付き合い方を忘れた男女へ。恋を成功に導く“付き合い方のプロセス”

社会人になって出会いが減ったり、しばらく恋愛をしていないと、付き合い方を忘れる人も多いはず。今回は、恋を忘れかけている男性と女性に、異性と付き合うきっかけや付き合い方のプロセスをレクチャー!さらに、付き合った後も関係が長続きするカップルになる方法もお教えします。

異性との付き合い方、まだ覚えていますか?

付き合い方を忘れた男女

好きな人が久しぶりに出来たけどどうやってきっかけを作って、恋愛に発展するのか忘れてしまったという人もいるでしょう。

また、やっとの思いで告白し、付き合うまでいったけど付き合い方って何をどうすればいいのか忘れてしまい、久しぶりの恋愛に戸惑っている人もいるでしょう。

そこで今回は、久しぶりの恋愛でも失敗しにくい付き合い方のプロセスを紹介します。読み終わったあとは「恋愛ってそうだったよね」と思い出し、積極的に行動が取れるようになるはずですよ。


付き合い方を忘れた!付き合うまでのスムーズな4つのプロセスとポイントを解説

恋愛のおやすみ期間が長いと「好き」の気持ちから、次はどのようなプロセスを踏んで恋愛に発展するのか忘れてしまった!という人も多いのではないでしょうか。

大人ってそもそも告白ってするの?気になる人をさりげなく食事に誘うコツってある?など付き合い方を忘れた人のために、今回は4つのポイントを紹介します。


まずは、LINEやメールの連絡先を手に入れて連絡をとる

好きな人や気になる人ができたら、まず最初に行うことは相手との連絡手段を確保することです。

こまめに連絡を取ることで、最初は相手が意識していなくても少しずつ気になってくる可能性はあります。電話やメールに比べ、LINE交換はハードルがグッと低くなりました。

ここでは、LINEの交換方法からデートをさり気なく誘うプロセスを紹介します。


1. LINEを聞く方法は、ストレートに聞いてしまうのがベスト

ストレートに聞くことで、相手は警戒せずにフランクに交換してくれることが多いです。これは、年代問わず連絡ツールとしてLINEが普及しているから。恋愛感情を相手に持っていなくても、交換することが当たり前なことが多く「LINE交換しない?」と伝えても警戒されません。

逆に自分が意識しすぎてしまうと、LINE交換することすらハードルが高く感じてしまうので、ここは相手とのきっかけを作るためにストレートに聞いて交換しましょう。


【参考記事】はこちら▽


2. 共通点を作り、デートに誘うきっかけを作る

相手との共通点が見つからない、困ったという人はLINEのやり取りで事前に相手の興味があることについて聞いておくことがポイントです。

相手の興味があるイベントが近くにあれば「来週◯◯のイベントがあるみたいだから一緒に行かない?実は興味があってさ」と伝えることでさり気なく、デートに誘うことができます。

デートに誘うことは共通点を見つけることで、ハードルがそこまで高く感じません。


【参考記事】はこちら▽


3. LINEの頻度は相手の生活リズムに合わせる

「相手の生活リズムに合わせてまでLINEを返信するのは意識しなくてはいけないの?」と思う人も多いでしょう。しかし、相手との生活リズムを合わせることはとても大切です。その理由は、LINEの頻度は付き合ったあとにも大きく影響してくるからです。

どういうことかと言うと、付き合いだした頃はラブラブで生活リズムに多少の時間のズレがあってもあまり気になりません。

しかし、付き合いが長くなるにつれ返信が遅くなったり、既読スルーといったりということが少しずつ増えてきてしまい、最終的には連絡を取ることが面倒になってしまうのです。

ですから、気になる相手の生活リズムに少しずつ合わせていくことで付き合ったあともお互いに無理なくLINEで何気ない会話を続けることができます。


【参考記事】はこちら▽


4. 長文LINEは避け、短文のラインをテンポ良くやりとりする

長文LINEが送りつけられた場合、読むことが大変です。自分に置き換えて考えてみるとよくわかるのですが、長文の中に質問が3つあると返信が大変だなという気持ちになります。

そうなると「あとで返信しよう」と考え、既読スルー状態となり返信を忘れてしまう場合があるのです。

相手のことをもっと知りたいと思い、つい長文を送ってしまいます。しかし、短文でテンポよく会話を進めたほうが実は相手とのLINEは長続きするのです。


共通点を見つけデートに誘い出す

恋愛のプロセスに欠かせないのは共通点です。共通点があることで、話題に困ることが少なくなります。付き合い方を忘れたという人は、相手との共通点を探すことから始めましょう。

どのようにデートに持っていくべきか次の項目で説明していきます。


1. 好きな食べ物の話題から食事に誘うのがおすすめ

好きな人をデートに誘うのは食事が1番ハードルが低いです。好きな人ではなくても食事に誘うことはあるので、気軽に誘えるのです。

誘う口実としても、食事デートは相手に自分の気持ちがバレる確率も低く、恋愛のきっかけを忘れてしまった人にはおすすめの方法です。

例えば「〇〇っていうお店はパスタがすごく美味しいから今度行こうよ」とLINEで誘えば、意識しすぎとなくナチュラルに誘えます。


【参考記事】はこちら▽


2. デートは男性が誘い、セッティングするほうがスムーズ

デートは男性からの方から誘いましょう。その理由は、2つあります。1つ目は多くの女性はデートは男性から誘って欲しいと思っているからです。女性の中でも積極的に誘う人はいますが、やはり男性から誘われて嬉しいのが女性の本音。

2つ目は自分からデートに誘うことで、プランが立てやすくなることです。相手の計画したプランだと食事して解散ということも考えられますが、自分が計画するのであれば先に映画見て食事に行かない?といった提案もできます。

この2つの理由からデートは男性が誘い、自分で計画を立てることでデートの主導を握れます。告白をするときもロマンチックな場所を事前に調べておけば成功率も高まるかもしれません。


3. 雰囲気の良い落ち着いたお店を選ぶ

好きな人と今後恋愛に発展していきたいと考えるなら、食事する場所選びは大切です。大衆居酒屋でワイワイしている場所で食事する際、話し声をいつもより大きくしなければいけないことや集中して相手の話に耳を傾けることができません。

落ち着いた場所は、普段LINEでは聞けない仕事や将来のことなども話せます。また、雰囲気が良ければデートしている感じが強くなり相手に自分を意識させられますよ。


4. 食事代は男性が出したほうが良い。

初めてのデートでは男性が支払いをすることで良い雰囲気にデートが終わります。間違っても1円単位の割り勘にするのはやめましょう。男性から出す方がいい理由は、相手の印象に自分を残すためです。女性は意外と会計を出してくれた人のことは覚えているものです。

「食事代をだしてくれた」と印象付けるだけで『じゃあ次は私が出しますね』と2回目の仮のデートの約束を向こうから提案してくるかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


女性は奢ってもらえることを当たり前だと思わないこと

「支払いの際にお財布を出す素振りも見せない、お礼もない。」といったあきらかに「女性だから奢られて当然」と思うような態度を取らないことが大切です。

自分に当てはめると分かりやすいのですが、自分が誘った食事で相手が財布も出さず、お礼も言わなければ少しムッとする気持ちが出ると思います。男性も同じでやはりお礼も言えない人とは付き合いたくないのです。

せっかくいい雰囲気で彼女になる可能性があったかもしれないのに、自分の手でお付き合いの可能性をなくしてしまうのです。


5. 清潔感のあるおしゃれな服装を心掛ける

デートで大切なのは「清潔感」「おしゃれ」の2つです。その理由は、デートは相手にいつもと違う自分を見せる場でもあるからです。

デートなのに寝癖が付いたまま、しわしわのシャツなどを着ていけば相手は「恋愛関係に発展したいと考えていないのかな」と思われてしまいます。

そのため、清潔感のあるおしゃれをするだけであなたの印象はグッとプラスになるのです。おしゃれがよくわからないという人は、雑誌でシンプルなコーディネートを参考にすることをおすすめします。まずは「清潔感」「おしゃれ」を意識してデートに望みましょう。


男性・女性のお互いの脈ありサインを確認する

付き合い方を忘れた人にとって脈ありサインって何だっけ?と思うこともあるでしょう。これから紹介する脈ありサインを読むことで、これからの恋愛プロセスに大きく役立ちます。忘れてしまった人も今、好きな人がいる人も必見です。


1. 要件のないLINEが何日も続く場合は脈あり

何となく何日かLINEが続いている相手っていませんか。もしかするとその相手は脈ありかもしれません。その理由は、気になる人でなければ何日もLINEしないからです。例えば自分がどうでもいいと思っている相手に対して、要件が済めばLINEすることはありません。

「おはよう」「おやすみ」などといった何気ない会話が続くようであれば、相手もあなたのことが気になっている可能性が高いのです。

【参考記事】はこちら▽


2. 好きな人がいる!など、恋愛相談される場合は脈なし

相手が恋愛相談する理由は、2つあります。

1つ目は、もし共通の友人だった場合、周りの協力を得た方が好きな人とカップルになりやすくなるから。あなたが協力することで相手の好きな人と距離が近くなる可能性が高まるからです。そして2つ目は、異性の意見を聞きたいからです。

相手はあなたのことを相談役として話しているので、恋愛相談の話が来たら脈なしと考えましょう。


【参考記事】はこちら▽


3. 褒めてくれることが多い場合は脈あり

「今日の洋服素敵だね」「髪型とても似合っているよ」など褒めてくれる場合は脈ありの可能性が高いです。これは、まず自分が相手を褒めるときはどんなときか想像してほしいから。

特に意識していない相手であれば、洋服が素敵でも褒めることはありますがそこまで褒める頻度は多くないはずです。

会うと必ず褒めてくれる、ポジティブなことを言ってくる人は、あなたに気がある可能性が高いです。


4. ボディタッチを嫌がらない場合は脈あり

意図的にボディタッチを試すのは男性の場合リスクがあるので注意が必要ですが、相手に触れても嫌な反応をしない場合は脈ありの場合が高いです。

その理由は、本当に嫌な人であれば「やめてください〜」と冗談な感じでやんわりと拒否されるからです。

もちろん、その場の雰囲気を壊さないために笑顔でやり過ごしているということも考えられるので過剰にボディタッチするのはやめましょう。


お互いの好意が確認できれば3回目〜4回目のデートで告白する

デートを重ねることで相手が自分に対して好意を持っているのかが何となくわかってきます。付き合い方を忘れた人にとって、告白はとてもハードルが高いのです。

実際、どこでデートをして告白をすればいいのかそれぞれ確認していきましょう。


1. 初デートだけでなく、2回目、3回目のデートに行くことができること自体が脈あり

2〜3回目のデートは脈ありの可能性が高いです。その理由は、当たり前に次の約束を交わしデートをすること自体、相手はあなたのことを嫌だなと感じている可能性は低いからです。

初デートで相手が合わないと感じれば理由を付けてデートの誘いを断るのが普通。相手も貴重な時間を割いてあなたとデートをするということは、少なからずあなたを意識しています。ですから、2〜3回目のデートの約束ができれば脈ありと判断できるのです。


2. デートスポットに悩んだ場合は会話に困らない、水族館デートがおすすめ

最初のデートで丸1日一緒に過ごすのはお互いに疲れてしまうので、半日ぐらいのデートには1~2時間で見終わる水族館が最適です。

沈黙になってしまっても水槽を見ながら会話できるので、ネタが多く、緊張して話が途切れてしまうことがありません。また、少し暗いところを歩くので自然と距離も縮まります。

また、イルカショーなど座って見られるショーもあるので、休憩しながらデートも可能です。水族館デートは2人の距離をグッと縮めるには最適なスポットです。


【参考記事】はこちら▽


3. 告白する場所は、雰囲気の良い静かな場所がおすすめ

告白するシチュエーションはとても大事です。その理由は2つあります。

1つ目は、告白された場所は相手がいつまでも覚えているからです。付き合い初めて何年か立つと振り返ることも多く、思い出として残るからです。

2つ目は、ガヤガヤしている場所だと声が聞き取りづらい、周りの目が気になって答えが出せないということです。

告白されて嬉しい気持ちはありますが、なんて言っているか聞き取れない、周りの目が気になって即答できないことがあります。ですから、告白する場所は静かなところがおすすめなのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 告白は「好きです。付き合ってください」がシンプルに好印象

例えば「あなたのことが以前から気になっていて、食の好みも合うなと感じていたからいいと思いました」と言われても、嬉しいですが回りくどいなと感じますし、「感想を述べているの?」と思われてしまいます。

相手からしてみると「それで?結局何が伝えたいの?」というモヤモヤした感じになってしまい、あなたの一方的な告白で終わります。

思いを伝えるのには、回りくどい表現は不要です。それより、シンプルに伝える方が好きという気持ちが1番伝わりやすく特に女性は嬉しいのです。


晴れて交際がスタート!カップルに聞いた、円満な関係を築く7つのコツ

久しぶりの恋人ができるとついテンションが上がってしまいますが、これからの付き合い方次第で短く終わってしまうか、それとも長くラブラブでいられるカップルかに分かれます。

そこでこの章では、円満な関係を築く7つのコツを紹介します。1つ1つはどれも難しいものではなく、付き合い立てに行うことが肝心です。是非試してくださいね。


1. 「好き」「愛してる」などと愛情表現がマメ

愛情表現をマメにする理由は、付き合いたての頃は甘い会話を楽しんでいても次第に数が減っていくからです。

言葉にしなくても相手は分かっているだろうと思ったら大間違い。時間が経つと言葉にすること自体が恥ずかしい気持ちになりますが、そこは積極的に言葉に出すことが大切です。黙っていても相手に気持ちが伝わることはありません。

彼氏、彼女の関係だけでなく夫婦関係も同じことが言えます。相手と長くいい関係を続けていくためには、付き合い方が大切でお互いがマメに愛情表現する必要があるのです。


【参考記事】はこちら▽


2. 彼氏彼女の悪い部分を受け入れることができている

カップルや夫婦が長続きするコツは相手の悪い部分を受け入れることです。ですが、受け入れる前に1度相手に「ここが気になる」という自分の気持ちを相手に伝えることは大切です。

例えば、部屋の片付けが苦手な相手だった場合は「ゴミはゴミ箱へ捨てて欲しい」など自分の気持ちを伝えます。

その上で相手が改善しないときは怒らず「ゴミは捨ててほしいな」とやんわり伝えることが大切です。長続きするカップルはお互いの悪い部分を受け入れつつ、自分の気持ちを伝えることも上手なのです。


3. 不満がある場合ははっきりと相手に伝えることができる

自分は意識していないことでも、彼氏や彼女が不満に思っていることはあるもの。例えば、デートの食事代をいつも彼氏ばかり払っている場合「たまには払ってくれてもいいじゃん」と彼女に対して思うかもしれません。

しかし、その不満を抱えたままでいるとある日些細なことがきっかけで突然怒りが爆発し、取り返しのつかない状態になることが起こるのです。

いい関係を続けていくためには、相手との付き合い方を考えながら自分の気持ちを伝えていくことも大切なのです。


【参考記事】はこちら▽


4. 自分の時間も大切にし、自立した関係が築けている

相手に依存している付き合い方は、最初のうちはラブラブで良いかもしれません。しかし、長期的に見るとお互いが縛り付けるので不満が溜まり、どちらかが爆発する可能性があります。

自分の時間が大切な理由は、例えば彼氏が映画好き、彼女が読書好きであれば今まで自分が知らなかった作品を相手を通じて知ることができるからです。

相手を通じて自分の考え方や視野を広げられるのはお互いを高め合うことにも繋がります。長く付き合うカップルこそ自立している人たちが多いのです。


5. 自分磨きを怠らず、高め合える関係になっている

マンネリ化を防ぐには、相手と適度な距離を保つことです。その理由は、ずっと一緒にいると会話のネタもいつも通りの内容で飽きてしまうからです。

自分磨きをして常に新しい情報にアンテナを張り巡らせることで「こんな映画があるよ」「こんなイベントあるから行ってみよう」といったお互いの関係に刺激が生まれます。

お互いが色々なことに興味を持つことで自然と高め合っていくのです。外見や内面を磨くことで、常に新鮮な気持ちで長くいい関係が続けられるのです。


6. LINEの連絡は最低限で要件のみ伝える

付き合いを長く続けるためのコツは、毎日のコミュニケーションが大切です。要件だけLINEで伝える理由は、お互いに忙しくてもコミュニケーションは最低限とることで双方負担がないからです。

朝起きたら「おはよう」のスタンプだけ送ったり、寝るときには「おやすみ」のスタンプを送るだけでも関係を長続きさせるためには重要です。

ですから、LINEでは最低限のコミュニケーションで、何か話したいことがあれば電話にするなどメリハリを付けることで長く続くカップルになるのです。


【参考記事】はこちら▽


7. 相手を思いやる気持ちをお互いに持っている

相手を思う気持ちは言葉だけでなく、行動でも示すことができます。例えば、相手の仕事が忙しく余裕がないときには、頻繁に連絡を控えることや「いつ会える?」など執拗に聞かないことです。

相手の立場を考えることができれば、今は連絡するときではないなと感じることができるのでケンカも起こりにくくなります。付き合いが長いカップルは付き合い方をよく理解しているので、自分だけではなく相手のことも考えるから長続きするのです。


付き合い方を思い出して、素敵な恋を叶えましょう。

付き合い方を忘れてしまった人にとって恋愛へのハードルは高く感じます。

しかし、今回紹介したプロセスを意識することで、気になる相手と恋人同士になれるかもしれません。脈ありのサインを知っておけば、勇気がいりますが告白も成功確率がグッと上がります。

せっかく出来た恋人と別れないためにも、7つのコツを実践し素敵な関係を築いていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事