結婚したくない女性が増加中!結婚を求めない女性の心理&特徴とは?

結婚したくないと思うことってありますよね。では、結婚しないとどのような人生になるのでしょうか。本記事では、未婚のままでいたい女性の心理や特徴、結婚できない女性との違い、結婚しないメリット・デメリットを解説します。結婚を後ろ向きに考えている方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

結婚したくない!と感じる時ってありますよね。

結婚を求めない女性の心理&特徴

女性の社会進出や雇用の変化など、近年女性のライフスタイルも大きく変化してきました。伴って、結婚したくない女性も実は増加しているのです。

そこで今回は、結婚したくない女性の裏にある女性心理や理由に加えて、結婚しないことのメリットやデメリットを詳しく解説します。

結婚したくない女性で、自分がこれからどうするべきか悩んでいる人もぜひ参考にしてくださいね。


結婚したくない女性が増加中!

結婚したくない女性

社会やライフスタイルの変化に伴って、女性を取り巻く環境も近年で急激に変化しました。色々な理由や原因を受けて、結婚したくない女性も増加しているのです。

自ら結婚を望まない、結婚したくない女性の割合は未婚女性全体の2割に上り、年齢が高くなれば高くなるほど結婚への意欲が失われる傾向にあります。


女性の生涯未婚率ってどのくらい?

国立社会保障・人口問題研究所調査の「人口統計資料集(2017年)」の結果から、2015年の女性の生涯未婚率は14.06%と出ています。(参考:http://www.ipss.go.jp

前回調査の2010年の女性の生涯未婚率は約10%で4%増になりました。

調査開始時の1960年にはわずか1%代だった女性の生涯未婚率の割合は、今では約15倍に増えており、年々増加傾向にあるのが分かりますね。


どうして未婚が良い?結婚したくない女性の心理から理由を解説!

結婚したくない女性は一人が楽

女性の生涯未婚率の割合は、近年特に増加傾向にあると分かりました。それでは、なぜ結婚したくない女性が増えたのか理由が気になりますよね。

次に、結婚したくない女性の裏にある8つの心理から、結婚したくない理由を見てみましょう。


女性心理1. 一人でいる方が気が楽

結婚すると当然配偶者や子供と一緒に生活することになります。自分の意思だけでなく、家族の意見や予定に合わせなければいけないこともあるでしょう。

元々誰かに会わせるのが苦手、マイペースに生活していたい女性にとっては、家族に合わせての生活は窮屈さも感じてしまいますよね。

結婚して家族や配偶者、さらに親族としがらみを持つのが嫌、一人で気楽に生きていたい女性心理も、結婚したくない理由となるでしょう。


女性心理2. 家族を守るという責任を負いたくない

結婚すると子供を設ける女性が一般的ですが、子供に関する責任は母親である自分が負わなければいけません。

子供をきちんと育てるのはもちろん、しつけや教育を施し、事故や事件からも守り健やかな生活を与える義務があります。

子供を含めて、家族のために自分を犠牲にしたくない、余計な責任は負わずに気楽に生きていたい心理も、結婚したくない理由の一つですね。


女性心理3. 結婚が面倒くさい

結婚しないで良いかしっかり考えて

結婚すると、引っ越しや必要な手続きに加えて、相手の親族や子供の幼稚園や学校の保護者、近所付き合いなど違った人間関係も増えますよね。

今まで一人で生きてきた時よりも、やらなければいけないことや人間関係が自然と増えてしまうため、面倒くさいと感じてしまう女性も。

様々な面倒くさいことから逃げたい気持ちから、結婚したくないという行動に現れる女性も多いですよ。


女性心理4. 彼氏がいても、今の関係で満足している

結婚したくない女性であっても、恋愛は普通に楽しんでいる人も少なくありません。

彼氏と付き合っている間はお互いある程度自由がありますが、結婚することでお金や時間にも制約ができますし、周りとの付き合いなども増えてしまうでしょう。

結婚のデメリットなどを考えて彼氏と付き合い続けるものの、そのまま独身を望んでいるのも結婚したくない女性心理の一つですよ。


女性心理5. お金や時間を自分一人で使いたい

結婚すると配偶者と生計を共にしますし、自分で稼いだお金は自分だけでなく家族の生活費や子供の養育費にも使われますよね。

また、家族と予定を合わせたり、育児に追われたりするとなかなか自分で自由に時間を遣ったり、一人の時間を持ったりもできないでしょう。

結婚によってお金や時間を自分のためだけに自由に使えなくなるため、自分にお金や時間をかけたい女性心理も働いていますよ。


女性心理6. 結婚よりも仕事に生きたい

結婚したくない女性は仕事に生きたい

男女の共働きが当たり前になりましたが、まだまだ家事や育児は女性が主体となってする風潮があります。

さらに、女性は妊娠や出産、配偶者の転勤などライフスタイルによって仕事を休んだり、辞めたりしなければいけないこともあるでしょう。

結婚したくない心理として、家事や育児ではなく仕事をバリバリ続けたい、結婚をすることで仕事のキャリア形成の支障にしたくない気持ちもありますよ。


女性心理7. 実家で親と一緒に暮らしていたい

結婚したくない女性の中には、そもそも実家を離れて自活するのが嫌な女性心理を持つ人も少なくありません。

今は実家にいて両親も健在なら、食事や洗濯など身の回りのことは全て親がやってくれますし、家賃や食費といった経済的な援助も受けられていますよね。

実家を離れて自立したくない、両親の世話になりたいからまだ結婚したくない心理が働いています。


女性心理8. 他にも良い人がいると信じているので、今はまだ結婚したくない

結婚は一生一緒にいられる相手を選ばなけれないけないため、女性それぞれで結婚相手に求める条件は異なってきます。

男性と出会ったり付き合ったりしても、自分の条件には当てはまらない場合は結婚を考えられないことも。

いずれ結婚したいけれども、まだ自分の理想の結婚相手に出会えていないから「今」ではない、という女性心理が働き、現時点ではまだ結婚したくない、もっと色々な人と遊びたいと思うようになります。


結婚したくないと考えてしまう女性の特徴

結婚したくないと思うのは自立しているから

結婚したくない女性心理が働くと、結婚から気持ちが離れてしまう理由となることが分かりました。

これを踏まえて、結婚したくないと考えてしまうのは、どんな女性が多いのか気になりますよね。

次に、結婚したくない女性が持つ5つの特徴を見てみましょう。


特徴1. 経済的にも気持ち的にも自立している

結婚したくないと考える裏には、自分一人だけでお金も時間も使いたいという女性心理も持っています。

これは、自分で自由に使えるお金を捻出できる経済力があるからこその望みでしょう。

収入面だけでなく、精神的にも男性に頼りません。結婚したくない女性には経済的にも精神的にも余裕がある自立心の高い女性も多いです。


特徴2. 多趣味で自分だけの時間を大切にする

結婚すると家族に合わせたり、子育てに追われたりとなかなか自分で自由に時間を使ったり、一人の時間を過ごしたりができなくなってしまうでしょう。

元々自分のために使う時間が多く、生きていく中でもっと楽しみに時間を使いたい状態の女性も、自分の時間を減らしたくないから結婚したくない場合も。

既に趣味がたくさんあって充実しているなど、自分のためにたくさんの時間を使っている女性も結婚したくない気持ちを持っていることも少なくありません。


特徴3. 恋愛する機会が多く、男性との恋愛を楽しんでいる

結婚したくない女性は恋愛を楽しんでいる

結婚すると日本では離婚しない限り、一人の男性を生涯通じて愛し続けることになります。元々恋多き女性で、複数の男性と遊びたいのなら、一人の男性に縛られる結婚に対してメリットを感じないでしょう。

さらに、結婚した後は簡単に離婚できません。今はまだ理想の男性に会っていないため、結婚したくないと感じる女性も。

結婚したくない女性の中には、恋愛経験が豊富で、一人の男性に絞れない女性もたくさんいます。


特徴4. 心から好きな男性がいない

元々異性に対してあまり興味がなかったり、理想が高すぎて好みの男性に会えていなかったりすると、結婚を考えるほど本気で男性を愛することはありません。

結婚したくない女性の中には、心から好きな男性に出会えないまま、結局独身を選ぶ人もいます。

結局自分が一生一緒にいられるくらい大好きな男性に会えないままだと、年齢が上がって結婚相手を探すのも面倒くさいと感じてしまい、「このまま一人で良い」と思ってしまいがちに。


特徴5. 仕事に対する上昇志向が高い

共働きが増えたとはいえ、家の都合で仕事を変えるのはまだまだ女性側です。

今男性と同じように働いていたり、もっとキャリアを積んで年収やステータスも上げたいと考えていたりする女性は、結婚が仕事やキャリアの支障となってしまう場合も。

このまま仕事を続けたい、もっと上に行きたいと思っている女性も結婚したくない傾向にあります。


結婚できない女性と結婚したくない女性との違いとは?

結婚したくない女と出来ない女の違い

結婚したくない女性の中には、自ら色々な理由で未婚や独身を選ぶ人もいます。その一方で本当は結婚したいけれども、なぜか結婚できない女性もいますよね。

次に、なぜか結婚できない女性と、独身を望んで結婚したくない女性との間にある、4つの違いを見てみましょう。


違い1. 自分の生活だけを大事にしたいかどうか

結婚できない女性は、好きな人と一生一緒にいたい、子供や家族との時間を設けたいと考えている人もいるでしょう。

一方で、結婚したくない女性は、時間やお金を自分のために使いたい、一人気ままに生きていたいなどの理由から、子供や家族に縛られたくないために結婚したくないと考えます。

自分のために使うか、家族や夫のために使うかと、時間の使い方に対しての考え方に違いがありますよ。


違い2. 結婚することに価値が全く無いと思っているかどうか

結婚できない女性は、一生愛する人といられる、温かい家庭を作るなど、結婚に対するプラスイメージを持っているため、本当は結婚したいと考えています。

一方で結婚したくない女性は、結婚すると時間やお金が自由に使えない、仕事がバリバリできなくなる、色々面倒くさいなど、結婚に対してマイナスイメージしかないため、結婚したくないと考えるでしょう。

結婚をメリットとデメリットどちらと捉えているかも、両者の間にある違いです。


違い3. 結婚している夫婦を見て、羨ましいと思うかどうか

結婚出来ない女としたくない女の違いは結婚してる人がうらやましいか

本当は結婚したい女性なら、友人の結婚話を聞いたり、結婚式に出席したりすると「いつかは自分も同じ立場になりたい」と、結婚に対する憧れから羨ましいと思うでしょう。

結婚に対して憧れやメリットを感じていない女性なら、結婚話や結婚した夫婦を見ても、自分は一生独身と思っているため「自分には関係ないことだ」と羨ましいとは感じません。


違い4. 自分の条件に合う男性が単にいないだけかどうか

結婚したい女性の中には、理想が高すぎてなかなか条件に合う男性に会えない場合も。理想の男性に会っていないため、「まだ結婚したくない」と思っています。

一方で結婚したくない女性は、彼氏が理想ぴったりだったとしても結婚せず未婚を貫きます。

理想の相手が既にいても、他の男性とも遊びたい、自由でいたいなどの理由から、独身を選ぶのです。


結婚しないことによるメリット/デメリット

結婚しない事のメリット、出ませんでした

結婚できない女性も、結婚したくない女性も、世間から見れば同じ「結婚していない女性」です。

次に、結婚しない可能性がある女性なら知っておくべき、結婚しないことによるメリットとデメリットを見てみましょう。


結婚しないことによるメリット

結婚したくない女性が、理想の相手がいても自ら未婚を選ぶ理由にもなりやすいのが、結婚しないことによって得られるメリットですよね。

まず具体的な結婚しないことで得られる、4つのメリットを見てみましょう。


メリット1. 時間やお金を有意義に使える

結婚をしなければ、家族ではなくお金も時間も全て自分のために使えます。

普段は忙しく働いている中でも、趣味や自分磨きの時間を上手に組み込むなど、予定も時間の使い方も自由に決められますよね。

さらに自分のためにお金を使えるため、お金を無駄にすることもありません。

貯蓄をしたり、自分磨きに使ったり、資産運用に回したりと有意義なお金の使い方もできるでしょう。


メリット2. 家事の義務がない

結婚しないメリットは家事の義務がない

結婚すると、共働きでもまだまだ家事は女性の仕事という風潮があります。

夫婦で家事を分担して行うにしろ、結婚するとおのずと何かしらの家事をしなければいけません。料理や掃除、洗濯など家事能力がなかったり、家事が苦手だったりする女性にとっては結婚は苦痛にもなってしまうでしょう。

独身なら、自分の身の回りの最低限の家事だけやれば良いため、自分以外を気にする必要はありません。


メリット3. 自分一人を支えれば良いので、精神的に楽

結婚生活の中では、夫が失業したり、子供が学校などでトラブルに巻き込まれたりと、家族に何か困難があることもあるでしょう。

その時、女性は妻や母親として家族を支えなければいけません。さらに、毎日家族が安心して仕事や通学できるように振る舞うのも、女性に求められるでしょう。

独身でいれば、家族を気遣ったり支えたりする必要がありません。自分が生活できるだけの収入を得て、自分の事だけ管理していればいいので、気楽に生きていけますよ。


メリット4. 家庭トラブルが発生しない

結婚すると、自分だけでなく夫や夫の親族、さらに子供を通じての人間関係も広がりますので、交流が増える一方人間関係でのトラブルも起きやすくなりますよね。

また、夫婦喧嘩をしたり、子供が反抗期などの難しい時期を迎えたりと、家庭内での人間関係がトラブルを起こすことも。

独身なら家族はもちろん、家族に付随してできる人間関係もありません。トラブルも起きにくく、毎日一人で平穏に暮らせるでしょう


結婚しないことによるデメリット

結婚しないデメリットは病気の不安

結婚しないことで自由、気楽に生きられるなど様々なメリットがあります。一方で、結婚しないことで発生するデメリットも覚えておかなければいけません。

結婚しないことによる4つのデメリットを次に見てみましょう。


デメリット1. お金を自分一人で稼ぎ続けなければならない

結婚すれば自分が病気やケガで倒れて働けなくなったり、仕事がなくなっても、夫の収入はあるため一応の生活はできますよね。

一方で独身の場合、自分が働けなくなったら収入源が絶たれてしまいます

経済的に自分の支えとなってくれる存在はいませんので、一生自分自身を養っていけるだけの仕事や収入元を確保し、働き続けなければいけません。


デメリット2. 病気や怪我になった時の不安

結婚していれば、たとえ病気や怪我になって一時的に働けなくなったり、通院の必要があったりしても、家族が経済的にも精神的にも支えになってくれますよね。

独身の場合は、病気や怪我になっても全て自分で受け入れ、行動しなければいけません。仕事ができないことや、病気や怪我が治らないこと、これからの生活に対しての不安があっても、誰も支えてくれません


デメリット3. 老後を一人で生き抜かなければならない

結婚しないデメリットは老後を一人で生き抜かなければならない

今はバリバリ仕事をして、収入も高く趣味も楽しむ、と充実した生活を送っていても、人はどんどん歳を取っていきます

自分の様に結婚したくない女性が周りにいても、ある日突然結婚してしまうかもしれません。

さらに、独身を貫いてもいつかは定年退職を迎えます。老後も自分で生活するだけのお金の工面から、介護が必要になった時まで、自分であらかじめ準備をしておかなければいけません。


デメリット4. 子供を育てられない

妊娠や出産は女性にしかできないことでもあり、自分にとってかけがえのない存在にもなるのが子供ですよね。

結婚はしたくないけれども子供は欲しい、と思っていても、基本的には無理ですよね。子供を持つために里親制度や未婚の母を選択するのは、現実的ではありません。

結婚しないことで、妊娠や出産を経験できない、自分の遺伝子を持った子供が残せないのもデメリットの一つでしょう。


結婚しないで良いかしっかりと考えて、悔いのない判断をしましょう。

結婚しないで良いかしっかり考えて

結婚したくない女性の裏には、仕事や一人での自由を選びたいなど色々な女性心理や理由があります。

一方で、本当は結婚したいけれどもなぜか結婚できない女性の存在もありました。

自分が結婚したくないのか、できないのかを考えるのと同じく、結婚しないメリットとデメリットを踏まえておくのが大切。結婚か独身か、後悔しない生き方をしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事