LINEの会話術を大公開!話の切り出し方&恋愛で使えるネタと内容とは

好きな人に片思いをしている時、特に悩むのがLINEの送り方ですよね。今回は、LINEを上手に味方につける会話術を徹底解説!話の切り出し方や上手に話を進めるコツから、LINEでわかる脈ありサインまで詳しくお教えします。LINEをうまく使って片思いを叶えてみてくださいね!

好きな人とのLINEの話題で悩んだ経験はありますか?

LINEの会話術

仲の良い友達とならいくらでも続けられるLINEでの会話。でも、好きな人とでは、緊張してなかなかうまく会話を繋げられませんよね?

好きな人とも仲良しの友達とお喋りするように、楽しくLINEで会話するようにするためにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、好きな人とも楽しくお喋りできるLINEでの話の切り出し方や会話に困った時に使えるネタなど、徹底解説しちゃいます。


LINEで会話の始め方や切り出し方を5つ解説!

まずは、LINEで好きな人とスムーズに会話を始めるところからスタートしましょう。

ここでは、LINEでさりげない会話を始める始め方や切り出し方を具体的にご紹介します。

好きな人とLINEを交換したのはいいけど、なんて会話をしたらいいのか分からなくて、何も送れてない方は必見ですよ。


始め方1. 「ありがとう」とお礼をきっかけにして連絡をする

「今日はありがとう。すごく楽しかったです。もうおうちつきましたか?」

「昨日の企画書の修正ありがとうございました。おかげさまで今日のプレゼン手応えありました。」

など、お礼をきっかけに連絡してみましょう。ポイントはお礼の言葉は丁寧に書くこと。「丁寧にお礼が言える=礼儀正しい人」と好印象を与えることができますよ。


始め方2. 「相談をしたいことがあって」と切り出す

「〇〇さん良かったら、今度仕事の相談にのってもらえませんか?」

「〇〇さん今度、お時間作ってもらえませんか?〇〇さんに相談をしたいことがあって…。」

など、相談を口実にLINEしてみましょう。もちろん、相談内容もちゃんと考えておくのを忘れないで。

相談内容はあまり重すぎず、かといって「それ、相談?」と思ってしまうような軽すぎるものもNG。

例えば、仕事の進め方や同僚との付き合い方、自宅の隣の住人がうるさすぎるなど、お喋りの延長線上で悩み相談できるレベルがおすすめですよ。


始め方3. 「〇〇、久しぶり!」とストレートに連絡する

「◯◯君、久しぶり!元気にしてる?」

「××ちゃん久しぶり!まだ、あの会社にいるのかな?」

しばらく連絡をとっていない相手へは、ひねりなしでストレートに送るのが一番。まさにシンプル イズ ベスト

久しぶりの相手に送る時は、無理に長いテキストを送る必要はありません。まずは、短いテキストを送り、相手の反応を待ちましょう。


始め方4. 「ココ行かない?」とお誘いの連絡から始める

「先週オープンした駅前のカフェ、もう行った?まだだったら、一緒に行かない?」

「〇〇さんが好きな監督の新作映画もう観た?まだだったら、俺も観たいから一緒に行かない?」

など、お誘いの連絡をしてみましょう。ポイントは相手の好みに沿ったお誘いをすること

カフェめぐりが趣味の人には、カフェのお誘いを、映画好きの人には映画のお誘いをするのがマスト。

相手の趣味は分からないけど、自分が野球観戦が趣味だからと、「野球観に行かない?」と誘うのはやめておきましょう。相手が野球に興味ない場合は、ほぼ確実に断られます。


始め方5. 「最近何してるの?」と近況を尋ねる

「◯◯ちゃん、元気?最近何してるの?相変わらず仕事忙しい感じ?」

「××さん、お元気ですか?以前あった時『転職するかも』って話でしたけど、その後どうなりましたか?」

など、相手の近況をさりげなく尋ねるLINEを送ってみましょう。ポイントは最近何してるの?以外に、ひと言付け加えること

付け加えるひと言は、以前お喋りした内容を絡めるのがおすすめです。

「最近何してるの?」という人言だけでは、「え?なんで?」と警戒されてしまう可能性があるので、以前した話を絡めることで相手の警戒心を解くことができますよ。


会話がなくなった時に使いたい!LINEの会話で盛り上がるネタや話題10選

好きな人とLINEの会話ができた!と思っても、会話が続かず、2、3回やり取りしただけでLINEが途切れてしまうことってありませんか?

そういう場合に備えて、あらかじめネタを仕込んでおきましょう

ここでは、LINEで会話が途切れちょっと気まずくなりそうな時に、ぜひ使ってほしいネタや話題について詳しくご紹介します。

これさえ知っておけば、好きな人とのLINEでの会話が盛り上がる事間違い無しですよ。


ネタや話題1. 共通の友達の話

「そういえば、この間、◯◯君が電車で痴漢捕まえたって話聞いた?」

「××ちゃん覚えてる?あの子、最近、起業したらしいよ。」

など、共通の友達がいる場合は、会話が途切れた時に話のネタとして登場させやすいのでおすすめです。

「もう、みんな知ってるネタだし…。」なんて思わず、相手が知ってそうな話題でもあえて出してみましょう。「あ、それ聞いたよ。すごいよね。」なんて、会話が再び盛り上がりますよ。


ネタや話題2. 初めて会った時の第一印象の話

「◯◯ちゃんと初めて会った時は、ものすごく堅物そうに見えてびっくりしたんだよね。」

「××君と初めて会った時、『チィーッス』って言うもんだから、ただチャラい人と思っちゃった。」

など、その人と初めて会った時の第一印象について話してみましょう。ポイントは第一印象と今のギャップ

「初めて会った時は××だと思ったけど、今は全然違う。」など、初めての時とは印象が変わっていることを伝えてみましょう。「え?そんな風に思ってたの!?」と盛り上がること間違い無しですよ。


ネタや話題3. 休日の過ごし方や趣味の話

「そういえば、最近、ホットヨガ始めてみたんだけど、汗がありえないぐらいスゴくてびっくりしたよ。」

「休みの日って何してるの?俺は最近ジョギング始めてさ。休日は大きな公園まで走りに行ってるんだよね。」

など、休日の過ごし方や趣味の話を振ってみましょう。でも、「ご趣味は?」なんてお見合いのような聞き方は避けて

自分の休日の過ごし方や趣味の話を先にすれば、相手もつられて答えやすくなりますよ。


ネタや話題4. 好きな食べ物や好きなお店などのグルメの話

「そういえば、〇〇さんパンケーキ好きだって言ってたよね?会社の近くにパンケーキ専門店が出来たらしいんだけど、もう行った?」

「××さん、みかん好きだって言ってましたよね?親戚が送ってくれたんですけど、量が多すぎて…。良かったら貰ってくれませんか?」

食べ物や飲食店などグルメ系の話は、「じゃぁ、今度一緒に食べようよ。」と話が盛り上がりやすく、自然な形でデートに誘えるのでおすすめですよ。


ネタや話題5. 好きな映画やドラマの話

「先週公開されたあの映画もう観た?評判いいらしいよ。」

「昨日のドラマ、ラスト凄かったねぇ。ちょっと泣いちゃったよ。」

など、映画やドラマの話を振ってみましょう。映画やドラマには、様々なシーンが登場するので、話の中で相手の好みなども知ることが出来ますよ。

また、「あの2人のうち、どっちの方がタイプ?」など、登場する俳優さんのことを聞けば、好みの異性のタイプもさりげなく聞き出せます。


ネタや話題6. 行ってみたい場所の話

「今度の連休、初めて台湾に旅行に行くんだけど、◯◯君はどこか行ってみたい場所とかある?」

「友達が今度スイスにスキーしに行くんだって。俺も行ってみたいなぁ。××ちゃんは?どこか行ってみたい場所とかある?」

テレビや映画を見ない人だったり、食べ物にもあまり興味がない人だったりする場合、会話がなくなった時にどんな話題なら会話が続けられるか悩みますよね。

そういう場合におすすめなのが、行ってみたい場所の話。

具体的に場所の名前がでてこなくても、以前ネットで見かけた綺麗な場所だったり、小さい頃に住んでいた場所だったりと、答えが出てきやすいので会話も自然と繋げられます


ネタや話題7. 好きな異性のタイプや恋愛の話

「そういえば、〇〇君ってどんな子が好きなの?今までそういうの聞いたことなかったけど。」

「××ちゃんってさ、どんなタイプの男が好きなの?この間、俳優の〇〇が好きって言ってたけど、年上好みなの?」

会話がなくなった時に、唐突に恋愛関連の話を聞くのはなかなか勇気がいることですが、あえて恋愛話を出すことで、相手のハートをドキドキと揺さぶることができちゃいます。


ネタや話題8. 最近面白かった話

「そういえば、今日の帰りね、生魚加えて走ってる猫見かけちゃった。ホントにいるんだね。ああいう猫。びっくりしちゃった。」

「今日、上司と営業先から帰ってくる時に、風が強くて上司のバーコードが数本だけ風で舞い上がってて、笑いこらえるの大変だったよ。」

気軽に返信しやすいのは、やっぱり面白ネタ。笑いのツボが一緒だと親近感もわきやすくなるので、相手と仲良くなりやすいのでおすすめですよ。


ネタや話題9. 出身地や地元の話

「そういえば、◯◯ちゃんって地元どこなんだっけ?」

「××君、京都出身って言ってたよね。京都のどのあたり?」

面白ネタはないし、いきなり恋愛のことは聞けないし、テレビとか映画も見るタイプではなさそうな場合は、出身地や地元の話を振ってみましょう。

出身地や地元の話は必ず返信が返ってくるので、相手が興味をひきそうなネタが見つからない場合の繫ぎとしても使えますよ。


ネタや話題10. 他の人には言っていない秘密の話

「あのね。あの上司、やっぱりカツラだったみたい。今日給湯室でカツラの位置直してるの見ちゃったの。」

「俺、兄貴を亡くしてるんだよね。気を使われるの嫌だから、他の人には言ってないんだけどさ。」

他人には話していない秘密の話は、2人の間をぐっと近づけてくれます。ポイントは「2人だけの秘密だよ。」と打ち明けた後に必ずつけること

この言葉を付け加えることで、より特別感が増しますよ。

【参考記事】はこちら▽


モテる会話術!好きな人とLINEの上手な続け方やコツ6つ

友達とは気軽に続けられるLINEでも、好きな人とは緊張してなかなか上手に続けられないもの。

どうしたら、好きな人ともLINEを続けることが出来るのでしょうか?

ここでは、好きな人とLINEを上手に続ける方法やコツについて具体的にご紹介します。


コツ1. 写真や動画など活用して視覚的に楽しませる内容を心掛ける

「気の効いたLINEなんてなかなか書けない…。」そういう場合は、写真や動画を上手に活用しましょう。

送る写真や動画はコメントしやすいものを送るのがマスト。

「今日の夕飯」や「カフェのスイーツ」などは、最初は返信してくれるかもしれませんが、そのうち飽きて既読スルーされる可能性があります。

送る写真や動画は、相手が楽しんでくれるかどうかを基準に選びましょう。


コツ2. 相手が好きな話題から会話を広げる

好きな人と会話を続けるためには、たとえ、自分が興味のない話題でも相手が好きな話題なら、スルーするのは絶対NG。

「ピンク色の市庁舎って、もしかしたら、これのこと?今、画像検索したら出てきたんだけど?画像送るね。」

「〇〇君って、お酒詳しいね。一番おすすめのウィスキーって何?飲んでみたいな。」

相手の好きな話題なら、特別なテクニックがなくても会話は続けやすいのでおすすめですよ。


コツ3. 名前を頻繁に呼ぶようにする

「〇〇君、今日はすごく忙しそうだったね。もしかして残業になっちゃった?」

「××ちゃん今日映画行くって言ってたじゃん。どうだった?面白かった?」

LINEでの1対1の会話だと、相手の名前を呼ばなくてもお喋りが出来ちゃいますよね?

でも、その中であえて名前を頻繁に呼ぶようにすることで相手に親近感を覚えてもらえます

これは、LINEだけでなく、実際に会って話す時にも使える会話術なので、覚えておいて損はありませんよ。


コツ4. 好きな人が喜びそうなポイントを褒める

ある程度、相手のことを知っていないと使いにくい会話術ではありますが、LINEでの会話の中でさりげなく相手が喜びそうなポイントを褒めてみましょう。

「そういえば、〇〇君っていつもおしゃれなネクタイしてるよね。」

「いつも気になってたんだけどさ。××ちゃんっていつも爪の色綺麗だよね。」

相手の性格がよく分からない場合は、外見を褒めてみましょう。

でも、「カッコいいね。」「可愛いね。」などは、ざっくりしすぎて相手の心には響きにくいので、ポイントを決めて褒めるのがおすすめですよ。


コツ5. 相手の仕事の時間や睡眠時間に合わせて返信をする

LINEは、いつでも好きな時に返信できますが、好きな相手と会話を続けたいのであれば、相手の仕事の時間や睡眠時間に合わせて返信するようにしましょう。

といっても、相手の仕事が終わる時間ぴったりや家に帰り着く時間ぴったりなどを狙うのはやめましょう。ストーカーみたいで気持ち悪がられます。

送る時には、相手がリラックスしてるであろう時間帯などを狙うのがおすすめですよ。


コツ6. 可愛いスタンプやおもしろスタンプを使う

相手が思わずくすっと笑っちゃうようなおもしろスタンプや可愛いスタンプは、会話を続けるきっかけになりやすいのでおすすめです。

コツは、普段の自分とギャップがあるスタンプ

コワモテ系の男性なら、あえて可愛い動物系スタンプがおすすめ、ゆるふわ系の女性なら、あえてシュールなおもしろ系スタンプが良いでしょう

普段の見た目とのギャップが大きければ大きい程、意外性があり親近感を自然と抱いてもらえます。

「え、〇〇ちゃんってそんなキャラだったっけ?」「××さん意外です!」なんてノリの良い返信が返ってくるはずですよ。


好きな人とLINEをする時の5つの注意点

顔が見えないLINEでの会話とはいえ、好きな人とのLINEは会って話すときと同じようにいくつか注意しながらする必要があります。

「顔が見えないから緊張しないでお喋りできる。」などと気を抜いて好き勝手送っていると、脈ありだったはずが脈無しになってしまう可能性もあります。

ここでは、好きな人に好印象を持ってもらうためにLINEで会話する時に気をつけたい注意点を詳しくご紹介します。


注意点1. 一回の返信で2個以上の質問をしない

LINEの続け方の1つに「質問は返信1回に1つのみ」というものがあります。

1回の返信で質問がいくつも書いてあると、とても前のめりにお近づきなろうとしている印象を与えてしまい、全部に答えてもらえない場合もあります。

また、1回でいくつも質問してしまうと、その分会話も早く終わってしまいます。

好きな人と少しでも長く会話をしたかったら、「質問は1個ずつ」「返信が来たら次の質問」。これマストですよ。


注意点2. 1スクロール以上するような長文を送らない

「自分のことをもっと知ってもらいたい。」「細かく説明したいから。」などと、1スクロース以上するような長文を送るのは絶対NG!

返信は、相手の文字量にあわせるのがおすすめです。

1スクロール以上するような長文は、返信どころか相手の読む気も失せてしまう可能性がありますよ。

また、長過ぎる文章は、「重い面倒くさい人だな。」というネガティブな印象を与えてしまいます。


注意点3. ネガティブな発言や悪口を言わない

「あの上司、俺より仕事できないくせに自覚ないんだよ。マジむかつくわ。」

「私ほんと可愛くないから、鏡見るのもホントは嫌なんだよね。」

など、ネガティブな発言や悪口をLINEで送っていませんか?ネガティブなLINEは、相手も返信に困ってしまいます。

また、ネガティブな内容は、読んでも楽しい気分にはなりません。

気分が良くならないLINEは早々に既読スルーや未読スルーされてしまう可能性があるので気をつけましょう。


注意点4. 相手の生活リズムに合わない時間に返信をしない

「〇〇君、まだ起きてる?なんか寝れないんだよね。お喋り付き合ってー。」

「××ちゃんは今仕事中だよね?俺は有給とって海釣りにきてるよー。」

いつでも好きな時間帯に送れるLINEですが、相手の生活リズムに合わない時間に返信するのはやめましょう。

特に深夜の返信は気をつけて!非常識な人だとレッテルを貼られてしまう可能性があります。

また、相手が読めない時間帯に送ってしまうと、後から読んでもそのまま既読スルーされてしまう場合もありますよ。


注意点5. 返信が遅いからといって催促をしない

LINEの続け方の中に、「返事の催促をしない」というものがあります。

「さっき送ったの読んだ?返事待ってるねー。」

「昨日の返事送るの忘れてるよ。まだかなー?」

返事を催促されると、相手にプレッシャーを与える事になります。

場合によっては「面倒くさい人」と認定されて、そのまま既読スルーされてしまう可能性もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


好きな人がLINEで見せる5つの脈ありサイン

顔が見えないLINEだと好きな人が脈ありかどうか、いまいち分かりづらいですよね。そういう場合は、どこで脈ありかどうか判断したら良いのでしょうか?

ここでは、好きな人がLINEで見せる脈ありサインについて、詳しくご紹介します。


脈ありサイン1. 相手から連絡してくれることが多い

「今日もお疲れさま。そろそろおうちつく頃かな?」

「おはよー。今日もいい天気だねー。」

LINEの始まりが相手からの場合、それはその人があなたに好意を持っているから

また、LINEでの会話が途切れてしばらく経ってから、相手からのLINEで再開する場合、その人はあなたとのお喋りをもっと楽しみたいと思っていますよ。


脈ありサイン2. 要件のないLINEが3日以上続く

「今何してる?」

「今日も忙しいね。お互い頑張ろう!」

など、特に決まった要件もないLINEが3日以上続く場合、それは相手があなたに好意を持っているから。

「特に用事はないけど、なんとかあなたとお喋りしたい。」という思いから、要件のないLINEを送ってしまうのです。

でも、気をつけて。たった1日だけなら、ただの気まぐれ、暇なだけです。3日以上続いた場合は脈ありと判断しましょう。


脈ありサイン3. 日常的な写真や動画が送られてくる

「今、出張先のホテルなんだけど、夜景がすっごい綺麗だから画像送るね。」

「駅前の噴水のイルミネーションみた?マジで凄いよ!」

など、普段の写真や動画などを送ってくる場合、それはあなたに見てほしいから。

「あなたに見せたい=あなたに好意がある」と判断しても大丈夫。

既読スルーすると相手をがっかりさせてしまうので、ノリのいい返信を返してあげるとさらに会話が盛り上がりますよ。


脈ありサイン4. プライベートな質問をたくさんしてくれる

「◯◯ちゃんって、週末とかいつも何してるの?」

「××君って、いつもどこでスーツ買ってるの?」

など、仕事とは関係ないプライベートな質問をたくさんしてくるのは、脈ありサイン。

「プライベートな質問=もっとあなたの事が知りたい」ということ。プライベートな質問をされたら、相手のプライベートも質問しましょう。

さらに会話が盛り上がって、2人の距離も自然と近くなりますよ。


脈ありサイン5. 「おつかれさま」などと労いの言葉を言ってくれる

「〇〇君、今日はプレゼンお疲れさま。」

「××ちゃん、仕様の急な変更大変だったね。お疲れさま。」

労いの言葉って言われると嬉しいものですよね。そして、好きな人には同じように労いの言葉をかけてあげたくなるもの。

しかし、いつもの仕事終わりに労いの言葉を言われているだけの場合、それは「ただの同僚」としてしか見られていない可能性もあります。

脈ありかどうかをチェックするには、いつもと違う仕事の時でもちゃんと労いの言葉をかけてくれるかどうか。

「いつもと違う仕事をしているのを知っている=あなたの事を良く見ている」ということ。

あなたに好意があるからこその労いの言葉ですよ。

【参考記事】はこちら▽


LINEを上手に味方につけて、恋を叶えてみて。

LINEでの会話は相手の顔が見えないため緊張せずに出来ますが、その分、相手の気持ちがわかりにくかったり、うっかり気まずい展開になったりする可能性があります。

そんな展開を避けるためには、LINEに相応しいネタや切り出し方のバリエーションを増やしておくのがおすすめですよ。

LINEを上手に使って、好きな人との仲を縮めて下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事