彼氏と電話したい時の誘い方とは?時間帯・頻度・盛り上がる内容を解説

彼氏と電話したいと感じる時ってありますよね?そこで今回は、彼氏と電話したいと思った時の自然な誘い方から、電話をかけるベストタイミングや話すべき盛り上がる内容、電話の頻度や注意点まで詳しく解説します。彼氏と電話したいと思っている女性は、ぜひ参考してくださいね!

「彼氏と電話したい!」と思っている女性へ。

彼氏と電話したい時の誘い方

好きな人との電話は、話も弾んでストレスも解消して、お互いの距離も縮まるもの。例え用事や要件がなくても、話しているだけで幸せですよね。

しかし、電話を掛けるタイミングで迷惑になってしまったり、無言が続いて気まずくなってしまったりすることもあるでしょう。

ここでは「彼氏と電話したい!」と思った女性が気になる内容を大公開!上手に電話を活用して、彼氏のとの楽しいひと時を過ごしましょう。


彼氏と電話するのに適したタイミングや時間帯は?

彼氏と電話するのに適したタイミングや時間帯は?

大好きな彼氏との電話は楽しいもの。しかし、いくら「電話したい」と思ってもLINEと違って時間も取られてしまうものなので、気を遣いますよね。相手に迷惑にならないように配慮したタイミングで電話をする必要があります。

ここでは彼氏と電話するのに適したタイミングや時間帯をまとめました。お互いが満足のいくように電話をうまく利用しましょう。


タイミング1. 社会人の場合、仕事終わりの帰り道の時

社会人で日々仕事がある彼氏は、帰ってからの時間は貴重なものです。もちろん彼女との電話も大切に思ってくれていると思いますが、帰り道の途中で電話をすることで、時間の節約にもなります。

また、帰り道の最中はスマホをいじることや、趣味に時間を使うことも困難なため、手が空いていることがほとんど。手が空いた時間に電話をすることで彼氏も時間を有効に使えて、ハッピーな気持ちになるでしょう。


タイミング2. 夜ご飯やお風呂を済ませ、寝る前の23時前後

電話の後には、直ぐに寝れる状態にしておくと、「おやすみ」と言ってギリギリまで電話することができるというメリットがあります。

夜ご飯やお風呂などの必ず行うことを済ませてから電話をすることで、気兼ねなく会話を楽しむことが出来るでしょう。社会人として普通に勤めて働いている人であれば、電話を掛けるタイミングは、大体23時前後くらいが目安です。


タイミング3. お互い次の日が休みの場合、夜中に電話をするのもアリ

電話で夜更かししても次の日に差し付けえないのが休日前です。お互いの次の日が休みで、朝からの予定もない場合は、普段なら寝ている時間に電話をするのもありでしょう。

しかし遅くに電話をする場合は、必ず「明日は大丈夫?」「疲れていない?」などの確認をLINEなどで済ませた後にするようにしましょう。


彼氏と電話するのに最適な頻度は?

彼氏と電話するのに最適な頻度は?

彼氏と話したくてたまらない場合は毎日でも電話したいと思うもの。特にお互いが忙しくてなかなか会えない場合や、遠距離恋愛の場合は電話が大切に感じるでしょう。

しかし、最適な頻度を理解しなければ、彼氏の迷惑となってしまうかもしれません。

ここでは彼氏と電話するのに最適な頻度を紹介していきます。世間一般の感覚を知った後に、お互いに話し合って決めましょう。


頻度1. 一般的に言われているのが2日〜3日に一度のペース

週に2、3回程度の電話が煩わしくならず、話したいという欲求も満たせる頻度となっています。もちろんカップルによって差はありますので、一概には言えません。

しかし毎日だと義務化してしまって面倒だと感じる人もいますし、期間が空きすぎると物足りない感じてしまう人もいます。付き合い始めてある程度の期間が経っているカップルには、2,3日に1度のペースがおすすめです。


頻度2. 付き合って日が浅いカップルや遠距離恋愛の場合、毎日電話をする

付き合い始めの頃は、お互いに熱が上がっているので、常に一緒にいたいものです。しかし都合が合わなくて一緒にいられない場合は、毎日電話をしてもいいでしょう。

また、遠距離恋愛で月に1回や半年に数回しか会えないような頻度のカップルは、毎日電話をするのもあり。どちらにせよ、お互いが満足いっている間であれば問題ないでしょう。


頻度3. お互い仕事で忙しい場合、週に1回くらいの頻度で電話をする

お互い仕事で忙しい場合、週に1回くらいの頻度で電話をする

仕事が忙しい人は、家に帰ってからも明日の準備やしっかりと明日に備えて休みたいものです。電話は時間を取られますので、忙しい人や、やることがある人にとっては煩わしく感じてしまうこともあるでしょう。

彼氏の仕事の忙しさなどを考えて、頻度を考えてあげる必要があります。大体週1回程度が目安ですので相談してみましょう。


頻度4. 2人共サバサバしている場合、要件がある時にだけ電話をする

わざわざ用もないのに連絡はするのは、良く分からないという考えの人もいるでしょう。彼氏も彼女もお互いにサバサバした性格の場合は、特に電話の頻度を決める必要はありません。

お互いに話したいことがある時や、電話したいと思った時にのみ連絡すれば良いのです。また、しょっちゅうデートしている場合もわざわざ電話する必要はないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と電話したいけど言えない!そんな時に使える自然な言い方や誘い方

彼氏と電話したいけど言えない!そんな時に使える自然な言い方や誘い方

彼氏を大切に思っている女性は、相手の時間を使わせる電話の誘い方や言い方にも配慮しますよね。自分のわがままを突き通してまで、電話したいとは言えないもの。

では一体どんな言い方で電話を誘うのが効果的なのでしょうか。

ここでは電話をするための自然な言い方や誘い方をまとめました。上手に誘い方や言い方をマスターして、「電話したいけど言えない!」という事態を避けましょう。


誘い方1. 悩みや相談を口実に電話しようと提案してみる

単純に話したい内容があることは電話をする口実になります。何も話すことがなければ彼氏も困ってしまうでしょうし、無言はストレスにも感じます。話すテーマが決まっている場合は、お互いスムーズにコミュニケーションが取れるでしょう。

仕事の悩みでも友人関係の悩みでもいいので、少し相談したいことを絞り出して「仕事の悩みがあるんだけど」という言い方をすることで自然な誘い方になりますよ。


誘い方2. 「電話したいな」と彼氏にストレートに聞いてみる

男性は女性のわがままや、お願いは可愛いとも思うものです。男性は好きな女性から「電話したいな」とストレートに言い方は、「彼女が自分を必要としてくれている」「求められている」という幸福感を覚えます。

例え断られたとしても、男性は嫌な気を決してしていませんので、テクニックのようなものを使用したくない方はストレートに誘うと良いでしょう。


誘い方3. 恋人が同じ職場の場合、仕事の要件を口実に電話をかけてみる

恋人が同じ職場の場合、仕事の要件を口実に電話をかけてみる

仕事に関する事であれば、いくら面倒でも仕事に支障が出る可能性があるため、電話に出ざるを得ません。少し強引な方法ですが、きっかけとして成功率も高い優秀な方法です。

いつも電話を断られている場合や、「今日は寂しいから絶対に電話をしたい」という時には、仕事の要件だと言って電話を誘ってみましょう。


誘い方4. デート前の時期なら、デートのプラン決めを理由に電話を提案する

デートプランを立てるのは彼氏にとっても楽しいもの。本当は直接会って話すのが一番良いですが、電話の口実に使用することで、自然流れで誘うことが出来ます。

もう既にデートプランが決まっている場合でも、更に細かい詳細や、食事の予定などを細かく詰めることを口実に誘うこともできるでしょう。彼氏にとっても楽しい話ですので、電話に出てくれやすい話題といえるでしょう。


意外と話すことがない?無言を避ける彼氏と盛り上がる話題や内容とは?

意外と話すことがない?無言を避ける彼氏と盛り上がる話題や内容とは?

大好きな彼氏との電話。しかし、毎日話す様な事があるわけではないですし、面白いようなことなんてめったに起こりませんよね。

電話をしている最中に無言になってしまったら、少し気まずくなってしまうことも。

ここでは無言を避けるために、電話で盛り上がる話題や内容をまとめました。話の切り口をいくつも持っておくことで、電話している最中にも余裕が生まれて会話を楽しめるでしょう。


内容1. 今日起こった出来事について

食事の内容や、テレビで見たもの、人との会話で印象に残ったものを話しましょう。話のネタというのは意外と見つかるものです。話すことが特にない場合は、日記のように自分の一日を追って話してあげましょう。

どこかで会話のフックになるようなものが見つかることがほとんどで、話が盛り上がるきっかけになります。彼氏も無言は避けたいと思っているので、何か気になる事があれば食いついてくれるでしょう。


内容2. 次のデートでやりたい事や行きたい場所について

具体的なデートの行き先や、やることの詳細を二人で話し合いましょう。デートの行き先は決まっていても、時間配分や食べたいもの、道中寄ってみたい場所など、離せることはたくさんあります。

お互いが興味ある事なので盛り上がりやすいという面もあり、無言を避けるのにぴったりです。深く掘り下げれば無限に出てくるので、会話には困りません。


内容3. お互いの仕事について話す

お互いの仕事について話す

一日の大半の時間を使用しているのが仕事ですので、思いを巡らせれば愚痴や相談が出てくるはず。それは彼氏も同じですので、できれば聞き役になってあげましょう。

話の中で共感できることや、他に面白そうな話題にフックが掛かったら内容を変えてしまえば、無限に会話が広がっていきます。まずは無言を避けるために仕事の話をするのは無難で間違いのない方法です。


内容4. 交際期間が長いカップルの場合、将来について話してみる

将来について真剣に話し合うことは、お互いにとっても良いことです。交際期間が長いカップルの場合は、結婚や出産、結婚式の事など、決めなければならないことがたくさんあります。

せっかく彼氏と話すのであれば、将来の希望や願いを語り合ってもいいかもしれません。実際に会って話し合うのが良い内容ですが、二人の将来は確実にお互いが興味のある良い話題。お互いの顔が見えなくてコミュニケーションが取りづらい電話だからこそ、盛り上がりやすい話題を話すことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


彼氏に電話を断られた時にとるべき対処法とは?

彼氏に電話を断られた時にとるべき対処法とは?

断られたら悲しい電話の誘い。誘っていれば、断られることもあるのは仕方ないでしょう。

しかし、悲しさや傷ついた気持ちを引きずっていたら良いコミュニケーションは取れません。

ここでは彼氏に電話を断られたときに取るべき対処法をまとめましたので、精神を安定させるためにも準備をしておきましょう。


対処法1. 相手が忙しい場合、余裕ができるまで待ってあげる

相手にもスケジュールがあり、予定が合わないことがあるのが当たり前。電話を誘って「今は忙しいから後でいい?」と言われたら大人しく待ってあげましょう。

仕事や、やるべきことに比べて電話は優先順位が低くなるのは仕方ありません。彼氏が必ずやらなければならない事が終わるまで、優しい気持ちで待つことが大切です。


対処法2. 事前にLINEで確認をとってから電話をかけるようにする

急に誘って断られるのであれば、事前にLINEで誘ったり、電話の予定を決めておくという対処法があります。事前にお互いが電話する時間や日にちを共有しているため、断られることは少ないでしょう。

社会人にもなると飲み会が入っている場合にもあり、急に電話をかけても出てくれないことが多くなるはず。お互いが安心して電話するための対処法の一つですよ。


対処法3. お互いにストレスなく電話ができる時間帯や頻度について話し合ってみる

お互いが納得いっていれば、毎日3時間電話しようが、一切電話しないと決めようが問題ありません。一番大切なのは話し合いです。納得いくまで話し合って二人のルールを決めていきましょう。

また、生活環境が変わった場合や、気持ちに変化が出た際も、放っておかずに直ぐに話し合いをするように対処していけば、余計なストレスを感じることは少なくなります。


彼氏と電話したい時に心掛けたい注意点やマナー

彼氏と電話したい時に心掛けたい注意点やマナー

いくら好き同士の中でも大切なのがマナー。好きな彼氏だとついつい自分の都合やわがままを押し付けてしまいがちですよね。

相手の迷惑になるようなコミュニケーションの取り方は、嫌われてしまう原因にもなります。

ここでは彼氏と電話したい時に注意点やマナーを紹介してきます。マナーを守って、お互いが楽しめる良い電話にしてくださいね。


注意点1. 夜中など、迷惑な時間帯には電話を控えるようにする

睡眠は仕事や健康のためには欠かせないもの。いくら電話したいと思っても、LINEなどで確認もせずにいきなり夜中に電話を掛けるのは迷惑です。睡眠の妨げになり、明日の仕事に支障が出てしまいます。

どうしても電話したい場合は、LINEで起きているかどうかを確認してからにしましょう。いきなり電話を掛けるのは、彼氏が社会人であれば本当にNGです。


注意点2. 寂しくても「毎日電話したい」など、一方的な意見を押し通そうとしない

相手への理解のない一方的な意見は迷惑以外の何物でもありません。ある程度あれば可愛いわがままですが、限度があるでしょう。

寂しい気持ちを埋めるために「電話したい!」という気持ちになるのも分かります。しかし、彼氏にも彼氏の生活があります。彼女の所有物ではありませんので、電話したいと思っても、彼氏がしたくない時には寂しい気持ちを抑えて我慢しましょう。


注意点3. 悪口などのネガティブな話をしないようにする

ネガティブな話は聞いていて疲れるものです。彼氏は楽しいはずの彼女との電話で、体力を使ってしまうことになります。一方的に彼女が人の悪口などを言っている場合、迷惑以外の何物でもありません。

せっかく好きな彼氏との電話、二人が幸せな気持ちを感じられるような内容を話しましょう。「疲れた」「最悪」などを連呼するのもNGです。


彼氏が電話をしたくなる工夫をしてみてくださいね。

彼氏が電話をしたくなる工夫をしてみてくださいね。

彼氏は家族と同様に親しい仲ですので、ついつい甘えてわがままを言ってしまいがち。しかし、寂しい時や電話したいと思ったとしても、時間やタイミングを考えて電話してあげましょう。

適切な頻度とタイミングで行う電話は、二人の距離を更に近づけてくれます。電話やLINEを有効活用して、素敵な関係を続けてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ