なめられる人の特徴&原因とは?なめられないようにする対策方法を解説

人からなめられるとイライラしますよね。そこで今回は、なめられやすい人の特徴や原因から、なめた態度をされた時の対処法や予防策まで詳しくご紹介します。初対面の人や後輩からなめられやすい人は、ぜひ参考にして、威厳のある人を目指しましょう!

なめられやすい人になっていませんか?

なめられる人の特徴&原因

自分では原因が分からないけれど、なめられてしまうことが多いという人は、男性・女性共に多いものです。中には後輩や若手にまで馬鹿にされて、イライラしてしまう人もいるでしょう。

なめた態度をとられないためには、どうすればいいのでしょうか?

今記事では、なめられる人の見た目や性格の特徴から、なめた態度をとられた時の対処法まで、詳しく解説していきます。

「これ以上なめられた態度をとられたくない!」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


絶対バカにされてる!周囲になめられる人の特徴

年上や同世代はともかく、後輩や若手になめられる人もいます。では、なめられる人に共通している見た目や性格などはあるのでしょうか?

ここからは、周囲になめられる人の特徴について、詳しく解説していきます。


特徴1. 自分に自信がなく、自己主張が苦手

人に自分の意見を言えない性格だと、他人のいいなりになってしまいがちです。

例えば、職場で時間的に無理な仕事を頼まれても、ハッキリと自分の意見をいえず引き受けてしまい、「この人は反抗してこないな」と相手に思われると、さらに要求がエスカレートしてしまう場合も。

男性・女性共に、気弱で相手を否定できなかったり、相手の思うままに行動してしまうのがなめられる人の特徴といえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 話し方や佇まいから物腰の柔らかいお人好しな雰囲気が出ている

自分らしさがなく、相手にとって都合のいい人は、つまらない人間だと思われてしまいます。

例えば、誰からも好かれようとし過ぎて、お人好しな人の雰囲気を作ってしまうと、「こいつには何を言ってもいいんだな」と認識されてしまうことも。

また、話し方が優しそうな男性や、言い返して来なさそうな女性も、お人好しな性格に見えてなめられやすいといえます。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 話し声が小さく、ボソボソと話す

相手に届かないような声で話していると、意思の疎通が上手くとれない人だと思われがち。

人は相手のことを聴覚情報から認識する場合もあるため、普段から声が小さい人は、怒らせても怖くなさそうだと思われて、見下されやすくなります。

また、声が小さいだけで消極的な性格だというイメージを持たれやすく、なめられやすくなってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. ひ弱そうな見た目をしている

ほとんどの人は、まず最初に相手を外見で判断します。妙に痩せていたり、いつも猫背だったりして、見るからに弱そうだと、馬鹿にされることが多いでしょう。

特に、身長が低い男性や童顔の女性などは、他人を見下す人からターゲットにされやすい傾向があります。

体質もありますが、力強さが感じられないタイプの人はなめられやすいといえるでしょう。


特徴5. 服装や髪型など、身だしなみがだらしない

清潔感がなかったり、身なりがキチンとしていない人は、人として下に見られがちです。

例えば、靴がクタクタだったり、ヨレヨレのシャツを着ている人は「だらしない人だな」と判断され、軽視されやすくなるでしょう。

男性・女性を問わず、他人の目を気にしていないようなファッションや髪型をしている人はなめられやすい、という特徴があります。


特徴6. 職場の場合、仕事が遅かったり、ミスが多かったりする

最初のうちは許容されていたことでも、何度も繰り返すと許されなくなるものです。

要領が悪かったり、職場に入って何年も経っているのに同じ失敗を繰り返している人はなめられやすいでしょう。

特に、仕事の場合は周りの人が容易にできていることができないと、その分を周囲の人がカバーすることになるため、不満も大きくなりやすいといえます。


特徴7. すぐ人の顔色を伺ったり、反応を見たりする

気弱すぎる人は、常にオドオドしてしまって、挙動不審に見られてしまいがち。

嫌われないかどうかを気にしたり、いちいち人の反応を確認しているのがなめられやすい人の特徴です。

明らかに自信がなさそうな性格だと思われると、周囲の人からは気の弱い人物に映ってしまい、馬鹿にさせる対象になりやすいでしょう。


人からなめられるのはなぜ?気になる主な原因とは

人になめられる人の特徴は、見た目はもちろん、性格や話し方にも表れるのが分かりますね。では、どういった原因からなめられてしまうのでしょうか。

ここからは、人になめられる主な原因について、詳しく解説していきます。


原因1. 仕事の場合、受動的で自分からアクションを起こせないから

なんでも受け身の姿勢をとっている保守的すぎる人は、仕事で良い印象になることは少ないです。

いわゆる指示待ち人間となってしまうと、周囲から頼りない人だと思われて、なめられる対象になりやすいでしょう。

例えば、手が空いているのに自分から仕事を探すことなく、ただボーっと時間が過ぎるのを待っているような人は、誰から見ても楽をしたいだけにしか見えず「仕事ができない人間」という烙印を押されてしまうことになります。


原因2. 自信や責任感が感じられないから

やる気に満ち溢れていて、堂々とした態度の人を馬鹿にする人はほとんどいないでしょう。

一方で、いつも猫背で自信がなさそうだったり、弱気で頼りなさそうだと、他人から低い評価を下され、なめられる原因となってしまうのです。

また、ネガティブな発言が多かったり、いつも叱られておどおどしてしまっているなど、普段の振る舞いも悪い印象を与えやすいといえます。


原因3. 見た目や雰囲気が弱々しいから

見るからに威圧感がない人は、何をしても怒らないイメージを持たれてしまいがちです。

そのため、なよなよしていたり、体型が貧弱だったりすると、弱そうな雰囲気からなめられてしまいます。

容姿にはその人の気持ちや性格が出やすいため、普段から気が弱く、覇気がない人は「反撃されなさそう」と思われてしまうのです。


原因4. 不器用で要領が悪いから

人より劣っていると感じさせる部分があると、どうしても馬鹿にされてしまいがちです。

例えば、他人が当然のようにこなせていることができなかったり、できたとしても毎回のように大幅に時間をオーバーしていると、なめられる原因となってしまいます。

特に、仕事ではそれを他の社員がカバーしなければならないため、良い扱いはされなくなってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 内気で何を言っても反論しなさそうだから

自分の失敗談ばかり話してしまったり、人が間違っていると思っても指摘できない人はなめられる対象にされやすいです。

優しくて思いやりがある女性に多いのですが、自分を卑下し過ぎて他人からの扱いが悪くなってしまうこともあります。

他人を傷つけないようにするのは良いことですが、悪いことは悪いとはっきり伝えて、時には毅然とした態度をとれないと、なめられる原因となってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


なめた態度をされた時の対処法は?

なめられてしまうのは、他人よりも劣っている、と思わせる要素があるからだとわかりますね。では、なめられてしまった時、どう対応すればいいのでしょうか?

ここでは、なめた態度をされた時の対処法について、詳しく解説します。


対処法1. 反応せず冷静な対応をする

なめた態度をとられた時に、おどおどしてしまったり、苦笑いでごまかそうとしてしまうと、面白がられて相手の思う壺になってしまいます。

人を小馬鹿にするような人間は、「反応が面白そう」という理由でなめた態度をとることが多いため、冷静になって無視するか、何も言わずに睨みつけるようにしましょう。

相手との関係によっては難しいかもしれませんが、いじってもつまらない対象だと思わせるのが効果的といえます。


対処法2. イライラせず、しっかりとした振る舞いを心がけてネガティブな印象を取り払う

他人からなめられると、惨めな気持ちになって、ムシャクシャしてしまう人も多いです。

そこで、イライラして自暴自棄になったり、滅茶苦茶な態度をとってしまうと、自分の評価をさらに下げてしまうことになりかねません。

まずは、落ち着いて毅然とした態度で対応するようにしましょう。

例えば、あえて動作をゆっくりにすることで、心に余裕がある姿を見せたり、何をいわれても動じない威圧感を出すのがおすすめです。


対処法3. 露骨に見下してくる場合、しっかりと自分の意見は言うようにする

相手との関係に一定の緊張感がなくなると、見下されるケースが多くなります。

特に、何を言われても言い返してこない人だと思われてしまうと、なめた態度がエスカレートしてしまうため、はっきりとした口調で反論するのが大切です。

例えば、できないことは無理だといったり、間違っていると感じたら臆せずに指摘するなど、一人の人間として緊張感を感じさせる態度をとるようにしましょう。


周囲からなめられないよう改善する対策方法を解説!

なめた態度をとられた時の対処法としては、落ち着いて冷静な対応をするのが良いと分かりますね。

では、普段から馬鹿にされないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

最後に、周囲からなめられないよう改善する対策方法について、解説します。


対策1. 見た目が貧弱に見られがちな場合、筋トレに励んで肉体改造をしてみる

明らかに筋肉質で強そうな男性になめた態度をとる人は少ないでしょう。

人を見下す人間は、自分より弱そうと感じる人を標的にするケースが多いため、やせ細っていたり、太っている人は見た目の印象を変えるだけでも状況が良くなる場合も。

まずは、普段から筋トレやジョギングなどを行い、威圧感のある身体づくりから始めてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


対策2. 話す時は相手の目をしっかり見るようにする

つい遠慮がちになってしまったり、人の顔色をうかがう癖がある人は、普段の仕草を変えるのが大切です。

明らかに不安そうな目つきをしていたり、うつむきがちで話していると、弱そうな人だと思われて、なめられることが多くなります。

人から軽く見られないためには、話す相手の顔をしっかりと見て、はっきりとした声で伝えるようにしましょう。

見た目を変えるのはもちろん、落ち着いていて冷静な動作を心掛けるのがポイントです。


対策3. 小さな成功体験を積み重ねて、自分に自信をつける

成功するクセを習慣にすると、上手くいくイメージがしやすくなります。

例えば、ジムに通ったり、毎日ウォーキングしたり、資格の勉強をしたりして、それをできるだけ継続させるのが大事です。

どんなに小さなことでもいいので、自分で決めたことを達成していくだけで、人として成長でき、それが自然と自信につながるものです。

【参考記事】はこちら▽


対策4. ハキハキと大きな声で話すことを心がける

自分の意見をしっかりと持っていて、発言力が高い人もなめれることがほとんどないといえます。

そのため、普段から堂々と自分の意見をいえるように、確信を持って大きな声で発言するようにしましょう。

的を射た意見をいうために、予め自分の中で考えをまとめておくと、いざという時に自信を持って話すことができます。


対策5. 嫌な態度をされても堂々とした立ち振る舞いを徹底する

なめられている状態で委縮してしまうと、さらに相手がつけあがることが多いです。

いちいち反応するのではなく、冷たく無視するくらいの強い気持ちで対応すると、案外なめられることがなくなります。

考えていることは顔や動作に出やすいため、目つきを鋭くしたり、背筋を伸ばすなどして、強い自分を演じることで威圧感を出すのもおすすめです。


対策6. 服装や髪型を大人っぽく見た目にイメチェンしてみる

大人になってもだらしない学生のような身なりをしていると、下に見られがちです。そのため、なめられないためには、年齢に合った身だしなみを心がけるのも大切といえます。

例えば、仕事のスーツやワイシャツにシワがないか、髪がボサボサのまま外出していないか、など基本的なことから気をつけましょう。

自分の中でできる社会人をイメージすると、より良い自分に変わることができます。


対策7. 職場の場合、周りからの信頼や実績を着実に積み重ねていく

なんらかの実績がある人は、周囲からの評価が高くなる傾向があります。とはいっても、いきなり大きな実績を作るのは難しいため、少しずつ地道に結果を出していくのが大切です。

例えば、職場で普段からミスが多いのなら、どうしてミスをするのか考えて、改善していくだけでも効果大。

できることから着実に実績を重ねていくと、次第に大きな仕事を任されるようになり、自分の自信にも繋がるため、自然となめられることもなくなっていくでしょう。


なめられてると思ったら、自分の態度を振り返ってみて。

男性・女性を問わず、見た目や性格、言動などから、人より弱そうに感じられるとなめられてしまいがち。後輩や若手にすらなめられてしまうのは、何をしても怒らなそうだったり、要領が悪いからという原因が挙げられます。

しかし、なめられないように気をつけていても、なめた態度をとられ続けてしまう人もいるでしょう。

そんな時は、人になめられる原因や対処法を参考に、筋トレや成功体験を続けて、自分を変える努力をするのがおすすめです。

自分に自信をつけて、堂々とした態度をとり続けていれば、自然と周囲に評価されるようになり、なめた態度をとられなくなるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事