彼氏とLINEする頻度の正解は?盛り上がる話題&おすすめの内容を紹介

彼氏とLINEをしていて、返信がこないと不安になりますよね。既読無視や未読無視をする彼氏は一体どんな心理なのでしょうか。今回は、男性と女性で違うLINEの認識の差や、既読スルーされないための対処法を解説していきます。長続きするカップルのLINE内容も参考にしてみてくださいね。

彼氏とのLINEで悩んでいる女性へ。

彼氏とLINEする頻度の正解

彼氏とLINEしている時、返事がなかなか返ってこなかったり、既読無視をされたりしていませんか。彼氏とどれくらいの頻度でLINEをすればいいのか、迷う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、彼氏とのLINEで悩む人に向けて、彼氏とのLINEの頻度や最適な話題、さらには既読無視をする男性心理を解説します。


まずは、男女のLINEをする目的や価値観の違いを知る

実は男女で、LINEをする目的はそれぞれ異なるのはご存知でしたか。ここでは、男女のLINEをする目的や価値観の違いについて解説します。

ぜひ参考にして、彼氏がどういう目的でLINEしているのか確認してみてくださいね。


女性はLINEをすることで常に繋がっていたい!共感を得たいと思っている

女性にとってのLINEとは、相手と感情を共有すること。「今日〇〇行ったんだけど、すごくかわいかった」「そういえばこんなニュースあったね」などと目的のない会話をしながら、常に相手と繋がりたいと考えています。

相手と会話するためにLINEを使っているので、実用的な会話ではなく、どうでもいい会話の方を好みがちです。


男性にとってLINEはあくまで連絡手段にすぎない

男性にとってのLINEとは、相手に要件を伝えること。「明日は〇〇時にここ集合しよう」「次のデートいつにしようか」など、女性とは異なりはっきりした目的のある会話を好みます。

女性のように感情を相手と共有したいわけではありません。何気ない会話ではなく、あくまで連絡をする手段として考えている男性は多いです。


彼氏の返信が遅いと思うのは私だけ?彼氏との最適なLINEの頻度とは

彼氏とLINEしていて、相手の返信に「遅いな」と思ってしまうことはないでしょうか。果たして彼氏と最適なLINEの頻度はどれくらいなのでしょうか。

ここでは、彼氏との最適なLINEの頻度について解説します。気になる人は、ぜひ彼氏とのLINEの頻度と比較してみてくださいね。


付き合いたてのカップルのLINE頻度

付き合いたてのカップルの場合、相手とLINEすることに楽しさを覚えるので、LINEの頻度も多くなりやすいです。朝起きたときから夜寝る前まで、途切れることなく続くことも多いでしょう。

ですが、あまりにも連絡しすぎると、早めに燃え尽きてしまう可能性も。できれば少し物足りないくらいにLINEを抑えると、飽きることなくLINEが続きやすいでしょう。


付き合って3ヶ月以上経っているカップルのLINE頻度

付き合って3ヶ月以上経っても、基本的に毎日LINEのやりとりすることはおすすめですが、ある程度時間が経つとLINEの頻度も落ち着いてくるでしょう。

彼氏によっては、事務的な内容しか連絡が来ないなんてことも。

そんな時は電話をすることも長続きの秘訣。電話すると彼氏の声が聞けるので、彼女も安心できるはずです。


遠距離恋愛や中距離恋愛をしているカップルのLINE頻度

中距離、または遠距離のカップルの場合でも、できるだけ毎日LINEするのが最適です。日々あったことを話すだけで、彼氏と距離が離れていてもお互いの状況を把握できるので、心理的な繋がりを感じるはず。

彼氏からの返信が明らかに遅い場合や返信がこない場合、もしかしたら彼女から心が離れていることも。毎日LINEすることで、そうした予兆もしっかり感じとれますよ。

【参考記事】はこちら▽


彼氏とのLINEの内容は?彼氏と日常的にLINEする時の最適な6つの話題

彼氏とLINEをする時、どういった内容を話せばいいか迷うことはないでしょうか。ここでは、彼氏と日常的にLINEする時の最適な話題について解説します。

日々のLINEの話題に困っている人はぜひ参考にして、彼氏に話題をふってみてくださいね。


話題1. 「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶

どのカップルの日常生活にも共通している話題といえるでしょう。「おはよう」や「おやすみ」といった挨拶はもちろんのこと、「これから出社する」「今仕事終わった」などの内容でも、LINEは比較的続きやすいです。

挨拶から始まれば、「どうやって彼氏にLINEしようかな」と悩む必要もありません。話題に困った時は、まずは挨拶から始めてみましょう。


話題2. 「お仕事お疲れさま」など労いの言葉

仕事が終わった時は、「お仕事お疲れさま」と労いの言葉をかければ、彼氏も嬉しく感じるはず。共感を得たいがために自分のことばかり話していると、つい彼氏もめんどくさく感じることも。

LINEにおいても独りよがりにならないことが大切です。彼氏のことを気遣う内容を送るだけで、「今日仕事でめっちゃ怒られてさ〜」など、LINEが盛り上がりやすいですよ。

【参考記事】はこちら▽


話題3. 「今日は〇〇なことがあって・・・」などの日常的な話

その日あったことを相手と共有するのもいいでしょう。「今日〇〇行ってね…」などと日常的な会話をすれば、「そこ行ったことあるよ!」などと話が発展する可能性も。

さらに話を盛り上げたいのであれば、日常的な会話の中に彼氏が食いつきそうな話題を出してみること。彼氏もテンションが上がりやすいので、話がさらに加熱しやすいですよ。


話題4. 次のデートや旅行の計画の話

デートや旅行など、お互いわくわくするものであればLINEも盛り上がりやすいでしょう。

次のデート場所が決まっていないなら、「次のデート場所どこ行きたい?」、もしくは「今度一緒に〇〇に旅行に行かない?」などとLINEしてみてください。

デートや旅行が楽しみになるような内容を送れば、彼氏もテンションが上がってLINEがすぐに返ってくるはずですよ。


話題5. ご飯の写真を送り合う

「今日どんなご飯食べたの?」と彼氏とご飯を共有するのも話題としてはおすすめ。ご飯の話をする時にポイントとなるのが写真を使うこと

写真を送れば、彼氏のスマホに「写真が送信されました」と表示されますよね。すると彼氏は、「何を食べたんだろう」とつい気になってしまうはず。

通知だけだと内容がわからないので、すぐに既読をつけてしまいたくなります。


話題6. 「今ココにいる!」といった実況の内容

リアルタイムの話題をするのもおすすめの話題のひとつです。「今ここに来てる!」と送れば、内容に臨場感があるので彼氏もつい気になってしまうはずです。

さらに文章だけでなく写真も一緒に送れば、彼氏も「どこだろう」と反応しやすいでしょう。「ここ前に一緒に来たよね」などと彼氏から返信が来れば、LINEがさらに盛り上がるはずですよ。


LINEの返信が来ない!言葉が冷たい時や、既読無視する時の5つの男性心理

彼氏にLINEをしても、返信が何だか冷たいと感じると悲しくなりますよね。ここでは、彼氏のLINEの返信が冷たい時や既読無視する心理について解説します。

彼氏の冷たい態度が気になる人は、ぜひどれに当てはまっているか考えてみてくださいね。


男性心理1. そもそも返信をする必要がないと思っている

彼氏の中では既に「LINEが終わった」と思っているので、LINEを既読無視しています。「ああ、そうなんだ」と心の中で返信を済ませており、LINEで伝える必要がないと思っている可能性が高いでしょう。

「彼女からLINEがきたら返信をしなければいけない」という感覚を持っていないので、ついそっけない態度になりやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性心理2. 返信がめんどくさいと思っている

男性は基本的にだらだらと会話することを嫌う傾向にあります。毎日何通もやりとりをしているとついめんどくさく感じて、LINEが冷たいと感じることも。

彼女からのLINEに返信してやりとりを始めると、どこで止めていいのかわからない男性も少なくありません。「ずっと続くんじゃないか」と面倒に感じて、そっけない返信になったり既読無視したりします。


男性心理3. 会った時に話せばいいと思っている

男性はLINEを連絡事項として考えていることが多く、恋愛においてLINEをあまり重要視していません。毎日密に連絡を取り合うよりも、会った時にお互いのことを話したいと考えています。

文章の繋がりよりも、直接会話して心の繋がりを確かめたいと思っているので、ついそっけないLINEになったり既読無視することも多いです。


男性心理4. 忙しくて連絡する余裕がなかった

基本的に男性は、複数の物事を同時に処理することが苦手な傾向にあります。仕事が繁忙期だったり、仕事以外で資格を取ろうと勉強したりしていると、ついそのことばかりで頭がいっぱいになってしまうこともしばしば。

忙しくて連絡する余裕もないので、LINEのことが二の次になり、返信が冷たくなったりしがちです。

【参考記事】はこちら▽


男性心理5. 彼女に興味がなくなり別れたいと思っている

LINEでわざと冷たいように振る舞うことで、別れたい気持ちを表している可能性も。直接言いにくいことでも、LINEであれば伝えやすいケースも少なくありません。

日頃言いたいことを言えない彼氏であれば、あえてそっけない返信にすることで、「あなたにもう興味がありません」ということを理解してほしいと思っています。

【参考記事】はこちら▽


彼氏に既読スルーされた時の5つの対処法とは

彼氏に既読無視されたら悲しく感じてしまうことも多いはず。ここからは、彼氏に既読スルーされたときの対処法を解説します。

対処法も様々存在しているので、彼氏に既読スルーされている女性は、ぜひ取り入れてみてくださいね。


対処法1. 気長に返信を待ってみる

もしかしたら彼氏が仕事などで忙しく、返信しようと思ってもなかなかできない可能性もあります。「あとから返信しよう」と思っていることも多いので、返信が来ない時でも気長に待つことをおすすめします。

男性は女性と比較して、文章を打つのがあまり得意ではないという人も多いです。気長に待っていれば、あとから返信してくれるかもしれませんよ。


対処法2. 気にせず次の話題を送ってみる

いつも既読スルーされる場合であれば、「そういう対応の仕方なんだな」と思い割り切るのもひとつの方法。「嫌われたのかな」といちいち考えていると疲れてしまい、気持ちも持たないでしょう。

「そういえば、この前〇〇行ったんだよね?どうだった?」などと話題を変えることで、新たにLINEをスタートさせてみましょう。


対処法3. 寂しそうなかわいいスタンプを送ってみる

彼氏から既読スルーされて悲しい時は、思わず彼氏をドキッとさせるようなスタンプを送りましょう。彼氏に甘えるようなスタンプを送れば、彼氏も思わず返信したくなってしまうはず

最近ではスタンプの種類も非常に幅広いですよね。かわいらしいスタンプで彼氏に寂しさをアピールして、彼氏に構ってもらいましょう。


対処法4. 電話をかけてみる

LINEには無料の電話機能がついていますよね。あえてメッセージではなく、思い切って電話をかけてみるのもおすすめの方法のひとつ。文字を打つことに苦手意識のある男性にとっては、電話をかけると苦手意識が薄れるので喜ばれやすいです。

直接声が聞けるので安心できますし、メッセージと比較してコミュニケーションもスムーズにいきやすいでしょう。


対処法5. 「返信欲しいな」と拗ねてみる

あえて拗ねたLINEを彼氏に送ることで、男心をくすぐるのもおすすめの対処法です。「返信欲しいな」とLINEで彼氏に甘えることで、彼氏も思わずキュンとしてしまうことも。

普段LINEの返信が遅い彼氏であっても、かわいらしさをアピールすれば、「返信してなくてごめんね」などとすぐに返信してくれるはずですよ。


高い頻度で拗ねると、めんどくさい女の印象が強くなるので注意

拗ねることで彼氏の心をくすぐるのは効果的ですが、やりすぎには注意が必要です。いつも拗ねるような態度をとっていれば、彼氏も「めんどくさいな」と感じてさらに既読スルーが増える可能性も。

「ここぞ」という時に拗ねれば、彼氏も飽きずに良い関係性が続きやすいですよ。

【参考記事】はこちら▽


長続きするカップルのLINEの7つの特徴をレクチャー

長続きしているカップルには、LINEにも大きな特徴が見られます。ここからは、長続きするカップルのLINEの特徴について解説します。

彼氏との関係性をさらに持続させたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


特徴1. 長文は使わず、短文で連絡をする

長続きしているカップルは、長年培った関係性がLINEにも現れやすいです。余計なことを言わずに連絡をとりあっているので、LINEしてても苦痛に感じにくいでしょう。

今日あったことをあれこれ書いていると、彼氏からすると「めんどくさい」と感じがち。スパッと短文で切ることで、意思疎通もスムーズにいきやすく関係性が長続きしやすいです。


特徴2. LINEは会うための手段という認識がある

お互いLINEよりも会う方が大切だという価値観があるかどうかも大切。LINEは会うための手段と考えていれば、特に相手の返信を気にする必要もないでしょう。

また急ぎの用事であっても「電話すればいいか」と思っているので、返信がなくても相手に怒りません。お互いLINEに対してに大らかなので、冷たいと感じることなく関係性が長続きします。


特徴3. 大事な話はLINEではせず、直接会った時にする

長続きしているカップルは、大切な話があった時はLINEではなく、直接会って話します。重要な話をLINEですれば、お互いの解釈が異なり、喧嘩に発展する可能性も。

大切な話は相手の目を直接見て話したいと思っています。そうした誠実さの積み重ねでお互い信頼しあえる関係になるので、カップルの関係性が長続きしやすいです。


特徴4. 自分の時間を楽しむことができるので、既読無視や返信が遅いことを気にしない

長続きしやすいカップルはお互いに依存することがなく、趣味や好きなことなど自分の時間を楽しむ方法を知っていることが多いです。相手からのLINEの返信が遅くなっても、怒って相手を責めることもないでしょう。

さらに相手に返信を強要したりしない傾向も多いので、お互い束縛しない穏やかな関係性が、長続きさせる大きな特徴にもなります。


特徴5. 相手が喜ぶ、思いやりのあるLINEを送る

たとえLINEでも、相手のことをどれだけ思いやれるかは大切です。自分のことばかり送ると、相手も煩わしく感じて関係性が長続きしにくいでしょう。

長続きしているカップルは、メッセージにおいても相手のことを常に考えています。「こういえば喜ぶかな」などといった思いやりのあるLINEを送ることで、相手も嬉しく感じて良好な関係性が持続しやすいですよ。


こまめに褒めたり、感謝の気持ちを伝えることができている

長続きしているカップルは、「かわいいね」「かっこいいね」と相手を褒めたり、「ありがとう」と日々の感謝を口に出しています。

感謝や褒め言葉を伝えることで相手からの愛を感じやすく、お互いの信頼感もさらにアップしやすいでしょう。


特徴6. お互いにとってちょうど良い返信の頻度を知っている

付き合いが長いカップルは、ちょうどいいLINEの頻度がお互いにわかっています。「すぐ返信したら迷惑だろうな」と理解していることが多く、あえて時間をずらして返信することも。

お互いの心地よさをわかっており、LINEの返信を相手に強要することもありません。お互いストレスがないので、関係性も持続しやすいです。


返信頻度に不満がある場合は、直接会った時に話し合っている

もし返信の頻度に不満があるような場合、LINEでやりとりするのではなく、直接話し合っているのもポイント。直接目を見て会話することで真剣さも伝わり、喧嘩にも発展しにくいでしょう。

誠実さも、関係性を長続きさせるには大切な要素ですよ。


特徴7. 「わかった」「うん」など相手が返信に困るような返事はしない

長続きしているカップルは相手のことをしっかり考えています。「こう送ればこう思うだろうな」とわかっているので、相手が困るような返信はしません。

LINEでも「うん」「わかった」だけでは会話を終わらせるのではなく、「そういえば…」などと工夫して会話を続けることもしばしば。独りよがりにならないので、相手も嬉しさを感じて関係性が長続きしやすいです。

【参考記事】はこちら▽


彼氏からLINEが来ない時は、上手に対処法を試してみて。

ここまで、彼氏との最適なLINEの頻度やLINEするのに適切な話題、さらにはLINEが冷たい彼氏の心理や既読スルーへの対処法を解説しました。

彼氏のLINEが冷たくなる理由も様々ですが、LINEにおいても「相手のことを思いやる」ことは大切です。自分の彼氏はどういう心理なのかしっかり推測をしながら、正しい対処法をしてみてください。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事