LINEがめんどくさいと感じる女性が試したい10の対処法

女性はLINEの連絡頻度が高いと言われていますが、実際はLINEがめんどくさいと感じる瞬間も多いはず。今回は、女性が友達や彼氏に対して、LINEがめんどくさいと感じる瞬間や理由を大公開!さらに、LINEのめんどくささを改善する対処法も詳しく解説していきます。

LINEがめんどくさい時ってありますよね。

LINEがめんどくさくなくなる方法

LINEでのやり取りは男性よりも女性の方が好きだと一般的には思われていますが、実はLINEはめんどくさいと感じている女性が増えているのだそうです。

友達や彼氏とのLINEがなぜめんどくさいと感じるのでしょうか。

今回は、LINEがめんどくさいと思う瞬間や理由を解説するとともに、LINEがめんどくさいと感じる心理を改善する対処法もあわせて紹介します。


【シーン別】女性がLINEをめんどくさいと感じる瞬間や主な理由

女性がLINEをめんどくさいと感じる瞬間や理由

友達や彼氏と楽しくLINEする、そんなイメージが女性にはあります。しかし最近は、LINEのやりとりがめんどくさいと感じる女性が少なくありません。

なぜLINEがめんどくさいと感じるのか、その瞬間や主な理由をシーン別に見ていきましょう。


彼氏や好きな人とのLINEがめんどくさいと思う瞬間や理由

まずは、彼氏や好きな人とのLINEがめんどくさいと思う瞬間や理由を探っていきます。

彼氏や好きな人と毎日長い時間会えるのが理想的ですが、実際には仕事や学校などで会う時間がとれにくいもの。そんな時、お互いが離れていてもLINEを使えばやり取りができて楽しいはずです。

しかしたとえ彼氏や好きな人が相手であっても、LINEがめんどくさいと感じる瞬間があるのです。その理由は、どういったものなのでしょうか。


1. 返信しないと拗ねたり、不機嫌になったりする

LINEがめんどくさいと思う瞬間として多いのは、返信をしないでいると相手が拗ねたり不機嫌になったりするというものです。

仕事で手が離せずタイムリーに返信できない場合、「今仕事中だから後で返すね」と断っておかないと拗ねられたり、そういうメッセージすら送れないほど忙しくて放置していると不機嫌になられたりすると、正直めんどくさいと感じます。

「僕のことは後回しなの?」「いつになったら返事くれる?」などと頻繁にLINEが入ってくればくるほどめんどくささが増すのです。

【参考記事】はこちら▽


2. リアルタイムで近況報告をLINEで送ってくる

リアルタイムで報告してくるLINEはめんどくさい

LINEだとしても、相手がどんな状況かを想像し気遣いながら送ることが本来は重要なこと。

しかし、男性や好きな人からこちらの状況も構わずにたくさんのLINEを送ってくると、配慮のなさに引いてしまいます。

特にめんどくさいと感じさせるのが、リアルタイムで自分の近況報告を送ってくること。

「今から電車に乗って帰るよ」「自宅到着!」「そろそろお風呂に入ろうと思う」など、逐一自分の状況をLINEで送ってこられると、「こっちは忙しいのに!」とイライラしてしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


3.大した内容もなく、ダラダラとやり取りをしてしている時

すべてのLINEがめんどくさいというわけではないけれど、長いやり取りのLINEはめんどくさいと感じる女性は多いです。

例えば付き合い始めの時期はお互いラブラブな状態ですから、挨拶やジョークなど大した意味のないLINEでも楽しいもの。

しかし仕事や友人との付き合いなどさまざまな用事がある中で、ダラダラと意味のないLINEをすることは時間の無駄だと感じるようです。

どこでやり取りを終わらせたらいいか分からず、めんどくさいと感じるのだとか。


4. やたらと返信が早く、一度に2,3通を連投してくる

LINEがめんどくさいと感じる女性にとって、彼氏や好きな人からの返信がやたら早いのはちょっとしたプレッシャーです。

自分が送ったLINEにすぐ既読がついて、すぐに返信が返ってくると、ずっとLINEの画面を開けているということになるので、自分も早く返さなければいけないような気になってしまいます。一度に2、3通連投で返ってくるとめんどくささもアップ。

LINEでのコミュニケーションに重点を置いていない女性にとっては苦痛と言えるでしょう。


5. こちらが忙しくても、向こうが暇な時にガンガン連絡してくる

こちら側が忙してくもガンガン連絡してくるのはめんどくさい

普段はそうでもないのに、男性が暇な場合にはこちらの状況にお構いなくガンガン連絡してくるというのも、LINEがめんどくさいと感じる女性にとってはうっとうしいものです。

特に仕事中だったり移動中だったりしてLINEをしょっちゅう確認できない状態の時に連投されると、返せないというだけでなく配慮がないことにイライラしてしまいがち。

こちらの状況を想像せずに、自分の都合で頻繁にLINEを送ってくる姿勢にめんどくささを感じてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


6. 基本的に3分以内ですぐに返信がくる

LINEがめんどくさいと感じる女性にとって、男性からの返信がたいてい3分以内という短いスパンでくると、落ち着かない気分になります。

時間をおかずに返信があるとなると何だか束縛されているような感じがしますし、すぐに既読にして返信しなければ悪いような気持ちになって疲れるのです。

本来ならそれぞれのペースで、負担のない形でLINEをしたいもの。

それなのにせかされるように返信が早いと、息苦しさを感じてだんだんめんどくさい人と感じるようになるのです。


7. 「今何してるの?」と毎日同じテンプレを送ってくる時

男の人からのLINEはまんざらでもないけれど、毎日毎日同じ文面を送ってこられると機械的な印象を受けます。

朝一番で「おはよう、今日はどこ行くの?」と送ってきたり、仕事が終わる頃を見計らって「お疲れさま、今何してる?」と送ってきたり。

同じテンプレートの文章を毎日送られると、送られる側の女性にとってはめんどくささもかなり増します。

同じ文章を予測変換で簡単に打って送っているというイメージもあり、男性の心がこもっていないと感じるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


友達とのLINEがめんどくさいと感じてしまう瞬間や理由

女性が友達とのLINEをめんどくさいと感じる瞬間や理由

次に、友達とのLINEがめんどくさいと思う瞬間や理由を探っていきます。

幼なじみや学生時代の同級生など、付き合い自体が長い間柄であれば、お互いの性格を知り尽くしていますからそれぞれのペースでLINEができるでしょう。

しかしまだ仲良くなって間もない友達が相手だと、どんな人なのかが分からないので、LINEをたくさん送り合うほど打ち解けていません。

どんな理由で友達とのLINEをめんどくさいと感じるのでしょうか。


1. 直接会った時で構わないのに、長文でガチな相談LINEを送ってくる

友達と言ってもそう親しくない友達の場合、LINEでやり取りするといっても話題はそうありません。

しかし相手は仲がいいと勘違いしていると、いろんなことをLINEで送ってくるようになります。

特に困惑するのは、長文で書かれた真剣な相談。

LINEではなく直接会って話したほうがよさそうな悩みを、LINEを使ってガチでされると、受け取る側としてはめんどくさい人と感じてしまうことも多いでしょう。


2. 真剣な質問をしても意図の読めないスタンプで返信された時

LINEがめんどくさいと感じる女性でも、時々はLINEを通して相談をすることがあります。

しかし、こちらとしては真剣な相談をしているにもかかわらず、話の内容とは関係ないスタンプや「これはどういう意味?」と迷ってしまうスタンプを返してこられると、正直引いてしまうでしょう。

やり取りしている内容をきちんと読んでくれていないような気がしますし、軽い気持ちで返信しているとしたら、真剣な相談をしたのがバカらしくなってしまいます。


3. こちらが返信をしていないのに、何度もLINEを連投してくる

返信してないのにLINEが連投されるとめんどくさい

友達とLINEをしていてめんどくさいと感じるうちのひとつが、友達から送られてきたLINEに対してまだ返信をしていないのに、構わずLINEを連投してくること。

どう返そうか迷っている時にこういう対応をされると、どの返信に対して返したらいいのか分かりません。

また、追い打ちをかけるように質問を投げかけてきたり、しつこく同意を求めてくるようなLINEを送ってくるような友達は正直めんどくさい人と思ってしまいます。

相手とやり取りのキャッチボールがスムーズにできないことにいら立ちを感じるでしょう。


4. 既読スルーをすると、「なんかマズいこと言ったかな?」と相手に心配をされる

友達からのLINEは読んでいるものの、仕事中だったり体調が悪かったりして返せないことがあります。

そんな時に追加で「なんかマズイこと言ったかな」「そんなつもりじゃなかったんだけど」といったLINEが来ると、めんどくさいです。

こちらは全然気にしていないですし、単に返信する時間がなくて後から返事をしようと思っていただけ。

なのに、勝手に悲観的な想像をされて神経質な相手だと思われている状況は、LINEをめんどくさいと思うきっかけになります。


5. 深夜や早朝など、寝ている時間帯に通知がきた時

LINEは確かに便利なアプリですが、常にチェックしているわけではありません。

たとえ休日で仕事がない日でも、深夜や早朝などの寝ている時間帯はほとんど使わないという人も多いでしょう。

そういった時間帯に、電話ではなくLINEだからと遠慮なくバンバン送ってくる友達がいると、その通知のわずらわしさにめんどくささを感じます。

深夜や早朝だからまだ休んでいるかもしれないという想像を働かせることができないことにもうんざりするでしょう。


6. 面識がない人が大勢居るグルーブラインに招待された時

知らない人が多いグループラインに招待されるのはめんどくさい

もともとLINEがめんどくさいと感じる女性は、LINEを頻繁に使ってやり取りをする相手はそうたくさんいません。

特に面識のない人やそう親しくない人とは、LINE自体しません。

しかし何かの集まりなどでどうしても連絡をし合わなければいけない時、LINEのグループ機能で連絡し合っていると言われて渋々招待を受けることがあります。

このグループが一日に何十回もLINEをやり取りするような男性や女性の集まりだと、めんどくさい人がたくさんいて、わずらわしいと思ってしまうでしょう。


7. トップ画を変えると、「最近なんかあったの?」と謎の詮索が入る

友達によっては、LINEの登録の変更にとても敏感な人がいます。

深い意味はなく、気分の変化などでLINEの登録名やトップ画像を何の気なしに変えただけで、「画像変えたんだ」「最近何かあったの?」などと詮索するようなLINEをしてくるのです。

深い意味がないだけに説明するほどのこともないという気持ちに加えて、そんなささいなことをほじくってくる細かさに辟易してしまいます。


LINEがめんどくさい時の上手な対処法

LINEがめんどくさい時の上手な対処法

LINEがめんどくさいと感じる女性にとっては、めんどくさい時の対処法を知りたいものです。

彼氏や好きな人、友達などこれからも付き合いは続けたい相手だけに、角は立てたくないけれど、LINEはできるだけ控えたいという場合、上手な対処法を知っていると何かと便利。

LINEがめんどくさいと感じた時の対処法について見ていきましょう。


彼氏とのLINEがめんどくさい時の対処法

まずは、彼氏や好きな人とのLINEがめんどくさいと感じる場合の対処法について探っていきます。

彼氏や好きな人本人に対しては、特に嫌な感情はなく、できれば今後もこのまま付き合っていきたいというのが本音。ただ、LINEだけは正直めんどくさいからどうにかしたいと思っています。

彼氏や好きな人とのLINEがめんどくさい場合には、どのように対処したらいいのでしょうか。


1. 前もって「LINEはあまり好きではない」と宣言しておく

LINEがめんどくさいと感じる場合の対処法のひとつは、相手に対して先にLINEがあまり好きではないことを伝えておくという方法です。

交際していればLINEのやり取りをするのは当たり前と思っている人男性は意外に多いもの。

LINEをめんどくさいと感じる女性がいるとは考えてもいない場合が少なくありません。

無用な喧嘩を避けるためにも、あらかじめ「私はあまりLINEが好きじゃないからあまり返せないかもしれないけどごめんね」とジャブを打っておけばOKです。


2. 夜遅くにLINEが来る場合、無理に返信せず次の日の朝に返信する

LINEがめんどくさいときは次の日の朝に返信する

社会人同士のカップルだと、夜遅くにLINEが来ることがあります。

LINEをめんどくさいと感じている女性にとっては、この状態はまさにめんどくさいと感じること。

こういう時は無理に返信せず、最初からLINEも開かないようにすれば、返信しなければいけないという負担感から解放されるはずです。

そして次の日、時間の余裕がある時に開いて読み返信するということを繰り返せば、「この子は夜はLINEを読まないんだな」と思ってくれるようになるかも。


3. 彼氏と理想的な連絡頻度について話し合ってみる

彼氏とは好きで付き合っているわけですから、どちらかが無理をする必要はありません。

嫌なことや苦手なことがあったら、きちんと伝えて理解してもらい、双方にとっていい形を模索するのが理想の関係です。

彼氏にLINEが苦手だから頻度を減らしたいと素直に相談してみるのもいいでしょう。

話し合って、自分たちの場合の理想的な連絡頻度を決めれば、その後の付き合いはさらに楽しいものになるはずです。

【参考記事】はこちら▽


4. 質問攻めが多い場合、スタンプで返信する

LINEで何度も質問を繰り返してくるのは女性というイメージがありますが、意外にも男性で質問攻めをしてくる人は少なくありません。

LINEでのコミュニケーションに抵抗がないからかもしれませんが、LINEをめんどくさいと感じている女性からするとその一つ一つに返信するのはかなりの負担です。

こんな時は文章で返さず、スタンプ1個で簡単に返信して見るととても楽です。

意味が合っているスタンプならやり取りは成立しますし、「文章で返すのはめんどくさい」ということを男の人に暗に伝えることもできます。


5. 自分が電話派なら、LINEではなく彼氏へ「電話しよう」と提案してみる

電話派ならLINEより電話しようと提案する

LINEをめんどくさいと感じる女性が電話には抵抗がないタイプなら、彼氏に対して「電話で直接話さない?」と提案してみるのもひとつの方法です。

女性はメールが好きと思っている人は多いですが、メールがわずらわしくて電話の方が早くて好きという女性は多いもの。

相手の反応がダイレクトに分かりますし、声を直接聞けるのも実は嬉しいポイントなのです。

「LINEよりも声を聞きたい」とかわいく伝えれば、彼氏もまんざらではないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


友達とのLINEがめんどくさい時の対処法

次に、友達とのLINEがめんどくさいと感じる場合の対処法について探っていきます。

友達とは、彼氏とはまた違う仲の良さや親しさがありますから、彼氏と同じように付き合い自体は続けたいことに変わりありません。

ただLINEがめんどくさいと感じるだけなので、それを理解してくれたら付き合いやすくなります。

友達とのLINEがめんどくさいと感じたら、どのように対処していけばいいのでしょうか。


1. 会社に行くとき以外は、基本的にLINEの通知をオフにする

LINEがめんどくさいと感じる女性は、プライベートの時間をLINEの返信に取られてしまうことが嫌だと思っています。

もっとゆったり過ごしたり、リラックスして充電したいと考えているのです。

仕事でLINEを使うことが多いなら、会社に行って働いている間は使うとして、仕事以外の時間は基本的に通知をオフにしてみましょう。

通知に追われ、返信へのプレッシャーをやわらげて、ゆったりとした自分の時間を確保できます。


2. LINEはあまりしないキャラを普段から周囲に認知させておく

めんどくさいなら普段からLINEを返さないキャラにしておく

友達との関係に角が立たないようにするには、もともとLINEをあまりしないタイプだということを認知させる必要があります。

「今時LINEを嫌な人がいるとは」と言われるかもしれませんが、LINEはあくまでもコミュニケーションツールのひとつにすぎず、そのツールに大切な時間をたくさん取られるのを嫌がる人もいるわけです。

LINEがめんどくさいと言ってしまうと印象が悪くなってしまうと思ったら、「ほとんどLINEは使わないんだ、ごめんね」と彼女に普段からLINEを使わないキャラだと周知させておくといいでしょう。


3. 返信するまで、未読をあえてつけないようにする

LINEをめんどくさいと思う時は、あえてLINEを開かず未読状態にして、メッセージに気づいていないように見せるのもいいでしょう。

既読をつけてしまうと、「読んでいるのに返信してこないな」「何かあったのかな」などと友達が勝手に詮索してしまう可能性があります。

未読のままでいればLINE自体を開いていないように見えますから、気づかなかったという言い訳が堂々とできて、返信しなければいけないというプレッシャーから解放されやすくなるでしょう。


4. 思い切って既読スルーをしてみる

数回までならLINEを返信してもいいけれど、長くやり取りを続けるのはめんどくさいという時はあるもの。

そんな時は、LINEを読んだ上であえて放置するという方法がとても効果的です。

特に、何度も繰り返されたLINEのやりとりを自分から終わらせたいという場合に効果を発揮します。

未読でないけれど既読していても返信がないため、彼女もメッセージを送りにくいでしょう。


5. 大事な要件以外は基本スタンプで対応する

めんどくさいなら大事な用件以外はスタンプで返す

返すのがどうにもめんどくさいけれど、既読スルーするのは何だか気が引ける、そんな時はスタンプのみで返信するのもアリです。

スタンプだけでの返信を繰り返していると、よほど鈍感な人でなければ「もしかして忙しいのかも」とこちらの状況を察してくれて、やり取りを止めることがあります。

返信する側もめんどくさい人と嫌になったり、文章を考えなくていいですから楽です。

ただし、いつ送ってもスタンプだけで返信していると、めんどくさいと感じていることが何となく伝わって彼女としても気持ちのいいものではないため、バランスを考えて使うようにしましょう。


ちなみに彼氏や好きな人との最適な連絡頻度は?

彼氏や好きな人との連絡頻度

LINEがめんどくさいと思っている女性は意外に多いのですが、恋愛においてだけは違うというケースも少なくありません。

やはり相手が彼氏や好きな人ですから、本当はLINEが苦手でも、相手のために頑張ろうと思ってしまうもの。とはいえ、一方が無理を続ける関係は不自然です。

男の人との連絡頻度として最適なのは、どれくらいの回数なのでしょうか。


1. 基本は毎日連絡を取り合うカップルがほとんど

カップルの場合は、LINEで毎日連絡を取り合うというケースがほとんど。

朝は「おはよう」「いい天気だね、今日も頑張ってね」と挨拶がてらLINEを送り合ったり、夜は「お疲れさま」「今日も忙しかったね、ゆっくり休んでね、おやすみ」など就寝前に互いを癒すLINEを送り合うことが多いでしょう。

内容は他愛もないものですが、そのやり取りをすること自体が楽しいと感じるのです。


付き合う前も距離を縮めるために、毎日LINEのやり取りをする人が多い

彼氏と付き合う前や、好きな人と付き合おうか迷っている段階でも、お互いの距離を縮めるために毎日LINEを送り合うという人が多いようです。

近づきたいけれど恥ずかしくてできない、でもいつもつながっている感覚でいたいのが、付き合う前の独特な関係。

せめてコミュニケーションを密に取っておけば、相手の状況がつかみやすいですし、気持ちを確かめたり相手を思いやったりすることもできます。

毎日のLINEによって、関係を少しずつ深めていくこともできるのです。

【参考記事】はこちら▽


2. 仕事が忙しい社会人カップルだと、2〜3日に一回やりとりする恋人も珍しくない

社会人カップルは週2〜3回しか連絡を取らない人も多い

どちらも仕事で忙しかったり、遠距離恋愛をしている社会人同士のカップルは、なかなか思うように会えません。

朝から晩まで働いて、帰宅したらベッドに倒れ込むようにして眠るという生活も珍しくないでしょう。

そんなカップルの場合は、恋愛が優先順位のトップにあるわけではないので、2~3日に1回程度LINEをやり取りするパターンが多いようです。

お互い忙しいのは分かっているので、あえて毎日LINEを送ることはないのです。


3. 同棲している場合、用件がない限りはほとんど連絡をとらないカップルもいる

すでに同棲しているカップルの場合は、基本的に毎日家で顔を合わせることができるので、LINEでのやり取りの回数はかなり少なめです。

やり取りをするとしたら「今から帰るね」「帰りに何か買っておこうか?」といった連絡事項的な内容がほとんど。

たとえばどちらかが出張に出た時は朝や夜の挨拶を交わすことはあっても、普段はあえてLINEを通して伝えなければいけないことがないため、ほとんどLINEは使わないと言っていいでしょう。


上手に対処してLINEがめんどくさく感じるのを改善しましょう!

女性がLINEをめんどくさいと感じる理由や対処法

本来、LINEは手軽に相手とコミュニケーションを取れる便利なツールです。彼氏や好きな人、友達との仲を近づけてくれることも多いでしょう。

とはいえ、LINEを送る頻度の受け止め方は人それぞれですから、状況や相手によってはめんどくさいと感じることもまた事実です。

LINEをめんどくさいと感じずに使いたいと思ったら、この記事を参考に、めんどくさくならない対処法を実践して前向きに楽しんでみてください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事