LINEが続かない原因とは?好きな人とLINEを続けるコツ&話題を大公開!

好きな人となかなかLINEが続かなくて悩んでいる人は多いのでは?そこで今回は、LINEが続かない原因ややりとりを続けるコツを解説すると共に、困った時に活用できる会話の話題やネタを大公開!また、好きな人からくるLINEの脈あり/脈なしサインも紹介するので、参考にしてみてくださいね。

「好きな人とLINEが続かない」と悩んでいる男女必見!

LINEが続かない原因

恋愛中の人やカップルの関係になる場合でも、なかなかLINEが続かないと悩んでいる人は意外と多いはず。LINEでのやりとりは会話とは異なり顔が見えないので、不安も一層募りますよね。

そこで今回は、LINEが続かない理由や、脈あり/脈なしLINE、彼氏と彼女のLINEを長続きさせる対処法をまとめてご紹介します。


好きな人とLINEのやりとりが続かない原因とは

まずは、彼氏と彼女など好きな人とのLINEが続かない原因をご紹介します。LINEが続かないとどうしていいのか戸惑うもの

付き合う前の人やカップル同士でLINEをしている人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。


原因1. 自分の意見を一方的に送るなど、返信がしにくいLINEを送っているから

好きな人に送っているLINEの内容を思い返してみましょう。自分の趣味の話や1日の出来事の話など、返信しにくい内容となっていませんか?

または、相手の意見を取り入れないで、今感じることを一方的に送っている可能性もあります。

このようなLINEは、好きな人が強く共感できる部分がない限り、返信内容に困って続かないポイントに。相手がリアクションしにくいLINEとなっていることが原因です。


原因2. 自分の都合が良い時に返信していて、相手からするとタイミングが悪いため

好きな人と生活リズムが異なる場合、LINEをチェックする時間帯や返信する時間帯に差ができていることも原因です。LINEを送る側からすれば都合が良い時間帯でも、好きな人にとっては忙しい時間帯かもしれません。

そのようなタイミングのずれが重なって、なかなかLINEが続かなくなってしまっている可能性があります。


原因3. そもそも相手が連絡をマメにとるタイプの人じゃないから

男性女性問わずマメでない人の場合、必要最低限の連絡しか取る習慣がありません。そのため、返信の必要性を感じないLINEはそのまま放置してしまうことも。

また、カップルであっても長々とLINEをすることも苦手なので、早々に切り上げようとする傾向があります。

「LINEが続かない」と悩んでいる場合、もしかしたら相手がマメでないことが原因かもしれません。


原因4. 返信が来なくても連投するなど、しつこく連絡をしすぎているから

LINEの返信がないからといって、急かすように他の話や催促のLINEを送ってしまう女性は意外と多いはず。しかし、これをすると「しつこい」「監視されている気がする」などと、余計相手の気持ちが離れてしまいます。

一度、しつこいと思われてしまうと返信する気力が失せるので、LINEが続かなくなってしまうのかもしれません。


原因5. 相手に恋人がいるなど、自分に対する優先順位が低いから

LINEやメールの返信が溜まっている場合、誰でも優先順位の高い人から処理をしていきます。相手に恋人や意中の異性がいる場合、単純に優先順位が低いことが原因かもしれません。

恋人や好意を抱いている相手とのLINEを優先しているので、手の空いた時間にしか返信が返ってこないことも。好きな人の状況も、LINEが続かない要因となっているかもしれませんよ。


原因6. 質問に対してスタンプで返答している

好きな人からのLINEの内容を、しっかりと把握した返信をしているかどうかもポイントです。相手が質問をしているのにも関わらず、スタンプ1つで終わらせている場合は「LINEをする気がないのかも」「忙しいのかな」などと捉えられてしまいます。

その結果、LINEの対応の仕方が間違っている自分のせいで、LINEが続かない大きな原因です。


好きな人とLINEのやりとりを続けるコツ

ここからは、好きな人とLINEのやりとりを続けるためのコツをご紹介します。特に、付き合う前で意中の人とLINEを続けたい人は必見です。

簡単に実践できるコツばかりなので、参考にしてみてくださいね。


続けるコツ1. 相手に連絡がつきやすい時間帯を事前に聞いておく

好きな人の忙しい時間帯にLINEを送っても、すぐに返信をすることができません。毎回タイミングが悪いと、返信することすら忘れてしまうことも。

そこで、事前に連絡が取れる時間帯を聞いておくといいでしょう。仕事が終わるタイミングや仕事前など、相手の予定に合わせることが可能。

その時間帯を狙ってLINEをすることで、円滑に連絡が取れるようになります


続けるコツ2. 相手が読むのをストレスに感じないよう、なるべく短文を心がける

女性に多いのが、自分の思いや気持ちを長文で送ってしまうことです。初めのうちはいいかもしれませんが、それが続くと読むことがストレスとなります。

特に、忙しい時期などに連投されると、LINEを返す気持ちも失せてしまうもの。

そこで、一目見ただけでもLINEの内容確認にしやすいように、短文のLINEにすることが大切です。


続けるコツ3. 相手が返信をしやすい、良い質問を投げかけるのを心がける

自分の気持ちや思いを押し付けるのではなく、好きな人の立場に立ったLINEの文章を心がけることも大切です。

特に、質問をする時は相手が返しやすいよう端的で分かりやすい内容にしましょう。「今週は忙しいですか?」などシンプルな質問の方が、LINEには向いています。

このような質問なら、好きな人も困ることなく空いた時間で手軽に返信ができますよ。


続けるコツ4. 相手の趣味や好きな事の話題を振って、聞き役に徹する

LINEをする内容に困った場合には、恋愛中の好きな人が興味を持てる話題を振るのもおすすめです。趣味や仕事の話を振って、聞き役に徹することで相手も返信しやすくなります。

また、自分が伝えたい内容なら進んでLINEがしたくなりますよね。LINEを長続きさせるためにも、相手が興味を持てる内容をリサーチしておくといいでしょう。


続けるコツ5. 23時以降など夜遅くの場合、無理に返信せず次の日の朝にLINEする

仕事で疲れている場合にLINEを催促すると好きな人の負担となり、LINEでのやり取りがどんどん面倒になっていきます。それを避けるためにも、23時以降の深夜のLINEは避けたほうが無難です。

あまり遅い時間にLINEをすると「常識がない」と思われてしまう可能性も。23時以降の返信は次の日に持ち越すことで、次の日もLINEをするきっかけが作れます。


好きな人とLINEをする時に活用できる鉄板ネタ5つ

ここからは、好きな人とLINEをする時に活用したいおすすめの鉄板ネタをいくつかご紹介します。

好きな人や彼氏と彼女とLINEを続けたいけれど、話す内容が見つからない時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。


会話のネタ1. 相手の好きな事も知れる「趣味の話」

好きな人とLINEをする時に、相手が退屈しないことが大切です。そこで、自ずと話したくなる話題として欠かせないのが「趣味」の話題。

好きな人が興味を持てる話題をふることで、楽しくLINEを続けることができます。趣味の話なら、いくらでも膨らませることができるはず。相手の趣味のことも知れるので、一石二鳥です。


会話のネタ2. 社会人なら盛り上がりやすい「仕事の話」

お互いが社会人なら、会社でのあるあるネタや上司の話は共感できるポイントですよね。そのため、LINEでのネタがなくなった時には、仕事の話をしてみるのもおすすめです。

職種や部署が異なっても、理解し合えるポイントが多いはず。好きな人との距離が縮まってきたら、仕事での悩みを相談することでより二人の絆が深くなるかもしれませんよ。


会話のネタ3. 一緒に食べ行こうとなりやすい「好きな食べ物の話」

好きな人と直接会う約束をしたい場合には、さり気なく食べ物の話をしてみましょう。特に、相手が女性の場合は好きな食べ物の話やレストラン、カフェなどの話をすることで意外と盛り上がります。

「好きな食べ物は?」「新しいレストランがオープンしたみたいだよ」などとLINEをすれば、ナチュラルに食事に誘うこともできますよ。


会話のネタ4. デートもナチュラルに誘える「休日の過ごし方」

お互いのことをもっと知りたいと思うなら、休日の過ごし方を質問してみましょう。「休日は何をしているの?」「休日にいつもしていることある?」などと仕事以外の行動を聞くことで、プライベートを知ることができます。

また、休日の過ごし方を聞けば「一緒に行ってみたい!」「今度一緒に行こうよ」などと、デートにも誘いやすくなるというメリットが。一歩前進したい人にもおすすめの鉄板ネタです。


会話のネタ5. 自己開示をできる「悩み相談」

二人しか知らない話題を作り絆を深めるなら、相談をすることがおすすめ。些細なことでも好きな人に相談をすることで「頼りにしてもらえている」と感じてもらえます。

また、自己開示をすることで相手も心を開きやすくなるので、二人の関係が前進するはず。LINEでの話題に困ったら、好きな人に相談できることを探してみましょう。

【参考記事】はこちら▽


好きな人からLINEで紐解く、脈ありか脈なしかの見分け方

ここからは、LINEの返信内容や頻度から紐解く脈なし、脈ありサインをご紹介します。付き合う前だからこそ、相手の心理が気になるもの。

恋愛中の人は今までのLINEを見返しながら、チェックしてみてくださいね。


好きな人が好意のある人に送る脈ありLINE

まずは、好意のある相手に送る脈ありLINEの特徴をご紹介します。好きな人がLINEを続けようとしてくれる場合は、脈ありLINEかもしれません。

ぜひ、今の状態と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。


脈ありLINE1. 相手から質問形式の文章が来ることが多い

男性女性問わず、興味のある相手のことは、もっと知りたいと思うもの。相手から質問が届くことが多い場合は、脈ありサインの可能性が高いです。

また、質問を送ればLINEが途切れることがありません。二人でのLINEを継続させようと話題作りをしてくれているのかもしれません。


脈ありLINE2. こちらが返信をストップしても、相手から再び連絡が来る

返信することが特になくスタンプを押してLINEをストップさせても、相手から何らかの反応が来る場合は脈ありサインです。LINEを続けたい、繋がっていたいという気持ちが隠れています。

特に、用がないのにスタンプを送ってきたり「今、何してるの?」などと聞いてくる場合は、あなたのことが気になっている証拠でしょう。


脈ありLINE3. 可愛い絵文字やスタンプを多用してくる

こだわって送るLINEには、装飾や絵文字が多いもの。あなたの気を引くために、スタンプや絵文字を多用している場合は脈ありサイン。LINEスタンプは、今や文字にできない気持ちを代弁する便利なツールとなっています。

自分の気持ちに合わせてスタンプをプラスしている場合には、しっかりと考えて返信している可能性が高いですよ。手を抜いていないLINEの返信が続く場合は、あなたとのLINEに重きを置いている証拠です。


脈ありLINE4. 友達と遊んでいる風景など、現状の写真を送ってきたりする

自分の気持ちや自分が体感している出来事は、好きな人と共有したいもの。友達と遊んでいる最中でもLINEで風景や食べ物などの写真を送ってくる場合は、脈ありサインです。他のことをしている時でも、あなたの存在を気にかけている証でしょう。

また、友達と過ごしている写真を送った後の、あなたからの反応を楽しみにしている可能性もありますよ。


脈ありLINE5. 返信速度が早い

気になっている相手のことは、常に考えてしまうもの。LINEが来たらすぐに返信してしまうのも、そんな気持ちの表れです。そのため、いつもLINEの返信がすぐに返ってくる場合は脈ありサイン。

「今どうしているんだろう」と、今の行動を知るためにできるだけ早く返信している可能性も。ついつい考えてしまう存在になっている証拠です。

【参考記事】はこちら▽


好きな人が興味がない人に送る脈なしLINE

続いて、興味がない人へのLINEの返信や反応をご紹介します。なかなかLINEの返信がない場合は、脈なしかもしれません。

現状と照らし合わせながら、当てはまるポイントがないかチェックしてみてくださいね。


脈なしLINE1. 既読無視や未読無視されることが多い

興味のない相手への返信は、どうしても優先順位が低くなってしまいます。「後から返そう」「時間がある時でいいや」と思われている場合、既読無視や未読無視となってしまうことが。

どれだけ待っても返信がない場合は、優先順位が低く脈なしの可能性が高いです。もちろん、仕事などが多忙である場合もあるので、2日~3日返信がなかったら脈なしだと考えましょう。

【参考記事】はこちら▽


脈なしLINE2. 相手から質問を投げかけてこない

いつも一方通行のLINE内容になっている場合も、脈なしの可能性が高いです。特に、相手から質問や話題の提供がなく、いつも一方的に話題を探してLINEをしている場合は、相手があなたとのLINEに重点を置いていないと考えられます。

「わざわざ話題を探すことも面倒」「時間をかけたくない」と思っているので、自分からは行動を起こさないようにしています。


脈なしLINE3. 質問をしてもスタンプだけで返されたりする

質問内容のLINEを送ってもその内容に答えてくれない場合も、脈なしサインです。わざわざ答えることが面倒なので、スタンプ1つで終わらせることも。時には、回答しないでそのまま放置することもあります。

あなたとコミュニケーションを取り、もっとお互いのことを知りたいという思いが少ないため、このような行動を取ってしまうようです。


脈なしLINE4. 返事の内容が基本的にそっけない

相手からのLINEを見返した時に絵文字や装飾が少ない場合や短文ばかりの場合も、脈なしの可能性が高いです。気に留めてもらおうという思いがないので、絵文字やスタンプを使うことが少なくなります。

また、LINEを続けたいという気持ちもないので、必要最低限の受け答えのみとなってしまい、素っ気ない文面になっています。


脈なしLINE5. 食事に誘っても理由をつけてやんわり断られる

LINEで食事やデートに誘った時の対応も、脈ありか脈なしかを見極めるポイントです。さり気なく食事に誘ってみても「用事がある」「最近忙しくて」など断られる場合は、脈なしサインかもしれません。

一度や二度ならたまたま用事がある可能性がありますが、断られることが続く場合には、これ以上関係を進展させたくないという気持ちが込められています。

【参考記事】はこちら▽


好きな人に既読無視された時の対処法をレクチャー

ここからは、好きな人にLINEを既読無視されたときの対処法をご紹介します。既読無視されてしまうとLINEは続かないもの

どのように対処すべきか迷ったら、相手の性格などに合わせて実践してみてくださいね。


対処法1. 2〜3日間隔をあけてもう一度LINEを送ってみる

一度や二度の既読無視の場合、仕事などが忙しくて単純にLINEの返信を忘れているのかもしれません。そこで、LINEを思い出してもらうためにも2日~3日空けて、もう一度LINEをしてみるのも効果的。

LINEの返信を催促するような内容だと返信しにくくなってしまうので、相手が返信しやすい話題を探してみるといいでしょう。


対処法2. 誕生日や年明けなど、イベントに乗じてLINEを送ってみる

一度LINEが途切れてしまうと、どのタイミングで送ったらいいのか迷うもの。さり気なく送れるのは。誕生日や年明けなどのイベントがある時です。

「お誕生日おめでとう」や「明けましておめでとう」などの挨拶なら、あれこれ考えなくても送ることができますよね。後は、相手からどのような反応が返ってくるのか、待つだけですよ。


対処法3. 相手が好きな物や詳しいことに関して質問をしてみる

LINEをする時には、相手が気になる話題を送ることも大切です。そこで、好きな人の得意分野や詳しい分野の質問をしてみるのも、一つの対処法。

「教えて欲しいことがあるのですが」「困っていることがあって」などと切り出し、頼りにしていることもアピールしましょう。専門分野の話題なら、ついつい気になってしまうはずですよ。


対処法4. かまって欲しいスタンプを送って様子を伺ってみる

好きな人とある程度親しい関係である場合は、大胆に「かまってほしい」「相手をしてほしい」ことをアピールしてみるのも対処法の一つ。

気が付いてほしい、かまってほしい雰囲気が伝わるスタンプを選択して、送ってみましょう。スタンプに気がついて反応をしてくれたら、LINEの返信を忘れていただけの可能性もあります。


対処法5. 電話など違うツールで連絡してみる

どうしても好きな人と話したい内容がある場合には、LINE以外の電話やメールで連絡してみるのも対処法です。しかし、LINEしかしたことがない仲である場合には、驚かれる可能性も。

イチかバチかの方法になってしまうので、今までの関係性や相手の性格を考慮しながら、実行に移すかどうか考えてみてくださいね。


彼氏や彼女とLINEが続かない時の解決法

最後に、彼氏や彼女とLINEが思ったように続かない時の対処法をご紹介します。LINが続かないのには訳があるはず。

今の二人のLINEを見返しながら、改善できるポイントをチェックしてみてくださいね。


解決法1. 相手が返信しやすい時間帯をお互いに理解する

彼氏と彼女だからといって、相手の時間に合わせてLINEを返信することは難しいですよね。特に、付き合いが長くなればなるほど、お互いの生活スタイルを尊重する必要があります。

そこで、事前に連絡が取れる時間帯を共有しておくことが大切です。どのような時間帯なら返信が早いのか知っておくだけでも、安心して連絡を待つことができますよ。

【参考記事】はこちら▽


解決法2. 相手の話にきちんと耳を傾けるようにする

LINEは決して一方通行のコミュニケーションツールではありません。お互いがそれぞれの返信内容を理解することで、円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

自分が伝えたいことばかりを送るのではなく、相手の返信内容や言いたいことも理解するように努めましょう。そうすることで、LINEをすることが楽しくなるはずです。


解決法3. 連絡するのが苦手な場合、素直にその事を恋人に伝える

男性女性問わず、決してマメではないタイプの人もいるはず。その場合は、返信を催促されることがストレスとなり、余計にLINEをしたいという気持ちが薄れてしまいます。

そこで、事前に「マメなタイプではない」「毎日LINEをすることは難しい」などと伝えておきましょう。そのことを理解しておくことで、返信が遅くても待つことができるようになります。

【参考記事】はこちら▽


LINEが続かない時は様々な対処法を試してみましょう!

今回は、彼氏と彼女、そして好きな人とのLINEが続かない現状や対処法、LINEでの脈あり、脈なしサインなどをまとめてご紹介しました。LINEは、お互いをより深く知ることができるコミュニケーションツールです。

だからこそ、続かないLINEではなく続くLINEにチェンジしたいもの。男性女性問わず、相手の気持ちなどを考慮しながらLINEを続けてみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事