3回目のデートに誘う男性の心理とは?脈あり・脈なしの見分け方も解説

男性から3回目のデートに誘われた時ってどんな心理なのか気になりますよね。もしかしたら好意を抱いてるかも?と思うこともあるでしょう。本記事では、3回目のデートに誘う男性の心理から、脈ありと脈なしの見分け方、3回目のデートで告白されなかった時の対処法まで徹底解説します。

3回目のデートに誘う男性ってどんな心理なのか気になりますよね。

3回目のデートに誘う男性の心理

好きな人とのデートは楽しいですよね。そんなデートも3回目となると、いろんなことを期待してしまいます。でも3回目のデートに誘う男性って、果たして脈があるのか気になるもの

そこで今回は、3回目のデートに誘う男性の脈あり&脈なしの見分け方を解説します。想いを寄せる人の心理を知ることで、グッと距離が近づくかもしれません。


3回目のデートへ誘ってくる男性心理

3回目のデートに誘う男性心理はどういったものでしょうか。直接聞いてみる方法もありますが、なかなか突っ込んだ話はしにくいですよね。

ここからは3回目のデートに誘ってきた男性の心理を紐解いていきます。男性心理を予め知ってことで、不安が無くなったり、次の行動に移しやすくなります。次の段階にステップアップするためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。


男性心理1. 純粋に好意を寄せているから誘っている

男性は、相手の女性の事が好きだからこそ、デートに何度も誘います。よほどの変わり者でない限り、嫌いな人やどうでもいい人は何度もデートには誘わないでしょう。

少なくとも嫌われているわけではないので、女性としてもこの心理は嬉しいですよね。1回目だけならまだしも、3回目に誘ってくるのは、やはり好きという心理が裏にあるからかもしれません。


男性心理2. 好印象を抱いていて、自分に合いそうかを確かめている

女性の事が好き、もしくは好印象を抱いているが、慎重なタイプなので、なかなか行動に移せない男性もいます。

そんな男性は、自分に合うかどうかを確かめている段階と考えています。女性心理としては男性に「はっきりしてよ」と言いたくなるかもしれませんが、好印象は抱いているが慎重なタイプな男性もいるのです。


男性心理3. 過去2回はあまりうまくいかなかったので、リベンジを狙っている

男性は女性よりもプライドが高い傾向にあります。もちろん全ての人がそうではないですが、女性の思っている以上に男性はデートを失敗したと思っていることがあります。

だからこそ3回目のデートで挽回のチャンスを狙っています。好意を抱いているからこそ、失敗を気にて、次のデートで同じ失敗を繰り返さないように考えていることが多いです。


男性心理4. そろそろ告白をしようか迷っている

既に2回もデートをし、3回目のデートの約束もしたのであれば、告白の機会を伺っている可能性があります

好意を寄せているのであれば、1回目で告白してほしいと思う女性もいるでしょう。しかし、男性としては、いきなり告白するのは軽い男と思われるのが嫌な人もいます。

3回目だからこそ、「そろそろ告白してもいい頃かな?」と思い、最適なタイミングかどうかを迷っている可能性があります。


男性心理5. 純粋に一人の女友達として遊びに誘っている

まだ女性の事を女友達として捉えているパターンです。これは、恋愛としての好きではなく、友達としての好きと考えている場合です。

男性心理としては、恋人のように考えられないが、大切な友達と思っているので、悪い方向ではありません。

男性によっては恋愛感情が鈍い人もいますから、このようなパターンもあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


3回目のデートに誘ってくる男性は脈あり?それとも脈なしなの?

3回目のデートに誘う男性は、果たして脈があるのかどうか、気になります。脈がなければそもそも1回目のデートすらないでしょう。

3回もデートをするくらいですから、脈がある可能性は高いです。基本的には好意はあると思って問題ないでしょう。


ただし、純粋に友達として誘っている場合もある

3回目のデートになれば脈があることが多いですが、純粋に女友達として誘っていることもあります。

恋人として考えることができない場合、普段の付き合い方に問題があります。例えば幼馴染など、恋人として考えたことがなければ、まだ難しいでしょう。

でも完全に脈なしというわけではありません。男性心理としては女友達でもある日いきなり好きになることだってあります。友達と思っている男性が好きな場合でも、諦めなければ、彼女になることもありますよ。


デート中に男性が脈ありか脈なしか確かめる方法とは

好きな人との3回目のデートであれば、女性心理からすると男性に脈ありか脈なしか確かめたいでしょう。

そこでここからは、男性が脈ありか脈なしかを確かめる方法をご紹介します。

ちょうど3回目のデートがある人は、ぜひ活用してみてください。


確かめ方1. 「好きな人はいるの?」と探りを入れてみる

恋愛の話題が出た時がチャンスです。3回目のデートの時に、好きな人がいるかどうか探りをいれましょう。この質問の彼の反応によって脈ありか、脈なしかが判別できます。

何も探りをいれなければ、なかなか分かりづらいです。どんな名探偵でもヒントがなければ答えが出せません。

相手の反応をみて脈ありか脈なしかの確認してみましょう。


脈ありの場合

「目の前にいるよ」なんて言われたら、それは脈大ありです。

でも通常もうすこし分かりづらい反応でしょう。例えば「いることはいるよ」とか「いるんだけどね、なかなかこれが難しくて」など「それ誰ですか!」と問い詰めたくなるような答えの事が多いでしょう。

このような答えの時は、じっと我慢して聞いてあげてください。脈ありの場合の男性心理としては、あえて答えをはぐらかしている可能性があるのです。


脈なしの場合

恋愛とか苦手でさ、彼女とかまだ考えられない」というような答えであれば、残念ながら自分は恋愛の圏外にいる可能性が高いです。

なぜなら、この反応が本当であれば、好きな人の前では言わないからです。好きな人が自分であれば、自分から振っていることになります。

ただ、諦めるのは早いです。恋愛が苦手であっても、「自分だったら大丈夫かも」と思ってもらえるように行動していけばいいからです。


確かめ方2. 反対に「彼氏欲しいなー」とボヤいてみる

恋愛映画を見た後などに、「彼氏が欲しいなー」と自然な流れでボヤいてください。相手に聞こえるようにボヤかないと、「なにか言った?」と言われてしまい、意味がないので、静かな環境でボヤくことが重要です。

ポイントは上目遣いです。「相手はあなたですよ」ということを強く強く念じてつぶやきます。

これにより相手の反応がどう出てくるのかで、脈あり脈なしの男性心理が判明されます。


脈ありの場合

男性の本音はすぐに顔に出るので、ドキっとしたような顔になります。もしくは赤面したり、ちょっと汗をかいたりするでしょう。

「もしかして俺の事?」と、両思いかもしれないと思い、声のトーンが上がる可能性があります。

その後の会話で男性の笑顔が増えたり、嬉しそうであれば、脈ありの可能性が高いです。他にも髪をいじる、目がきょろきょろする、瞬きが多くなる、急に飲料水を飲むなど、男性心理に動揺が見られたら、脈ありの可能性が高いです。


脈なしの場合

「まじで?じゃあいい人紹介するわ!!」と言う反応はダメなパターンです。完全に勘違い男のパターンですが、自分に脈なしだからこそ出てくるセリフでしょう。3回目のデートで脈があれば、このような事は通常言いません。

なぜならライバルを自ら紹介することになるからです。好きな人を取られてもいいと思っている人はなかなかいません。

好きだからこそ独占したいし、誰かに譲ることは通常ありえません。このような時は今は脈なしと考えてもいいでしょう。


確かめ方3. ボディタッチをして、嫌な反応をしないか確認してみる

体を触ることは、パーソナルスペースを破られることになります。そこでの反応を確認してください。

嫌がるのか、嬉しそうなのか、微動だにしないのか、それぞれの反応によって脈ありか脈なしかが判明します。

ボディタッチをすることが苦手な女性であれば、軽く叩いてください。それだけでも十分です。大人になると体を触れることが少なくなります。そのため軽いタッチでも十分に効果は見られます。


脈ありの場合

触られた部分を動かそうとせず、笑顔が増えれば、脈ありのサインです。

大人の男性になればなるほど露骨に喜ぶのは恥ずかしいという男性心理があります。しかしそれでも嬉しい場合は、多少笑顔が増えるものです。

好きな人であればなおさらでしょう。さらに動かさないということは、もっと触ってほしいか、嫌がっていない証拠です。


脈なしの場合

男性にとって、好意を寄せている人以外がパーソナルスペースにいることは、不快に感じます。そのような場合にボディタッチをしてしまうと、ちょっとだけ振り払おうとします。いきなり振り払う人は少ないでしょうが、脈なしであれば、触られることを嫌がるでしょう。

また、今まで物理的に近い距離でいたのが、心なしか、離れることもあります。脈ありであればむしろ近くにいたいことが多いので、触られて距離が離れれば、脈なしの可能性が高いです。

でも今はその段階ではないということで、脈ありに変わることもあるので、ボディタッチは控え、様子を見ましょう。


脈ありの場合、3回目のデートでも告白されなかった時の対処法は

脈があるはずなのに、3回目のデートで何も告白されず、カップルに発展しなければ、辛いものです。

脈ありと思っていればいるほど、期待外れで落ち込むこともあるでしょう。そんな時どう対処したらいいでしょうか

ここではその対処方法について解説します。何も起きなかったからと言って、まだ結論を出すのは早いです。


対処法1. 大人しく次のデートに期待する

男性心理で相手の事を思いすぎて、3回目のデートではまだ早すぎると考えている場合があります。

優しさと男らしさのさじ加減は難しいものです。「どうして早く告白してくれないないの?」とモヤモヤする気持ちもあるでしょうが、人には人の、それぞれの自分のペースがあります

今回は様子見とし、次のデートを期待しましょう。


対処法2. さり気なく好意を匂わせて相手に告白するよう仕向けてみる

男性心理として、失敗を恐れて、告白しない男性もいます。このような男性が相手の場合、「○○君が彼氏だったら彼女は幸せだろうなあ」と、さりげなく好意を匂わせて、相手に告白するよう仕向けてください。

さすがに女性から告白するのは勇気がいるからでしょうから、男性のハートに火をつけましょう。

察しが良い男性なら自ら告白してくれるでしょう。男性の方から告白してほしいと暗に伝えれば、失敗しないことが分かり、安心して告白できるという男性心理が働きます。


対処法3. 思い切って自分から告白してみる

最後はストレート直球勝負です。自分から思い切って告白してしまいましょう。いつまでも待ってはいられません。

今は女性も肉食になる時代です。好きな人であれば迷わず突き進んでいくのもありでしょう。付き合うことができるのは、何も待つだけの女性ではありません。

カップルになるためには、時には自ら動くことも大切です。

【参考記事】はこちら▽


3回目のデートに誘う男性の心理を読み解いて、恋を前へ進めていきましょう!

世の中には様々な男性がいます。その中から好きな人を見つけたあなたは、彼と付き合うためにも、脈あり&脈なしのサインを見逃さないことが大切です。

本記事を参考に、心理や脈ありを見抜いて、3回目のデートを最高なものに導いていきましょう。

もし、脈ありなのに3回目のデートで告白されなくても、自らアクションを起こして彼と急接近してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事