男性の脈なしLINEの特徴とは|逆転して振り向かせるLINEテクも解説!

男性のLINEの返信で脈なしサインがわかるって知っていましたか?今記事では、男性の脈なしLINEの特徴や脈ありLINEの特徴を大公開!また、脈なしサインから逆転して男性の気を惹く方法まで詳しく解説していきます。片思い中の女性必見の内容ですよ!

男性の脈なしラインを知りたい女性へ。

女性の脈なしLINEの特徴

気になる男性と、LINEのやりとりをしていると、「この反応は脈なしなの?」と心配になる時がありますよね。

この記事では、男性が、女性に送る脈なしLINEの特徴をご紹介します。また、脈なしLINEから恋に発展させる小悪魔LINEテクニックもレクチャーするので、彼を振り向かせたい人は、見逃さないで下さいね。


実際に男性が送る脈なしLINEの特徴

男性が、恋愛対象外の女性に送るLINEには、ある特徴があります。そっけなかったり、未読スルーされたり、デートに発展しなかったりと、遠まわしに脈なしをアピールされますよ。

さっそく、脈なしLINEの10個の特徴を見ていきましょう。


特徴1. スタンプだけを送ると返信が来なくなる

脈なし男性の中には、スタンプだけの返信は、会話を終わらせたいサインだと都合よく解釈する人もいます。

相手の女性からLINEスタンプが送られて来たら、「メッセージではなくスタンプだ。このまま会話を終わらせても大丈夫だな。」と考えるのが特徴です。

そのような男性に対しては、スタンプを送ると返信が来なくなるので、脈なしサインと言えるでしょう。


特徴2. 男性から質問文が送られて来ない

男性から質問されないということは、相手に興味が無いということです。

もし何か質問したら、LINEが長引きそうなので、あえて避けています。もしくは、女性に対して聞きたいことが何も無いので、質問文すら思い浮かばない場合もあります。

女性ばかりが質問するような一方的なLINEなら、脈なしと考えても良いでしょう。


特徴3. 男性からの返信が遅い

未読スルー、既読スルーにかかわらず、返信が遅いのは、相手に対する優先順位を低く考えている証拠です。

仮にLINEの相手が、仕事上とても重要な取引先の相手だったり、大本命の彼女なら、すぐに返信するでしょう。

そうでないということは、すぐに返信する必要が無い相手だと考えているからです。この場合は、脈なしの可能性が大きいです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 「わかった」など、絵文字や顔文字が一切なく、そっけない

どうでもいい相手に対しては、実生活でもそっけなくなりますよね。それはLINEでも同じ。

絵文字や顔文字を入力するのは、普通の文字に比べて一手間かかります。そのため、興味の無い相手には、「わかった」「そうだね」などの、そっけない一言で済ませようとしがち。

本命彼女には絵文字や顔文字満載でも、どうでもいい相手に対しては普通の文字のみということはよくあります。


特徴5. SNSの更新はしているのに、LINEの既読がつかない

「LINEが未読スルーされるのは、忙しくてスマホを見る暇が無いのかも。」と思うのは、甘い幻想です。

SNSが更新されているということは、少なくともスマホを見ることが出来ているということ。しかも、LINEの返信より、SNSへの投稿の方が、よっぽど時間がかかります。

決して忙しくて時間が無いわけではなく、どうでもいい相手にLINEの返信をする時間は無いということです。


特徴6. 基本的にリアクションが薄くそっけない

どんなに男性の興味がありそうな話題を振っても、リアクションが無いなら脈なしです。

話題自体には興味はあっても、相手自体に興味が無いので、どうしてもそっけない返事になってしまいます。もちろん、話題によっては、本当に興味が無くリアクションが薄い場合もあるでしょう。

しかし、基本的に全てのLINEがそっけないなら脈なしです。


特徴7. 食事やデートに誘っても具体的な日程を決めようとしない

本当に好きな女性からデートに誘われたら、すぐに日程を決めたくなるのが男性の本音です。

反対に、興味の無い相手から誘われても、食事やデートに行くのは時間の無駄だと考えます。しかし、ハッキリ断るのは角が立つので、具体的に進めようとせずに、濁しながら、徐々に距離を置こうとすることも。

そのために、具体的な日程を決めずに、のらりくらりとかわします。


特徴8. 秘密主義で自分の事を一切話してくれない

自分の事を話さないのは、単に相手に個人情報を知られたくないから。

女性だって、親しくなりたくない男性に、自分の趣味嗜好や生活パターンを知られるのは抵抗がありますよね。それと同じ理屈です。

LINEで「趣味は何?」といった簡単で答えやすい質問をしても、未読スルーや既読スルーされたり、過度に秘密主義なら脈なしでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴9. 何かとスタンプで会話を打ち切ろうとする

スタンプは、会話を終わらせたい男性にとっては便利なツール。

スタンプなら、深く考えずに適当に押すだけで済むからです。しかも、会話を自然に終わらせることができて、一石二鳥。興味の無い女性に対して使わない手はありません。

質問に対しての答えもスタンプ、ましてや無料スタンプのオンパレードなら、男性にとっては興味の無いLINEと言えます。


特徴10. こちらが既読スルーをしても、男性から再度LINEを送ってきたりしない

普通、気になる相手から既読スルーされたら、「どうしたのかな?何かあったのかな?」と気になってしまいますよね。

こちらが、会話の途中で既読スルーしても、そのままLINEが終わってしまうなら、それは男性にとってはどうでもいい相手からのLINEだったということ。

もし脈ありなら、既読スルーした場合には、男性から必ずLINEがあります。


男性の気持ちが冷めてしまう脈なしLINEのきっかけ4つ

男性が、「この子とLINEするのつまらないな。」と思ってしまうと、盛り下がってしまいます。そうなると、徐々に連絡の頻度が少なくなって、フェードアウトに。

ここでは、脈なしLINEにつながるきっかけを4つご紹介します。


冷めるLINE1. 返信の間隔が2〜3日あいたり、返事が基本的に遅い

いくら忙しいからといって、いつもLINEの返信を送るのが遅いなら要注意。

返事が中々無いと、男性は「もしかしてこの子は僕に興味が無いのかな。」と考えてしまいます。男性に返信する時は、できればすぐに、遅くとも24時間以内にするように心がけましょう。

レスポンスの良い女性に対しては、男性のテンションも上がります。


冷めるLINE2. すぐに返信しづらい質問文ではないLINE

「今日は、親友の○子と焼肉食べに行ったんだよね。」といった、どう返していいか分からなくなるLINEはNGです。

そんな内容が続くと、男性は面倒くさくなってしまいます。また、「わざわざLINEじゃなくて、SNSに書けばいいじゃん。」と印象ダウンに繋がることも。

それを防ぐには、最後に「○○くんは、焼肉好き?」など質問文をプラスすると良いでしょう。


冷めるLINE3. 相手の話を聞かずに一方的に自分の意見だけを送る

男性も女性も、自分の話をした時に、スルーされたら悲しいですよね。

女性は確かにおしゃべり好きです。しかし、一方的に自分のことばかり送っては、男性は冷めてしまいます

男性に気持ち良くしゃべらせてあげる女性とはLINEをしたいと思いますが、会話のキャッチボールが出来ない女性とは自然に距離が出来るでしょう。


冷めるLINE4. 相手からの質問に対して、すぐスタンプで返信する

男性は、スタンプではなく、文章でちゃんと会話をしたいと思っています。会話ができない相手には、「つまらない!」と考え、恋愛対象外になってしまうことも。

女性にとって、かわいいスタンプや絵文字は、立派なコミュニケーションの1つですよね。しかし、男性にとってはそうではありません。スタンプばかり返されると、「会話をする気が無いんだ。」と考え、脈なしに繋がってしまいます。

そのため、質問をスタンプで返信されることが続くと、急激に冷めてしまいます。


では、好きな人や好意のある女性に送る脈ありLINEとは?

ここでは、男性が好きな女性に見せる脈ありLINEを5つご紹介します。

興味の無い相手にはそっけない男性も、好きな女性にはマメにLINEを送ります。会話の内容も脈なしと脈ありは全然違うので、どんなLINEが来たら脈ありなのか確認していきましょう。


脈ありLINE1. 「おはよう!」と男性から毎朝LINEを送ってくれる

毎朝マメに連絡するのは、大変なこと。好意を抱く女性以外にはしません。忙しい朝に連絡が来るのは、脈ありの証拠です。

「おはよう!」や、「おやすみ!」などの毎日の挨拶が、男性からよく送られてくるようなら、完全に好かれています。

他にも、「今から仕事だよ。」といった内容でもOKです。とにかく、毎日何らかのLINEがルーティーンで送られてくるなら、期待大でしょう。


脈ありLINE2. 「休日はなにしてんの?」とプライベートな質問をしてくる

好きな人が出来たら、相手のことを全て知りたいですよね。趣味や休日の過ごし方など、プライベートなことを聞かれたら、脈ありのサインです。

ここでそっけない返事をしてしまったら、男性はガッカリしてしまいます。質問には、スタンプではなく文章で丁寧に答えてあげましょう。そこからデートの誘いに発展するかも。


脈ありLINE3. 「今〇〇来てるんだ!」と日常の報告をLINEで送ってくる

気になる女性には、日常の些細な出来事も、共有したいと考えます。男性が、他愛もないことをLINEしてきたら、脈ありと考えて大丈夫です。

「今、○○食べてるよ。」といった日記風の内容は、どうでもいい女性には送りません。もし、そのようなLINEが来たら、内容を詳しく聞くなどして、会話を盛り上げてあげましょう。


脈ありLINE4. どんなLINEに対しても、きちんと返信してくれる

例えば女性が、返信しにくい日記風のLINEや、自撮り写真を送ったとしても、きちんと返信してくれるなら脈ありです。

普通、返信しにくいLINEに対しては、未読スルーやスタンプだけの返信で済ませがち。それを、真面目に文章で返してくれるのは、相手に好意がある証拠です。好かれている自信を持っても良いでしょう。


脈ありLINE5. 「好きな人とかいるの?」と恋愛トークを振ってくる

自分が好きな女性に、彼氏や好きな人がいるかどうか、男性は非常に気にしています。もし、決まった相手がいないなら、自分が本命彼氏になろうとするからです。

恋愛トークをしてくるようなら、脈ありですよ。特に「彼氏いるの?」「他にLINEしてる男性はいる?」といった、異性関係を探るような内容なら期待大でしょう。

【参考記事】はこちら▽


脈なしから逆転して振り向かせるLINEテクニック

「ヤバい!私へのLINEは完全に脈なしかも。」と思っても、まだまだ逆転のチャンスはあります。

ここでは、脈なし状態から男性を振り向かせる必勝テクニックをご紹介します。簡単な方法ばかりなので、試してみる価値はありますよ。


LINE術1. 相手の好きな事や趣味に関する話題を振ってみる

男性は自分の好きな話題に対して前のめりになる傾向があります。そのため、男性が興味のある話題なら、会話が盛り上がること間違いありません。

「○○くんの趣味って何?」「○○くんが好きなアーティストで、おすすめのアルバムはある?」など、男性が食いつきそうな内容を振りましょう。

送られてきた返信に対しては「ランニングが趣味なんてカッコいいね。」というように、男性を持ち上げる返事をすると喜びます。


LINE術2. あえて返信を遅くするなどして、駆け引きをしてみる

いつも即レスしているなら、半日から1日程空けて返信してみてはいかがでしょう。

「あれ?いつもすぐに返事が来るのに、○○ちゃんどうしたのかな?」と、頭の中は女性のことでいっぱいになってしまいます。

ただ、2日以上空いてしまうと、そのままLINEが終わってしまう可能性が高くなるので、ある程度間隔を空けたら、必ず返信しましょう。


LINE術3. LINEが苦手な男性の場合、思い切って「電話しよう」と提案してみる

男性の中には、単純にスマホでチマチマ文字を打つのが苦手で、LINE自体をあまりしない人もいます。

そういったタイプの人には、LINEよりも電話が有効です。「電話しようよ!」と言えば、案外快諾してくれるかもしれません。LINEの通話機能を使えば、電話代も無料なので、時間を気にせず会話することができますよ。


LINE術4. 相手が返信しやすいよう、短文でのやりとりを心がける

長過ぎる文章は、読むのも大変ですし、途中で何を言いたいのか分からなくなってしまいますよね。

女友達に対しては長文でOKだとしても、男性に対しては、分かりやすくて短い文章がマストです。具体的には、出来れば1文、長くても2~3文で終わるくらいがおすすめ。内容も、返信しやすいような疑問文がベターです。


LINE術5. LINEが続かない男性なら、どうにかして1回会う場をセッティングする

仕事や趣味が忙しくて、LINEを続ける時間が無い男性もいます。連絡がマメではない人に対しては、何とかして会う方向に持ち込むのが必勝法です。

実際に会って話せば、LINEでの会話よりも、はるかに距離が縮まります。誘い方としては、「○○くんが好きな映画を観に行かない?」など、男性が興味を持ちそうなプランを提案すると、成功率が高まるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が見せる脈なしLINEを見抜いてくださいね。

男性が送る脈なしLINEの特徴には、リアクションの薄さや、未読スルーがありましたね。もし気になる男性からのLINEが、当てはまっていても大丈夫。男性の興味のありそうな話題を振ったり、電話を提案すると振り向かせることができるでしょう。

男性からのLINEが脈ありに変わったら、一気に攻めてみて。逆転して恋愛に発展させることが出来るかもしれませんよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事