仕事ができる人の性格や条件とは?考え方や習慣を学んで仕事の仕方を変えよう!

あなたの周りに仕事ができる人はいますか?社会人になったら、仕事ができる人間になりたいと感じる人は多いはず。そこで今回は、頭の回転が速い人の性格や仕事ができる人の条件を紹介していきます。少しでも仕事ができる人になれるよう、考え方や毎日の習慣を真似していきましょう。

仕事ができる人って憧れますよね。

仕事ができる人の性格や条件

仕事ができる大人って格好いいですよね。そんな大人になりたいと思っても、なかなか思い通りにいかないのが現実でしょう。ここではどうしたら仕事ができるようになるのか、について解説していきます。

意識すれば、できるようになることも多いので、ぜひこの記事を参考にして、「仕事ができる」大人になってみてください。


仕事ができる人に共通する”性格”の5つの特徴とは

仕事出来る人の特徴

仕事ができる人には色々な方がいらっしゃるでしょう。話好きの方、職人気質の方などなど。しかし、一見バラバラに見える仕事ができる人の中には共通する性格があります。

ここでは仕事ができる人の共通する性格について5つ紹介していくので、参考にしてくださいね。


性格の特徴1. 物事を前向きに考える「ポジティブ」な性格

仕事というのは予想外の連続です。事前に計画を立てていても、その通りに進むことはほとんどないと言っていいでしょう。

ポジティブに物事を捉える人は「これからどうしていくのか」にポイントを絞って考えられます。

ここで大事になる考え方は、いかにポジティブに物事を捉えられるかです。逆境でも物事に立ち向かう人こそ仕事ができる人と言えます。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 要領を高めるために、「効率性を重視する」性格

同じ時間で1の仕事ができる人と2の仕事ができる人であれば、当然2の仕事量がこなせる方が仕事ができる人でしょう。

効率が良い人は常に誰が何をやったら最も効率が良いのかを考えています。

自分の仕事ではなくても自分がやった方が効率が良いと思えば、こなしていきます。普段から効率を意識しているので、仕事をこなす量も増えるので、結果的に効率良く仕事を回せます。


性格の特徴3. どんな人からのアドバイスも受け止める「素直」な性格

ア仕事のできる人はアドバイスを素直に受け入れる

誰にでも欠点はあります。仕事のできる人とできない人で異なるのは、欠点を直せるかどうかでしょう。

欠点は自分では分からないことが多いです。その時に役立つのが上司や同僚、後輩からのアドバイス。

他人から欠点を指摘されたら、素直に受け止めて改善すると、より良い自分になれます。アドバイスをくれた方も気持ちが良いので、何かあればまた言ってくれるようになります。欠点が改善されていくので、どんどん仕事ができるようになるのでしょう。


性格の特徴4. 困難なことにも立ち向かい、常に「自己成長」を重視する性格

楽しい、嬉しいといった感情も良いものですが、本当に人間が成長できるのは「もうやりたくない」と思うほど苦しいことをしている時です。

苦しいのは今までの自分がやってきていないことが原因でしょう。苦しみながら新しいことにチャレンジすることで、能力が身につきます。そのため、仕事ができるようになっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴5. 無駄な時間よりも、「自己投資の時間を大切にする」性格

仕事に費やしていないお金と時間の使い道は自己投資か消費に分配されています。

消費は一時的に楽しくなることですが、自己投資は今後のためになることを行います。

様々な自己投資の方法がありますが、総じて自分の能力が上がったり、進んでいく方向性を修正できたりします。仕事外でも知識やスキルを磨くことが性格として習慣化されているので、仕事ができるようになるのでしょう。


仕事ができる人の4つの”条件”とは

仕事のできる人の条件

仕事ができるというのは自分自身の評価ではなく、他人からの評価で決まります。

なので、仕事ができると評価される人は他人から評価されやすい特徴を持っていると言えるでしょう。

ここでは側から見ても分かりやすい仕事ができる人の4つの条件について説明していきます。


条件1. 複数の仕事を同時並行で進められる

ドラマで出てくるような敏腕上司を創造してもらうと分かりやすいでしょう。

こういった方はスケジュール管理が上手なので、複数のクライアントを抱えていても、同時並行で仕事をこなしていけます。忙しくても安定感があるので、様々な仕事を任されていきます。

経験を積む中で、更に能力が積まれていきます。結果、能率良く仕事がこなせる方になっていくのでしょう。


条件2. メールや電話などのレスポンスが素早い

仕事ができない人ほど、忙しいと言います。仕事ができる人は仕事量が多くても効率良く捌いていくので、忙しいとは言いません。

メールなどのレスポンスにも素早く対応します。連絡が早いと、相手からの心証も良くなるため、話がトントン拍子に進みやすくなります。

そのため、商談などもまとまりやすく、成果も出しやすくなります。仕事をできる人には大切な条件になります。


仕事で大切な報連相も早い

仕事のできる人は報連相が早い

報相連は仕事において必須です。これを怠った結果、取引先の機嫌を損ねてしまったり、重要な情報が伝達されなかったりして、大きな損害を被ることもあります。

仕事ができる人は上司に対しても部下に対しても、情報を伝えたり、相談したりすることの大切さを知っています。

情報伝達に対する優先順位も高いと認識しているので、普通の人よりも報告・相談・連絡のスピードが早くなります。


条件3. ダラダラと悩まず、ビシッと判断を下す

仕事は答えが出ない問いかけを解いていく作業です。答えが1つだと決まっていないので、最後は自分の感覚と経験しか頼りにできない時もあります。

仕事ができる人は考え抜いた後で、悩まないという特徴があります。

ぐすぐす悩んでしまうと、ビジネスはタイミングが命なので、機を逃してしまうことになります。仕事ができる人はチャンスだと思ったら、その機を逃さず、決断していきます。


条件4. ONとOFFの切り替えが上手い

1日あたり大体8時間が仕事に費やされる時間です。人間の集中力は8時間も続かないので、どこかで休憩してやる必要があります

仕事ができる人は能率を意識して仕事をするので、能率が落ちてきたなと思えば、無理して仕事を続行せずに、休憩を挟みます。

休憩中には仕事を挟まず、リフレッシュすることで、仕事に向かう間は集中して取り組め、仕事ができる人というイメージが作られるのです。

【参考記事】はこちら▽


仕事ができる人の3つの”考え方”とは

仕事のできる人の考え方

仕事ができる人が今までに紹介した行動ができるのはどうしてなのでしょうか?

その答えは彼らの考え方にあります。ここでは、仕事ができる人が大事にしている考え方を3つ紹介していきます。ご自身との相違点を確認してみてください。


考え方1. 失敗は罪ではなく、何もしないことが罪と考えている

仕事ができる人は失敗を恐れて立ち止まることはありません。

むしろ立ち止まってしまう方を恐れています。失敗してもそれを次に活かせばいいという考え方をするので、失敗をしてもへこたれず、次に進むことができます。

行動しているので、PDCAを回す回数が普通の人よりも多くなり、結果として自分の欠点を改善できます。


考え方2. ”会社の失敗は自分の責任”と考えている

仕事ができる人は当事者意識が非常に強いです。会社の失敗は自分の責任と考えているので、仕事でもできるだけミスをしないようにします。

また自分ではない誰かがしてしまったミスでも、もしかしたら自分がするかもしれないと思って確認するので、ミスを起こしにくくなります。

こうした考え方が評価されて、重要な仕事も任されるようになるのでしょう。


考え方3. 会社の目標を達成させることは、当たり前のことだと考えている

仕事の出来る人の考え方は会社の目標達成はあたり前

会社から与えられた件数を達成するだけでは最低条件のクリアになってしまいます。仕事ができる人は上司から与えられた仕事にプラスアルファを加えようという考え方をしています。

こうした考え方は自分から積極的に仕事を取りにいくという態度にも現れ、何か仕事が降ってきたときに任せてもらいやすくなります。人の記憶にも残るので、昇進も早いのでしょう。


仕事ができる人の3つの”習慣”をレクチャー

仕事のできる人の習慣

仕事ができる人になるにはどうしたらいいのでしょうか?

仕事ができる人には、特徴的な習慣が3つあります。

この習慣を自分でも、やってみるだけで、仕事ができる人になれます。ぜひ、参考にして試してみてください。


習慣1. 電車の中で、仕事に活かせる本を読んでいる

電車の中を見渡してみると、スマートフォンをいじっている方が大半です。仕事帰りなどは寝ている方も多いでしょう。しかし、仕事ができる人になるには、この電車の時間も有効活用するべきです。

本になっている知識は、スマホに転がっている知識よりも、お金がかけられています。

その本から知識を吸収することで、情報の処理の速度が上がり、仕事ができる人になるのでしょう。


視野を広げるために、小説などの本も読む

普段から本を読まない方は、小説などもほとんど読まないという方が多いでしょう。

小説は手軽に他人の価値観を知れるツールの1つです。小説を読んでいると、共感できる部分も共感できない部分も出てきます。

なぜ共感できないのかを考えることで、視野が広がります。そうなるとコミュニケーションも円滑に進んでいくので、仕事が捗ります。


習慣2. 自分の知識と会話の幅を広げるために、毎日ニュースをチェックする

仕事のできる人は毎日ニュースをチェック

社会人としては当たり前の朝のニュースチェックですが、ボーとみているだけの方と、何か話題になるビジネスの種は無いかと思って見ている方では、吸収できる内容がかなり変わってきます。

また、毎日何種類のニュースをチェックしているのかも重要です。メディアによってはどちらかの意見に偏っていることもあるので、複数のメディアをチェックする習慣があると良いでしょう。


習慣3. 仕事もプライベートも全力で取り組む

仕事ができる人はプライベートを上手く使って、リフレッシュをしています。あるあるなのが、プライベートの時間もダラダラと仕事をしてしまって、生産効率が落ちてしまう方です。

プライベートでも全力で取り組むことで、全体としてのバイタリティが上がります。

モチベーションもアップするので、結果として仕事もしっかり捗るようになるのでしょう。


仕事ができる人の「仕事の仕方」とは?

仕事のできる人の仕事の仕方

仕事ができる人は確かに優秀ですが、天才であるわけではありません。

彼らがどのように仕事をしているのかを知ることで、どのような方でも仕事ができるようになります。ここでは特徴的な3つの仕事の仕方について解説していくので、参考にしてみてください。


仕事の仕方1. 余裕を持って仕事をするために、常に前準備を欠かさない

仕事ができる人は、常にどのようなリスクがあるのかを考えています。

仕事をしていく中で、今やっている作業がどのようなリスクを孕んでいるのか確認し、予め準備をしていきます。

予め準備をしていくことで、不測の事態が起きても対処ができます。突発的な要求でも対処できるので、優秀だという認識を持たれるのでしょう。


仕事の仕方2. 納期がある場合は、綿密なスケジュールを立てて行動する

仕事には納期があるものが多いでしょう。万が一、納期が遅れてしまったら、クライアントからの信頼はもちろん、社内でも叱責を受けることになります。

仕事ができる人が納期のある仕事を任された場合は、中期目標だけではなく、具体的な目標を立てます。

その際、余裕を持ったスケジュールを立てているのも特徴です。そうすることで、万が一遅れが出ても取り戻せるのでしょう。


出社したら、その日に行うことをスケジュール化している

仕事のできる人はその日の仕事をスケジュール化する

人間は忘れてしまう生き物なので、その日に行うことをリストアップしないと忘れてしまいます。

また前日に突然入ってきた依頼もあるかもしれません。全ての仕事を効率的に終わらせるために必要なのが、スケジュール作成です。今日行うタスクが分かりやすくなるため、効率的に終わらせることができます。


仕事の仕方3. 常に周囲の進捗に気を配っている

仕事は個人ではなくチームで行うものです。

また将来的に上に立つ意思があったり部下を持つ立場なら、部下のマネジメントも重要な仕事です。

連絡が遅れている人がいたら、さり気なくフォローしていきます。遅れている人をフォローすることで、プロジェクト全体の流れがよくなり、周囲からも優秀であるという認識が得られていくのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


仕事ができない人の特徴から分かる、仕事ができる人との違いとは

仕事のできないひと

仕事ができる人だけではなく、仕事ができない人にも特徴があります。

ここでは、仕事ができない人の特徴について解説していきます。

あるあると思ったら、今から改善していきましょう。この違いを直すだけでも仕事ができる人に近づけますよ。


1. やる前から「無理」「できない」などの言葉を発して諦めている

仕事ができる人とできない人の違いの1つは口癖です。

脳は単純なので、毎日同じ言葉を言っていれば、人格もその通りに形成されます。ネガティブな言葉ばかりを言っていれば、ネガティブな性格になります。可能性があることでも、やってみようとしないので、人生のチャンスが大幅に減ってしまいます。

必要なリスクを取ることも諦めているので、なかなか仕事ができるようにはなりません。

【参考記事】はこちら▽


2. 飲み会の席などで、いつも仕事の愚痴をこぼしている

サラリーマンのあるあるが飲み会での仕事の愚痴です。

もしあなたが仕事に対して前向きに取り組んでいたら、仕事への不満ではなく、どうすれば仕事をより良くできるのかといった建設的な意見が出てくるはずです。

愚痴は言うだけ言って解決案が出てこない、非生産的な行為なので、飲み会の席でもし言っていたら、日頃、ご自身がどのように仕事に取り込んでいるのかを振り返ってみるといいでしょう。


3. 仕事の復習をしていないため、同じミスを何度もする

仕事の出来ない人は仕事の復習をしない

仕事ができない人は仕事に対する意欲が低い人でもあります。

時間で仕事をしているので、勤務時間が終わると「今日の仕事は終わった」とばかりに何もしません。

当然、言われたことをやっているだけなので、学習することもありません。ずっと同じやり方で押し通すので、同じミスを頻発し、仕事ができないと言われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


4. 大雑把なスケジュールを立てる

仕事のできない人の時間管理は非常に大雑把です。

大雑把であることのデメリットは、自身の生産効率が意識できない点にあります。その仕事に使おうと思っていた時間で本当に終えることができるのかをしっかり把握しましょう。

1日ごとに計画を立てていないケースも多く、流動的な仕事をしている場合には漏れが出てきてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


5. 口だけで、行動に移さない

仕事は自分でやると言ったことをしないと、信用が得られません。

いつも「やるよ!」という割にしていない方は、言ってもしてくれないというイメージが強いので、重要な仕事は回ってきません。

その人が万が一、やらなくても大事には至らないような仕事しか回ってこないので、やる気もどんどん失われていきます。更にやらなくなるという悪循環に陥っていくのです。

【参考記事】はこちら▽


仕事ができる人になる方法って?

仕事の出来る人蜷ある方法

ここまで仕事ができる人の特徴について紹介してきました。

せっかく働くのであれば、仕事ができると評価されたいという方も多いのではないでしょうか?

ここからは仕事ができる人になる方法について紹介していきます。


方法1. 常に会社の成長を考えて行動する

ただ漫然と仕事をしているよりも、目的意識を持って仕事をしている方が、成果が出しやすく、またスキルが向上するスピードも早くなります。

働く上での目的意識は様々ですが、一番分かりやすい指標は売り上げでしょう。

売り上げをどうやったら伸ばせるのかを意識して仕事をすると、数字の結果も出せるので、優秀だと思われるようになります。


会社の成長には自己成長が必要なので、常に学ぶ姿勢を持つ

もちろん会社に貢献するためには、今の自分のままでは今と同じことしかできません。

更に貢献しようと思うと、自分のスキルを高める必要が出てきます。自分のスキルを高めた結果、仕事もできるようになるので、どんなことも素直に聞き入れて自分の力に変えていきましょう。


方法2. 給料を貰えれば良いではなく、未来のために頑張る!と仕事に対する姿勢を改める

仕事のできないは仕事に対する考えを改める

目的意識と似ていますが、会社の未来を考えることも必要です。

給料を貰えればやいという考え方をしていると、どんどん自分が自分に期待するもののレベルが下がっていきます。

逆に、会社の将来を考えると、主体的に仕事ができるようになります。

結果、自分から積極的に提案をしていけるようになり、仕事ができる人と認識されやすいのでしょう。


方法3. 無駄な時間を過ごさず、限られた時間で自分や会社の成長のためにできることをする

仕事ができる人はボケーとして時間を過ごすような無駄な時間を作りません。

自分であらかじめ立てておいたスケジュールが早めに終わった場合でも、次の案件に向けての準備などをします。

隙間時間を見つけることがとても上手なので、仕事に関する知識も人より蓄積しやすく、ピンチにあってもそういった知識で対処していきます。


無駄話をしている時間を仕事に回す

会社で無駄話をしている時間はありませんか?

もちろん考え過ぎて煮詰まってしまった時に、人と話してリフレッシュすることは大切です。

しかし、無駄話をし過ぎてしまうと全体的な仕事効率を下げることになるので、気をつけてみてください。


方法4. 自分を高めるために、常に情報収集やスキルの習得を行う

仕事の出来な人は情報収集やスキルアップする

ビジネスを行なっている方なら、新聞やオンラインなどで毎朝必ずニュースを読むでしょう。

社会人としてどのような流行り廃りがあるのか調べることは重要です。

本当に仕事ができる人は、自分の業界や仕事に関わってきそうな情報について独自の情報を手に入れようとするものです。

その情報が発想力に繋がったり、思わぬ縁に繋がったりするものです。


ビジネス書やニュースを読んだり、資格勉強を行ったりする

情報は時事情報だけとは限りません。ビジネス書や資格勉強などを行うことも重要です。

ビジネス書は過去に成功した方の経験をなぞることができます。人の成功体験を読むことで、自分がどう勝っていけばいいのかを判断しやすくなります。


方法5. プライベートもしっかりと楽しむ

仕事ができるようになろうと意識しすぎてしまうと、プライベートがおろそかになってしまうこともあります。

本当に仕事ができる人は、オンとオフがはっきりと区別できるので、プライベートもしっかり楽しみます。

プライベートも全力で楽しむことで、全体のエネルギーが増えるので、自然と仕事にも全力で取り組めるようになるでしょう。


仕事人間になりすぎると、心に余裕が無くなりミスが多くなるので注意!

仕事人間は仕事ができる人ではありません。

彼らは長時間、仕事をしているだけで、生産効率的には他の人と変わらないという方が多くなっています。

ずっと仕事をしているので、視野が狭くなり、ミスが多くなってしまいます。なので、オンオフを付けて仕事効率も上げていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


仕事ができる人の習慣を真似して、自分の生活に活かしていきましょう。

仕事の出来ない人は出来る人の習慣をまねる

ここまで仕事ができる人の特徴をまとめてきました。

仕事ができる人は才能ではなく、習慣の賜物です。ぜひ仕事ができる人の習慣を身につけて、優秀だと評価されるようになりましょう。また、仕事ができない人の特徴に当てはまっている方は、仕事ができなくなる悪循環に囚われている可能性があります。

まずは意識を変えるところから始めてみてくださいね。


【参考記事】モチベーションを維持して仕事ができる男になろう▽

【参考記事】適当にやって仕事が出来ない認定されていないですか?▽

【参考記事】反骨精神がある人の特徴や性格について徹底解説!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事