男と女の違いとは。恋愛や仕事の考え方や価値観の違いを徹底分析!

彼氏(彼女)の考えていることがわからない!と悩んでいるカップルへ。今回は永遠の謎のテーマである、男性と女性の違いについて解説していきます。男女で異なる仕事や恋愛、結婚観に対する価値観を詳しくお教えしますので、相手の気持ちを理解するためにもしっかり学んでくださいね。

男性と女性の価値観って、どう違うの?

男女の違いって何?

男女問わず「この人は何を考えているのだろう?」と疑問に思ってしまう人っていますよね。異性の考えていることが少しでも分かるとやりとりもスムーズになりそうですよね。

そこで今回は男女の違いを徹底解説!恋愛や仕事において、男と女はどんなことを考えているか価値観や違いを詳しくご紹介します。「恋人はなにを考えているの?」と不安な方必見です!


男性脳と女性脳は、同じ物事でも全く別物だと認識する

もともと男性と女性の脳は作りが全く違います。そのため同じ物事が発生しても、全く別物だと認識をしてしまいます。

だからこそ「なんでそんなこと言うの?」「どうして分かってくれないの?」をすれ違って喧嘩をしてしまうパターンがあるんです。

考え方や価値観が脳みそのレベルから違うので、まずは物事に対して別の認識をしてしまうということを理解しましょう。理解しておくとより相手を受け入れやすくなるのでおすすめですよ。


男女で違いすぎ!価値観や考え方の違い14個

では、具体的に男女はどういった部分が違うのでしょうか。よく喧嘩をしてしまうカップルは、違いをしっかり把握しておくと喧嘩せず仲良く過ごせるかもしれません。

ここからは男と女の14個の違いについて詳しくご紹介しましょう。


「性格」や「価値観」などの根本的な男女の違い

男性女性によってさまざまな違いがありますが、まず気になるのが性格と価値観の根本的な違いについて。

性格が人それぞれ違うのはもちろんですが、男女では一体どんな価値観の違いがあるのでしょうか?

詳しく違いについてご紹介していきます。


1. コミュニケーションをとる時の違い

まずは、生活に欠かせないコミュニケーションのとり方からご紹介しましょう。男性女性によって、会話や仕草など、コミュニケーションのとり方には一体どんな違いがあるのでしょうか?


男性:目的がないとコミュニケーションを取らない

男性は陽気なイメージで、コミュニケーションが好きなのかな?と思いきや、実は目的がないとあまりコミュニケーションをとりたがりません。

女性にとっては意外な結果かもしれませんよね!積極的に話すように見せかけて、基本的には目的を重要視

たとえば好きな人に話しかけるだったり、仕事で必要なことだったり…と目的がある場合のみ、積極的にコミュニケーションをとることが多いですよ。


女性:問題解決などの目的がなくても、お互いのつながりや価値観の共有をとても大事にする

反対に女性の場合は、お互いのつがなりを重視するため、目的がなくても話しかけることが多いです。たしかに女性の方が声をかけたり、周囲の状況のことを把握していることが多いですよね。

女性は問題意識がなくても、相手とのつながりや価値観の共有をとても大切にしています。そのため積極的に声をかけることが多いといえるでしょう。

男女によって全くコミュニケーションのとり方が違いましたよね。お互いの価値観を知っておくだけで、すれ違いが防げると思います。


2. ストレスの解消法の違い

コミュニケーションの方法を知ったあとは、ストレス解消方法について把握をしましょう。実は男女によってストレス解消方法も違うのです。

一体どんな違いがあるのでしょうか。解消方法について詳しくご紹介します。


男性:自己解決が基本で、個人的な趣味に没頭することで解消される

男性のストレス解消方法は主に「自己解決」です。友人とワイワイ騒ぐことももちろんありますが、基本的には自分ひとりでストレスを解消することがほとんど。

自分の好きな趣味にとことん打ち込むことによって解消します。だからこそ、趣味に口を挟まれることはあまり得意ではないので注意してくださいね。

もし彼氏が趣味に打ち込んでいる場合はもしかするとストレス発散中かもしれません。そんなときはそっと見守ることをおすすめします!


女性:価値観の共有をして、共感されることで解消される

女性の場合はガラッと違います。男性がひとりでストレスを発散することに対し、女性は誰かに悩みや葛藤を共有することが多いです。

価値観を共有して、まわりの友達などから共感されることでストレスが発散されていきます。

そのため多くの女性は「誰かと一緒」「誰かを巻き込む」ことでストレスを発散していきますよ。もし彼女がストレスが溜まっているようなら、じっくり会話をするといいでしょう。

反対に聞いて欲しいだけなのに、アドバイスするとさらに不機嫌になるので注意が必要です。


3. 問題にぶつかった時の対応の違い

仕事やプライベートで問題や困難にぶつかることもありますよね。そんなとき、男性と女性とでは対応はどう違うのでしょうか?ここからは、問題にぶつかったときの対応の違いについて、男性女性に分けてご紹介します。


男性:1人になって問題や悩みを整理したいと思う

男性の場合は、とにかく一度は「自己処理」をしたい性質なんだそう。そのため、何か問題が起きたときにすぐに誰かに話すのではなくて、ひとりでゆっくりと問題や課題に向き合う場合が多いです。

「自分で解決できるのか?」「一度状況を整理しよう」というように、一旦自分でしっかりと考えます。

考えてみて、もしどうすることもできなかったら、まわりに相談を行うパターンが多いです。


女性:話を聞いて慰めてもらいたいと思う

男性がしっかりと自分に向き合うことに対して、女性はとにかく誰かに助けを求めることが多いです。ひとりでずっと抱え込むということはしません。

誰でもいいから自分の意見を聞いてほしいですし、また慰めてほしいと感じているケースがほとんど。

男性と違い、誰かと会話をしたり共感をしてもらうことによって、問題や困難を乗り越えることが多いですよ。


4. 幸せを感じる時

男性女性によって「幸せを感じる」ことにも違いがあるんです。仕事や恋愛でなにかいいことがあった場合では、どのように違うのでしょうか?

ここからは男女の「幸せを感じる」ときのタイミングや瞬間について詳しくご紹介します。


男性:目的が達成され、外部からも称賛されるような物事に幸せを感じる

男性が幸せを感じるときのタイミングや瞬間は、目的が達成されたときや、称賛されたときに多いです。男性はもともとプライドが高い生き物。だからこそ、自分が頑張ったことや結果を出したことに対して称賛されるとかなり満足します。

その瞬間に大きな幸せを感じるといえるでしょう。

普段の何気ない瞬間に幸せを感じるというよりかは、目に見える結果や自分の目的が達成された瞬間に大きな幸せや喜びを感じますよ。


女性:求めている愛が満たされた時や、分かち合えたときに幸せを感じる

反対に女性は、目的や結果や称賛という部分ではなく、恋愛や対人関係で喜びや幸せを感じることが多いです。たとえば彼氏からたっぷりの愛情を受けた瞬間や、仕事でチームと喜びを分かち合えたときなどが多いです。

対人関係によって喜びを感じやすいので、もし彼女を喜ばせたいときは、できるだけ愛情をたっぷりと注ぎましょう。愛や友情がひしひしと伝わると、女性はより幸福度がアップしますよ。


5. 物事の判断軸の違い

ここからはより男性と女性の脳の違いがわかることをご紹介します。それは「物事の判断軸」の違いについて。男性と女性とでは、物事の判断軸が大きく違います。

判断軸に違いを知っておくことでより異性とのやりとりもしやすくなるはず。仕事や恋愛の判断軸の違いをご紹介しましょう。


男性:論理的な思考が強く、ルールや物事の道理を大事にする

まず男性の場合は、思考力が高いケースがほとんどです。道筋をしっかり立てて、物事を考えるタイプが多いです。そのため、論理的な思考が強く、ルールや物事の道理を大切にしています。

ルールから出ないように、しっかりと範囲内で判断していることが多く、あまり危ない橋を渡ることは少ないといえるでしょう。

なので説得力もありますし、周囲からの信頼も厚く、女性と比べてリーダーに抜擢されることが多いです。


女性:直感的な思考が強いため、感覚的な判断を大事にする

反対に女性の場合は、ルールや道理を一番に考えているということはありません。直感や感情的な部分がかなり強いため、論理的に物事を考えることは少ないです。

直感的な思考で物事を考えてしまうため、判断は早いかもしれないですが、損をしてしまうことも。

感覚的な部分ももちろん必要な要素です。しかし、ここぞというときは、一度冷静になって物事を考えてみることがおすすめです。


恋愛について考え方や捉え方の男と女の違い

ここまで性格や価値観についてご説明をしてきました。続いては「恋愛」についての考え方についてご紹介しましょう。

男性と女性では恋愛面においてどんなことが違うのでしょうか?

「恋人がなにを考えているか分からない」という方は必見です。


1. 異性を好きになる理由の違い

実は男性と女性で、異性を好きになる理由も違っているんです。好きになる理由をしっかりと抑えていることで、よりうまいアプローチができるかもしれませんよね。ここからは男女の異性を好きになる違いについてご説明します。


男性:視覚情報が重要で、一目惚れが多い

男性の場合は女性の見た目から好きになってしまうパターンが多いです。いわば一目惚れですよね!視覚情報を大切にしており、顔や見た目から女性を好きになってしまうパターンがほとんどです。

もちろん中には「中身も大切!」という方もいると思います。ですが、一般的には男性は顔などの視覚情報を特に大切にしているので注意してください。

そのため気になる相手に出会う場合は、できるだけ身なりに気を使うことをおすすめします。


【参考記事】はこちら▽


女性:安心感や信頼が重要で、接触回数が多いほど好きになりやすい

顔などの視覚情報の男性に比べて、女性の場合は相手と一緒にいる空気感や雰囲気を重要視しています。安心感がなによりも大切で、「どれだけ接触回数が多かったか?」という部分を重視します。

そのため外見だけを見て惚れることは少ないと考えられるでしょう。安心感や信頼感がある相手に心を許していくケースが多いですよ。

そのため、落としたい女性がいる場合は、まずは仲良くなることがおすすめです。


【参考記事】はこちら▽


2. 愛情を感じる視点の違い

恋人として付き合っている過程で、愛情を感じることがありますよね。一体男性と女性によって愛情の感じ方はどのように違うのでしょうか?ここからは男女の愛情を感じる視点やタイミングについて詳しくご紹介します。


男性:愛情表現の大きさを大事にする。1度に高いプレゼントを渡すことが大きな愛情だと思っている

男性の場合は、頻繁に愛を伝えるということはなく、記念日や誕生日など何か特別な瞬間に大きな愛を伝えることが多いです。いわば愛情表現は大きさを重視していますよ。

こまめに愛を表現するのではなく、1度に与えるインパクトの大きさが愛情表現の最大値だという認識があります。

そのため、付き合っても毎日愛の言葉を囁いてくれるということは少ないので覚悟をしておいてくださいね。


女性:愛情表現の回数を大事にする。何回もプレゼントやサプライズをされることに愛情を感じる

男性と比べて女性は全く違います。愛情表現は大きさではなく回数を大事にしていますよ。いわば質よりも量を大事にする生き物です。どれだけの回数を愛されてきたのかによって、幸せ度も変化していきます。

記念日だけでのプレゼントではなく、頻繁にサプライズを行ったり、ちょっとしたプレゼントを渡したり、好意を伝えることがおすすめです。

彼女がいる方はぜひ意識をしてみてはいかがでしょうか?


3. 記念日に対する考え方の違い

愛情についてご紹介してきましたが、結婚記念日やカップルの付き合った記念日などに対する考え方は、どんな違いがあるのでしょうか?ここからは男女別の記念日に対する考え方の違いについて詳しくご紹介しましょう。


男性:一つの通過点に過ぎないと思っている

結婚記念日と聞くと甘いイメージがありますが、なんと男性の場合は一つの通過点にすぎないものだと思っています!女性にとっては衝撃かもしれませんね。

特になにかするということではなく、一つの通過点なので、特別祝ったり、何かしなくては…という印象も少ないです。

もともとそういう性質なので、「どうして何もしてくれないの?」と質問攻めをしてしまうのはNGです。祝ってほしい場合は、あらかじめ相談しましょう。


女性:特別な日なので、特別なことをしたいと思っている

反対に女性は記念日に対してロマンチックな印象を持っています。「結婚記念日や付き合った記念日は特別な日なので、できる限りなにかしたい!」と思っているケースがほとんどです。

そのため、もし彼女を喜ばせたいと思う男性は、結婚記念日をしっかりと把握して、事前に準備をしておくことがおすすめです。

ちょっとしたサプライズがあるだけで、彼女はきっと喜んでくれるはずですよ。記念日にひとつにとっても、男女の違いが大きいのでぜひ参考にしてくださいね。


4. 夜の営みや性に対する考え方の違い

気持ちの面だけではなく、夜の営みや性に対しても男女で違いがあるので注意が必要です。考え方が違うので、履き違えると喧嘩になってしまうこともありますよ。ここからは、夜の営みや性に対する考え方をご紹介します。


男性:”する”ことに意味があるため、愛情がなくてもできる

夜の営みや性に対して、男性は特別愛情がなくてもすることが可能です。もともと性欲を処理をしたいという気持ちが強いため、相手に愛情がなかったり、多少好みのタイプではなかった場合でもできてしまいます。

女性としてはショックかもしれませんが、男性の性質上仕方のないこと、と割り切る方がいいでしょう。

愛情ももちろん大切ですが、愛情ばかりではない、ということを覚えておくと、執着もせずに気持ちも楽になるのではないでしょうか。


【参考記事】はこちら▽


女性:愛情の確認のために”する”ため、愛情がないと行為ができない

反対に女性の場合は大きく違います。女性は夜の営みや性に関することは、愛情の確認であることがほとんど。そのため、愛情がないと行為ができません。

女性は、男性と比べてロマンチックなことが好きですし、できるだけ愛情表現をされることを好みます。だからこそ、なるべく愛情を感じている状態で行為に臨みたいのです。

「好きだよ」「愛している」といった言葉を口にするだけで、女性の気持ちも全く違うので、男性陣はぜひ覚えておいてくださいね。


【参考記事】はこちら▽


5. 恋人との連絡の頻度についての違い

恋人同士なら毎日連絡を取り合うのは当たり前と思う人がほとんどだと思います。しかし、男女によって連絡の頻度の考え方も大きく違い、連絡頻度は喧嘩する原因にもなるといわれています。

ここからは恋人との連絡の頻度の違いについてご紹介しましょう。


男性:何かあったら連絡しようと思っている

男性の場合は基本的に自分から連絡をすることは少ないです。何かあったときや、用事があったときに連絡しようと思っていることがほとんど。

そのため、頻繁に連絡を取り合うことは少ないですし、メールやLINEを返すことも苦手な人が多いですよ。

もし連絡があまり返ってこない男性の場合は「なんで返してくれないの?」とムキになってしまってはNG。まずは相手のことを理解して会話をしてみることをおすすめします。


女性:常に近況を知りたくて、繋がっていたいと思う

男性が連絡に重きをおいていないことに対して、女性の場合は常に繋がっていたいと思うことが多いです。「恋人が今どんな状況なのか?」ということを把握したいことがほとんど。

そのため、毎日何かしら連絡を取り合おうとすることがありますよ。もし連絡が大変と感じる場合は彼女に対して「頻繁にやりとりするのが苦手なんだ」と相談してみてくださいね。


6. 浮気に対する考え方の違い

さまざまな観点から議論に上がる「浮気」の問題。浮気についてはそれぞれの考え方がありますが、大きく分けて男女別にも差があるんですよ!

ここからは男女別による浮気に対する考え方の違いを詳しくご紹介しましょう。


男性:体の浮気を許せない

浮気のボーダーラインは人それぞれですが、男性の場合は「体」の浮気は許せません。簡単にいうと、夜の営みやキスなどがNGとする人が多いです。

食事に行ったり、連絡をしてしまうことはあるかもしれませんが、体を許してしまうことに関してはかなり嫌悪される場合が多いです。

そのため、男性自身も女性2人と食事を行くことはあるかもしれませんが、自分の体を許してしまうことはほぼありません。


【参考記事】はこちら▽


女性:心の浮気を許せない

女性の場合ももちろん、体を許すことは嫌悪されますが、それよりも心の浮気を許しません。体ではなく、"好き"になったらNGというイメージです。

男性と比べて女性は、心や感情のつながりを重視する傾向があります。そのため、心を相手にもっていかれてしまったら、それはもう浮気になってしまうのです。

好きという感情を抱いたり、相手の男性のことを考えてしまう…といった気持ちの変化が浮気につながってしまいますよ。


【参考記事】はこちら▽


仕事について考え方や捉え方の男と女の違い

ここまで恋愛に対する男女の違いについてご紹介をしました。同じことでも男女によって全く考え方が違うので驚きですよね。ではここからは「仕事」ついての考え方や違いについて詳しくご紹介します。仕事に関しては一体どんなことが男女で違うのでしょうか?


1. 仕事に対する価値観の違い

仕事全体に関する価値観は、男女によって大きく違います。男女の違いを把握しておくだけで、今まで以上に仕事やコミュニケーションがとりやすくなる可能性がありますよ。どんな違いがあるのか詳しくご紹介しましょう。


男性:ゴールを追うことを大事にする

日々の仕事をこなす上で、男性は目標(ゴール)に向かって作業をすることを重視してします。仕事の目標を達成するためにいろんなことがありますが、そのプロセスやあらゆる問題は気にせず、とにかく目標を達成することに重きをおいています。

目標を達成することで充実感が全く違うので、男性にとっては目標を設定することはなによりも大切だといえるでしょう。男性部下を指導するときはぜひ目標を設定してみてくださいね。


女性:ゴールまでの過程を大事にする

男性が目標までを重視すること違って、女性は目標(ゴール)までのプロセスを重視しています。目標を達成するまでにどんなことがあったのか、どんな人が関わってきたのか、誰の頑張りがあったのか、などを重視します。

そのため、仮に結果がそぐわなかったとしても、次に活かそうくらいにで深く落ち込むことは少ないですよ。


2. 作業の仕方に関しての違い

具体的に作業を進める場合では、どんなことを意識しているのでしょうか?

ここからは男女の作業の仕方に関しての違いをご紹介します。仕事で活かすことができるので、ぜひ部下の指導で悩んでいる方は参考にしてくださいね。


男性:基本的に1つのことにしかできない

男性はいろんなことを捌くというタイプではなく、基本的に1つのことしかできません。仕事に関しても同時に複数のプロジェクトを進行するといったことではなく、どしんと1つのことを構えて行うことが良さそうです。

そのため、もし男性部下と一緒に仕事をする場合、一度に仕事を割り振り過ぎるのはだめですよね。仕事でつまずいていることがあった場合は、複数のことで手間取っている可能性があるので、助けてあげることがおすすめです。


女性:一度に複数のことを処理することができる

男性が「1つのことしかできない」に対して、女性は一度に複数のことを平行して処理できます。何かと何か、といったような、複数の業務をわけて進行することが可能です。

よってさまざまなことが早く進むので、物事をテキパキとこなすことができますよ。

手先が器用だったり、丁寧な作業を行ってくれるので、職場で重宝されるケースがほとんど。男性の皆さんは、困ったときはぜひ相談をしてみるといいでしょう。


3. 仕事と恋愛の優先順位の違い

仕事のことについて違いをご紹介してきましたが、ここからは仕事と恋愛の優先順位の違いについてご紹介します。

仕事と恋愛、どちらを優先するのかなどの問題についても、男女によって違いがあります。双方の気持ちを理解することがうまくいく秘訣といえるでしょう。


男性:外部での評価を気にするため、仕事を優先する

男性は「仕事と恋愛どちらが大切?」と聞かれたら、仕事を優先することが多いです。男性はプライドが高い生き物です。仕事の結果やまわりの評価を気にするので、仕事に打ち込んでしまうことが考えられますよ。

もともとの性質が仕事を選んでしまうので、女性側が「なんで構ってくれないの?」と疑問に思ってしまうことはNG。もしそう感じてしまうのであれば、男性の気持ちを理解した上で、相談することがおすすめです。


女性:家庭を大事にする傾向にあるため、恋人や家族を優先する傾向にある

男性が仕事を選んでしまうことに対して、女性の場合は恋人や家族を優先する傾向にあります。もともと女性は母性本能があるので、何かあったときには家族を大切することが多いです。

そのため、「仕事か恋愛か?」と聞かれたら、恋人や家族といったプライベートを優先することがほとんど。もし彼女になにか選択をさせるのであれば、プライベートでの関係は判断基準になると思っておきましょう。


男性脳と女性脳の違いが分かる5つの名言集

ここまでさまざまな男性・女性の違いをご紹介してきました。思った以上にいろんな考え方や価値観の違いがあるため、驚いた方も多いのではないでしょうか。

ここからは、男性脳と女性脳の違いがわかる名言をご紹介します。


「男にとっては今日一日だけの浮気心にすぎないものに、 女はその一生を賭ける。」モーリアック

モーリアックの言葉には、男性と女性の浮気心の違いを的確に表現しています。男性はただの浮気心だけれど、そのたった浮気してしまった1日は女性にとっては離婚をしたり別れてもいいくらいの出来事、という意味が込められています。

女性にとっては体を許してしまう=心も許しているということなので、感情を大切にする女性にとってはかなりショックな出来事であります。それくらいたった1日のことでもダメージを受けますよ、という意味が込められています。


「男の幸せは「われ欲す」、女の幸せは「彼欲す」ということである。」フリードリヒ・ニーチェ

ニーチェの言葉は、男女別においての生き方の違いを表しています。男性が「われ欲す」といっているのは、男性が幸せを感じるのは、自分がしっかりと認められているかを重視しているからです。

自分のことをとことん追求することで男性は満足感を得ます。反対に女性の場合は付き合ったり、結婚して「自分の人生を完成させるためには、男が必要」という気持ちをもっています。

男女が人生に求めているとこをうまく表した言葉といえるでしょう。


「女は男よりも利口である。というのも、女は知ることは少なく、理解することがより多いから。」ステファンズ

ステファンズの言葉は、男女の違いを表しています。男性の方が論理的に物事を考えられるので、利口ではないか?と思いがちですが少し違うのです。

女性の方が物事を知ることは少ないですが、その分理解をすることに長けているので、より利口であるという意味が込められています。

物事の本質を理解してから話すことが多いので、共感性も高まり、人に通じやすいという利点があることを表しているでしょう。


「男は知っていることをしゃべり、女は人に悦ばれることをしゃべる。」ルソー

ルソーの言葉もかなり男女の違いを表現していて面白いですよ。

まず、男性は基本的に知っていることを話すことが多いです。反対に女性は生きていくために「相手に合わせる」ということが本能的に刷り込まれています。

そのため女性は相手が喜んでくれそうな言葉を発することが多いです。これはもうワザとではなく、本能的に仕方のないことでもあるんですよね。


「男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね。」ココ・シャネル

男性の方が自由奔放に楽しくしているという印象ですが、実は女性の方が自由に自分のスタイルを貫いていることもあるんですよ。男性はできれば優位に立ちたいという気持ちが大きい生き物です。

しかし、自分の意見をしっかりと言う女性に出会うと振り回され印象に残るのだそう。

そのため、男性は自分の思うようにいかない、爪痕を残す女性のことはいつまでも忘れないものなんだそうです。


男女の違いを理解してより充実した人生を。

男性・女性の考え方の違いや価値観について詳しくご紹介をしました。双方は恋愛や仕事によって大きく考え方が違いましたよね。この違いを知っておくと職場やプライベートの人間関係をよりスムーズに渡り歩けるかと思います。

今まで「恋人が何を考えているか分からなかった」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事