彼氏との理想の連絡頻度とは?長続きするLINEやメールの秘訣を紹介!

彼氏とLINEやメールする頻度はどのくらいが最適なのでしょうか。今回は、理想の連絡頻度を状況別に大公開!さらに、長続きしないカップルの連絡の特徴や長続きする連絡の秘訣をお届けします。彼氏の状況などを考慮しながら、自分たちの理想の連絡頻度を見つけてみてくださいね。

彼氏との連絡頻度って、どのくらいが理想?

彼氏との理想の連絡頻度

大好きな彼氏とはいつでも連絡し合いたい、けれどしつこいと思われるのは避けたいというのが女性の本音です。

ちょうどいい連絡の頻度はどれくらいなのか、知りたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。

この記事では、理想的な彼氏と連絡の頻度について、社会人や遠距離、大学生という彼氏の状況別に解説した上で、彼氏と長続きする連絡のコツについてご紹介します。


彼氏とのLINEやメールの理想の連絡頻度ってどのくらい?

彼氏と連絡を取る女性

彼氏とLINEやメールで連絡をするのは日常的ですが、自分たちはもしかしたら連絡とらないカップルなのかも…と気になりますね。

彼氏が大学生か社会人か、遠距離なのか家が近いのかなどの条件によって変わります。

彼氏との理想の連絡頻度はどれくらいなのか、詳しく見ていきましょう。


社会人彼氏との理想の連絡頻度:1日おき or 週2〜3回

彼氏が社会人の場合、仕事で忙しいという前提で連絡頻度を考えることが必要です。

毎日LINEやメールをしようとすると、いざ忙しくなった時には互いに負担を感じやすくなるので、週に2〜3回程度がベストでしょう。

ただし付き合いたてで少しでもやり取りをたくさんしたいなら、1日おきなら続けやすいと言えます。


遠距離彼氏との理想の連絡頻度:毎日

なかなか会えない遠距離恋愛だと、LINEやメールは彼氏とコミュニケーションを取るメインの手段になります。

たとえ1回が短くても、できるだけ毎日連絡したいというのが本音でしょう。

「遠距離で会えないからせめてLINEやメールくらいは毎日したい」という考えが一般的です。

普段会えないだけに、浮気などの不安が強いのが遠距離カップルの特徴ですから、こうした不安を少なくするためには毎日連絡を取るのがおすすめ。

【参考記事】はこちら▽


学生の彼氏との理想の連絡頻度:毎日 or 1日おき

彼氏が学生だと、比較的時間が自由になりますから、社会人の彼氏や遠距離の彼氏と比べると会える頻度が高いです。

会って話すことができるため、無理に毎日LINEやメールをする必要がないかもしれませんね。

むしろ、毎日LINEやメールをするのは多すぎると感じる彼氏も多いので、LINEが苦手な彼氏であれば1日おきにするようにしましょう。

また、たくさん連絡を取りたいという彼氏の場合は、毎日少しでも連絡を取るようにして自分たちのペースを把握していくといいでしょう。


長続きしにくいカップルの連絡の特徴とは?

長続きしないカップル

「寂しいから毎日LINEやメールをしたい」という女性は多いですが、彼氏は少ない方が良いと考えている場合があります。

付き合いたてはずっと一緒にいたいと思うだけに、早く別れてしまうようなことはなるべくしたくないもの。

どういう連絡頻度だと長続きしにくいのかを見ていきましょう。


特徴1. メールやLINEの頻度が多すぎる or 少なすぎる

メールやLINEの頻度は「これくらいなら正解」というものはありません。

しかし、メールやLINEを一日に何度も送り合っていると、いずれ飽きがきますし、逆に月に数回しか送らないと、付き合っている意味をあまり感じなくなることが多く、結果的に別れにつながってしまうでしょう。

お互いの様子を把握し、寂しさを感じずに長く付き合っていくには、自分たちなりのベストの頻度を見つけることが大切です。


特徴2. 彼氏が忙しい時に連絡を頻繁にする

30代以上の社会人の彼氏だと、職場で責任ある仕事をしているケースが多いので、LINEやメールを返せないことも少なくありません。

そんな彼氏の気持ちも考えずに、「もう仕事終わった?」「まだ返事ないけどどうしたの?」などと送られると、配慮がないと感じて彼氏の気持ちが冷めてしまい、関係がぎくしゃくするきっかけになります。

彼氏の仕事の状況をよく考えて、連絡が少ないから寂しいという自分の気持ちばかり押し付けないことが大切です。

【参考記事】はこちら▽


彼氏と長続きする連絡の秘訣とは?

長続きするカップル

付き合いたての場合も付き合って長い場合も、好きな彼氏とはずっと一緒にいたいもの。

意外に連絡とらないカップルが長続きするという話もありますが、大切なのは連絡の取り方に工夫をすることです。

彼氏と長続きする連絡の取り方の秘訣についてご紹介します。


秘訣1. 彼女から一方的に連絡しない

なかなか彼氏と会えないと寂しい気持ちが高まって、つい何度もLINEやメールをしてしまうという経験をしたことがあるでしょう。

しかし、頻繁な連絡を一方的にすればするほど、彼氏は「こちらの状況も考えてよ」と気持ちが冷めやすくなります。

多すぎる連絡頻度は彼氏の負担を増やすため、「忙しいだろうけど頑張ってね」と一度送ったら、返信があるまで待つくらいの余裕を持っておきましょう。


秘訣2. 彼氏との連絡頻度は、決して無理にならない程度にする

大学生の彼氏でも、勉強以外にバイトやサークルなどでスケジュールが詰まっていることは珍しくありません。

社会人の30代彼氏なら、仕事で忙しくしていて2週間程度連絡がないこともあるでしょう。

女性側もそういった連絡が少ない理由を考慮して、連絡は週に3~4日に控え、友人と会ったり習い事をしたりと自分の時間を過ごすことをおすすめします。


彼氏が忙しい時は、朝や夜の挨拶程度に抑える

忙しい彼に連絡をする女性

残業が多い仕事をしている社会人の彼氏なら、雑談のようなやり取りすら難しい時があります。

仕事の状況によっては2週間近く連絡がないということも起こるでしょう。

そんな時は「おはよう、今日も頑張ってね」「おやすみ、ゆっくり休んでね」など挨拶程度のLINEやメールを送る程度に抑えておきましょう。

彼氏からすると彼女のそんな気遣いが嬉しいはずです。

【参考記事】はこちら▽


秘訣3. 基本的にLINEやメールのやり取りは短文で

お互いに都合が良い時に手軽にやり取りできるのがLINEやメールのメリットです。ぽんぽんと軽快にやり取りをかわせるため、今の状況や気持ちを伝えやすいと言えます。頻度を多めにして短文でやりとりするようにしましょう。

忙しい社会人の彼氏や遠距離の彼氏でも、気軽にやり取りを続けられるはずです。


彼氏との連絡頻度は、二人で話し合ってみて。

連絡について話し合うカップル

1週間2週間は連絡とらないカップルであっても、気軽なコミュニケーションの手段としてLINEやメールを活用しているケースは少なくありません。

多い少ないの感じ方には個人差がありますから、互いによく話し合っておきたいもの。

相手の状況を気遣いながら、自分たちのペースにぴったりあった連絡頻度を見つけてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事