幸せな結婚とは|幸せな結婚ができる女性の特徴と男性の条件を大公開

大好きな人と結ばれる結婚なら絶対幸せになれますよね。幸せな結婚とは、具体的にどのような状態のことをいうのでしょうか。今回は、幸せな結婚の意味から、幸せな結婚ができる女性の特徴について徹底解説!また、一緒にいたら幸せになれる男性の特徴や見分け方も併せてお教えします。

誰もが「幸せな結婚」に憧れますよね。

幸せな結婚とは

幸せな結婚とは、一体何でしょうか。

結婚は、いつでもすぐに別れられる同棲とは違い、社会的な責任も発生するため、「ノリで結婚してみたけど、なんか違ったから別れよ。」などという軽い判断はできません。とはいえ、仮面夫婦を続けるのもできれば避けたいもの。

では、どうすれば幸せな結婚を手に入れることができるのでしょうか。幸せな結婚は、無条件では手に入りません。

婚活中だと結婚はゴールだと思いがちですが、幸せな結婚生活を末永く続けるためには、男性と女性お互いの努力がとても大切なのです。

そこで今回は、幸せな結婚ができる女性の特徴と男性の条件を具体的にご紹介します。幸せな結婚生活を末永く送るためにも、入籍前に幸せな結婚生活ができそうかどうか、じっくりチェックしましょう。


そもそも「幸せな結婚」とは?どういう状態を指すの?

「幸せな結婚」と聞いて、まず、頭に思い浮かぶイメージは何でしょうか?

毎日、笑顔が絶えない家庭?夫婦の時間をたっぷり楽しめる家庭?それぞれの趣味を自由に楽しめる夫婦関係?

「幸せな結婚」といっても、そのイメージは人それぞれ。まずは、自分が理想とする「幸せな結婚」をしっかりとイメージしましょう。

また、「幸せな結婚」の形は人それぞれですが、いくつか共通点もあります。ここでは、「幸せな結婚」に共通するポイントをひとつずつ具体的にご紹介します。


幸せな結婚1. 家庭に笑顔が溢れていて、愛情を感じることができる

家に帰ると愛する妻や夫、子ども達と、その日の出来事を話したり、休みの日は一緒に買い物に出かけたりと、家族と一緒にいるだけで自然と笑顔が溢れてくる

まさに、理想的な結婚生活、これこそがまさに「幸せな結婚」ともいえましょう。

また、仕事が忙しくて、家族と一緒に出かける時間やじっくり話す時間がなかなかとれなくても、隙間時間にLINEを送りあったり、手作りのお弁当にメモが添えてあったりと、家族の愛情を感じられるのも幸せな結婚ならではです。


幸せな結婚2. お互いの意見を受け入れ、尊敬できる関係を築いている

幸せな結婚とは、妻と夫2人で作り上げるもの。どちらか片方の意見だけを押し通していては、遅かれ早かれ不幸せな結婚生活へとシフトチェンジしてしまいます。

食べ物の好み、家のインテリア、家事の仕方など、お互いの意見を話し合わなくてはならないポイントは、文字通り山のようにあります。

「俺の母さんは、そんな味付決してないよ。おかしいんじゃないか?」

「いい年して、趣味がゲームってなんなの?」

など、一方的に、相手の意見や好みなどを否定していませんか?

幸せな結婚とは夫婦2人でゼロから作り上げていくもの。意見が食い違うものは、むやみに否定せず話しあったり、理解できなくても受け入れたりする寛容な態度がとても大切です。


幸せな結婚3. 経済的にも豊かで、金銭に悩まされていない

「愛さえあれば何もいらないの」なんて、本気で思っていませんよね?

幸せな結婚を送るためには、ある程度の経済力も必要です。月々の生活費がいくら必要かは、個々の生活スタイルによって大きく違うため、一概には言えません。

しかし、欲しい物や食べたい物、行きたいところがある時に、まっさきにお財布を覗き込み通帳とにらめっこして、眉間に皺を寄せて資金繰りをしなくてはならないようでは、ストレスもあっという間にたまってしまいます。

金銭的な余裕は精神的な余裕にも直結します

お金のことで、夫婦で毎日言い争う結婚生活にならないよう、結婚相手の経済力は入籍前にしっかりチェックしておきましょう。


幸せな結婚4. 健康体でイキイキと生活している

健康な身体は、何物にも代え難い大切な宝物です。

とはいえ、なかには生まれついて身体が丈夫でなく病気がちの場合や、持病を抱えている場合もあります。

健康体は難しくても自分の身体と向き合い、病気との付き合い方やコントロールの仕方を分かっているのであれば、幸せな結婚生活も夢ではありません。

しかし、自分の欲望のままにアルコールを飲み過ぎる、煙草を吸いすぎるなど、身体のことを無視し健康に気を使わない生活をしている場合、幸せな結婚は遠のいていく。と、いっても過言ではありません。


幸せな結婚5. 素の状態を出すことができ、一緒にいるとリラックスできる

結婚しひとつ屋根の下で一緒に暮らすということは、恋人同士だった時のように取り繕った姿だけ見せるわけにはいきません

仕事でくたくたに疲れてソファに寝そべりたい時や、休みの日にいつまでもベッドでゴロゴロしていたい時なども気兼ねなくできなくては、幸せな結婚生活を続けることはできませんよね。

また、一緒にいるとそれだけでリラックスできるかも、幸せな結婚生活かどうかの判断ポイントとなります。

【参考記事】はこちら▽


幸せな結婚ができる女性の特徴を大公開!

素敵な結婚生活に夢をみて、結婚相手に高い理想を持ち、日々、婚活に励む女性が後を絶ちません。

しかし、幸せな結婚生活は男性の努力ばかりに期待するわけにはいきません

男性の努力ももちろん必要ですが、女性側も幸せな結婚生活を実現するために様々努力をしなくてはなりません。

ここでは、幸せな結婚ができる女性の特徴を具体的にご紹介します。これらの特徴をごく自然にできている女性もいますが、そうでない場合は、意識して行なうようにしてみましょう。


特徴1. 「好き」「愛してる」などの素直な愛情表現ができる

大好きな人に愛情を言葉で伝えたのはいつが最後か覚えていますか?

毎日顔を合わせていると、素直な愛情表現がだんだんと照れくさくなり、言葉にして伝えるのが難しくなってくる場合があります。

しかし、言葉にして伝えることで付き合いはじめの頃の甘酸っぱい気持ちを思い起こさせたり、マンネリ解消に繋がる場合があります。

「言葉で直接言うのは、どうしても照れくさくて無理」という場合は、手作りのお弁当にメモを挟んだり、LINEで送ったりして伝えるのもアリですよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 不満に思ったことは溜め込まず、男性と話し合いができる

育った環境が違う2人が一緒に暮らすようになれば、大なり小なり相手に対して不満がでてくるのはごく自然なこと。

ですが、その不満を「どうせ言っても聞いてくれないし。」「言うだけ無駄。疲れるだけ。」と言うことを諦めていませんか?

例え、小さな不満でも溜まっていくと、ある日突然ドッカン!と爆発して大きな喧嘩になってしまう可能性があります。

不満に思ったことなどは自分の中だけで抱え込まず、こまめに相手と話し合うことが大切です。

「ホントは、ずっと嫌だったの。でも、あなたはどうせ聞いてくれないだろうから言わなかっただけ。」

などと、決めつけて不満を溜められることを心底嫌がる男性って、実は結構多いですよ。


特徴3. 外見を磨く努力をしており、自分に自信がある

「結婚前はあんなに可愛かったのに、今じゃ見る影もない…」

「結婚前はホントにカッコ良くて、結婚が決まった時は周りに羨ましがられたものだけど…」

なんて、ボヤキの1度や2度、既婚者から聞いたことありませんか?

年とともに外見が衰えていくのは自然の摂理ではありますが、それでも、結婚後も外見を磨く努力はとても大切です。

「結婚した」という事にあぐらをかいて、婚活中はあんなに頑張っていた自分磨きを全て放り出してしまうと、絶賛婚活中の綺麗で可愛い他の女性に、せっかく手に入れた男性を横取りされてしまう可能性がありますよ。


特徴4. 男性に依存していないので、過度な束縛をしない

「どこで誰と何をしてきた」と、好きな相手の事ならすごく気になりますよね。

しかし、好きな相手だからと、相手の男性の事を詮索したり、過度な束縛をしたりするのは幸せな結婚生活を遠ざけるだけ。

相手に寄りかかりすぎず、自分自身で毎日の生活を楽しめるようになれば、自然と相手のことを必要以上に束縛しなくなります。

「好きだから全部知りたいの。」

「好きだから、例え仕事関係でも、他の女性と連絡とらないで。」

なんて言い訳を男性が「こいつ、可愛いな」など、おめでたい勘違いをしてくれるのは、付き合い始めの頃だけです。

幸せな結婚生活を続けたいのであれば、束縛は程々にしておきましょう。


特徴5. ポジティブな考え方をしており、困難に立ち向かうメンタルの強さを持っている

何かトラブルが起きた時、それから逃げることや最悪の事態ばかり考えていませんか?

幸せな結婚生活のためには、ポジティブシンキングとトラブルから逃げずに立ち向かうメンタルの強さが欠かせません。

会社でのトラブルやご近所トラブル、子ども同士のトラブルなど、気楽な独り身よりも、トラブルの種類が豊富な結婚生活。

予想外なトラブルが発生した時に逆ギレしたり、見なかったことにする女性より、夫婦で一緒に乗り越えようと前向きになってくれる女性の方が、男性は心強く感じるものです。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 相手の気持ちを察して、さりげない気遣いができる

さりげない気遣いは、日頃から相手のことをきちんとみていなければできません。

いつもより疲れている様子なら、自分の話したいことはひとまず置いておいて、ゆったり一息入れられるようそっとしておいてあげるのも気遣いのひとつ。

さりげない気遣いは、お互いに心地よく一緒に生活していく上で欠かすことができないものです。

彼氏彼女として付き合っている間から、こまめに彼のことを観察して「さりげない気遣いスキル」を発動して、彼に一緒にいて居心地が良いと思い込ませましょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 正しい金銭感覚を身に着けている

結婚生活は、お互いの金銭感覚があっていないと継続が難しいもの。

普段の生活は質素倹約。でも、年の1度の海外旅行で贅沢したい。

贅沢な海外旅行より、日々の生活を楽しみたい。

など、どのような生活をしたいのか、どこにお金をかけたいのか、お互いの考えが違うと喧嘩の原因にもなってしまいます。

また、お金がないのにカードでバッグや洋服など、なくても生活できるアイテムを買ってしまうなどの行動は、男性からみて「金銭感覚がおかしい浪費家」と思われて警戒されてしまうので注意しましょう。


特徴8. 家事や料理が一通りでき、生活力がある

普段の食事は自炊派?外食派?

掃除はルンバに任せっきり?

洗濯はクリーニング屋さんに丸投げ?

家事炊事は一朝一夕ではできるようにはなりません

男性が思い描く結婚生活の多くは、「手作りの家庭料理」「こまめに掃除された室内」「自宅で洗濯された衣類」です。

お金を払えば、ほとんどの事を外注できたり機械に頼れる時代ではありますが、料理や洗濯、掃除など、家のことは一通り自分の力でできるようにしておきましょう。


9. 一般的な常識を知っており、世の中のルールやマナーを守ることができる

人に会ったら挨拶をする。何かして貰ったらお礼をする。出かける時には目的に合わせた服装をする。

当たり前のようですが、できていない人が多い世の中のルールやマナー。結婚相手として選ばれる女性の多くは、これらを自然にできています。

特に社会的地位と経済力がある男性の場合、結婚相手にもその地位と経済力に相応しい振る舞いを求めます。

「一緒に出かけても恥ずかしくない女性」は、そんな彼らが求める結婚相手の条件でもあります。


特徴10. 家族や身近な友人を大切にしている

自分の家族や友人との関係は良好でしょうか。幸せな結婚生活を築きやすい人は、自分自身との家族や友人とも良好な関係を築いている場合が多くあります。

男性からみて、自分の家族や友人と仲が良い女性は、結婚しても同じように仲の良い家族を一緒に作れそうに感じるもの。これは、女性から見ても全く同じです。

面倒だからと家族や友人との付き合いをつい後回しにして、自分の仕事や趣味ばかりを優先にしている姿は、「結婚しても自分のことばかり優先するんだろうな…」と思われてしまいますよ。

【参考記事】はこちら▽


幸せな結婚生活をしたい!結婚相手に最適な男性を見分ける方法や条件は?

結婚は1人ではできません。同じように結婚生活も妻と夫の2人で一緒に作りあげていくもの。

幸せな結婚生活をしたいのであれば、幸せな結婚生活を一緒に作っていけそうな男性と結婚しなくてはなりません。

結婚はゴールではなく新しい人生のスタートです。

ここでは、幸せな結婚だけでなく、幸せな結婚生活を一緒におくれる男性を見分けるための方法や条件を具体的にご紹介します。婚活中の女性は必見ですよ。


見分け方1. 「ありがとう」や「ごめん」が素直に言える

何かをして貰った時などに「ありがとう」をきちんと言えていますか?

故意でなくても悪いことをしてしまった時に「ごめん」ときちんと言えていますか?

簡単なようで実はなかなか難しい「ありがとう」や「ごめんなさい」の言葉。照れくささや意地を張って言わずにやり過ごそうとする人って、実はたくさんいるんです。

「言わなくても分かるはず」というのはただの思い込み。相手への思いやりに欠けた行為です。些細なことにも「ありがとう」や「ごめん」が自然と言える男性を選びましょう。

【参考記事】はこちら▽


見分け方2. 「当たり前」と思っている価値観に大きなズレがない

育った環境が違えば、「当たり前」と思う価値観も大きく違うもの。

「育った環境が違う者同士が生活を共にする結婚は、お互いの価値観がどれくらい似ているか?」「似ていなければ、価値観のすり合わせができるかどうか?」が、とても大切です。

また、お互いの価値観が大きく違いすぎると、それが元で喧嘩も起こりやすくなってしまいます。

「お味噌汁は白味噌?赤味噌?合わせ味噌?夕食にパンは有りor無し?」など、日常の些細な「当たり前」を結婚前に確認しておきましょう。


見分け方3. 嫌なことがあった時に冷静に話し合いができる人間性を持っている

一緒に生活していると、どうしても相手の嫌な所や直してほしい所が出てきてしまうもの。

そういった事を逆ギレせずに冷静に話を聞いてくれる人間性かどうか、必ず結婚前にチェックしておきましょう。

「脱いだ靴下はきちんと伸ばしてから洗濯機に入れてほしい。」

「牛乳とかお茶を一口だけ残して冷蔵庫に入れるのやめてほしい。」

など、相手にとってはできれば言われたくないことでも、逆ギレせずに話を聞いてくれるかどうかで、相手の器の大きさも分かってきますよね。


怒り出して聞く耳を持たない人は要注意

幸せな結婚生活になるかどうかは、話し合いができるかどうかにもかかってきます。

嫌なことを指摘されたからと、逆ギレして怒鳴ったり暴れたりして、無理矢理話を終わらせる人とは、間違っても幸せな結婚生活はできません。

「それ、俺だけのせいだっていうわけ?」

「俺が仕事で疲れてるの知ってるよね。よくそれでそういう事言えるよね。労りとかないわけ?」

など、話し合う姿勢を全く見せないのは、結婚してはいけない相手の条件とも言えます。

【参考記事】はこちら▽


見分け方4. 店員や子供に対しても思いやりのある態度を取ることができる

レストランやカフェの店員さん、道ですれ違った小さな子ども、自分たちと個人的な面識の無い第三者にも思いやりのある態度がとれるかどうか、必ずチェックしましょう。

彼女や友人など見知った相手には優しいけど、カフェでの注文はいつもタメ口で偉そう。

道ばたでぐずって泣いている小さな子どもに対して、うるさそうに舌打ちしている。

など、思いやりとはかけ離れた態度をとる男性は、それが本性の可能性があります。

その上から目線や舌打ちは、結婚後、あなたに対してするようになるかもしれません。


見分け方5. 両親や姉弟と仲の良い関係が築けている

彼の両親や兄弟姉妹の事など、家族の話をどれくらい聞いていますか?

普段の何気ない会話から、彼と両親や兄弟姉妹との関係を窺い知ることができますよね。

「この間、母の日だったじゃん。お母さんに電話とかした?」

「先週、確かお父さんの誕生日だったよね。何かプレゼントしたの?」

など、彼から家族の話がでてこないようならさりげなく聞いてみましょう。

その時の反応次第で、家族との関係がどうなっているか知ることができますよ。


今の家族関係は、将来の結婚相手との関係と一緒になる可能性が高い

育った環境はとても大きいもので、家族関係が良好な人は、やはり幸せな結婚生活を築きやすいともいわれています。

理想の結婚生活はいくらでも言うことができますが、それが実行できるかどうかは全く別物。

家族関係が良好な家庭で育った人は、幸せな家庭を築き続けていくために必要な事を経験を通じて知っているのです。


見分け方6. 新しいモノを受け入れる事ができる柔軟性があるか

朝のコーヒーは2人分用意する?

夜は後からお風呂に入る方がお風呂掃除もする?

結婚生活は2人で新しい生活習慣をつくっていくものでもあります。今までの気ままな独身生活と違い、2人で快適な生活ができるように様々なルールが必要となります。

「朝食なんて自分で用意したこと無いから、コーヒー入れるのも面倒だからヤダ。」

「風呂掃除は母さんがやってたから、俺できないし。お前やってよ。」

など、身近な生活習慣すら変える気が無いめんどくさがりやや、頑なに今までの習慣を守ろうとする柔軟性の無いタイプは、結婚相手には向きません。


結婚生活は新しいチャレンジの連続

結婚したら2人の生活が変わるだけでなく、お互いの親類との付き合いなども出てきます。

特に結婚式やお葬式などの冠婚葬祭は、それぞれの風習が違うと振る舞い方も大きく変わってくるもの。

柔軟性がないタイプの男性だと、本来ならば受け入れて従わなければいけない風習にも逆らおうとします。

「俺のところは、こういうのしないから。」

「俺、別に行かなくてもいいよね。」

など、自分勝手に判断され、気ままに振る舞われたら恥をかくのはあなたです。どんなこともで柔軟に受け入れて、積極的に動けるタイプの男性を選ぶようにしましょう。


見分け方7. 仕事に目的や目標を持ち一生懸命取り組んでいる

日々の生活費のために仕事をしている。

本当はやりたくない仕事だけど、他に仕事がないから仕方なくしている。

など、人生の大半を費やさなくてはならない仕事に目的や目標、やりがいを感じていないタイプの男性は、結婚生活のなかで、仕事に対する愚痴が多くなるタイプ

「お前たちを養うために働いてやってるんだ。」

「好きでもない仕事のために会社に行ってるんだから、家ぐらい好きにさせろよ。」

など、ことあるごとに言い出す可能性があります。

自分の仕事にやりがいや目標を持って、前向きに一生懸命取り組んでいる男性を選ぶようにしましょう。


将来のためにも最低限の経済力は必須

とんでもないブラック企業に勤めていて、身体か心が壊れそうだから転職する。連日の激務で身体を壊しそうだから、仕事を休んで少しゆっくりしたい。

など、自分ではどうしようない理由で仕事を休む場合もありますよね。

とはいえ、将来のことを考えたら最低限の経済力は必要です。

仕事を辞めても、次の仕事を必ず見つける。もっと条件の良い仕事ができるよう計画的に行動する。

など、先々のことを考えられる男性かどうかも、必ずチェックしましょう。


見分け方8. ケチではなく、浪費家でもなく、綺麗なお金の使い方ができる

通帳の残高が増えていくのが唯一の楽しみ。という人はいますが、結婚相手としては実はあまり向いていません。

少しでも貯金をしたいがために、質の高さより価格の安さを重視してしまいがちなので、「安物買いの銭失い」をしてしまう可能性があります。

だからといって、入ったら入っただけ使ってしまう人も結婚相手としては不安ですよね。

将来のことを考えて貯蓄しつつ、でも、使うべき所ではきちんとお金を使える人かどうか、結婚前に必ずチェックしておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


見分け方9. 経験豊富で、失敗した経験もたくさんしている

若い頃に様々な経験をして来た人は、人生の酸いも甘いもある程度分かっている人。

経験豊富なだけ他の人とのコミュニケーション能力も高く、柔軟なものの考え方ができる場合が多いのです。

また、成功体験だけでなく、手痛い失敗も経験している人であれば、尚更良いでしょう。失敗をしているということは、人の痛みも分かるということ。

そして、失敗を繰り返さないためにはどうしたら良いか?という方法も自分なりに分かっているのです。

成功体験も失敗体験も含め経験豊富な人であれば、結婚後も一緒に様々な事柄を乗り越えていけますよ。


特に恋愛経験が少ない男性は結婚してから遊びたくなる男性も少なくない

一言でに経験といってもその種類は様々。

特に恋愛経験に関しては、若い頃にあまり経験してない場合、結婚後に不倫という形で、他の女性と関係を持ってしまう場合も少なくありません。

二股三股を繰り返すのはもちろんもっての他ですが、結婚前にある程度、恋愛経験がある男性の方が、結婚後に外で遊び回る可能性も少ないのでおすすめですよ。

【参考記事】はこちら▽


幸せな結婚ができる魅力的な女性になりましょう。

結婚生活は、2人で協力して作り上げていくもの。

どちらか片方だけが頑張っても、幸せな結婚生活は送れません。

家の中のことから、親戚付き合い、会社の付き合いなど、面倒なことでも一緒に話し合って協力しあっていける相手を選ぶのがポイントです。

そのポイントをチェックするのは結婚前の恋人時代です。

日頃の彼の言動などから自分の結婚相手として相応しいかどうか、こまめにチェックして幸せな結婚を掴んで下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事