお嫁さんです。結婚すると奥さんに家計を任せたがる男性が多いので、自分と金銭感覚が近い女性を選んでおくとより仕事に集中できるようです。


2. 女性が結婚相手に求める5つの条件とは

今度は、女性編です。男性と比べて女性が結婚相手に求める条件は、より現実的で経済観念が強いです。


条件① 男性同様、性格や価値観が合うか

男女共に性格や価値観の一致は絶対に外せない条件ですね。これからどんな人生を過ごしていきたいか、子育てに関して価値観が似ている女性は重視する人が多いですね。

長い結婚生活を過ごす中で子育てに関することから、日々の生活のことまで。沢山会話をしていく相手なので性格と価値観がどれだけ合うかは極めて重要です。


条件② 誠実で一途に愛し続けてくれるか

女好きで浮気症の人を旦那さんに選んで苦労したくないと女性なら誰しも思っています 。子供が産まれても誠実で一途な男性の方がしっかり子育てに協力してくれそうですし、お互いの絆をより深めることができますよね。

男性にも言えることですが恋人にするならモテるタイプの異性を選びますが、結婚相手は地味目で真面目なタイプを選びたいと思う人が大半でしょう。

【参考記事】一途な男性の特徴に迫ります▽


条件③ 家庭を養えるほどの経済力がある

いくら愛した男性とは言え、家庭を養える経済力がないと日々の生活はもちろん子供が産まれたら養育費もかさんできます

旦那さんではなく奥さんが一家の大黒柱としてお金を稼ぐ夫婦も最近は増えましたが、やはり結婚相手にはある程度の経済力を求めて安定したい女性も、まだまだ少なくないです。


条件④ 自分の家族と仲良くできるか

女性は家を出てからも家族とご飯を食べたり、お祝い事をする習慣を持つ人が割合的に多いです。そこで自分の旦那さんを巻き込むこともあります。出来れば自分の家族と仲良くできる男性と結婚して、家族を安心させたいという気持ちもあるようです。

家族との繋がりを大事にする意識が家庭を守るという考えに繋がっているのでしょう。これは、女性独特の感性かもしれませんね。


条件⑤ ギャンブルを全くしない

パチンコや競馬が大好きな男性は、結婚相手として敬遠されやすいです。別にギャンブル自体は悪いことではないのですが、引き際を知らない人が多すぎて“借金の原因”になってしまうんですよね。

女性はあまりギャンブルをする人が少ないのですが、ギャンブル好きな男性は「借金をする可能性がある」と敏感に感じて、避ける人が多いですね。家計を守っていくためのリスク回避と言っても良いでしょう。

【参考記事】男女の結婚相手の決め方を知りたい方はこちらもチェック▽


【男女別】結婚したいけどできない人の特徴

耳が痛い話ですが、世の中には結婚したいけど結婚適性がない or 結婚できない体質の人もいます。

しかもその多くが「恋人なら許せるけど結婚相手としては見れない」とバッサリ切られてしまう人ばかり。どんな性格、行動を取る男女が結婚できないと要られてしまうのでしょうか。


1. 結婚したいのにできない男性の5つの特徴

結婚したいけれど、できない男性の特徴をまとめるなら“頼りなく見える”、“性格に難がある”というパターンが多いです。

隣に歩くには問題ないけれど、生涯を共にするパートナーに考えると荷が重いと感じる女性が多いのです。では、結婚できない男性の特徴とは?


特徴①. 女性に求める条件や理想が高すぎる

「身長が自分より低い、ルックス抜群、ある程度年収が高い、男を立てられる、性格が良い、恋愛経験が少ない」など結婚相手に求める項目が多い人ってズバリ理想が高いんですよね。

女性を紹介してもケチをつけられそうだし、そもそも思い当たる人がいないと周りから思われている可能性大ですね。理想が高すぎると当てはまる女性の母数が少ないので、そもそも出会える確率も必然的に低くなってしまうんですよね。


特徴②. 優柔不断で決断を下せない

結婚って実は決断の連続です。どの相手と結婚するかを選ぶ、いつ籍を入れてどこに住むかなど。結婚生活を営む上でも決断の日々は続きます。

自分で決められない、優柔不断タイプの男性は気が強いリーダータイプの女性となら相性は抜群ですが、相手が限られてきます。出来ればここぞという時に決断力を発揮できるように、常日頃から自分で決める勇気を鍛えていきましょう。


特徴③. プライドが高く、上から目線になりやすい

一見ハイスペックでルックスも良い男性ですが、中身を見るとプライドが高くて上から目線になりやすい。結婚できない男性のタイプで最も惜しいタイプでしょう。

仕事ができたり、実績もあるのですが自分の意見を曲げなかった命令口調になりやすいんですよね。「第一印象は良いけれど、よく知っていくと性格がキツイ」と女性が離れていきやすいです。

物腰柔らかい雰囲気を身につけると結婚できる確率はかなり上がるはず◎。

【参考記事】プライドが高い人の特徴に迫ります▽


特徴④. 髪型や服装に清潔感がない

結婚するにあたって外見よりも内面が大切と思いたいところですが、実際必要最低限の清潔感は必要不可欠です。だって結婚は一緒に生活をしていくことなので、一緒に住む男性に清潔感がないと困ります。

もっと言うと、結婚相手どころか恋愛対象内に入ることも難易度が上がります。普段から髪型や服装は、念入りにチェックして清潔感は死守していきましょう。

【参考記事】清潔感があるとはどのような人でしょうか。▽


特徴⑤. 恋愛に対して奥手で自分からアプローチできない

恋愛あっての結婚なので、そもそも女性にアプローチする段階はどうしても避けられないでしょう。振られるのが嫌だ、傷つくの嫌だと失敗を恐れてアプローチのタイミングを失う男性も結婚へのハードルは高くなります。

何事もリスクは付き物です。まずは、振られる覚悟を持って気になる女性には後悔のないようにアプローチする癖をつけましょう。

【参考記事】まだまだある結婚できない男の特徴をまとめました▽


2. 結婚したいのにできない女性の5つの特徴

引き続き女性編です。男性と比べるっと性格に難がある訳ではなく、むしろ性格が良すぎる、成熟し過ぎていると度が過ぎてる”というタイプが結婚できない女性に当てはまります。

結婚したいけれど、男性から結婚対象外にされる女性の特徴はこちら。


特徴①. 年収1000万以上など、ハイスペ男子に固執している

「結婚するなら年収1000万円が良い」、「イケメンで一途」と言ったように女性の場合も理想が高い人ほど婚期を逃しやすいです。そもそも年収1000万円の男性が日本に何%存在しているのか、その中から未婚はどれだけいるのか考えるとかなり母数が減ります。

理想を並べつつも、自分は理想のタイプの男性から選ばれる女性なのか冷静に考えていきましょう。


特徴②. 結婚後は専業主婦になりたいと考えている

昨今では、共働きが浸透しつつあります。男性だけのお給料だけでは家族を養うのは困難です。そんな中でも結婚後に専業主婦になりたいと考える女性は後を絶ちません。

「仕事が辛いから結婚して家を守りたい」、「家庭に入るのが女の幸せ」という考えが強いようです。結婚相手の条件に「正社員の女性」と掲げる男性が増えているので、何かしら収入を持っていた方が結婚相手として選ばれる確率は上がりますね。


特徴③. 控えめな性格で何事に対しても慎重すぎる

控えめで奥ゆかしい女性は、モテやすいですが何をするにおいてもじっくり考え過ぎて 結婚したい意思を伝えられないなど“結婚出来ない予備軍”に入りやすいです。

実は結婚できる女性って彼氏に「そろそろ結婚したいんだけど!」と自分からハッキリ意思表示できるんですよね。結婚願望はあるけれど、慎重過ぎる女性は結婚のタイミングを逃さないためにもしっかり意思表示を。

もし断れても「次に行く」くらいの気持ちでいきましょう。自分の人生に関わることなので、遠慮してる場合じゃないですよ。


特徴④. 掃除や洗濯、料理など家事がほとんど出来ない

結婚生活をするなら、必要最低限の家事能力が求められます。掃除、洗濯、料理など全て網羅出来なくても、何か1つ得意なものがあれば◎

しかし、どれもほとんどやったことがない&苦手な女性は余程相手が家事能力の高い男性でなければ、結婚へのハードルは上がるかもしれません。

どうしても家事をするのが嫌という場合は、家事代行サービスに抵抗が無い男性を結婚相手に選ぶのも視野に入れておきましょう。


⑤. 精神的にも経済的にも自立し過ぎている

メンタルが強い、自分でバリバリ稼いで自由で優雅な生活を楽しんでいる女性も最近は増えてきました。こちらの場合は、結婚できない女性と定義するよりも結婚しなくても自分の足で生きていける女性と言えるでしょう。

従来のように入籍して、家計を1つにまとめてというよりも“事実婚”“通い婚”という家計を完全に分けている、個々で生活していくという結婚の形なら適しているでしょう◎。

【参考記事】まだまだある結婚できない女性とはどんな人でしょうか?▽


結婚したいなら確実にチェックしたい異性の5つのポイント

何度も言いますが、結婚は1人じゃ出来ません。どんな相手と結婚するかもこれから過ごす結婚生活を大きく左右するでしょう。なので、結婚相手は両目でしっかりチェックしておきたいところ。

完全に理想通りというのは正直難しいかもしれませんが、チェックしておきたい必要最低限のポイントをお送りしていきます。参考までに。


ポイント1. 結婚後の生活を考えるならある程度の「貯金」があるか

結婚してからは何かとお金がかかってきます。2人で住む家の引っ越し代、挙式大、指輪代、将来の貯蓄など。お互いにある程度貯金があると、結婚話もスムーズでその後の計画も立てやすいでしょう。

もし現時点で貯金が無かったとしても、同棲して貯金を増やすという方法もありますよ。お金に関することは、早めに話し合っておきましょう。


ポイント2. 相手の親御さんはどんな人か

実際に結婚してからは、2人だけでなく親御さんも関わってきます。もし結婚を前向きに考えているなら、相手の実家に挨拶しに行ってどんな人柄なのか事前に知っておくことも必要ですね。

2人の結婚に対して前向きなのか。自分に対してどう接してくるのかなど。長い結婚生活を通して仲良く出来そうかも確認しておきたいですね。


ポイント3. 結婚後はどこに住むつもりか

生活面のことですが、結婚後にどこに住むか具体的に考えておきたいところ。例えば、2人の勤務地の中間に住むのか。将来子供を預けることを考えて彼氏 or 彼女の実家の近くにするのかなど。

家賃や交通機関のことも考慮して、どの辺りに住むのがベストなのか逆算して考えていきましょう。


ポイント4. 出産や子育てについて、お互いの理想を話し合う

出産や子育てに関しては、彼女側の年齢によって左右されますがお互いの理想を話し合っておきたいところ。何人子供が欲しいのか、何歳までに第一子を産みたいのか、子供は早めに受験をさせるのかなど出来る範囲で細かく理想を言ってみましょう。

女性は、出産後の勤務スタイルが変わるので時短で働くのか、それともしばらく育休をがっつり取りたいのか。出産後までシミュレーションできると◎


ポイント5. 性格や価値観にズレがないか念入りにチェックする

これから結婚を考えていく上でもう一度チェックしておきたいのは、性格と価値観にズレがないかどうか。敢えて2人で人生設計やこれからやっていきたいことを話し合って、お互いに応援出来るかどうか確認しておきたいですね。

話し合いながら相手の意見に合わせ過ぎて自分を押し殺していないか、逆に相手も我慢していないかしっかり考慮しておきたいですね。全て一致するなんてことはありませんが、あまりにも違和感を感じるならもう少し様子を見てみて。


今付き合っている彼氏や彼女と結婚したい時の5つの対処法

今お付き合いしているパートナーとそのまま人生を共に過ごして行きたいと前向きな人もいることでしょう。

では、実際付き合っている彼氏や彼女とどうやったら結婚までスムーズに事が運ぶのか。その対処法についてレクチャーしていきます。


対処方法1. 結婚に関する話題を増やして、恋人に結婚を意識させる

もし彼氏や彼女がさほど強く無ければ、まずは“結婚の興味付け”が必要ですね。お家デートをしている時にさりげなく、友達が入籍した話や結婚式に行く話などして結婚に関する話題を敢えてどんどん振っていきましょう。

勘の鋭い恋人なら「そろそろ私(俺)らも結婚を考えようかな」と思うかもしれませんね。


対処方法2. お互いの両親へ挨拶へ行く

付き合って数ヶ月経ったら、お互いの実家に遊びに行ったついでに両親に挨拶をしてみるのも◎。もし彼氏も彼女も結婚適齢期なら、自然と親から「2人はいつか結婚しないの?」と話を振られるかもしれません。

何回か挨拶に行って、お互いの両親と仲良く出来たら「この家の人とは上手くやっていけるかも」と結婚に対して前向きに考えるかもしれませんよ。


対処方法3. 「〇〇歳までに結婚したい」と思い切って打ち明けてみる

結婚願望が強い男女は、もう自分で「◯◯歳までにしたい」と打ち明けてみるのも方法の1つ。相手にも結婚願望があれば「◯◯歳までと自分は考えてる」と意見を言ってくるか、貴方の考えに同意してくれるでしょう。

もし相手に結婚願望が無ければその場を濁すかもしれませんが、いずれにしてもお互いの結婚に対する考えは早めにシェアしておいて損はないでしょう。切り出す時は緊張するかもしれませんが、ここは思い切って。


対処方法4. 別々に住んでいる場合、まずは同棲を始めてみる

「結婚したい!」と思っても実際どんな感じか想像出来ないし、相手と合わなかったらどうしようという不安もあるでしょう。そこでおすすめは、同棲をしてみること。実際に共同生活をしてこの人とやっていけそうか確かめてみましょう。

相手も結婚願望が多少あるなら、同棲して1年経ったらこのまま籍を入れるか相談しようと一言言っておきましょう。“期限”を決めないとズルズル同棲生活が長引いて結婚から遠のいてしまうので、そのリスク回避のためにきちんと期限を決めておくと◎。

もはや婚約するくらいの気持ちで同棲をスタートしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】同棲のいろはを大公開!▽


対処方法5. 信頼を構築し、経済的にも余裕ができたら結婚へと踏み切る

シンプルですが、経済的に余裕が出来たら結婚を提案するという方法もあります。付き合い始めから性格の不一致も感じないし、結婚の話時々出るようであれば後はタイミングを見計らうのみ。

適切なタイミングは、自分の目標としている貯金額が貯められた時がおすすめです。経済的に余裕がでたら通帳を見て、「いつでも結婚できるよ」とアピールをしておきましょう。あとは相手との約束を破らないず、お互いに辛い時に支え合える関係性を維持して信頼の積み重ねも忘れずに。


彼氏や彼女はいないけど結婚したい人が結婚する7つの方法

最後は、彼氏や彼女はいないけれど結婚したい人が結婚する方法を徹底レクチャーしていきます。

自分でしっかり積極的に行動する、人生を変えたいと前向きな人はぜひ試していきましょう。幸せな結婚生活を掴むためにやるべきことは、次の7つ。


結婚する方法1. まずは、自分が結婚相手に求める条件を明確にする

男性の場合、「自分より年齢が若ければ」。女性の場合は、「年収◯◯◯万円以上」とつい“相手のスペック”に目が行きやすいかと思います。でも、年齢はいずれ重ねていくものですし年収も一生そのままの保証はどこにもありません。

どんな相手となら自分は気軽に接することが出来るのか、逆にどんな性格の人とウマが合わないのかまずは自己分析からスタートしていきましょう。

自分を知っていくうちに結婚相手に求める条件もより明確になりますよ。性格、生活スタイル、仕事の価値観。最低この3つの条件はしっかり抑えておきましょう。


結婚する方法2. 出会いの場に積極的に足を運び、自分に合う人を探す

いくら結婚したいと願っていても、実際に行動を起こさなければ結婚相手と巡り会うことはできません。合コン、友達からの飲みの誘い、友人の結婚式への参列など積極的に足を運んで出来るだけ多くの異性と出会いましょう。

まずは、数打ちあるのみです。仮に恋人関係になれなくても、出来るだけ多くの異性と会話して自分と合う人はどんなタイプなのか探し続けましょう。

【参考記事】出会いの場を探している方はこちらをチェック▽


結婚する方法3. ピンとくる人がいたら連絡先を交換し、距離を縮める

出会いの場に足を運んでピンとくる人がいれば、積極的に距離を縮めましょう。「向こうは自分のことをどう思っているのか」など考えている暇はないので、とりあえず少しでも良いと思ったら連絡先を交換しておくと◎。

連絡先を交換してからが勝負です。もし連絡交換を断られたり連絡が折り返し来なくても、落ち込まず次にどんどん進んでいきましょうね。

【参考記事】男性とのLINE交換を考えている方はこちら▽


結婚する方法4. 連絡が続くようになったら、実際にデートへ誘う

LINEのやり取りが何度か続いたら、次は食事デートに誘って出来るだけ会話して相手のことを更に知っていきましょう。結婚願望が強い人は、つい結婚について話題を振りたくなりますが、相手のことをまずは知っていくことが最優先です。

相手のことを知りながら、自己開示も忘れずにどんどんアピールしていきましょうね。

【参考記事】初デートのマニュアルはこちら▽


結婚する方法5. デートを重ねて信頼を得たら、告白して付き合う

結婚は最終的なゴールですが、まずは付き合えるようにデートを重ねて信頼を得ましょう。デート中に脈ありサインや好意アピールをして、好きバレするくらい相手に思いを伝えてみて。

相手も脈ありなら、どっちが告白するか待つのではなくもう自分から告白してみましょう。相手の様子を見て告白するタイミングを虎視眈々と狙ってみて。

【参考記事】告白を考えている方はこちら▽


結婚する方法6. 無事に交際したら、さらに信頼を構築する

告白が成功して無事に付き合えたら、第一関門クリアです。ここからは一つ一つ繊細ですが、相手との信頼を構築することをただ考えて下さい。もしかしたら将来のパートナーになる人かもしれません。

つまらない嘘をついたり、駆け引きは控えておきましょう。信頼を構築しつつも、結婚に対する考えを共有したり将来の展望についても頻繁に話し合っておくと◎。


結婚する方法7. 信頼が構築したら、結婚へと踏み切る

日々のコミュニケーションや結婚に対する価値観の共有を重ねて、「結婚するならこの人だ」と確信を得たらあとはどうやって踏み切るかです。

相手も結婚に対して前向きなのか、お互いの結婚観にズレはないか確認をしていきましょう、もし違和感が無ければ、結婚へどうやって踏み切っていくかです。

付き合って1年記念、お互いの仕事が落ち着いたタイミングを見計らって動いていきましょう。結婚の切り出し方は、男女ごとに異なってくるのでここからは男女別で具体的な踏切り方を紹介していきます。


男性の場合、彼女へプロポーズをする

男性の場合、ここは思い切って彼女へプロポーズしてみましょう。彼女の誕生日や記念日に思い切って指輪を用意して挑んでみましょう。

緊張する瞬間かもしれませんが、女性側は男性からのプロポーズを待っているはずです。一生に一度のことなので、何度も用意到に頭の中でプロポーズの練習をしておきましょうね。

【参考記事】プロポーズを考える男性必見です▽


女性の場合、結婚したいアピールを彼氏にする

女性の場合、まずは結婚したいアピールを彼氏にしてみましょう。いつか彼氏がプロポーズしてくれるかもなんて、ただ待っているだけじゃ時間が過ぎるだけです。

「私もいつか結婚したい」、「子供産んで良いお母さんになりたい」とサラッと言って結婚したいアピールを時々して反応を見ていきましょう。

結婚願望のある彼氏ならいつかプロポーズしてくれるはず。「◯◯歳までに結婚したい」と意思表示はしっかり◎。


結婚という“幸せの切符”を掴むために、行動と努力を惜しまず。

結婚したい人に向けて、結婚するための秘訣など盛り沢山でお届けしました。結婚は、幸せを掴むためのきっかけの1つ。

自分の中で理想の結婚を思い描くことは、非常に大切ですがその分“行動”と“努力”が伴わないと思い描いた未来を掴みとることは、出来ません。第二の人生の幕開けを迎えられるかは、貴方次第ですよ。

最高のパートナーと素敵な未来を歩めることを祈っています。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事