異性とLINEのやりとりを続けるコツ|好きな人といい感じに連絡をとる秘訣とは?

異性とのLINEのやりとりを続けるコツを知りたい方へ。今記事では、LINEのやりとりを続けるコツについて詳しくご紹介します。片思い中の好きな人と連絡を続ける秘訣や、やりとりが続く面白い内容なども解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも異性とLINEのやりとりが続かない主な理由とは

異性とLINEのやりとりを続けるコツ

女性でも男性でも、同性同士の友達なら気軽に続くLINEのやりとり。

でも、ちょっと気になるあの人やガッツリ片思い中のあの子が相手だと、気持ちが募るあまり返信を急かしてしまったり、相手がLINEをチェックしにくい時間帯に送ってしまうなど、LINEのやりとりがすぐに終わってしまうことも。

もちろん、異性とLINEのやりとりが続かない理由は他にもたくさんあります。

気になる方は参考記事をチェックしてくださいね!

【参考記事】はこちら▽


異性とのLINEのやりとりを続けるコツは?盛り上がる内容を大公開

女性でも男性でも異性とのLINEは同性同士とはやはり感覚が違うので、どんな内容を話せばいいのかわからず緊張してしまうもの。

では、一体どんな内容なら楽しくLINEを続ける事ができるのでしょうか?

ここからは、異性と上手にLINEのやりとりを続けるコツを一つずつチェックしていきましょう。

また、ナチュラルにLINEが続くために知っておきたい、盛り上がる話題作りのコツも紹介しているので、ぜひ、チェックしてみて下さいね。

【参考記事】はこちら▽


LINEのやりとりを続けるコツ1. 短文のLINEを心がける

メールや手紙と違い、軽いお喋りのようなやりとりができるLINE。

LINEのやりとりをさりげなく長続きさせるためには、相手がパッと読んで返信できるような短文かつ分かりやすいLINEを送るのがコツ。

画面を何度もスクロールさせないといけないような長文だと、読むだけで一苦労。

そのうえ、「これ、同じぐらい長い返事書けって事?めんどくさいな。」と、相手に無言のプレッシャーを与えてしまう危険があります。

LINEは、サクッと読んでサクッと返事が基本ですよ。


LINEのやりとりを続けるコツ2. 質問形式の文章を心がける

気軽なお喋りができるほど仲良くはないけど、実は好きな人だから、LINEもできるだけ続けたい!

そんな時は、相手が自然に返信したくなるような質問形式の文章を送りましょう。

「そういえば、最近よく遅くまで残って練習してるよね?試合近いの?」

などと、相手が答えやすい身近な質問を送るのがコツ。

さらに、「遅くまで練習してるよね?」という質問だけだと、「うん。そうだね。」と一言しか返事が返ってこない可能性がありますが、「試合近いの?」と少しだけ踏み込んだ質問を重ねてする事で、「そうそう。来週試合があってさ、今、追い込み中って感じなんだよね。」などと、具体的な返事が返ってきやすくなりますよ。


LINEのやりとりを続けるコツ3. LINEはなるべく自分で終わらせる

好きな人や片思い中の相手とだったら、真夜中だろうと関係なくLINEでやりとりしていたくなるもの。

しかし、気力体力が続く限りLINEを続けてしまうと、話し尽くしてその日限りでLINEのやりとりが終わってしまう可能性があります。

「あ、もう11時だ。明日も早いからそろそろ寝なきゃ。また、明日ね。」

などと、後ろ髪を思いっきり引っ張られつつも、自分からLINEのやりとりを終わらせる事で、翌日さりげなくLINEを再開しやすくなりますよ。


LINEのやりとりを続けるコツ4. 絵文字やスタンプを上手に使う

LINEの絵文字やスタンプは、テキストでは表しにくい気持ちを代弁してくれるだけでなく、話のネタに詰まった時などにも重宝する便利なアイテムです。

「え?なにこのスタンプ!めっちゃ面白い!ってか、私も欲しい!」

などと、相手の興味をひきそうなスタンプをいくつか用意しておくと、LINEのやりとりもさらに盛り上がるはず。


LINEのやりとりを続けるコツ5. 相手の生活リズムに合わせて連絡をする

LINEのやりとりを続ける上で、忘れてはいけないのがタイミング。

授業中や会議中など、絶対にLINEをチェック出来ない時間帯にLINEを送り続けても相手のスマホに未読LINE件数が溜まっていくだけ。

既にカップル成立している間柄ならいざ知らず、まだ片思い中だったり、気になる人程度の関係性だったりする場合、返信できな時間帯ばかりにLINEを送られても、未読スルーや既読スルーをされてしまう可能性大。

LINEを送るなら、事前にある程度相手の生活リズムを把握して、相手が返信しやすいタイミングに連絡するのがおすすめですよ。


LINEのやりとりを続けるコツ6. 相手の趣味を話題にする

女性であろうと男性であろうと、まだそんなに親しくない間柄でも、あっという間に楽しく会話が盛り上がるのが趣味について。

特に、熱中しているものがある人は、自分の推しについて聞かれると楽しく嬉しく熱く語ってくれるもの。

好きな人の気をひくために、共通の趣味があるフリをする必要はありませんが、なぜそんなに好きなのかをLINEで尋ねてみるのもおすすめです。

「え?なんで好きかって、改めて聞かれると答えるの難しいなぁ。そうだなぁ。やっぱりシンプルにスリルかな。ギリギリまで分かんなくて、最後の一瞬で勝負が決まるっていう際どさが、堪んないんだよね。」

などと、普段一言しか返さない人でも饒舌になってくれる可能性大ですよ。


LINEのやりとりを続けるコツ7. 食の好みについて話す

生きていくためには、誰しも避けて通れないのが食事です。

料理が好きか、グルメなのか、食べられればなんでもいいのか、人によって様々ですが、誰でもその人なりの答えが出てくるので、食の好みについては、絶対覚えておきたい鉄板トークテーマともいえましょう。

「最近、残業続きだから、夕飯はコンビニで買って会社でパッと食べるか、終電で帰って冷凍食品レンチンするかのどっちかなんですよ。」

などと、普段の食生活が垣間見れるだけでなく、「じゃぁ、仕事落ち着いたら、どこか美味しいご飯食べに行きましょうよ。」なんて、食事のお誘いもしやすいので、デートに誘いたい相手とのLINEでも効果的ですよ。


異性とLINEをするのに最適な頻度とは?

「片思い中のあの人とついにLINE交換!これで毎日LINEできちゃう!」

なんて、ついつい一人で大興奮してしまいがちですが、カップル成立まで無事漕ぎ着けたいのであれば、LINEの頻度は相手に合わせるのがおすすめです。

例えば、奥手な性格でLINEの返事もゆっくり目の相手であれば、毎日何度もLINEを送ったり、即レスを繰り返してしまうと、妙なプレッシャーをかけて相手の気持ちが離れていってしまう可能性があります。

LINEの返事が返ってきたら、同じぐらいの時間をあけて同じぐらいのテキストの長さで返事を返しましょう。

【参考記事】はこちら▽


LINEから異性の脈ありサインを見抜くコツを解説

テキストとスタンプ、絵文字でのやりとりであるLINEは、異性が自分に好意を持っているのかどうか、見分けにくい事があります。

そして、返信までの速さと好意は比例しないのも事実。

大好きだから、いつだって即レス!という人もいれば、好きな相手だからこそ、返信内容はじっくり時間をかけて考えたいという人もいるのです。

大切なのは、返信の速さよりも返信内容

会話を続けようとする意思が感じられる内容なのか、自分に関心を持っていそうな内容なのかなどをさりげなくチェックしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


異性にLINEを既読スルーされた時にとるべき対処法は?

好きな相手に既読スルーをされてしまうと、いつ返事が来るんだろうかと気になって仕方がないもの。

しかし、「返事待ってるんだけど?」などと直球な催促はおすすめできません。

既読スルーによる心のもやもやにはそっと蓋をして、スマートに相手が返信したくなるようなLINEを送ってみましょう。

例えば、相手の好みに合わせた面白いスタンプを送ってみたり、既読スルーを忘れたふりして改めて別の話題を振ってみたりなど、「既読スルーとか、よくあるよね。全く気にしてないよー。」という素振りでLINEを送ることで相手も返信しやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


LINEのコツを抑えて、異性とのコミュニケーションを楽しんで。

片思い中のあの人や、ちょっと気になる子とのLINEがすぐに終わると心も一気に沈んでしまうもの。

緊張してしまいがちな異性とのLINEですが、ほんの少しのコツといくつかのポイントを抑えておけば、驚くほどスムーズにLINEを続けられます。

気軽にLINEが続けられるようになったら、カップル成立も近いですよ。頑張って!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事