結婚しない男のずるい心理と本音|彼氏に結婚を本気で意識させるコツとは?

「何年経っても結婚してくれない」「都合のいい関係になってしまっている」と悩んでいる女性の方へ。この記事では、結婚しない男のずるい心理から、彼氏に結婚を意識させるコツを詳しく解説します!

【男の本音】結婚しない男のずるい“8つの心理”とは?

結婚しない男のずるい心理とは?

「付き合って5年になるのに、結婚の話が全くでないのはなぜ?」

「結婚について曖昧な返事ばかりの彼の本音は?」

お互いに結婚を考えても良い年齢で付き合いも長いのに一向に結婚の話が出ない場合、この関係を続けるべきなのか悩んでしまいますよね。

結婚に前向きでない男性は一体何を考えているのでしょうか?

ここからは、結婚しない男性のずるい本音を深層心理と合わせて詳しく説明します。


心理1. もっといい人が現れるかもしれない

今の彼女に100%満足していないから彼女とは結婚したくないと思っています。

周りから羨まれるような美人やお金持ちの女性、極端なケースでは有名女優やアイドルなど、

「もしかしたら自分の理想としている女性が現れるかもしれない」

と思っており、今の段階では結婚に踏み切れないのです。


心理2. まだまだ遊んでいたい

女性からモテて夜遊びするのが好きなタイプの男性は、モテてる間は自由に遊びたいというのが本音

合コンに参加したり、いろいろな女性とデートしたりできなくなるのが結婚の最大のデメリットと考えており、

結婚して自由に遊べなくなるよりは独身でいる方が魅力的に思えるのです。


心理3. 自分のためだけにお金を使いたい

結婚しない男のずるい心理とはは自分だけの為にお金を使いたい

結婚すると財産を共有することになり、自分の自由に使えるお金はどうしても減ってしまうもの。

お金のかかる趣味が多かったり、飲み歩いたりするのが好きなタイプの男性は、自分のためだけにお金を使いたいという心理から結婚することを躊躇します。


心理4. 都合のいい関係でいたい

結婚するには相手と一生添い遂げるという覚悟が必要ですが、彼氏彼女の関係を続けているだけなら別れるのも比較的簡単です。

嫌になったらすぐに別れられ寄りを戻したければすぐに戻せる、都合の良い関係をキープしたいというずるい心理で、わざわざ結婚する必要性を感じていないのです。


心理5. バツがつくリスクを負いたくない

浮気性だったり飽きっぽかったりする男性は、どうせ結婚しても絶対に長続きしないだろうと思っています。

結婚して別れてしまったら離婚歴がつくだけでなく、慰謝料や財産分与など面倒くさいことも多いでしょう。

結婚を長続きさせる自信がないので結婚はリスクだと考え躊躇してしまうのです。


心理6. めんどくさい親戚付き合いをしたくない

結婚しない男のずるい心理とは親戚付き合いをしたくない

結婚するとなるとお互いの親兄弟に挨拶したり親族の冠婚葬祭に参加したりと、親戚付き合いが増えてきます。

元々自分の親戚付き合いも苦手な男性の場合、相手の親戚も含めて親戚付き合いが増えるのが面倒くさいと感じていて、結婚したくないと感じます。


心理7. 他人と暮らしたくない

一人暮らしが長い男性の場合、いくら好きな女性でも結婚して四六時中一緒にいるのは無理だと感じる男性も少なくありません。

一人暮らしの気ままさが心地よく、誰かと一緒に暮らしたくないという心理から、結婚に踏み切ることができません。


心理8. 出産がないから特に焦っていない

女性の多くは30代になると妊娠や出産のタイムリミットを考えるようになりますが、男性の場合は年齢を重ねても子供を作ることが可能。

子供を作るのに年齢が関係しないため、女性に比べると「〇〇歳までに結婚しなくては」という意識が薄く、今すぐ結婚する必然性を感じないのです。


男性が結婚を決意する5つの瞬間|関係を発展させるきっかけとは?

男性が結婚を決意する瞬間

「結婚はしなくてもいい」と考えていた男性でも、心境が変化する時があります。結婚に及び腰だった男性が結婚を決意するのはどんな瞬間なのでしょうか。

彼氏彼女の関係を発展させるきっかけになる5つの瞬間をご紹介します。


瞬間1. 身近な友人が結婚した時

20代後半から30代にかけて仲の良い友人達が次々と結婚して始めると、以前のように独身男性同士で遊ぶ機会も減ってしまうもの。

周りに既婚者が増えてくると、仲間意識が強い男性は取り残されたくないと感じます。

  • 友人の結婚式に出て祝福されて幸せそうな姿を見た時
  • 友人が新婚生活を楽しんでいるのを感じた時

などの瞬間に、「そろそろ自分も結婚しようかな」と感じるのです。


瞬間2. 妊娠が発覚した時

付き合っている彼女が妊娠したというのも結婚へ踏み出すきっかけになることが多いもの。

  • 彼女が絶対に産みたいという主張してきて、男としての責任を取ろうと考える時
  • いつかは結婚するだろうと思っていた彼女が妊娠した時

などは、それまでは結婚する必然性を感じなかった男性でも、彼女の妊娠発覚がけじめとして結婚しなくてはという責任感が芽生える瞬間になります。


瞬間3. 転勤などで遠距離になることが決まった時

男性が結婚を決意する瞬間は遠距離になることが決まった時

何年も付き合っていてお互いがいる生活が当たり前になっている場合、今まで通りの交際が続けられない状況になってやっと彼女の大切さが分かることも。

  • 地方への転職や転勤が決まった時
  • 海外赴任の話が出た時

など、このままだと遠距離になってしまうとなって初めて焦ります。

彼女なしでは暮らしていけないという焦りから、ようやく重い腰を上げて結婚を決意するようになります。


瞬間4. 不意に、いつも支えられてるなと感じた時

普段は側にいてくれるのが当たり前の彼女ですが、自分が弱った時にはそんな彼女の存在が心強く感じるもの。

  • 風邪を引いてしまって彼女が看病をしてくれた時
  • 仕事で悩んでいる時に彼女がサポートしてくれた時

など、辛い時にいつも支えてくれる彼女に対してありがたく思う気持ちと、今度は自分が支えてあげたいという気持ちが芽生え、結婚を意識するのです。


瞬間5. 祖父母に「ひ孫はまだか?」と言われた時

30代に入ると両親や祖父母から結婚や子供をせっつかれることもありますよね。

両親には「うるさいなぁ、まだ早いよ」と反発する男性でも、祖父母には強く反発できないケースも多いでしょう。

  • お正月などで久しぶりに会った父母から「結婚は?孫はまだかい?」と聞かれた時
  • 祖父母にひ孫を抱っこさせてあげたいと思った時

など、年老いていく祖父母や両親を喜ばせてあげたいという気持ちから、結婚に前向きになります。


彼氏に結婚を決意させる8つの方法|上手に伝えて意識させるには?

彼氏に結婚を決意させる方法

.「曖昧な態度の彼に、結婚を意識してもらいたい」

「彼に結婚したいと思わせるには、どうしたらいいの?」

いつまでも結婚しない男性とどう付き合っていくかには、かなり悩みますよね。ダラダラと交際を続けていても、結婚するタイミングを逃してしまうだけかもしれません。

そこで、彼氏に結婚を決意してもらう8つの方法をご紹介。煮え切らない彼に結婚を意識してもらえるよう、自ら行動を起こしましょう。


方法1. あえて一歩引いた存在でいる

結婚しない男性は、結婚したら独身時代のように気ままに過ごせないことを懸念しがちです。

なので、オフ時間の過ごし方やお金の使い方などに干渉しない彼女になれば、結婚することのデメリットを感じさせず、「結婚しても良いかな」と思ってもらえます。

  • 彼が合コンや飲み会に行くのに嫌な顔をしない
  • 彼が趣味に時間やお金を費やすのに文句を言わない
  • 彼の交友関係に口を出さない

など、彼の生活に深く干渉しない一歩引いた存在になれるよう努力してみて。


方法2. 料理の腕を磨いて胃袋を掴む

「男をつかむなら胃袋をつかめ」と昔からよく言われますよね。

一人暮らしの長い男性は外食やコンビニのお弁当ばかりなことも多く、たまに食べる手料理がとても美味しく感じられます。

  • いつもデートは外食ばかりなら、たまには手料理をふるまってみる
  • アウトドアデートやドライブデートの時に手作りのお弁当を作って持っていく
  • 彼の好きな料理を練習して振る舞う

など、お料理で家庭的なことをアピールしてみて。

「毎日この料理が食べたい!」と彼に思ってもらえれば、自然と結婚を意識してくれますよ。


方法3. 彼氏の友人に協力してもらう

彼氏に結婚を決意させる方法は彼氏の友人に協力してもらう

「結婚したい」という気持ちを彼氏に直接言うと、重たい女と思われてしまうのではないかと心配ですよね。

結婚したいという気持ちを間接的に伝えるために、彼氏の友達の協力を仰ぐのもあり

  • 彼氏の友人に恋愛相談のような形で、「〇〇君、私と結婚する気ないのかなぁ」と聞いてみる
  • 結婚して子供のいる友人がいれば、「私も早く落ち着きたいな」と言ってみる

などで、それとなく外堀を固めてみましょう。

「〇〇ちゃん、結婚したがってるんじゃない?早くしないと愛想つかされちゃうよ」と友達から彼氏に煽ってもらうと、彼が結婚を考えるきっかけになりますよ。

彼氏にはバレないように根回しすることも忘れずに。


方法4. 同棲を始めてみる

ダラダラと付き合いが長くなっている二人なら、一緒に生活することで結婚を意識してもらえるかも。

同棲生活は別々に暮らすよりも金銭的にもメリットがあり、日常生活は結婚しているカップルとほぼ変わりません。

なので、同棲を始めることで結婚に対する敷居が低くなるのです。

  • 一人暮らし同士なら、契約更新などをきっかけに大きめの部屋を一緒に借りる
  • 「1年したら結婚する、ダメなら別れるなど」期間を決めて試しに同棲してみる

などで、同棲に踏み切ってみましょう。

「一緒に暮らすのも良いな」と感じるのであれば、結婚に対しても前向きな気持ちになってもらえるでしょう。


方法5. 朝起こしてあげたり、苦手分野を補填してあげる

夫婦はお互いの欠けている部分を補いながら支え合う関係ですよね。

結婚したくないと考えている彼氏にも支え合う関係の良さを実感してもらうことができたら、結婚について良い印象を抱いてもらえるでしょう。

  • 朝の弱い男性なら、毎朝決まった時間に起こしてあげる
  • 掃除などが苦手な男性なら、定期的に部屋を掃除してあげる

などで、彼氏が苦手とする部分を補える存在になりましょう。

できない部分を支えてくれるかけがえのないパートナーになれれば、自分の人生に必要な存在だと感じてもらえるはずです。


方法6. 「母親」にならないようにする

彼氏に結婚を決意させる方法は母親にならないようにする

結婚したい気持ちが強すぎて、何でもかんでも彼氏のためにやってあげる母親のような存在になってしまうと、男性は甘えてしまうもの。

「わざわざ結婚しなくても、このままの関係で十分」と思われてしまいます。

  • 彼の家に行く度に、部屋の片づけをしたり洗濯などをしたりしない
  • 食事の時に彼のお皿に取り分けたり、ドリンクを注いだりしない

など、彼が一方的に甘えるだけの存在にならないよう心がけましょう。

あくまでも恋人でありパートナーであるということを意識してもらうことが大切です。


方法7. 両親に紹介して、定期的に会わせる

いざ結婚となると「彼女の両親に挨拶にいかなくては」と、構えてしまう男性も少なくないですよね。

形式ばらずに普段から両親に会わせておけば、「この人たちと家族になるのもいいな」と思ってもらえるはず。

  • 地方に住んでいる人は、お盆休みやお正月休みで帰省する時に旅行も兼ねて彼と一緒に帰る
  • 家族で外食をする時に彼氏も一緒に連れて行く
  • 実家の引っ越しや片付けなど男手が必要な時に、彼を助っ人として連れて行く

などを試してみて。お互いの両親も含めて良い関係を築くことで、自然と結婚を意識するようになるでしょう。


方法8. 結婚した友人の家に二人で遊びに行く

既婚の友達がいるのなら、彼氏と一緒に家にお邪魔したり話を聞いたりすることで、結婚生活を具体的にイメージしやすくなります。

「幸せそうで羨ましいな」「結婚って悪くないじゃん?」と思ってもらえたら、結婚したくない彼氏の気持ちも変わるかも。

  • 新婚の友人の家に招かれたら、彼氏と一緒に訪問する
  • 彼氏もいる席で、既婚の友達に結婚して良かったと思ったエピソードを尋ねてみる

などで、友人の結婚生活を彼氏にも知ってもらいましょう。

実際に結婚して幸せそうな友人から話を聞くことで結婚のメリットが分かり、結婚に対して良い印象を抱いてもらえますよ。


いつまでも結婚してくれない男性の6つの特徴|ずるい男の共通点とは?

いつまでも結婚してくれない男性の特徴

「付き合って長いのにプロポーズしないのはなぜ?もしかして一生結婚しないつもり?」

「彼氏が結婚しない男性か見分ける方法ってある?」

長く付き合っているのに結婚してくれない男性には、どんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、結婚しないずるい男性に見られる6つの特徴を紹介します。彼氏が当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。


特徴1. とにかく仕事が忙しい

仕事一筋で多忙を極める男性は、プライベートよりも仕事を優先してしまいがち。

忙し過ぎるから、正直結婚のことまで考えられないというのが本音です。

  • 事業を起こしたばかりで、仕事に全力を注ぎたい
  • 残業や休日出勤も多く、精神的に結婚について考える余裕がない
  • 結婚届を出すだけならまだしも、結婚式の準備や新婚旅行で休みを取るなんて無理と思っている

など、彼氏が忙しい場合は結婚がどんどん離れていってしまうでしょう。


特徴2. 完璧主義で理想が高い

挫折を経験したことのない男性や理想の高い男性は場合、失敗を恐れるので結婚に踏み切れません。

  • 「結婚したら絶対に離婚しない」と、失敗したくない気持ちが強い
  • 自分の母親が完璧な主婦だったり、両親がとても仲が良くかったりなど、結婚に対する理想が高い

などの男性は、理想の高さから結婚に踏み出せないでいます。

自分が彼の理想とする女性像に近づく努力をするか、期間を決めて試しで同棲してみるかすることで、彼の気持ちを変えるようにしましょうね。


特徴3. 自分に自信がなくて何事も女性任せ

いつまでも結婚してくれない男性の特徴は何事も女性任せ

キャリアや容姿などのコンプレックスを抱えている男性や、大人しい性格の男性の場合、自分から「結婚して欲しい」と言い出せないことも。

  • フリーランスやアルバイトなどで収入が安定しておらず、結婚生活を支える自信がない
  • 自己主張することが少なく、普段の付き合いの中でも彼女任せのことが多い

このような男性の場合、結婚したい気持ちがあったとしても積極的に押すことができません。


特徴4. 潔癖症などでマイルールの癖が強い

私生活の中で自分なりのこだわりの多い男性も、結婚して人と一緒に暮らすことを躊躇いがち。

  • 潔癖症で毎日掃除機をかけないと気が済まない
  • リモコンは指定の場所に大きさ順に並べておかないと気が済まない

などは、そもそも人と共同生活を送るのが難しく、結婚に向いていないタイプです。


特徴5. イケメンで女性からモテモテ

容姿に恵まれていて女性からモテるので、「付き合うだけなら良いけど、結婚したら絶対浮気されそう」という男性も、なかなか結婚を言い出さないタイプの典型。

放っておいても女性の方から近付いてくるのだから、結婚して一人の女性に縛られたくないというずるい考えを持っています。

  • 万人受けするイケメンで、職場でも一番人気の男性
  • 彼女と別れてもすぐに新しい彼女ができる男性

このような男性は付き合いたいという女性が多くて選り好みできるので、独身でいる方が美味しいと感じています。


特徴6. 独身貴族として人生を謳歌している

いつまでも結婚してくれない男性の特徴は独身貴族

一人暮らしが長く気ままな生活が沁みついている男性も、結婚によって自由を失うのを恐れているため結婚に非積極的になりがち。

  • 一人で旅行に行ったり、出かけたりするのが好き
  • 交友関係が広く、いろいろな人と飲みに行くのが好き
  • バツイチで「結婚はもうコリゴリ」と思っている

などの男性は、独身のままでいたい気持ちが強いタイプ

結婚に向いていないタイプなので、結婚しても苦労させられる可能性が高いでしょう。


ダラダラした関係をキッパリ終わらせる方法|無駄な付き合いをやめるには?

ダラダラした関係を終わらせる秘訣

「結婚に積極的になれない彼氏と別れて、新しい彼氏を作るべき?」

「なかなか進展しない彼との関係。どうしたら結婚できる?」

彼氏が結婚しない男性の場合、このままでは何年も無駄に過ごしてしまうと焦る気持ちもあるでしょう。

ダラダラと交際を続けるのではなく、一歩前に進むためには何をするべきなのでしょうか?

ここでは、無駄なお付き合いに終止符を打つための3つの秘訣をご紹介します。


秘訣1. 彼氏に期待するのは諦めてキッパリと別れる

結婚のデメリットばかり考える男性や自由気ままな生活を好む男性の場合、何年も付き合っていたとしても、彼の結婚に対する価値観を根本的に変えることは難しいでしょう。

結婚したいと考えているのなら、そんな彼との恋愛を諦めることも視野に入れるべき。

  • 彼氏に結婚する意志があるのか聞いて、その気がないのなら別れる
  • 結婚に向いてないタイプの男性だから、結婚してもきっとうまくいかないと思って諦める

など、彼との関係を諦めてキッパリ別れて次の恋を見つける方が、回り道のようで結婚への近道なこともありますよ。


秘訣2. ダメ元で女性から「逆プロポーズ」してみる

男性から結婚を言い出すまで辛抱強く待っているだけでは、事態が好転しないこともあるでしょう。

そんな時は、思い切って逆プロポーズをしてみては?

  • 2人の交際記念日に「付き合って〇年間ずっと幸せだったから、〇〇君と結婚してこの幸せをずっと感じていたいです」と伝えてみる
  • 彼が仕事で成果を出した時や昇進した時に、「〇〇君の奥さんとして、ずっと支えていきたいな」と言ってみる

など、女性側から結婚を切り出してみて。

もちろん振られる可能性もありますが、結婚できる可能性にかけてみるのも悪くないですよ。


秘訣3. 「結婚する」or「別れる」の選択を迫る

ダラダラした関係を終わらせる秘訣は選択を迫る

いつまでも煮え切らない態度の彼氏の態度がはっきりするまで待っていては、結婚するタイミングを逃してしまいます。

  • 「結婚するか別れるかどっちかにして」と、彼に究極の選択を突き付ける
  • 今は結婚したくないという男性の場合、「今年中に決めて」と期限を設ける

など、彼氏に選択を迫りましょう。

ここで「結婚をしない」方を選ぶような男性だと、何年待っても無駄になってしまう可能性大

とにかく結婚したいと考えているのなら、早く別れたほうが良い場合もありますよ。


結婚しない“ずるい男”には、女性から上手にアプローチしてみて。

恋人関係は続けたいけど結婚はしたくないというずるい男性に焦点をあて、深層心理、特徴、適切な対処法などをご紹介しました。

何年も付き合っている彼氏からなかなか結婚の話が出ないと不安になってしまうもの。ダラダラと交際を続けていくしかないのか、結婚を迫るべきなのか悩んでいる女性も多いことでしょう。

曖昧な態度の彼氏にうまくアプローチして、二人の関係が結婚に向けて一歩前進できるように、今記事で学んだことを活かしてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事