頭の回転を速くする方法7選|頭が切れる人の特徴&おすすめの本も紹介

頭の回転を速くする方法って誰しも知りたいことですよね?そこで今記事では、頭の回転が速い人の特徴から、頭の回転を速くする方法や頭の回転を速めたい人におすすめの本まで詳しく解説していきます。ぜひ参考にして、頭のキレる人を目指してくださいね!

頭の回転を早くしたい人必見!

頭の回転を速くする方法7選

頭の回転が速い人って、仕事もできるし、話も面白いし、何かと優れた才能を持っていますよね。どんなことをするにしても、頭の回転が速いに越したことはありません

そこで今回は、頭の回転が速い人や遅い人の特徴から、頭の回転を速くする方法まで詳しく解説します。頭の回転を速くするのにおすすめな本もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。今日から頭を鍛えて、頭が切れる人を目指しましょう。


頭の回転が速いと言われる人の特徴

「頭の回転が速い=賢い」というイメージを持つ方は、たくさんいますよね。頭の回転が速いのは、一人の人間としても魅力的なポイントです。そんな人に憧れて、自分もなりたいと感じている人も多いでしょう。

まずは、頭の回転が速いと言われる人の特徴を探っていきましょう。「賢い人」と思われる理由が見えてくるはずですよ。


特徴1. 話の本質や要点を見極めるのが上手い

人と会話をしていると、「何が重要なのか?」というポイントが曖昧になることはよくあります。話の本質や要点が迷子になってしまい、自分でも何を話したいのか分からなくなってしまうんです。

頭の回転が速い人は、相手の伝えたいことを瞬時に理解できます。情報の処理能力が高いので、話の本質や要点をすぐに見極められるわけです。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 決断力に長けている

頭の回転が速い人は、先を見据える力が備わっています。「この選択をしたらどうなるか?」という考えがすぐに浮かぶので、最善の選択をすることができるんですよ。

決断が速い分、連動して行動が速いのも特徴の一つ。決断が遅れれば遅れるほど、行動も遅くなり周囲との差が開いてしまいます。

じっくり悩んだところで、必ずしも成功する保証はありません。だったら素早く決断して、実践してみる方が賢明ですよね。それをわかっている人でもあります。


特徴3. 効率よく業務を進めるため、仕事が早い

仕事において大切なのは、現状を把握することです。現状が把握できれば、課題や解決策も見えてきますよね。

頭の回転が速い人は、視野が広くて客観的に物事を見れるので、現状把握能力に優れています。そのため瞬時に課題や解決策が浮き彫りになり、効率よく仕事ができるわけです。

仕事に没頭すると、つい目の前のことしか見えなくなりがち。ですが頭の回転が速い人は、いつでも俯瞰的に見ています。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 早口で会話のテンポスピードが速い

情報処理能力が優れていると、頭で処理したことに対して口が追い付きません。一生懸命追い付こうとした結果、早口になってしまうんです。

頭の回転が速い人は、話していることの一歩先を既に頭で処理しています。だからつい早口になり、会話のテンポスピードも早くなります。

「ついていけない」と感じても、頭の回転が速い人にとっては普通のスピードなのです。


特徴5. 記憶力が優れている

頭の回転が速い人は、一度インプットしたことは忘れません。日常のちょっとしたことでも、役立つ可能性があることは覚えておきます

一見何でもないようなことも、頭の片隅にそっとおいておくんです。

過去のことは、覚えていようとしない限り忘れてしまうのが当たり前。しかし、頭の回転が速い人は、あえて覚えておこうと意識しています。

友人が着ていた服や、何気なく聞いた趣味の話を覚えようと意識すると、記憶力もアップしますよ。


反対に頭の回転が遅いと言われてしまう人の特徴

頭の回転が速い人がいる一方、遅い人がいるのも事実です。

ここでは、頭の回転が遅いと言われてしまう人の特徴をご紹介します。

普段の自分の行動と照らし合わせてみると、頭の回転が速いか遅いか分かりますよ。


特徴1. 物覚えが悪く、同じミスを繰り返しやすい

一度ミスをすれば、今後は同じことを起こさないように注意しますよね。ですが物覚えが悪いと、何度も同じミスを繰り返します。

そもそも自分がしたミスを忘れてしまうことも、少なくありません。ミスから何も学ばないので、いつまでたっても似たような過ちを起こしてしまいます。

誰にでも間違いはあるものです。とは言っても、「この前もやってなかった?」と思われたら、頭の回転が遅い人認定されてしまいますよ。


特徴2. 人や物事に対する探究心が薄い

頭の回転が遅い人は、めんどくさがり屋です。そして、どんな時でも優先順位は自分が1番。好きなことだけをしていたいので、手間や時間がかかることは後回しです。

分からないことを調べるには、それなりの労力が必要になります。ですが頭の回転が遅い人は、その労力を費やしてまで知りたいと思いません。その分自分の好きなことに、力を注ぎたいと考えます。


特徴3. スケジュールや計画をたてるのが苦手

締め切りぎりぎりに焦り出したり、テストの前日に徹夜をしたり。頭の回転が遅い人は、計画性のなさが目立ちます。

スケジュールや計画をたてる時には、先のことまで考える必要がありますよね。正直億劫な作業です。

目の前にあるものだけを追いかけるのは、簡単で楽な道。頭の回転が遅い人は、いつでも楽な方を選ぼうとします


すぐ実践できる!頭の回転を速くする方法

頭の回転を速くするには、鍛える必要があります。日ごろからトレーニングするだけで、今よりもずっと頭の回転が速くなれるんですよ。

ここでは、頭の回転を速くする方法をご紹介します。すぐに実践できるものばかりなので、さっそく今日から始めてみましょう。


方法1. 人と会話する習慣を日頃から身につける

会話中には、「相手の言っていることを理解する」「自分の考えを即座に伝える」といった素早い情報処理が求められます。さらに、人によって話す言葉や考えも異なるので、頭が活性化するんです。

人と会話する習慣をつければ、自然と情報処理の速さを鍛えられます。普段口数の少ない人は、意識して人に話しかけてみるのがおすすめ。会話すればするほど、頭の回転を速くできますよ。


方法2. 睡眠をしっかりとって脳を休ませる

一般的に、睡眠不足の状態だとパフォーマンスが落ちると言われています。自分では普段と変わらないつもりでも、気付かぬうちに頭の回転も遅くなっているんです。

脳は、寝ている間にインプットした情報を整理します。睡眠が足りないと情報を整理する時間が足りず、脳内がぐちゃぐちゃになってしまうんです。

「寝なくて大丈夫」と思っていても、脳は情報に溢れてパニック状態。頭の回転を速くするためにしっかり寝て、脳にも休息を与えましょう。


方法3. 即決するなど、決断力を高める事を心がける

何気なく過ごしている毎日でも、実は様々な選択をしています。

着ていく服を決める時、外食で食べるメニューを決める時。「優柔不断だから」と長い時間迷う癖がついていると、頭の回転を速くすることはできません。

日常における選択は、そこまで重要ではないですよね。だからこそ、トレーニングのチャンスなんです。日ごろからスパッと決断する習慣を身に着けるだけで、鍛えることができますよ。


方法4. 定期的に運動する習慣をつける

軽いジョギングやウォーキングなど、運動する習慣があるだけで常にリフレッシュした状態でいられます。

家や職場でじっとしていると、頭がぼーっとしてきますよね。そんな時は近所を散歩するだけでも、すっきりして頭の回転を速くすることができます

とは言っても、激しい運動は禁物。疲れを感じると、頭の働きが悪くなる可能性もあるので、注意しましょう。


方法5. スキマ時間に脳トレアプリで訓練してみる

ちょっとした時間を使ってトレーニングするなら、脳トレアプリを使いましょう。アプリはスマホ一つあれば訓練できるので、通勤中やお昼休みなどでも鍛えられます。

さらに脳トレアプリの良いところは、ゲーム感覚でトレーニングできること。楽しみながらアプリで鍛えられれば、習慣として継続できますよね。

無料のアプリもたくさんあるので、面白そうなアプリをダウンロードしてみましょう。


方法6. 日頃から何事も考える事を習慣づける

仕事でもない限り、意識しないと物事を深く考えません。家に着いた途端、何も考えなくなる人も多いですよね。

頭の回転を速くするには、普段から考える習慣が必須です。習慣になっていないと、いざという時に頭が働かないんです。

疲れているのに無理やり考える必要はありませんが、仕事以外でも頭を使う訓練をしてみてくださいね。


頭の回転を速くしたい人に読んで欲しいおすすめの本3冊

頭の回転を速くするには、様々な方法があります。読書も、方法のうちの一つです。

ここでは、頭の回転を速くしたい人におすすめの本を3冊ご紹介します。

読書も頭の回転率を速くするのに効果的なので、苦手な人も読書してみましょう。


おすすめ本1. 『頭の回転が速くなるすごい!法』佐々木 豊文

頭の回転が速くなるすごい!法 (知的生きかた文庫)

頭の回転を速くするために、科学的な側面からアプローチした一冊です。

著者は30年にわたってトレーニング法を研究や開発してきた、いわば頭の回転に関するプロ。テレビや新聞、雑誌にも取り上げられた経験があり、実力に間違いはありません。

脳だけでなく、精神面や身体面からも言及しているのも魅力的。まだトレーニング法が確立していない人にぴったりですよ。

販売サイトで購入


おすすめ本2. 『頭の回転を速くする45の方法』久保 憂希也、芝本 秀徳

頭の回転を速くする45の方法 (ディスカヴァー携書)

頭の回転が速い人は、そもそも脳の性能(=「素アタマ」)が高い傾向があります。ですがこの性能は、鍛えることができるんです。

この本は、物事を処理する基盤となる「素アタマ」を鍛える方法を紹介しています。「素アタマ」の良い人の考え方やマインドが述べられているので、分かりやすさはピカイチ。本を読むのが苦手な人でもすんなり読めます。

バリエーション豊かな45個の方法があるので、自分に合ったトレーニングを見つけられますよ。

販売サイトで購入


おすすめ本3. 『頭の回転が速い人の話し方』岡田斗司夫

頭の回転が速い人の話し方――あなたの会話力が武器になるユニバーサル・トーク×戦闘思考力

「どこでも、いつでも、誰にでも伝わる話し方」を面接やプレゼンなどでできたら、もっと人生が輝きますよね。

頭の回転が速いことで役立つのは、人と会話をする時です。ただ頭の回転が速くても、会話の中で発揮できなければ意味はありません。

この本では、頭の回転力をトレーニングしつつ話し方も学べます。「ある程度頭の回転を鍛えたけど、使い方が分からない」そんなあなたにおすすめです。

販売サイトで購入


頭の回転を速くするトレーニングをしてみよう!

頭の回転が速い人は、誰から見ても尊敬の的。特徴を挙げれば挙げるほど、魅力に溢れています。

仕事でもプライベートでも、頭の回転が速いに越したことはありませんよね。「できることなら自分もそうなりたい」と思う人も多いでしょう。

頭の回転の速さは、生まれつきのものではありません。トレーニングをして鍛えれば、誰でも回転率を上げることができるんです。

日常から意識的に鍛えて、尊敬される人を目指してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事