昔好きだった人が忘れられない!忘れたい&復縁したい時の対処法を紹介!

昔好きだった人でずっと忘れられない思い出になっている人っていますよね。今記事では、昔の恋愛をなかなか忘れられない男女に向けて、忘れられない理由や思い出してしまう瞬間、忘れられない時に試したい対処法をレクチャー。忘れられない恋がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

昔好きだった人を忘れられない方へ。

昔好きだった人を忘れたい&復縁したい時の対処法

昔好きだった人がなぜかどうしても忘れられないというのは、多くの人が経験したことがある悩みですよね。

しかし、いつまでも過去の思い出に振り回されているわけにはいきません。前向きに進むには、忘れるか復縁に向かって努力するかの二択しかありませんよね。

今記事では、なぜ昔好きだった人は忘れることが難しいのかを解説すると共に、忘れるための対処法について紹介していきます。


昔好きだった人を忘れられない理由や心理とは

何度か恋愛の経験があっても、なぜか昔好きだった特定の人を忘れられないというようなことを、多くの人が経験していると思います。

では、どういったことが原因で昔好きだった人は忘れられないのでしょうか。代表的な理由や心理を5つ挙げてみましょう。


理由や心理1. 初恋の人で印象に残っているから

初恋の相手や初めて出来た彼氏や彼女というのは、誰にとっても特別なものです。

初めての恋愛の相手というのは、必ず一人しかいない存在ですので、全ての経験や出来事が新鮮で楽しく感じられたはず。

現在の恋人や周りにいる人と、比較しているつもりはなくても知らず知らずのうちに初恋の相手と比べていることもあるかもしれませんね。


理由や心理2. 長く付き合った人で、とても良い人だったから

相性が良かったり気が合う人であったりして、大恋愛に発展した場合はその相手のことが印象に残りやすいです。

長く付き合うと恋愛感情とはまた違う、家族関係に近い情が湧いてくることもあります。

そんな人とは何か事情があって別れたからといって、簡単に忘れたり、気にしなくなるということは難しくなって当然でしょう。


理由や心理3. とても好きだったのに叶わなかった恋だから

『逃した魚は大きい』という言葉がある通り、自分が強く思っていた相手と、結局うまくいかずに終わった場合は記憶に残ります

後悔や反省点がある分、実際以上に相手のことを美化してしまっていることもあり、余計に後を引くというケースも。

忘れられないどころか、どんどん相手のことが気になって仕方なくなるという人は、このパターンの可能性が高いです。


理由や心理4. 結婚まで考えた人だったから

お互い口に出さないまでも、どちらか一方が「何となくこの人と結婚するのかな」と考えていることはよくあることです。

そこまで考えるということは、長期間の付き合いであるか、よっぽど相性が合う感じがするのかといった理由があるはず。

そんな時に止むを得ない事情で別れることになってしまえば、悲しさとともに記憶に強く残ることになるでしょう。


理由や心理5. 今の恋愛が上手く行っていなく、寂しさを感じているから

過去の記憶や思い出は、全て見えている現在の状況よりもあやふやなものですので、かなり美化されている部分があります。

今の恋愛がうまくいかず、下向きな悲しい気持ちになっている時は、特に昔好きだった人が輝いて見えるものです。

過去の恋愛が、自分が原因で終わってしまった場合などは、この傾向が強まる可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


昔好きだった人を思い出す7つの瞬間はいつ?

人の記憶というものは、実はかなり色々なものに結びついています。

昔好きだった人と全く関係なさそうなところから、意外にも思い出してしまったりしたという経験も一度はあるでしょう。

好きだった人を思い出す代表的なシーンを7つご紹介します。


瞬間1. 昔好きだった人と同じ香りがした時

匂いや香りなど、臭覚から呼び起こされる記憶もたくさんあるでしょう。

代表的なアイテムで言えば、香水、シャンプー、洗剤や柔軟剤など、街中で歩いていてふと香りを感じたときに思い出すことがよくあります。

タバコやコーヒーなどの嗜好品も、特徴的な匂いがすることがあるので、それらから思い出すこともあるかもしれませんね。


瞬間2. 思い出の場所に行った時

テーマパークや有名な観光名所は、何度行っても新たな楽しさや発見があります。

昔好きだった人と同じ景色や体験を共有していた記憶があるのであれば、必ずその人を思い出すはずです。

他の人にとっては何でもない場所であっても、過去に特別な出来事があったのであれば、あなたにとってはどんなところでも思い出の場所になっていることでしょう。


瞬間3. 昔好きだった人が好きな曲を聞いたとき

昔好きだった人が好んでいたアーティストや、一緒によく聞いていた曲などが流れてきたときにも、その人を思い出すケースがあります。

過去の名曲を特集しているテレビ番組や、ラジオから懐かしい歌が流れてきた時など、一瞬で当時の記憶が蘇るはずです。

歌詞の内容や曲調がその時の自分の心境と似ていれば、なおさら深く感じてしまうことでしょう。


瞬間4. 偶然再会した時

繁華街や電車の中など、長く会っていないような知り合いとすれ違うということは意外とあるものです。

特にその人が昔好きだった人となると、あなたが気がつく確率は大きく上がることでしょう。

タイミングや状況によって、その人に声をかけたり話したりということが出来なくても、当時のことを振り返ってしまうはずです。


瞬間5. 活躍している様子をSNSで見たとき

意図する、しないに関わらず、知り合いと連絡を取らないようになっても、SNSを経由していろいろな情報が入ってくるようになりました。

昔好きだった人が、どんな形であれ元気に活躍していることを知れると嬉しいものですよね。

その人が過去に喋っていた夢や願望を思い出し、それが叶っているような様子だとなおさらだと思います。


瞬間6. 共通の友人から話を聞いたとき

同窓会や昔の友人との食事会などで、あなたが昔好きだった人が出席していなくても、たまたまその人のことが話題に上がることがあります。

また、昔好きだった人に、結婚や出産、転職など大きな話題になるようなイベントがあった場合には、共通の友人から連絡がくるケースもあるでしょう。

意図せずに最近の状況を知ってしまって、昔好きだった人を思い出すきっかけになります。


瞬間7. スマホに残っている写真を見たとき

スマホの普及と通信技術の発達により、かなり多くの写真を手軽に保管できるようになりました。

昔好きだった人の写真を見ようと思っていなくても、何となく過去の写真をパラパラと見ている時に、ふとその人が目に飛び込んでくることがあるかもしれません。

その時に話していた内容や、感情なども一緒に思い出されることでしょう。


昔好きだった人が忘れられない時の対処法をレクチャー

全ての人が、昔好きだった人との思い出を過去のものにできているとは限りません。

忘れたくても忘れられなくて苦しんでいる人もいると思います。

ここでは、どうすれば忘れられるのか、またどう考えるのが最も適した対処法なのかについてご紹介します。


好きな気持ちを紛らわせたい場合の対処法

こちらでは、昔好きだった人と付き合う、復縁するということは諦めたいという人向けに、気持ちを切り替えるための方法についてご説明します。

少し辛いこともあるかもしれませんが、きっとあなたの成長につながるはず。


対処法1. 昔好きだった人以上に、好きになれる人を探す

決して簡単なことだとは思えないかもしれませんが、昔好きだった人よりも、さらに好きになれそうな人を探してみましょう

環境を変えて出会う人を増やせば、意外なほどに過去のことを忘れられて、新たに気になる人ができるということも少なくありません。

まずは、少しずつ出会う人を増やせるような機会を作る努力をするといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法2. 仕事や趣味に没頭し、暇な時間を作らない

あなたが没頭できるような仕事や趣味が既にあるのであれば、そちらに集中してみるというのも効果的なやり方になります。

ただ何となく取り組むのではなく、暇な時間や他のことを考える時間を作らないようにするのがコツです。

今までの自分では簡単に達成できなかったような、難しめの目標を設定すると、集中しやすくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 好きだった人の悪いところを紙に書き出してみる

思い出というのは、楽しかったことや良かったことだけ残ってしまうものです。昔好きだった人が忘れられないという場合には、この傾向が強くでてしまっている可能性があります。

そんな時は一旦冷静になるため、好きだった人のダメだったところを書き出してみるといいでしょう。

落ち着いて考えると、美化しすぎていた部分も見つかるかもしれません。


対処法4. 思い出のモノを捨てたり、写真データを消す

なかなか踏ん切りがつきにくいという人が多いですが、思い出すきっかけとなりそうなものはあらかじめ処分しておきましょう。

写真や昔好きだった人にもらったものなどは、目に入らないように特に注意しましょう。

他にも当時よく聴いていたCDなど、捨てることが難しいのであればできるだけ自分の環境から遠くに保管しておき、触れる機会を減らしておくのがベストです。


対処法5. 新しい場所に引っ越して、気持ちを切り替える

当時の感情や思い出が家にも染み付いてしまっているのであれば、思い切って引っ越してみるのもいいでしょう

引っ越しすることによって、家具を買ったり役所に届け出したり、少なからずやるべきことが増えて忙しくなるという側面もあるのでおすすめです。

新しい場所で出会う人と、積極的に交流することができればなお良いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


付き合いたい/復縁したい場合の対処法

どうしても忘れることが出来ないというのであれば、悔いが残らないようにアタックするのも選択肢の一つです。

ただし、あまりしつこく連絡したり、大胆にアピールしてしまうと迷惑になる可能性もあるので、冷静に進めていきましょう。


対処法1. 好きな気持ちは本物なのか確認する

誰かのことが気になり始めたり、好きになった時というのは少なからず舞い上がっているものです。

いいところばかりや楽しいことばかりに目がいってしまいがちですが、付き合った後のことをイメージしてみましょう

その人ときちんと長くやっていけるかどうか、本当に恋愛感情があるかどうか自分の気持ちを再確認することは重要です。


対処法2. 軽いノリで「久しぶり!」とLINEで連絡してみる

LINEやSNSで久しぶりに連絡する時は、核心を突かずに他愛のない会話に留めておきましょう。

長く連絡がなかったのに、いきなり何か重たそうな印象でアタックしてしまうと、そこで一気に引かれてしまう可能性があります。

仕事が変わりなく順調かということや、最近の趣味の調子はどうかといった軽い内容が良いでしょう。


対処法3. まずは気軽に食事に行き近況を確認する

もしタイミングがあって食事や飲みに行ける機会があれば、いろいろなことを知るチャンスですので積極的に参加しましょう。

その時、結婚はしていないかということや、恋人はあるのかどうかを確認すること。

単刀直入に質問してしまうとがっついている印象を与えてしまうこともありますので、会話の節々から何気なく聞き出すのがおすすめです。


対処法4. 相手を褒めることで好意を伝える

容姿を褒められることは男女問わず、やはり嬉しいものです。

そのため、いやらしくない程度に好意を伝えるということも、重要なアプローチの一つです。

久しぶりに会う機会であれば、いい風に印象が変わったということや、見た目が良くなったという伝え方で、それとなく相手に好意をほのめかすようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法5. 相手の脈ありサインがあればストレートに気持ちを伝える

もし相手からの反応も良く、脈ありの様子であるのであれば、小細工せずに気持ちを伝えましょう

短い時間で脈ありかどうかの判断がしきれない場合は、また同じように食事がしたいということや、会う機会を作りたいと言っておけばOK。

相手に対して継続して関係を作っていきたいということは、最低限伝えておくことが重要です。

【参考記事】はこちら▽


昔好きだった人がいるなら、自分がどうしたいか冷静に考えてみて。

昔好きだった人を忘れるためのコツ、またうまく復縁に向かうためのおすすめの方法についてご紹介しました。

過去の思い出から離れることは辛いと感じることですが、実際にやってみればスッキリするということも大いにあると思います。

一旦切り替えられれば、毎日を心地よく過ごせるので、勇気を持って行動してみることがとても大切です。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事