「この人と結婚するかも」と思う瞬間とは?入籍前の確認ポイントも紹介

この人と結婚するかも?と思う時ってありますよね。結婚を意識してしまう瞬間は、ふとやってくるかもしれません。本記事では、結婚するかもと思う瞬間から、入籍前に確認すべきポイントまで徹底解説します!相手の人と結婚を意識してしまった人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この人と結婚するかもと感じた人へ。

「この人と結婚するかも」と思う瞬間

結婚を意識する瞬間はどのような時なのだろう、なんとなく感じている男性や女性が意外と多いはず。初対面で「この人と結婚するかも」と感じる人もいるようです。

そこで今回は、この人と結婚するかもと感じる瞬間や、結婚を意識する前にチェックしておきたいポイントをまとめてご紹介します。

運命の予感は、突然やってくるかもしれません。ここぞというチャンスを逃さないためにも、ぜひチェックしてみてください。


直感でわかる?この人と結婚するかもと思った瞬間

まずは、この人と結婚するかもと感じる瞬間をまとめてご紹介します。初対面の出会い時から直感で感じる人や、結婚するかもと予感させるシーンに出会うという人も。

ぜひ、どのような瞬間に運命の人だなと思えるのかチェックしてみてくださいね。


瞬間1. 初対面でなぜか結婚するような予感がした時

結婚した人にその人と結婚した理由を聞くと「初対面の出会いの時にビビビッと来たから」と返されることがよくありますよね。

結婚をする男性と女性は、付き合う前に第一印象だけで、既に惹かれ合っていることが多いようです。

そのため、初対面の日やデートをした日に、互いが結婚をするような直感を抱いたというカップルもいます。


瞬間2. 自分と性格や価値観が似ているなと思った時

結婚をすると、二人で生活を続けていかなければなりません。一緒に過ごしている中で直感的に「自分と似ている」「この人と同じことを考えていたんだな」と感じられる瞬間に、結婚を予感することも。

無理をして合わせる必要がなく、言わなくても自分のことを分かってくれる異性は、なかなかいないですよね。だからこそ、これから先もずっと一緒にいられる相性かもしれないと感じられます。


瞬間3. 思ったことをなんでも話せて、一緒に居て落ち着くと思った時

結婚すると、ほぼ毎日一緒に過ごさなければなりません。相手に合わせてばかりいると、リラックスできる場所がなくなってしまいますよね。

そのため、ありのままの自分でいられることを自覚した時に、ずっと一緒いたいなと感じるようになります。

なんとなく「この人といると落ち着く」「一緒にいても苦にならない」と思った時に、結婚するかもしれないという予感を感じるようになります。


瞬間4. 相手からの愛情をたっぷりと受け取った時

今まで付き合ってきた男性や女性と比べた時に、「大切にされている」「いつも愛情を感じられる」と感じる瞬間があると、結婚するかもしれないと考えるように。

例えば、記念日や誕生日にサプライズをしてくれたり、行きたかった場所に連れていってくれたりと、好きな人が自分のことを考えて起こしてくれる行動に、運命の人かもしれないと予感するようになります。


瞬間5. 笑いのツボが似ていて、一緒に過ごしていて楽しいと感じた時

大好きな人とは楽しい時間こそ、一緒に共有したくなります。特に、テレビを見たり話をしたりしている時に、同じことで笑えると幸せな気持ちが二倍に。

また、笑いのツボが似ていると同じような視点で様々なことを考えていることが多く、「この人と一緒にいると楽しい」と思うことが多いです。

自然と「この先、もっと楽しい瞬間を共有したいな」と考えるようになった時に、結婚するかもしれないという予感を感じます。


瞬間6. 女性の場合、「この人の子供なら欲しいかも」と思った時

女性の場合、カップルで過ごす時間が増えてくると、夫婦になった時のことを想像するようになります。

「この人との未来はどんな感じなのだろう」と、これから先のことをなんとなく意識するようになる場合が多いです。

その時に「この人の子供なら欲しいなあ」「子供と一緒に家族で過ごすときが来るのかな」と本能的に思うようになると、結婚するかもと思うようになります。


瞬間7. 付き合う前から、この人と一緒に居たら幸せに過ごせそうと思えた時

実際に一緒に過ごしたことのない相手との、未来を想像することは難しいもの。

だからこそ、付き合う前から「この人と一緒に過ごせたら幸せだな」と感じられたら、結婚するかもしれないと思ってしまいます。出会いの段階から、それだけ相手に安心感を抱いている証拠。

特に、具体的に未来を描ける場合は「運命の人かもしれない」と感じてしまう人も多いよう。


瞬間8. 自分の本音を瞬時に見抜かれた時

夫婦はわざわざ口に出して話さなくても、お互いを理解しているという一面がありますよね。そのため、カップルで過ごしている時に、相手が直感で自分の気持ちを見抜いたときに、この人と結婚するかもと感じるケースも。

言葉にしなくても、些細なことまで理解してくれるのは特別なこと。だからこそ、他にはここまで分かってくれる男性や女性はいないかもしれない、と結婚を意識してしまいます。


幸せな結婚をするためにも、入籍前に確認しておきたポイントとは

ここからは、幸せな結婚をするためにも、入籍をする前に確認しておきたいポイントをご紹介します。

第一印象では分からないことも多く、勘違いをしたまま結婚するかもしれないと思ってしまうと「こんなはずではなかった」と後悔してしまうことに。

結婚を考える前に、相手のことをよく理解できているかチェックしてみてくださいね。


ポイント1. 大前提として、自分と性格や価値観が合うか確認する

結婚をすると、生活を共にしなければなりません。そのため、相手にされて嫌なことの許容範囲が違う場合やライフスタイルで重視していることが異なる場合には、一緒に過ごすことが苦痛になってしまう可能性が。

そこで、自分を偽らなくても相性が良いか、直感的に考えることが似ているかはとても大切なポイントです。お互いの相性が合わない場合は「結婚するかも」と感じても、勘違いかもしれません。


ポイント2. 金銭間隔がお互いに似ているか

結婚した後に問題となることが多いのは、金銭感覚のずれです。家族として生活を共にしなければならない以上、男性か女性のどちらかが無駄遣いばかりしていると、家計が回っていきません。

また、金銭的な感覚の違いは、なかなか直すまでに時間がかかります

そのため、付き合っている時から「この人は何にお金をかけているのか」確認しておくといいでしょう。


ポイント3. 子供の有無や人数など、家族設計にズレはないか?

結婚は一時的なものではありません。だからこそ、お互いの未来像や夫婦像が一致していないと、「こんなはずではなかったのに」と思うことが起こります。

例えば「子どもが欲しいと思っていたのは勘違いだった」「夫婦だけで暮らしたいと思っている」など、ちょっとした家族設計のずれが大きな食い違いになることが。

事前にどのように考えているのか、しっかりと話し合うといいでしょう。


ポイント4. 自分と食の好みが合うか

衣食住は生活の基本。これが合わないと、毎日共に生活していくことが辛くなります。

特に、食べ物の好みが違うと、男性か女性のどちらかが食べたいものを我慢しなければなりません。毎日、何を作ったらいいのか迷ってしまうことも。

この人と結婚するかもと感じたら、まずは衣食住が自分と合っているか確認するようにしましょう。


ポイント5. 相手の親族とも仲良くなれそうか

結婚すると二人だけの関係ではなく、互いの両親や親戚とも仲良くしなければなりません

好きな人の親族だから大丈夫!と構えていても、相手が歓迎ムードとは限りません。また、相手の両親と同居する場合や近くに住む場合は、初対面の時にどのような印象を持ったかしっかりとチェックしましょう。

あまりに相性が合わないと、長く一緒にいることが辛くなってしまいます。


ポイント6. 共通の趣味があるか

いつまで経っても仲のいい二人でいるために、一緒に楽しめることがあるといいでしょう

例えば、共通の趣味があると夫婦になってからも二人だけの時間を楽しみことができるでしょう。

特に、二人で楽しめることがない場合は、女性と男性のどちらかが興味を持っていることに、二人でチャレンジしてみるのもおすすめです。


ポイント7. 相手が怒った時や余裕が無い時にどのような態度をとるのかチェックしておく

共に過ごす時間が長くなると、いい時ばかりではありません。お互いの気分が良い時ばかりではなくなるので、「第一印象とは違う」と感じることが多々あるでしょう。

それが許容範囲ならいいのですが、耐えられないほど理解できない一面があると一緒にいることが難しくなります。

付き合っている時から、機嫌が悪いときはどのような態度を取るのかチェックしておきましょう。


結婚を意識したら、自分と本当に合っている相手なのかしっかり見極めましょう。

今回は、結婚するかもと感じる瞬間や入籍をする前にチェックしておきたいポイントをご紹介しました。

「この人と結婚するかも」と直感で予感する人も多く、初対面で運命を感じる場合が多いようです。

しかし、焦りは禁物です。理想的な未来像叶えるためにも、同じ未来を持てる相手と結婚できるよう、自分と本当に合っているのかチェックを怠らないようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事