男性が結婚を決めるきっかけとは?交際してプロポーズする平均期間も解説

好きな男性や彼氏がいる場合、結婚を決めるきっかけが何か気になる時ってありますよね。そこで今回は、男性が結婚を決意する10個のきっかけや、付き合ってからプロポーズするまでの期間、男性が思う条件や結婚したい女性の特徴を大公開!結婚したい女性は、ぜひ確認してみてくださいね。

男性が結婚を決断する”きっかけ”って気になりますよね。

男性が結婚を決めるきっかけとは

男性が結婚を決意する「決め手」は、様々な理由がありますが、彼女を幸せにしたいという気持ちがあるので、タイミングはとても大切です。

男性は仕事での成功や、女性は出産など、ライフスタイルに大きな影響を与えます。

そこで今回は、幸せな家庭を作り、彼氏が焦らずに結婚を決めることができるきっかけと最適なタイミングを紹介します。


男性が結婚に踏み切るきっかけやタイミングとは

女性は妊娠や出産、子育てとのバランスを考えることが多く、結婚のタイミングが大切だと考えています。

プロポーズしてくれる男性がいなければ結婚に結びつきませんが、男性も結婚に踏み切るきっかけが必要です。

年齢や交際期間、女性の魅力など、男性がこれが決め手と思う結婚に踏み切るきっかけや理由、タイミングを紹介します。


きっかけ1. 彼女の年齢が30歳目前にさしかかった時

女性は出産のことを考えると、30歳くらいから35歳までに結婚をしたいというのが希望です。

交際している男性としては、女性の年齢も決め手となり、同じ年なら30歳くらい、少し年上なら35歳や40歳までに結婚したいというのが本音でしょう。女性の年齢が結婚に踏み切るきっかけになりやすい理由は、20代のうちに結婚したいという気持ちが強い女性が多いためです。

30代に入ってから結婚しても実質的に大きな差はないのですが、「20代で結婚した」という事実があるかどうかは女性にとっては大きいでしょう。


きっかけ2. 付き合って3年以上の月日が経過した時

男性は、交際を始めてから約3年くらいを目安に結婚に踏み切ることが多いもの。

相手の女性をよく知り、性格を知ってから結婚したい場合は、結婚してもやっていけるかどうかを判断するために3年という期間はちょうどいいでしょう。

また、3年くらい交際すれば、いろいろな場面を見たり様々な経験をしたりするため、互いの性格や価値観が把握できて、一生の問題である結婚をするかどうかの判断がしやすくなるのです。


きっかけ3. 仕事で昇進したり、給料がアップした時

男性は、一家の大黒柱として家族をサポートする役割を持つことが多いので、結婚にあたってはある程度の年齢や経験、収入が必要だと考えています。

会社での信頼を糧に、安定したタイミングで結婚したいと思っている人も多いのです。

彼女を安心させたいという気持ちもありますし、昇進や収入アップという結果を得て自分に自信が持てるようになると、自分が結婚生活をリードしていけるという感覚が強くなるのでしょう。


きっかけ4. 転勤で遠距離になりそうな時

仕事によっては給与や生活は安定していても、「転勤」が多い職場やポジションにいる男性もいます。

しかしこの転勤が結婚のきっかけになり、プロポーズのタイミングになる理由とすることがあります。

転勤で遠距離恋愛になるくらいなら、彼女と離れたくないから連れていきたいという思いが出てきたりと、転勤や栄転は結婚のきっかけの一つです。


きっかけ5. 彼女が妊娠して子供ができた時

彼女が妊娠したのを知った時も、結婚のきっかけになります。

交際していてお互いに好きだとしても、結婚を考えるきっかけがないまま1年2年と続いているといった状況は珍しくありません。

しかし新しい生命を授かったとなると、責任を取るという理由だけでなく、彼女と子供という大切な存在を守ろうという責任感が芽生えるので、プロポーズにも抵抗を感じないでしょう。


きっかけ6. 事前に二人で決めた結婚資金が貯まった時

彼氏と彼女として付き合い始めた頃から結婚を視野に入れているなら、コツコツと二人で結婚資金を貯めていることも少なくありません。

二人で共通の目標を持って貯金することで、結婚前から協力し合うことの大切さを感じながら堅実に付き合っていくことができます。

目標額の結婚資金が貯まった時が結婚を決めるタイミングだとお互いに分かっているため、男性としてはプロポーズをする心の準備をしやすいとも言えるでしょう。


きっかけ7. 落ち込んだ時に彼女が献身的に支えてくれた時

人生はいろいろあるので、「仕事でのミス」とか「体調を崩して具合が悪い」ときに、そばにいてくれる女性は結婚するならこの人が良い!と思わせてくれるもの。

傍に寄り添って、愚痴を聞いてくれたり、看病をしてくれたりすると、「結婚してもこうしてくれる」という気持ちが結婚への決め手になります。

落ち込んだり献身的に支えてくれたりする彼女の行動は、漠然としていた結婚生活のイメージを作りやすくするのです。


きっかけ8. 周囲がみんな結婚しはじめた時

20代後半から30代前半のいわゆる結婚適齢期になると、結婚して家庭を築く友人が周囲に増えてきます。

結婚式や披露宴に招待されたり、新婚家庭に招かれたりして友人の幸せそうな様子を見ていると、自然と結婚を意識するようになるでしょう。

「あいつも結婚したしそろそろうちも」と、プロポーズする決意がしやすいタイミングと言えます。


きっかけ9. 彼女が自分の両親とも良好な関係を築いているのを知った時

男性が結婚してお嫁さんと一緒に実家に住むことがないとしても、両親とのコミュニケーションも大切にしてもらいたいと願うもの。

自分の親と仲よさそうに会話している彼女の様子を見て、将来の結婚生活をリアルにイメージできるという男性も少なくありません。

「彼女となら温かい家庭を築けそう」と感じて、プロポーズをするきっかけが作りやすいと言えるでしょう。


きっかけ10. 彼女と一緒に居たら幸せだと直感で思えた時

大好きな彼女ができると、いつどこにいても嬉しくて楽しいものです。

彼女と一緒にいるだけで理由なく幸せな気持ちになれるというのは、恋愛関係ならではの特権。

仕事で辛く苦しいことがあっても、彼女がそばにいてくれさえすれば頑張れるといった感覚が常にあるなら、彼氏が結婚しようと決意する決め手の一つになるでしょう。


交際してからプロポーズまでの平均的な期間は?

ある程度の交際期間が経過していても、男性か女性かのどちらかが「結婚」を切り出さないと婚約や結婚には進みません

彼氏からのプロポーズを期待するのが女性心理ですが、男性のプロポーズもかなりの覚悟が必要。

ここでは、結婚を意識した後から、実際のプロポーズまでにかかっている期間とその理由をまとめてみました。


期間1. 結婚適齢期を過ぎた人で多いのが「1年」

結婚を決めるには、「この人とずっと一緒にいれば幸せになれるだろう」という感覚が必要です。

そういった感覚を得るには、彼女と過ごす時間が十分とれる1年というのが、決断するにしても区切りのいい期間と言えます。

1年あれば年間のイベントをひと通り一緒に経験でき、彼女の性格や価値観などを把握しやすいのです。


期間2. 学生時代から付き合っている場合「3年」

同棲はしていなくても、お互いのライフスタイルや価値観を知るには、ある程度の交際期間が必要です。

特に学生時代から付き合っている場合は、社会人になってからのお互いの様子を把握してからでも結婚を決めるのは遅くありません。

社会人として仕事など様々な経験を積み、学生の頃よりも考え方がしっかりしたり、将来について堅実に考えられるようになるには3年程度はかかるでしょう。

自分自身の成長を自信に変えていけば、3年程度で思い切って彼氏がプロポーズを決断できるようになりますよ。


期間3. 本当に気が合うと思うなら「1年未満」

お互いの年齢を考えると、ズルズル付き合ってしまうより、なるべく早めに結婚をしたいと思っている男性も多いものです。

これまでの恋愛経験を生かして、インスピレーションを重視すれば、交際期間が1年経っていなくても「この人は自分に必要だ」「ずっと一緒にいたい人だ」と判断できるでしょう。

彼女もまんざらでもなさそうな雰囲気なら、なおさらプロポーズが成功する確率は高いはず。


期間4. 同棲を挟んで見極めるなら「2年」

同棲ができたり、遠距離でない程度の頻繁に会える環境にあるなら、1年を超えた2年以上の期間を目安に、プロポーズを考えている男性は多いでしょう。

1年はお互いを知る期間、その後は半年から1年ぐらいかけて、お互いが結婚に向いているかを知る期間とするのです。

同棲すると、別々に暮らしていた頃とは違う恋人の一面を発見するので、お互いの良い点も悪い点も見つけられる可能性があります。

双方を照らし合わせてみて、「やっぱり一緒にいたい」と思えるなら、結婚へと一歩踏み出すタイミングと言っていいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性が結婚相手へ求める主な条件とは?

「結婚の条件」と「結婚相手に求める条件」は、決め手となるものが少し違います。

容姿や性格、経済力や雰囲気など、「理想的な女性像」は彼女を見て決まることもあれば、理想を元に女性を選ぶこともあります。

そこで、男性が望む結婚相手として女性に求める条件について紹介します。


条件1. 自分と性格や価値観が合うか

恋人には外見、結婚相手には性格や価値観のフィーリングを求めるのが男性心理。

特に、一緒にいる時の過ごし方や会話が、「気を使わず楽しい」ことが結婚相手の女性を選ぶ時の条件になっています。性格や価値観が似ていると、気を遣うことも少なく、会話が弾み話が噛み合いやすいからでしょう。

人生を長いスパンで考えてそこに結婚する理由を置くなら、やはり性格や価値観は譲れない条件になるのです。


条件2. 料理や掃除洗濯など、家庭的な女性か

「家庭的な女性」と結婚したいと思う男性も多く、男性が思い描く結婚生活や結婚の条件から外せません。

面倒見が良く料理上手、金銭感覚や子どもや親への接し方も、家庭を守る、もしくはサポートする女性の重要な見極めポイント。

男性が家庭を守りたいと思うのと同じように、家庭を切り盛りして安定した生活を送りたいという女性の結婚へのイメージは、男性にとっても見逃せない条件です。

【参考記事】はこちら▽


条件3. 自分の仕事や趣味に理解があるか

仕事内容については、同じ職場の人でない限り全てを把握することは難しいもの。

しかし、仕事の全てを理解していなくても、できるだけ理解してくれようとする積極性や、忙しさを受け止めてくれる包容力を彼女が持っていると、男性としてはその前向きさや優しさが励みになります。

そしてそんな行動を取ってくれる女性となら、安心して結婚生活を一緒に過ごせると考えてプロポーズを決意するでしょう。


条件4. 家のことやお金の管理など、心から信頼できるか

結婚をしたら一家の大黒柱になるのは男性ですが、女性にも経済力を求める男性は多いもの。

これは、彼女を信頼しているからこそ、家や財布を任せられるとも言えます。真剣に結婚を考えるなら、子育て中は女性が稼げないとしても、与えられたお金でやりくりできる方が良いのです。

結婚したら、子どもも作って夫婦・親子で家庭も築いて、守っていきたいと思うからこそ、彼女を信頼して家もお金も任せられるというのは重要な条件になるのでしょう。


条件5. 容姿が自分の好みに当てはまるか

理想の容姿も妥協できないという男性もいます。結婚は性格や価値観が重要でも、いつも一緒にいることを考えたり、子どもを考えたりすると、顔や容姿なども欠かせないと思うものです。

ただ、見た目を重視すると、理想も高め。それでも、自分の好みの人が現れるまでは、プロポーズは控えるという男性もいるのです。


男性が結婚したいと思う女性に共通する特徴

「この女性と結婚をしたい」と考えている男性は、そろそろプロポーズを考えようかなと思っています。

待っている女性はちょっとモヤモヤして複雑な気持ちにもなりますが、男性も結婚のきっかけを探していることがあるのです。

そこでここからは、男性が結婚をしようと思う女性の特徴を紹介します。


特徴1. 一途に自分を好きで居てくれる女性

どんなに好きな女性でも浮気性の人と結婚したいと思いません。浮気をせず、自分のことだけを一途に好きでいてくれる人を結婚相手として選びたいというのは、女性も男性も同じです。

自分のことをまっすぐに見てくれる女性は、守りがいがあり、とっても大切な相手と思うもの。結婚しても旦那さんのために、いろいろしてあげたいと思ってくれる人という印象を持つのです。

家庭には穏やかさや安心感を求める男性にとっては、こういう女性は結婚相手としてとても魅力的でしょう。


特徴2. 精神的に自立しており、全幅の信頼を寄せられる女性

可愛い女性を演じたり、彼に甘えてばかりいる女性は、恋人としてはOKであっても、結婚の対象としてみることができないこともあります。

男性は「彼女や家庭を守りたい」といっても、甘えられてばかりの依存する女性を求めているわけではないのです。

やはり結婚相手として候補に上がるのは、しっかりと自立している女性になります。自立している人は、安定感があり、信頼できる頼れる存在になるからです。


特徴3. 気配りが上手で男性を立ててくれる女性

男性はプライドが高め反面、女性よりも繊細で傷つきやすいことがあります。

自分をいかに尊敬し立ててくれるかということは、結婚相手に求める条件の一つでしょう。

仕事で忙しく帰宅が遅くなっても「お帰りなさい」と言って迎えてくれたり、疲れている時は少し遅くまで静かに寝かせてくれたり、そんな気配りを自然にできるタイプの女性だと、男性はスムーズに結婚生活が送れそうだというイメージを持つのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 人に紹介しても恥ずかしくない礼儀正しい女性

男性が結婚を考えると、彼女を「自分の両親」や「会社の上司」などに紹介する時をイメージしたりします。

そのため、TPOに応じた礼儀作法がきちんできているか、品のある振る舞いができるのかといった点をしっかりチェックしているのです。

「人前に出しても恥ずかしくない女性」が男性の理想であり、結婚に対しても理想の女性の特徴と言えるでしょう。


特徴5. 子供好きで面倒見の良い女性

将来子供が欲しいと思っていれば、男性も結婚相手と思う女性に、育児を楽しんでもらえることを求めます。

彼女なら、「子どもを大切に育ててくれる」と思えるなら、結婚したい相手含められるでしょう。

男女問わず育児はできますが、暖かい母親として子どもを育て、子どもの必要を満たせるママになれるかも見定めておきたいのです。

【参考記事】はこちら▽


素敵な結婚をするために、魅力的な女性になりましょう。

結婚したい女性とプロポーズしたい男性は、お二人の性格や考え方、置かれた状況にもよっても変わります。そこで大切なポイントとなるのは、交際期間でしょう。

1年~3年くらいの間に、お互いの本当の姿が見えてくると、プロポーズがより一層魅力的な意味を持ちます。

プロポーズまでのタイミングが長くなりすぎないように、お互いの気持ちを考えて、結婚へのステップを踏むことは大切です。ぜひ素敵な結婚になるよう男性の理想とする女性を目指してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事