【LINEの恋愛テクニック】LINEから恋を発展させる最適な話題とは

好きな人とLINEをする時って幸せですよね。LINEから片思いを発展させたいと考えている女性も多いのでは?そこで今回は、モテる女性がやっているLINEのモテテクニックをお教えします。また、好きな人と連絡をとる頻度から絶対に送ってはいけないNGなLINEについても解説していきますね。

好きな人と距離を縮めるLINEテクニックを大公開!

LINEから恋を発展させる最適な話題

手軽にコミュニケーションがとれるLINEは、恋愛を進展させるために必須のツール。

片思いの異性と距離を縮めたくて、LINEを頻繁に送っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、好きな人と恋愛を発展させるためのLINEの頻度や話題、意中の相手を振り向かせるLINEテクニックを徹底解説。

恋を遠ざけてしまうNGなLINEや、返信がない時の男性心理についても詳しくお伝えします。


好きな男性と恋愛を発展させるためのLINEの頻度や話題は?

ラインを読む男性

片思いの異性に振り向いて欲しくてLINEを頻繁に送る一方で、「LINEが迷惑になっていないかな」と、不安になることもあるのではないでしょうか。

ここでは、好きな人と恋愛を発展させるためのベストなLINEの頻度や話題について、詳しくレクチャーしていきます。


好きな男性とのLINEの頻度は?

片思いの異性とLINEをする頻度は、一般的には「毎日」「週に3回」などが良いと言われていますが、正解は人それぞれ違います。

男性の中には、マメにLINEをチェックする人もいれば、LINEを連絡ツールとして捉えており、1日に数回しかチェックしないという人も。

つまり、LINEの頻度は、相手の返信速度やLINEの利用の仕方などによって合わせることが大切なのです。


基本的には相手の仕事や生活のリズムに合わせて返信することが良い

忙しい時のLINEの返信は、後回しにされがち。

約束事などの大切な内容でなければ、そのまま忘れられてしまう可能性もあります。

片思いの異性とスムーズにやりとりしたいなら、相手の余裕がある時間帯にLINEを送るのがベスト。

お昼休みや、仕事後の帰宅時間、夜くつろいでいる時間帯などに返信するといいでしょう。


毎日数回のやりとりが平均的

「普段から接触が多い異性ほど、恋愛に発展しやすくなる」、という話はよく知られていますよね。

片思いの異性と距離を縮めるためには、毎日少しでもLINEのやりとりをするのが効果的です。

ただし、男性のLINEに対する認識は人それぞれ違うもの。相手の男性からの返信速度やトークの雰囲気を考慮して、適切なLINE頻度を見極めることが大切だと言えます。

【参考記事】はこちら▽


好きな男性とのLINEで好印象な話題は?

好印象を持つ男性

「好きな人と毎日LINEのやりとりをしたいけど、どんな内容を送ればいいのか分からない」と、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、好きな男性とのLINEで好印象な話題を7つ挙げていきたいと思います。


好印象な話題1. 共通の趣味の話題

好きなことや趣味の話題は、自ら話したくなるものです。LINEのやりとりが自然に楽しく盛り上がることでしょう。

趣味の話で盛り上がることは、「この人とは本当に話が合うな」と相手に思わせる効果が期待できます。

LINEで好印象を持ってもらえれば、デートの約束もスムーズに進むはずですよ。

もし、好きな人と共通の趣味がない場合は、相手の趣味に触れた質問をするのもおすすめ。質問と感想を丁寧に繰り返すことで、「きちんと話を聞いてくれる女性だな」と、好印象を抱いてもらえます。


好印象な話題2. 男性の好きなことや頑張っていることの話を聞く

「誰かに認めてもらいたい」という承認欲求は、大なり小なり誰もが持っています。

夢中になっていることや、努力していることに対して、「すごいね」と認めてもらえると、とても嬉しくなりますよね。

もし、好きな人が夢に向かって頑張っていたり、資格取得のために勉強に励んでいたりするのなら、その話をしっかり聞いた上で、素直に尊敬の気持ちを伝えましょう。

相手は褒められることで誇らしい気持ちになり、自分を認めてくれるあなたとまた話がしたいと思うようになります。


「尊敬しちゃうな」などと褒めてあげることで好意的な印象に

頑張っている物事に対して、「すごいね」「私も見習いたい」などと褒めてもらえると、男性はあなたのことを特別視するようになります。

「この人は自分のことを分かってくれる」と、特別な異性として一目置かれる存在になることでしょう。


好印象な話題3. 学生時代のエピソード

学生時代のエピソードを読む男性

学生時代のエピソードは、LINEの会話を盛り上げやすく、相手も返信しやすいというメリットがあります。

過去のエピソードが知りたいというのは、「あなたのことがもっと知りたいです」という好意の表れ。

「もしかして俺に興味を持ってくれてるのかな」と、相手の男性があなたの好意に気付くきっかけになるかもしれません。


好印象な話題4. お互いの第一印象トーク

第一印象について色々語ってもらえるのは、相手が自分に興味を示してくれている証拠。

つまり、好きな人に第一印象を伝えることで、「結構俺のこと見てくれてたんだな」と、相手に好印象を持ってもらえる効果が狙えるのです。

「人から自分はどう見られているのか」というのは、誰もが気になること。お互いの第一印象についてのトークは盛り上がりやすく、二人の距離を縮めることにも繋がります。


好印象な話題5. 好きな食べ物や気になっているお店の話をする

美味しい食べ物や、おしゃれなお店に興味がある男性は、案外多いもの。相手の好みに合った実際に役立つ情報は、相手を喜ばせる好印象な話題です。

食べものやお店をおすすめする場合は、興味がありそうなものや手軽に行けそうなお店を選ぶのがポイント。

「安くて美味しいランチのお店を見つけたよ」と写真付きで送れば、「いい情報をありがとう」と、素直な返信が戻ってくることでしょう。


好印象な話題6. ドラマや映画の話

ドラマや映画の話を見る男性

ドラマや映画を見た後に、「最後のシーンってどういう意味だったんだろう」「あの時主人公はどうしてあんな行動をとったんだろう」などと、疑問が湧いた経験は誰でもあるはず。

物語の感想や見解を述べ合うことは、スムーズに会話を続けるためのおすすめの方法です。ドラマや映画は実際の出来事ではないので、気軽に話ができて盛り上がります

「こんなこと聞いたらマズイかな」などと相手に気を遣わせずに済む、印象の良い話題なのです。


好印象な話題7. 好きな異性のタイプの話

好きな人の好みのタイプは、片思いなら知っておきたいポイントですよね。LINEで好みの異性について尋ねる場合は、明るく軽いノリを心がけると、相手も気軽に答えやすくなります。

また、「好みのタイプを聞かれるということは、もしかして自分に気があるのかも」と、相手が気付くこともあるでしょう。

これを機に、恋愛対象として意識してもらえるようになるかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


モテる女はやっている。LINEで男性との恋愛を発展させるための10個のテクニック

ラインを読む男性

「好きな人に毎日LINEを送っているけれど、いつまでたっても恋愛が進展しない」と、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、LINEで男性との恋愛を発展させる10個のテクニックをお伝えします。


テクニック1. 男性が話しやすい話題を振ったりするなどして、楽しませる工夫をする

義務でない限り、人は楽しいと感じるものしか続けられません。逆に言えば、楽しいと感じるものなら、いつまでも続けられるということ。

LINEのやりとりの中で、好きな人の興味関心がある内容を尋ねたり、気持ちを明るくさせるような言葉を送ったりすれば、「あなたとのLINE=楽しいもの」というイメージを定着させられますよ。

相手の男性にとって、あなたとのLINEが毎日の楽しみになれば、片思いが両思いに変わる日も近いことでしょう。


テクニック2. ミラーリングの効果を狙って、スタンプや言い回しを真似してテクニックみる

ミラーリングとは、相手の言動や仕草を鏡のように真似すること。似たような反応をするだけで、相手が無意識に好意を抱きやすくなると言われています。

LINEでミラーリングを行うなら、好きな人の口癖を真似してみたり、似たようなスタンプを使ったりすると効果的。

また、「最近ジムに通い始めたんだ」というメッセージに対して、「ジムに通い始めたんだね。どんな筋トレをしてるのかな」と、相手の言葉を繰り返しつつ質問を加えるのも、手法の一つです。

【参考記事】はこちら▽


テクニック3. 「おはよう」「お疲れさま」などの挨拶や労いの一言を添えることで、相手に癒やしを与える

ラインで癒される男性

女性に癒しを求める男性は多いものです。ちょっとした優しさや気配りの心を持つ女性は、男性からよくモテます。

LINEにおいても、挨拶や労いの言葉を一言添えられる女性は好感度が高く、「ほっこり癒される」「品の良さが伝わってくる」などと、男性の心を鷲掴みにします。

言葉に合わせて可愛いスタンプを送れば、さらに好感度アップが期待できますよ。


テクニック4. 敬語とタメ語を上手に織り交ぜて会話することで、ちょうど良い距離感を作ることができる

好きな人と初対面からずっと、敬語でやりとりしている人もいるのではないでしょうか。

敬語は礼儀正しいイメージを与えることができますが、お互いの距離を縮めるためには、LINEで時々敬語をやめるのも恋愛テクニックの一つです。

例えば、デートの約束に対して「嬉しいです」という言葉を、「嬉しい!」とスタンプ付きの言葉に変えれば、心から喜んでいる雰囲気が相手により伝わります。恋愛を進展させるために、タメ語やスタンプを有効活用しましょう。


テクニック5. LINEの返信は基本的には3行以内に収まるような、短文を意識する

好きな人に自分のことを知ってもらいたい気持ちが強すぎて、つい長文のLINEを送ってしまった経験がある人は結構多いはず。

長文や質問の数が多いLINEは、「何て返信すればいいんだろう」「また後で返信しよう」などと、相手の返信の手を止めてしまいます。

LINEでテンポよくやりとりをするためには、相手が返信しやすい内容を短文で送るのがコツです。


テクニック6. 「電車逆方向乗っちゃった(泣)」などと日常の失敗談をLINEで伝え、ツッコミを与える隙をつくる

隙をつくラインを読む男性

ちょっぴりドジでそそっかしい女性は、男性の目に可愛く映ります。電車の乗り間違えや、勘違いによるハプニングは、好きな人から可愛いと思ってもらえるチャンス。

スタンプ付きのLINEで簡潔に伝えるといいでしょう。思わず笑ってしまうような失敗談は、相手を和ませる効果あり。

あえて隙を見せるのも効果的な恋愛テクニックです。


テクニック7. LINEは必ず女性から終わらせるようにコントロールし、主導権を握る

片思いの恋愛ムードが盛り上がっている時は、「好きな人となら毎日何度でもLINEしたい」という気持ちでいっぱいになりますよね。しかし、毎日長々と続くLINEのやりとりをしていると、相手から飽きられたり、面倒に思われたりすることも。

LINEのやりとりが盛り上がっていても、少し物足りないぐらいのタイミングで会話を終わらせると、相手に「もう少しやりとりしたかったな」と思わせることができます。

LINEを終わらせるタイミングを女性がコントロールすると、グダグダと長くならずに、より好印象を与えられておすすめです。


テクニック8. 「さすが!」「すごい!」「知らなかった!」と文章だからこそリアクションは大きく

手軽にコミュニケーションがとれるLINEは便利なツールですが、文章だけのやりとりでは感情が伝わりにくいというデメリットもあります。

例えば、「すごいですね」の言葉だけでは、相手がどんなテンションで言っているのか分かりにくいと言えるでしょう。

LINEで相手に感情を伝えるためには、語尾に「!」を加えたり、スタンプを有効活用したりするといいでしょう。


テクニック9. 相手の下の名前を頻繁に呼ぶ

ラインで下の名前を呼ばれる男性

人は、下の名前を呼ばれる回数が多いほど、その相手に親近感が湧くと言われています。

好きな人とLINEのメッセージのやりとりをする際、不自然にならない程度に下の名前で呼ぶと、距離感を縮める効果が狙えます。

例えば、「いつも周囲の人に優しいよね」という文章を、「〇〇くんは、いつも周囲の人に優しいよね」という風に変えるだけで、相手は自分に対してより強く訴えかけられているように感じるのです。


テクニック10. 「〇〇にしか言えないんだけど」とその人だけに相談事を持ちかける

何か相談事をする時は、相手を選ぶものです。自分の気持ちを打ち明けて相談できるのは、相手のことを信頼し、頼りにしているからこそ。

相談事を持ちかけられた男性は、頼られていることを嬉しく感じ、張り切って力になろうとすることでしょう。

ただし、片思い中の相談事は、重すぎない内容にするのがポイント。自分の生い立ちや経験によるトラウマなどの相談事は避け、日常のちょっとした悩みや、仕事に関する事など軽い相談をするのがおすすめです。


2人だけの秘密を作るのもあり。カリギュラ効果

「〇〇してはいけない」と禁止や制限をされた時、それに反発したくなる心理を「カリギュラ効果」と言います。

他人に知られたくない悩みや秘密を打ち明けることは、誰にも言ってはいけない2人だけの秘密を共有することになります。

2人だけの秘密は仲間意識を生み、お互いが特別な関係であると認識させる効果があるのです。

【参考記事】はこちら▽


これは恋愛に発展しない!NGなLINEテクニック

悪印象を持つ男性

LINEは手軽で便利なツールですが、間違った使い方をしてしまうと、片思いの相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。

ここでは、恋愛を発展させるために避けるべきNGなLINEテクニックをご紹介していきます。


NGなLINE① 「?」をたくさん使い、一方に質問をぶつけ続ける

相手から確実に返事をもらう方法として、語尾に「?」をつけるテクニックがあります。しかし、頻繁に質問形式の文章が送られてくると、相手は返事をするのが面倒になってきます。

そんなLINEを毎日続けていれば、「根掘り葉掘り聞かれて疲れる」「何だか気持ち悪い」と相手に思われてしまう可能性も。

片思いの相手のことは何でも知りたくなるものですが、LINEでの質問はほどほどにしておきましょう。


NGなLINE② 「今何してるの?」「誰といるの?」などは重い女の印象に

例えば、特に恋愛感情を持っていない異性から、「今誰かといるの?」「何してるのかな」と頻繁にLINEが届いたら、どんな風に感じるでしょうか。

「詮索される筋合いはないんだけど」「彼氏でもないのに気持ち悪い」などと、感じる人もいるかもしれませんね。

付き合っていない相手からの詮索するような内容のLINEは、行動をチェックされているようで不快に受け取られる恐れがあります。「もし付き合ったら束縛されそう」と、徐々にフェードアウトされてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


NGなLINE③ 特に意味のない、日記のような言葉で連連と書いた長文LINE

意味のないラインを読む男性

片思い中は、「自分の事を知って欲しい」「気持ちを受け止めて欲しい」という欲求が強くなるもの。

気持ちが盛り上がって、ついLINEで長文を送ってしまった経験がある人もいることでしょう。

スクロールしなければならないほどの画面いっぱいの長文LINEは、「読むのが面倒」「結局何が言いたいのか分からない」などと、相手を困惑させてしまいます。

仮に全部を読んだとしても、「長文で返信しないとマズイかな」と、相手に負担を感じさせてしまう結果となります。


NGなLINE④ 自分から男性に対して質問をしない

LINEから脈あり脈なしを判断するポイントに、「相手から質問をされるか」というものがあります。相手に対して質問するのは、興味があって知りたいと思っているから。

つまり、LINEで質問をしないでいると、「この女性は自分に興味がないんだろうな」と相手に誤解されてしまう可能性があるのです。

好きな人と恋愛を発展させたいなら、LINEのやりとりの中で適度に質問を織り込むことを意識しましょう。


NGなLINE⑤ 返信でスタンプしか送らず、話を広げようとしない

可愛いLINEスタンプは、会話を盛り上げる有効なアイテムではありますが、「そうなんだ」「うん」などのスタンプで相槌を繰り返すだけでは、会話は広がりません。

スタンプばかりの返信が続くと、相手は次第に「会話がつまらないと思っているのかな」「聞き流されているようで不愉快」、などと感じるようになります。感情を伝えるのに便利なスタンプも、使い方を誤ればマイナスイメージを持たれてしまうので要注意。

相手の話に対して、「その後どうなったの」「そんなことがあったんだね」などと、丁寧な受け答えをするとLINEが盛り上がります。


NGなLINE⑥ 友人や知人の不満を男性に愚痴る

愚痴を聞かされる男性

愚痴っぽい女性を嫌う男性は多いです。誰かの文句や不満ばかり口にする女性は美しくないですよね。

友人や知人に対する愚痴をわざわざLINEしてこられたら、男性は一気に幻滅してしまうことも。

「俺のことも裏では色々言ってるのかな」「裏表があって性格が悪そう」などと思われ、それ以来距離を置かれてしまう恐れもあります。


NGなLINE⑦ レスが早すぎて相手にプレッシャーを与えてしまう

LINEを即返信し続けると、相手は常に返信しなければいけない状況になってしまいます。

その結果、LINEを「返信したい」ではなく、「返信しないと」という義務感のような気持ちになり、相手は次第にLINEをするのが嫌になってしまうことも。

片思い中にLINEをする時は、相手の返信速度や頻度に合わせて返信するのがポイント。自分とのLINEのやりとりを楽しいと思ってもらえることが、恋愛を発展させるコツです。


NGなLINE⑧ いきなりあだ名を呼んだり、タメ口で馴れ馴れしい

知り合って間もない相手や、普段敬語で話すような相手でも、気さくに会話を楽しめるのがLINEの魅力でもあります。

しかし、LINEの場だからといって、勝手にあだ名で呼んだり、タメ口で話したりするのは絶対にNG。

「見下されているのかな」「礼儀やマナーがない人なのかも」と、男性から不快感を持たれ、恋愛対象外になってしまう可能性も考えられます。

あだ名で呼んだりタメ口で話したい時は、「もっと仲良くなりたいからあだ名で呼んでもいいかな」など、事前に相手の許可を取るようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


NGなLINE⑨ 相手の意見や価値観を大きく否定する

価値観を否定される男性

自分の考えや価値観に対して否定ばかりする人とは、会話をしていてもつまらないものです。

「でもそれはおかしいんじゃない」「普通は違うよね」などと、頭ごなしに否定されれば、会話する気も失せてしまいます。

LINEのやりとりの中で、相手の意見や価値観に同意できなくても、まずは肯定するようにしましょう。

「そういう意見もあるんだね」と相手を認め、その後で「私はこんな風に思うよ」と自分の意見を述べると、和やかな空気のまま会話が続きます。


NGなLINE⑩ 自分しか知らないようなマニアックな例えをしてしまう

何かを例えたり、例え話をしたりする時、あまりにもマニアックな例えをすると相手を困惑させてしまいます。

マニアックな例えも一度や二度なら、「それってどういう意味なの」と、相手から聞かれることもあるでしょう。しかし、何度もマニアックな例えを繰り返していると、「理解できない話が多いし、合わないんだろうな」と相手に思われてしまうことも。

LINEで好きな人と距離を縮めるためには、お互いが知っている話や共感できる内容を取り上げるのがベストです。


これって脈なし?好きな男性から返信が来ない4つの心理

返信を送らない男性

好きな男性からLINEの返信がなかなか来ないと、「もしかして脈なしなのかな」と不安になってしまいますよね。

ここでは、LINEの返信が来ない場合の男性心理について、いくつか代表的なものを解説していきたいと思います。


返信がこない心理1. あとでゆっくり考えて、返信しようと思っている

LINEを使い慣れていてマメな男性もいれば、LINEを連絡ツールとして捉え、使用頻度が低い男性もいます。LINEのやりとりに慣れていない男性の場合、パッと返信が思いつかずに後回しにしてしまうことも。

「何て返信しようかな」と、考えているうちに時間が経過してしまう場合もあるようです。

また、忙しい時や気持ちに余裕がない時は、LINEをチェックしてもすぐに返信をせず、「あとで落ち着いたら返信しよう」と考える男性が多いですよ。


返信がこない心理2. 話題が終わったと思っていて返信する必要が無いと思っている

「またね」「おやすみ」などの言葉がない場合、LINEでの会話の終わりは案外分かりにくいと言えます。

LINEを数回やりとりした後、質問や新しい話題がなければ、その会話が終わったと判断する男性もいます。

その場合、相手は返信する必要がないと思い込んでいるので、女性側から改めてLINEしない限り、その話題について男性から返信が来ることはないでしょう。


返信がこない心理3. 相手に興味がなく、返信することがめんどくさい

返信が面倒くさい男性

恋愛対象として考えられない相手とLINEするのを面倒に感じ、わざと未読のままにしたり、返信を後回しにしたりする男性もいます。自分に置き換えて想像してみると、その心理がよく分かるのではないでしょうか。

また、相手に異性として興味がないことを遠回しに伝えるために、あえてLINEの返信を遅らせる場合もあります。

残念ですが、この場合は脈なしと見て間違いないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


返信がこない心理4. 返信ができないくらい他の事に夢中だったり、忙しい

仕事で遅くまで残業する日々が続いたり、何かに一生懸命になっていたりする時は、目の前のこと以外、頭から抜け落ちてしまうこともあるでしょう。

特に男性は、一つのことに真剣になると、他のことと同時進行するのが苦手だと言われています。

精神的にも肉体的にも余裕がない状況では、LINEの返信の優先順位が低くなってしまっても仕方がありませんよね。


好きな人にはLINEのモテテクニックを試してみて。

モテテクニックを使い幸せな男女

恋愛を発展させるためにベストなLINEの頻度や話題、テクニック、さらに、恋を遠ざけてしまうNGなLINEや、返信がない時の男性心理について解説しました。

「恋は盲目」という言葉があるように、片思い中は気持ちが募ってつい暴走しがち。

まずは自分の感情を抑えつつ、LINEの連絡頻度や速度など、相手とのLINEでのベストな距離感を掴むことが、恋愛を発展させる鍵となります。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事