【男女別】結婚相手の選び方特集!決め手になる条件や出会い方も解説

幼い頃は運命の人と結婚すると思っていた夢も、大人になると現実的な条件で結婚相手を考えるようになりますよね。今回は、男女別に結婚相手に求めるものを解説!また、結婚相手の選び方や決め手まで詳しく解説していきます。さらに、結婚相手にふさわしい異性との出会い方も徹底レクチャー!

人生を決める「結婚相手」の選び方ってどうするのが正解?

結婚相手の決め手になる条件や出会い方

現在は、晩婚化が進み、生涯未婚率も高くなっています。

でも一度は結婚したい、子供の顔を見てみたいと考えてしまうもの。

いくら晩婚化が進んでいるとはいえ、子供が欲しいならある程度は早めに結婚したいと思う方も多いはず。

とはいっても結婚するなら、まずは相手選びが重要です。世の男女たちは一体結婚相手にどんな条件を求めているのでしょうか?

そこで今記事では、男女別に分けて結婚相手に求める条件や、結婚に踏み切る決め手などを詳しく解説していきます。


【男性編】結婚相手の選び方や決め手となるポイント

結婚するために一番重要なのが相手の見極めです。

選び方や決め手がよく分からないという人もいるかもしれません。

まずは男性が結婚相手に求めるものを解説していきます。

実際に結婚している人は、どのような相手なら結婚したいと思えたのでしょうか?

結婚願望のある男性はぜひ、参考にしてみてくださいね。


決め手1. 価値観が合い、一緒に居て落ち着くか見極める

男性側から見た結婚相手の選び方として、まずは価値観が合うかどうかが大切なポイントのようです。

作品や景色を一緒に見て感動できたり、趣味や仕事に一定の理解をしてくれたりする人を条件にしたという人もいます。

また、一緒に居て落ち着くかどうかが決め手になったという意見もあります。

結婚すると長い時間を2人で過ごすことになるので、暮らしていて安心感があるかどうかは大きいですね。

【参考記事】はこちら▽


決め手2. お金の管理など経済観念が合うかどうか

比較的お金の管理が苦手という男性は多いようです。

そのため、顔や雰囲気だけではなく、お金をちゃんと管理してくれる人を結婚相手に選んだという意見もあります。

選び方としては、理にかなっているといえますね。

さらに経済観念がしっかりしている女性かどうかを、吟味した男性も多く見受けられます。

子供を育てるなら、将来を見据えた節約が大切です。

そのため、お金の大切さを分かってくれていて、こまめに管理してくれる女性は非常に頼もしいですよね。


決め手3. いざという時に、自分の事を立ててくれるか

プライドが高めの男性は恥をかかせずに、上手にサポートしてくれる女性を結婚相手に決める傾向にあります。

今の時代、どんな時も男性を立ててくれるような女性は貴重な存在です。

一部の人にとってはそれだけで結婚したいと思えるようです。

いざという時、男性を上手に立てるのは普段から慣れていないと難しいかもしれません。

相手に合わせすぎる必要はないですが、自然に立ち回れる機転の効く女性は非常に魅力的ですよね。

【参考記事】はこちら▽


決め手4. 子供が好きで面倒見が良いか見極める

自分の子供を作って育てていきたい男性にとって、前提条件として結婚相手が子供好きな女性かどうかは決め手になり得ます。

そのため、実際に子供を作らなくても、面倒見が良い女性は好感が高いです。

また、女性の母性に惹かれる男性も多いため、結婚するなら温かみのある人という条件で結婚相手を決めているという人もいるとか。

長い人生をともにするなら、温和で優しい人の方が安心できそうですもんね。


決め手5. 自分の両親と仲良く接してくれるか

意外と多いのが、両親と仲良くやってくれるかどうかを気にしているという声でした。

結婚は個人同士だけではなく、家族間も繋がるものです。

自分の両親と仲良くできなさそうな人と結婚したいとは思えないですよね。

家と家の繋がりは現代ではあまり重視されなくなった要素ではありますが、一部の裕福な家では未だに残っている慣習です。

また、裕福ではなくても家族を大切にしてくれる女性と結婚したいという男性は多いため、自分の家族と仲良く慣れそうかは結婚を大きな決め手の一つといえます。


決め手6. 最低限の教養があり、周囲に紹介しても恥ずかしくないか

付き合う段階では少しくらい世間知らずでぬけてる女性の方がモテたりしますが、結婚相手となると話は別という男性も多いです。

自信を持って両親や友人に紹介したいと思える程度には、教養がある女性を選んだという人も。

とはいえ、頭の良さをひけらかすような女性はNGです。

また、特別頭が良い必要もなく、あくまで時事問題がすんなりと理解できる程度の教養があれば問題ありません。


決め手7. 家の事を安心して任せられるかどうか

いつの時代でも家庭的な女性というのは結婚相手として人気があります。

最近では料理が好きな男性も増えてはいますが、女性の手料理はまた別という意見も多いとか。

心を込めた手料理が作れる女性はポイントが高いようです。

また、家事や育児が好きな相手を条件にしている人もいます。

仕事ができる男性としては苦手な家事をそつなくこなしてくれるパートナーは非常に心強いと感じるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


【女性編】結婚相手の選び方や決め手となるポイント

男性が結婚相手に求めるものを見てきましたが、女性が結婚したいと思えた決め手も気になりますよね。

共感できる部分やあまり理解できないという部分もあるかもしれません。

ここからは、女性が結婚相手に求める条件や決め手をご紹介します。


決め手1. 家族が安心して暮らせる年収は稼いでいるか

金銭的な不安がないかどうかは、かなり重要といえるポイントです。

子供を育てるなら、家族を養える十分な収入のある男性が必須条件といえるでしょう。

満足な収入がないと不安感をつのらせてしまう原因となってしまいます。

ただし、収入が高ければ良いというわけではなく、浪費癖や少しでもギャンブル依存の兆しがある人は結婚相手として相応しいとは思えない女性もいるようです。

今は働く女性も多いので、高収入なだけで結婚とはいかないのかもしれませんね。


決め手2. 金銭感覚に大きなズレがないか見極める

結婚を考えている女性は年収が十分にあるかどうかに加えて、結婚相手と近い金銭感覚かどうかを見極めているようです。

家族を持つとお金を使うべきところか、貯金して将来に備えるところかを判断するシーンが何度もあります。

金銭感覚が違いすぎるとお互いにストレスがたまり、夫婦喧嘩や離婚の原因にもなってしまいます。

多少のズレなら問題ありませんが、育ちの違いや年収で感覚が大きく異なっている可能性があるので注意が必要です。


決め手3. 家事などをきちんと分担してくれるか

女性のことを気遣って家事にも参加してくれる男性に出会い、結婚を決めた女性もいるようです。

顔や収入が良いよりも、パートナーとしてずっと一緒にいたいと思えるかが決め手だったとか。

最近では夫婦で共働きになる家庭が増加しています。働きながら女性が家事を全て担当するのはかなりの負担になってしまいますよね。

家事が得意というマメな男性は喜ばれそうです。

ただし、上から目線で指示したり、女性の揚げ足を取るような発言は禁物ですよ。

【参考記事】はこちら▽


決め手4. 出産を考えると顔がある程度、整っているかどうか

子供を産むのを考えて、顔が整った男性を結婚相手に選んだという女性もいます。

愛する子供の顔は可愛いほうが良いと思うのは当然の心理です。

ある程度は好みに合う男性を選んだほうが、結婚生活も幸せに過ごせるでしょう。

ただし、顔だけで結婚相手を選んでしまって後悔したという女性もいるようです。

誘惑に弱く浮気性だったり、収入が少なくて苦労させられてばかりだったりする場合も。

顔も大事ですが多少は妥協も必要かもしれません。

まずは安心して一緒に過ごせるかどうかを重視するのが賢いといえますね。

【参考記事】はこちら▽


決め手5. 子供が好きで、出産後は家族サービスをしてくれそうか

子供を産んだ後を考えて、心から子供が好きだという男性を結婚相手に選んだという女性もいます。

小さいお子さんが好きな男性なら、子供とたくさん遊んでくれる良いパパになってくれそうですね。

家事もそうですが、育児にも積極的に参加してくれる男性は好感が持てます。

休日には家族旅行や買い物に連れて行ってくれるのもポイントが高いです。

子供が好きというのは、家族想いの温かい人にも繋がるので良い決め手かもしれませんね。


決め手6. 誠実に自分を一途に愛してくれる男性か見極める

結婚相手は本当に自分だけを愛してくれているかが大切です。

自分が年を取っても変わらずに愛してくれるような、一途な人かどうかが決め手になります。

口で絶対に浮気しないという人でも少しは疑ったほうが良いでしょう。

本当に浮気をしない人は行動に表れます。

言葉でどれほど綺麗ごとをいっていても、実は他にも愛している女性がいるなんてことも。

いくら顔が良くても軽そうな素振りのある男性を選ぶと、痛い目を見るでしょう。

【参考記事】はこちら▽


決め手7. いつでもポジディブで器の大きい男性か

何事にも前向きに行動する男性に、運命を感じて結婚したという女性もいるようです。

ネガティブすぎる人は一緒にいるだけで疲れてしまいます。

女性が不安定な時に支えてくれるような頼りになる男性は安心ですね。

やたらと自虐的すぎる人は控えめな性格で優しかったりするのですが、一緒にいて疲れてしまったり、本当の自分を隠していたりします。

結婚相手にするなら意思がはっきりしていて、器の大きい男性を選ぶほうが幸せになれそうですね。


【男女別】結婚相手に求める条件とは?

ここまで、男女別に結婚の決め手となった相手の性格やスペックをご紹介しました。

男女で結婚相手に求めるものは、似ているようで違う部分もあるようですね。

それを踏まえた上で、ここからこれだけは譲りたくないという結婚相手に求める条件を男女別に解説していきます。


【男性編】できるだけ結婚相手に求める3つの条件とは

結婚相手は一生のパートナーとして寄り添える人が良い、と考えるのは男女共に変わらないはず。

では、男性が女性に求める結婚相手の条件にはどのようなものがあるのでしょうか?

個人差はもちろんありますが、おおよその男性が求めている条件は同じようなものだったりします。


条件1. 性格や価値観が合う女性

結婚相手の条件として男性の意見で多いのはやはり、性格や価値観が合う女性かどうかです。

性格が合うかに関しては男女共に変わらない条件かもしれませんね。

付き合うだけなら、見た目が好みの女性や相当美人な女性に越したことはありません。

しかし、一緒にいて疲れる性格だったり、全く違う価値観を持っていたりするとパートナーとして一生暮らそうとは思えないとか。

常に寄り添ってくれるけれど、ベタベタと拘束しすぎない女性は男性の評価も高いでしょう。


条件2. 料理や家事をこなすのが得意なこと

料理や家事がほとんどできないという男性は減りつつありますが、家庭的な女性はそれだけでポイントが高いようです。

女性の母性の部分に惹かれる男性も多く、女性らしさを結婚相手の条件にする男性も少なくはありません。

決してプロ並みの料理を求めているのではなく、あくまで負担にならない程度に家事をこなせる人が良いなと思えるとか。

あからさまに家事が嫌いな雰囲気で、毎日イライラしながら家に居られたら見ているほうも落ち着きませんよね。


理想3. 自身の仕事に対して理解がある女性

自分の仕事をちゃんと理解してくれる女性を、結婚相手の条件としている男性も多くいます。

仕事をしている女性なら分かるかもしれませんが、突然の休日出勤や残業で予定をキャンセルしなければならない場合があるのです。

収入があって初めて生活できるというのを理解しています。

男性に「私と仕事どっちが大事なの?」なんて聞くような女性は条件として当てはまらないでしょう。

一時的に寂しい思いをしてしまいますが、理解できるかどうかで将来幸せになれるかが決まるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


【女性編】できるだけ結婚相手に求める条件とは

男性が女性に求める結婚相手の条件は現実的なものが多いようです。

性格や価値観は大人になってしまうとなかなか変えられませんが、無理のない程度の家事や料理、仕事への理解は努力次第で今からでも修得できますね。

一方、女性はどのような結婚相手を望んでいるのでしょうか。

女性ができるだけ結婚相手に求める条件をいくつか見ていきましょう。


条件1. とにかく性格や価値観が合うこと

男性と同じく女性も第一条件として性格や価値観が合っているかを重視しています。

基準として、彼になら尽くしたいと思えるかどうかが大きなポイントのようです。

お礼や感謝の言葉をしっかりと伝えてくれる男性は魅力的でしょう。

また、趣味や楽しみを一緒に共有できる男性、適度な距離感で趣味を理解してくれる男性は一緒に暮らしても安心できるとか。

夫婦とはいってもそれぞれの時間がないと、息苦しく感じてしまいますよね。


条件2. 自分の事を大事にしてくれること

怖い目にあった時に身を呈して守ってくれるような、頼もしい男性かどうかを結婚相手の条件にしている人も多いようです。

精神的に不安定な時に頼れる人がいるのは、やっぱり安心できますね

また、自分を大事にしてくれていると感じられる出来事があると、結婚したいという想いが強くなるとか。

見た目が男らしくても女々しい男性はいくらでもいます。結婚する前に性格もしっかりと見極めたいですね。


3. 理想を言えば顔がよく、高身長なこと

できれば顔が良くて、身長も高い男性なら文句なしという女性は多いはず。

現実的にはある程度の妥協は必要ですが、できれば一定のラインは超えている男性を選びたいですね。

結婚となると生まれてくる子供の顔にも影響するため、顔を重視したい女性も少なからずいるでしょう。

バブル期には3K男子という高学歴・高収入・高身長の男性が求められていました。

ただし、時代と共に収入を重視する声は少なくなり、最近では安定していて低ストレスな暮らしが理想という意見が増えています。

【参考記事】はこちら▽


既婚者が口にする結婚相手との出会い方とは?

結婚相手に求めている条件や結婚の決め手があるのは分かりましたが、まずは出会い方が分からないという人もいるでしょう。

そこで、既婚者が実際に結婚相手と出会った場所や出会い方を詳しくご紹介していきます。

素敵な出会いを求めている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


1. 自分の勤めている社内での恋愛

憧れている人もいるであろう社内恋愛。

あなたが勤めている会社にも、何人か結婚相手に相応しいと感じる人がいるのではないでしょうか?

日頃から顔を合わせる機会も多いため、社内恋愛は結婚に直結しやすいケースといえますね。

女性側が注意したいポイントとして、結婚相手がいない男性かどうかは見極める必要があります。

既婚者と恋愛してしまうと、後々苦労しかありません。中には既婚者であることを隠している男性もいるので、魅力的な人であるほど十分に気をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


2. 親しい友人の紹介

友人の紹介から結婚できたという人も一定数います。

信頼できる友人が紹介してくれた男性なら、本来探らなければならないポイントを多少は省略できるというメリットもあるのです。

出会いとしては普通に感じてしまうかもしれませんが、共通の知り合いがいるからこそ話が弾み、結婚まで繋がりやすいといいます。

ただし、いくら友人の紹介といっても合わないと感じた相手は丁重にお断りしましょう。


3. 合コンなどの飲み会で知り合う

合コンや飲み会で結婚相手に知り合ったという既婚者も結構います。

合コンや飲み会と聞くと結婚にしては少し軽いかなと、イメージをする人もいるかもしれません。

しかし、飲みの席というのは人間の本性が垣間見える部分でもあります。

普段は優しそうでもお酒が入ると急に暴力的な口調になることもあるのです。

逆に、普段は無口な人がお酒を飲んだら饒舌になり、会話が面白くて印象が良くなったというケースもあります。

お酒が入ると気分が高揚しやすいので、普段は積極的になれない人にもおすすめできます。


4. 久々に集まった同窓会

中学や高校の同窓会で地元へ帰った時に、話に花が開いて結婚という流れになった人も多いようです。

昔はそうでもなかった相手でも、成長すると魅力的な相手になっていることもあるとか。

子供の頃を知っているので、自然と話しが続きやすいのも大きなポイントです。

相手も結婚していなかったりすると、運命的な出会いに感じやすいといいます。

結婚相手の探し方としては特別ではないですが、同窓会は参加しやすいのでほとんどの女性におすすめできます。

【参考記事】はこちら▽


5. 友人の結婚式の二次会

友人繋がりですが、結婚式の二次会の出会いから結婚を決めたという人もいます。

結婚式という自然に結婚を意識できる場所で出会っているというのが、心理的にも良い方向へ行きやすいのではないでしょうか。

妥協したくないという人でも、結婚式の正装から相手の収入レベルをある程度把握できます。

二次会に出席しているのは友人の知り合いという安心感もあるので、探し方としては悪くないといえるでしょう。


自分の理想の結婚相手に出会ってみてくださいね。

結婚相手の選び方は男女別で多少の違いはありますが、本質的には似ているようですね。

一生のパートナーとして寄り添える安心感があるかどうかが、一番の決め手なのではないでしょうか?

結婚には収入や顔の良さよりも価値観や性格が合うかどうかが、重視されるのも頷けますね。

結婚相手の探し方は人それぞれですが、既婚者の意見を参考にすると運命的な出会いがあるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事