結婚相手と出会う場所やきっかけとは|おすすめの出会い方も紹介!

結婚したいと思っても相手が見つからなくて困っていませんか?そこで今回は、結婚したいと思える男性と出会える場所やきっかけを解説していきます。スマログが厳選した「出会いのきっかけ」や「おすすめの出会いのスポット」を参考にして、新たな恋を始めてみましょう。

結婚相手と出会える場所はどこなのでしょうか。

結婚相手と出会う場所やきっかけ

世の中の結婚している夫婦は、一体結婚相手とどこで出会ったのか。

女性としては、結婚願望はあるのに出会いがないのは不安なものですね。しかし、今からできる出会いの方法と、出会いのきっかけがある場所がわかれば、幸せな結婚生活が見えてくるかもしれません。

そこで今回は、既婚女性の経験談をベースにしながら、出会いの場所やきっかけ、出会いの前兆、結婚に向けてすべきことなどを解説します。


既婚者女性に聞いた、旦那さんとの出会いの場所やきっかけは?

「こんなきっかけで旦那さんとめぐり合った」「ここへ行って結婚相手を見つけた」

出会いがないと悩んでいる女性にとって、情報はひとつでも多い方が嬉しいですよね。ただし、有益な情報でなければ、無駄な時間を費やしてしまうことに…。

そこで、既婚女性の生の声を聞いてみましょう。


きっかけ1. 共通の知り合いがキューピットになる「友達の紹介」

「大学時代の友人から紹介された人がいまの旦那さん」というように、友達に紹介されて結婚に至るケースが多いです。

自分と相手の両方と付き合いが深い友達なら、相性を考えて紹介してくれるなど、マッチングとしての成功率が高くなるのも頷けます。持つべきものは友達といわれますが、結婚相手探しにおいてもその通りだといえます。


きっかけ2. 社会人に多いきっかけ「合コン」

合コンは古くからある婚活の主戦場です。お見合いのように堅苦しくなく、街角でのナンパのように軽くもないため、多くの男女が今日も合コンに参加します。

合コンなら、幹事を務める男女がメンバーを集めるため、身元不明の人が入り込むことなく安心です。

長く出会いのきっかけとして重宝されている合コンは、先輩がそうであったように、結婚したい女性にとって婚活の王道といえます。


きっかけ3. 友達とも一緒に参加できる「街コン」

「お見合いは1対1で息が詰まる」とか、「数人しかいない合コンも盛り上げるのに気を遣う」と感じている女性に人気なのが街コンです。

もう少し気楽に婚活したいという女性が街コンで結果を出しています。

街コンは大勢で参加することもできる場所で、パーティー感覚で楽しめるのも特徴です。また、参加者を年齢など特定の条件で限定する街コンなら、理想の相手に出会えるきっかけとして期待できます。


きっかけ4. 会社に異性が多いなら「社内恋愛」

男女が朝から晩まで同じ場所にいることで親密になるのが社内恋愛の背景のひとつです。また、会社や部署の飲み会で自然に仲良くなることも。

女性が教育担当の男性社員や、男性上司との社内恋愛から結婚に至る話は定番ともいえます。

どちらが先に好きになるにしても、接触するチャンスが多いため、告白のタイミングを外したまま終ることを回避しやすいです。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ5. 社内だけじゃない!「仕事関連の人」

共通の話題がある点と、タイミングをつかみやすい環境にある点で社内恋愛に近いのが仕事関連の人です。

事務所に通ってくる営業マンと結婚した女性や、外回り先の企業で知り合った男性が旦那さんになった女性はたくさんいます。

好きになるきっかけとしては、「仕事で見せる姿に魅力を感じた」とか「何度も会っているうちになんとなく」といったものがあり、仕事関連というキーワードの強さがわかります。


きっかけ6. 一途な人に多い「学生時代の同級生」

本当に好きだから思い続けることができる。思い続けたからこそ、相手に伝わって結婚に至ったのは、学生時代の同級生と結婚した女性です。

同級生に限らなくても、幼馴染や憧れの先輩なども同じパターンで結婚に結びついています。

一人の女性に思い続けられるというのは「男冥利に尽きる」というわけです。もし、長年思っている相手がいるなら、その気持ちを伝えてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ7. 自分の好きな人に声かられる「ナンパ」

好みではない男性に声をかけられるのは嫌なものですが、ど真ん中のタイプだったらそうとも限りません。

「ナンパしてきた男性が好きなタイプだったので付き合うきっかけになった」という女性には、その男性とゴールインというケースも珍しくないです。

ナンパされること自体が嫌なら仕方ありませんが、結婚へのきっかけのひとつとして覚えておきましょう。


きっかけ8. 共通の話題で盛り上がりやすい「習い事」

趣味が同じだと男女の会話も弾みます。同じ習い事に通っている間柄なら、お稽古の内容や苦手なところ、出来映えなどで共感できるのが良い点です。

男女が一緒にする習い事といえば、陶芸や英会話、健康体操などの体を動かすものがあります。同じ目標に向かっている一体感もあり、親密になりやすい環境です。

出会いのきっかけを作る場所として通う男性もいます。

【参考記事】はこちら▽


結婚する相手と出会うには前触れがある?よく言われる前兆サインとは

結婚相手と出会う直前の出来事。「後で考えれば、出会いの前兆だったのではないか」と思われるものです。

既婚女性たちは、旦那さんと出会う前にどのような前兆サインとなる出来事を経験していたのでしょうか。自分の身にも起きていないかを含めて確認しましょう。


前兆1. 出会う前に大きな失敗や失恋をした

仕事で大きなミスをして凹んでいたり、大失恋をして悲しんでいたりする女性の心は弱っています。弱った女性を癒す方法はいくつもありますが、愛の力は大きいです。

ミスや失恋直後のタイミングで女性が結婚するケースは多々あり、そこにいるのは救世主といえる旦那さん。結果的に見れば、ミスや失恋は旦那さんに出会う前触れだったということも。


前兆2. イメチェンをして心機一転をはかろうとしている

メイクを変えたり、髪形を変えたりすると、周囲の男性の目には新鮮に映ります。イメチェンを区切りとして、新たな気持ちで歩もうという前向きな心の変化が行動や言葉になりやすいです。

女性の外見は男性以上にちょっとした変化で見違えるようになります。男性にとっては、今まで知らなかった良さに気付くきっかけとなり、ガラリと変わった雰囲気に振り向く男性もいます。

その結果、結婚へと進んで、イメチェンが前兆だったと感じるのです。


前兆3. 転勤や引っ越しなど環境に変化がある

転居先の街や異動先の職場で結婚相手が見つかる。「結婚相手が自分を引き寄せてくれたんだ」と喜ぶ女性の考えもあれば、環境が変われば私生活にも変化が起きるという考えもあります。

どちらが正しいかは問題ではなく、出会いの直前に環境の変化があった事実が重要です。

前兆が示すチャンスを逃がさないためには、移った先での仕事や遊びに積極的になりましょう。今までとは違う男性たちが待っています。


前兆4. 久しぶりの友達から連絡が来たりする

何年ぶりかで連絡をくれた友達が旦那さんになったり、旦那さんと知り合うきっかけになったりします。

友達と結婚したケースでは、友達がずっと思い続けていたり、久しぶりに会ってお互いが異性を感じたりして付き合いに。

相手が友達本人でもそうでなくても、連絡が来なければ実現しなかった結婚です。前兆と呼ぶに相応しいケースでしょう。

【参考記事】はこちら▽


今すぐ実践!結婚相手と出会う方法とは?

結婚相手と出会う方法とは、まず行動することです。待っているだけでは出会える可能性が少ないことから、積極的な方法を実践します。

具体的には、実際に結婚相手と出会った人の真似をすることです。失敗した方法を何百回やるよりも、成功した方法を数回試す方が高確率です。

ここからは、今すぐ実践してほしい、結婚相手と出会うための方法を解説していきます。


方法1. 飲みの場や婚活パーティーなど、出会いの場に足を運ぶ

既婚女性が旦那さんと出会った場所、きっかけとして多く答えているのが合コンや街コン、会社の飲み会などです。

昔から定番とされる出会いの場を使わない理由がありません。婚活パーティーなどは友達と一緒に行けるためハードルも高くないでしょう。

ただし、ココ一番本気モードの時は、自分だけで行く方が集中できます。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 周囲の人に良い人はいないか聞いてみる

自分が知らないだけで良い人が近くにいる可能性があります。しかし、誰かに教えてもらわなければいつまでも知らな今まです。

「誰に聞けば良いのかわからない」とか「そんな人を紹介してくれるだろうか」とか不安になるかもしれません。

ところが、聞かれないから口出ししないだけで、ちゃんと話を持ってきてくれる人もいます。また、年齢的にまだ結婚を考えていないと思われていることも。恥ずかしがらずに、周囲の人に積極的に聞いてみましょう。


方法3. 同じ趣味の人が集まるイベントに参加してみる

同じ趣味を持っている人は、それだけで仲良くなれそうな気がするもの。趣味の集まりやイベントは、結婚相手探しにピッタリの出会いの場です。

少人数ではマッチする人がいなかったとしても、大勢の中にはピンとくる男性もいるでしょう。また、趣味は複数持っていた方がチャンスを増やせます。


方法4. 社会人サークルに入ってみる

学生時代と違って、それなりの年齢の男女が集うのが社会人サークルです。自分がやってみたいと思う活動をしているサークルなら、ハードルは高くないでしょう。

共通の活動をすることや、活動終わりの飲み会などで恋愛や結婚のきっかけになります。

社会人サークルの良いところは、いきなり結婚相手というのではなく、サークル活動の仲間として関係を深めていけること。気になるサークルがないか確認してみましょう。


方法5. この機会に習い事を始めてみる

趣味の習い事は、同じ感性を持った人が多く集まるのがメリットです。そのうえ、隣り合った男性と教えあったり手伝ったりで、出会いのきっかけになる可能性が高いです。

若い女性に人気の陶芸教室やスポーツの教室には、若い男性も多いといわれます。

また、同じ趣味を持つ女性と結婚したい男性が通っていることも。感性が同じ者同士ですから、気に入る相手が見つかりやすいです。


方法6. “本気”で結婚を考えるなら、結婚相談所を活用するのもあり!

結婚相談所は結婚に特化したサービスを提供しています。職場やサークル、教室などは本来の目的が違うところ。

しかし、結婚相談所なら単に男性を紹介するだけではなく、会員の成婚を目指した体制でフォローしてくれます。結婚するために必要なら、耳の痛いアドバイスもしてくれるでしょう。

ストレートに結婚を目指すなら、第一の選択肢となり得る場です。

【参考記事】はこちら▽


最近ではネットやアプリを使って出会いを求める人も多い

どこにいても使えて、いつでも大量の情報を集められる。それがネットやアプリの最大の利点です。

結婚相手との出会いには、本当にマッチする相手を探すため、駄目なら次へ行くために手軽に使える情報量が重要となります。その点、ネットやアプリなら不足はありません。


アプリ1. 『ゼクシィ縁結び』

結婚情報誌『ゼクシィ』が送る婚活アプリが『ゼクシィ縁結び』です。リクルートグループの運営で、結婚に関するノウハウは業界でも指折りの存在。

会員数70万人を超え、8割の会員が半年以内に出会っているという実績で安心できます。また、『ゼクシィ縁結びエージェント』や『ゼクシィ縁結びPARTY』との連携で濃いサービスを受けられるアプリです。

価値観診断による紹介機能があることから、価値観がマッチすることを大事にしたい人が多いアプリだといえます。


アプリ2. 『youbride(ユーブライド)』

累計会員数170万人規模を誇るアプリ『youbride』は、業界について回るマイナスイメージ「サクラ」について0宣言をしています。

男女の会員数の多さからいろいろな属性の人がいて、選択の幅は広いでしょう。

公式婚活パーティーの『YUCO』では、様々な条件の婚活パーティーを開催。いつでも自分の条件に合う婚活パーティーを検索できます。


アプリ3. 『Omiai(オミアイ)』

『Omiai』はFacebookと連動しているため、Facebookのユーザーには便利な出会いのアプリです。もちろん、Facebookをやっていない人でも利用できます。

累計会員数が300万人を突破しており、活用されている婚活アプリといえます。FacebookなどのSNSと親和性が高いユーザーが多いでしょう。

運営会社の『ネットマーケティング』は、2018年に東証JASDAQスタンダードから東証第2部に市場変更しており、上場企業の安心感が人気の理由のひとつです。

【参考記事】はこちら▽


結婚相手を引き寄せるために日頃からやっておくべき事とは?

積極的な婚活と同時に、結婚相手が向こうからやって来るような仕掛けも必要です。

自分を見ただけで男性が惑わされるくらいになれれば、出会いが少なくて困る生活ともサヨナラできます。そのために必要なことを確認しておきましょう。


1. 自分磨くを努力を怠らないようにする

努力をしている人は輝いて見えるものです。その努力が、自分を磨くものであれば輝きも倍増すると考えます。

磨く場所は外見と内面の両方です。2つ同時に磨くのは大変だと思うかもしれません。しかし、健康的な美しさを心がけて、適度な運動と規則正しい生活を送ることで、内面の変化も期待できます。その他、教養を身につけることも大切ですよ。


2. 常に前向きで明るく過ごすのを意識する

いつも人が集まっている場所には、明るい人がいたりします。明るい人がいると楽しい気分になるため、人が集まるのです。

前向きで明るい自分を心がけて実践することで、表情や雰囲気が人を引きつけるものに変わっていきます。ネガティブな考えは捨てましょう。

自分の周囲に人が増えたと感じられるようになれば、出会いのきっかけはそこまで来ています。

【参考記事】はこちら▽


3. 直感的にいいと思った人は、仲良くなるよう努力をする

運命の出会いでも、放置すれば消えてしまうことがあります。「この人が良い」と感じたら、直感を信じて積極的に行動することが大切です。

「いきなり結婚相手になってください」とはいえませんが、仲良くなるために相手の情報を収集したり、軽い話題で話しかけたりします。

万一、直感が外れたのか上手くいかなかったとしても、その経験や努力が次の出会いに活きるのです。


結婚相手と出会いたい女性は、積極的に動いてみましょう。

既婚女性の体験談を知れば、出会いの場所やきっかけはどこにでもあることがわかります。しかし、現実は厳しいから悩みも尽きないわけです。簡単に結婚できれば苦労はないと。

では、その現実は変えられないのかといえば、自分の行動次第でいくらでも可能性は広がります

成功者のやり方を取り入れて、積極性を持って行動すれば出会いも生まれ、結婚への道も見えてきますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事