要領が悪い人の特徴8選。短所を改善して仕事で成功する方法とは

男性女性問わず、職場に一人は要領の悪い人っていますよね。今回は、もしかしたら自分がその一人かも…と悩んでいるあなたに、要領の悪い人の行動や性格の特徴を徹底解説!さらに、要領の悪さを改善して要領の良い人になる方法まで、詳しくレクチャーしていきます。

もしかして要領が悪いかも…と思った人へ

要領が悪い人の特徴

仕事やプライベートで要領が悪い人っていますよね。もしかすると自分かもしれない…と悩んでいる方も多いはず。

または「要領が悪い人ほど成功する」というイメージも少なからず持っている人もいるかもしれませんよね!

そこで今回は、要領の悪さで並んでいる方に対して、要領の悪い人の行動や性格の特徴をご紹介。

要領の悪さをどう改善したらいいのか?という部分までしっかりお伝えします。ぜひ実践して要領の良い人間を目指しましょう!


当てはまったら注意!?要領が悪い人の8つの特徴

「要領が悪い」と聞いても、いまいちどんな人が要領が悪いのか分からないという人もいますよね。

「悪い」という言葉が付いているため、いい言葉ではないことは想像できますが、どのような人を指すのでしょうか。

そこで今回は要領が悪い人の特徴を徹底的にご紹介します。

特徴をぜひ自分に当てはめてみて、普段の言動を振り返ってみてくださいね。


要領が悪い人の「性格」における4つの特徴

要領が悪い人の特徴と一言で言っても、いろんな要素がありますよね。言動や性格などどんなところに注目すればいいのかと悩む人も多いはず。

そこでまずは、数多くある要素の中でも「性格」の部分について詳しくご紹介。

一体要領の悪い人はどんな性格をしているのでしょうか?自分の性格と比べながら読んでみてください。


性格1. 自分の脳力やキャパを自覚できておらず、無理なタイムスケジュールを組みがち

要領が悪い人は、子供の頃から自分の限界をきちんと把握していません。

大人になって仕事を頼まれても「大丈夫だろう」「できるだろう」と思って全て引き受けて、キャパオーバーになってしまうことがほとんど。

キャパオーバーになってしまう原因のほとんどは、自分の能力やキャパをしっかりと認識できていないこと。

どれほど処理できるか分からないため、無理なタイムスケジュールを組むことが多く、徹夜をしたり、常に急ぎでバタバタとしてしまいがちになります。


性格2. 決断力が乏しく、優先順位をつけたり取捨選択するのが苦手

要領が悪い人は、自分で決断をしてさっさと物事を進めることが苦手です。決断力も乏しく、優先順位をつけるのが苦手で、テンパってしまうことも多いです。

「どれが急ぎの仕事で何からしないといけないのか?」という部分を取捨選択するのが苦手。

結局いつも誰かに急かされていたり、やることがたくさんで、いっぱいいっぱいになってしまうことが多いです。

「物事の優先順位を立てるのが苦手」という方は、要領が悪い可能性がありますよ。


性格3. 面倒くさがりな性格で大事なことを後回しにしやすい

やらなくてはならないこともつい後回しにしてしまう人も、要領が悪いといえるでしょう。後回しにしてしまう人は、面倒くさがりな性格なケースがほとんど。

仕事やプライベートでも余裕がないことが多いです。

たとえば子供の頃の夏休みの宿題。後回しにしてしまうため、いつもギリギリで焦ってしまったり、うまくいかず落ち込んでしまう経験がある方もいるのはないでしょうか。


性格4. 神経質で細かい部分が目についてしまい、結果的に全体の時間を押しがち

要領が悪い人は「今そこは意識しなくてもいいのでは?」という部分に限って、気になって手を止めてしまうことがあります。

例えば仕事の資料作りで「この色が気にくわない」、「この書き方を変えた方が良いかな」と悩んでしまいます。

そういった細かい部分を気にしてしまうことで、結果的に全体の時間が押してしまい、いつもギリギリになってしまいます。

変に神経質な要素を持っていることも、要領が悪い人の特徴といえるでしょう。


要領が悪い人の「行動」における4つの特徴

ここまで、要領が悪い人の「性格」における特徴をご紹介しました。自分に当てはまる!という方もいるかもしれませんね。

では、ここからは「行動」の部分にフォーカスを当ててご紹介をしましょう。

性格より行動の方がより自分にも当てはめやすいので確認がしやすくおすすめです。「要領が悪いかも」という人は注目してくださいね。


行動1. 注力するポイントがズレており、無駄な作業に時間をかけてしまう

要領が悪い人は、いくら説明をしてもなぜか重要なポイントがズレていることが多いです。

最短で仕事が終わる方法があるのに、なぜか無駄な作業に時間をかけてしまうケースがほとんど。

無駄な作業に時間をかけてしまうのは、どれが仕事で大切なポイントなのかをしっかり把握していないからです。

注目すべきポイントが違うので、何度もやり直しをしたり、無駄に時間がかかってしまうことがありますよ。

結果的に「こいつ使えないなあ」という上司の評価にも繋がります。


行動2. カバンやデスクの上が整理されておらず、どこに何があるか探さないと分からない

要領が悪い人は、いつも身の回りが散らかっています。カバンの中やデスクの上が全く整理されておらず、「どこに何があるのかを探さないと見つからない!」というケースが多いです。

「身の回りが散らかる」=「頭の中も散らかっている」ということなので、やはり仕事やプライベートでいい結果を残すことは難しいですよね。

まずは、今自分の仕事にどんなものが必要なのかを考えて、いらないものは処分をするようにしましょう。

必要なものを把握していないまま掃除を始めてしまうと掃除に時間がかかるので要注意です。


行動3. プライドだけは高く、なんでも自分でこなそうとしがち

自分が手一杯の場合、多くの人は助けを呼ぶと思います。しかし、要領が悪い人はなぜかプライドが高いです。

プライドが高く、何でも自分でこなそうという気持ちがあることが特徴です。

自分一人で仕事をこなせるように見せたい、すごいと呼ばれたいという考えがあるからこそ、人に頼らず「自分で全てやろう!」という気持ちになりがち。

その結果、物事がうまく回らなくて、締め切りギリギリになったり、周りに迷惑をかけてしまうことが多いですよ。

女性より男性の方が陥りやすいので注意してくださいね。

【参考記事】はこちら▽


行動4. 仕事や業務にいつも追われており、常にバタバタしている

要領が悪い人は、あらゆることの優先順位を把握していないので、常にバタバタしています。

落ちついてゆったりと過ごすことは、ほぼ無いといえるのではないでしょうか。

仕事の優先順位をつけるのが下手くそで、また、周りに仕事を振り分けることも苦手なので、いつも自分がいっぱいいっぱいになりがち。

追われているので余裕もなく、「なんだかせわしない人だな」「大丈夫かな」という印象を周囲に与えています。


要領が悪い人の長所や短所とは

ここまで、要領が悪い人の性格と行動の特徴についてご紹介しました。自分に当てはまるかも!という人もいたのではないでしょか。

ここからは、要領が悪い人の長所や短所をご紹介します。

いいところと悪いところを把握しておくと、より改善や対策を取りやすくなりますよ。


要領が悪い人の「長所」と言われる部分

「要領が悪い」と聞くと、どうしても「仕事ができなさそう」「面倒な人」といった類語の印象がありますよね。しかし、要領が悪い人の長所もきっとあるはずなんですよね。

長所を知っておくことで、自分にとっての強みを見つけられたり、もしかすると仕事で要領が悪い人を見つけたら、そっとフォローができるかもしれません。

ここから要領が悪い人の長所といわれる部分について詳しくご紹介していきます。


長所1. 生真面目でどんな事にも全力で取り組む

要領が悪い人は細かいことが気になってしまう性格のため、生真面目といわれることが多いです。

細いことが気になり、スムーズに段取りできずに「要領が悪い」という印象を与えてしまいがち。

しかし、生真面目だからこそ、細かい部分を意識してしまい時間がかかってしまうということがありますが、裏を返せばとても丁寧な人

どんなことでも全力で取り組むので、仕事や趣味に打ち込む姿勢は好印象といえるでしょう。

そのため仕事を頼んで適当に行うことはないので、丁寧に仕事を進めたい人とは相性が良いといえるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


長所2. 頑張ってる姿勢は見受けられるため、上司や先輩に可愛がられやすい

生真面目で一生懸命仕事や物事に打ち込むため、好印象を与えることができます。

終始頑張っている姿勢を見受けられるため、上司や先輩から可愛がられるケースが多いですよ。

多少要領が悪くても、やはりコミュニケーションがスムーズに取れたり、話した時の印象が良かったりすると、上司も安心しますよね。

「俺が可愛がってやるか」と思わせるので、結果的に目上の人との相性は抜群です。


長所3. 失敗や挫折する機会が多く、乗り越えるたびにメンタルが強くなる

要領が悪いと失敗をしやすいです。たとえば、要領が悪い人はスケジュールがいつもいっぱいで、やるべきことが締め切りギリギリになってしまうことも。

時間がないため細かいチェックができずに、結果的に失敗をしやすくなってしまいます。

ただ、仕事や勉強などで毎回ミスをしてして挫折をする機会が多いですが、その分大きく成長ができるといえるでしょう

失敗を乗り越えるたびにメンタルが強くなるので、何事もスムーズに行く人と比べて、経験値が豊富になりますよ。

要領が悪いとそれだけで「失敗続きの人」というレッテルと貼られることがありますが、自分を強く成長させられる長所があります。


要領が悪い人の「短所」と言われる部分

要領が悪い人の長所の部分をご紹介しました。

見方を少し変えるだけで、要領が悪くても学びになることがたくさんあるな!と感じますよね。では、反対に短所はどういった部分なのでしょうか?

ここからは要領が悪い人の「短所」といわれる部分について、詳しくご紹介していきましょう。


短所1. 何度指摘しても同じミスを繰り返してしまう

要領が悪いと、相手が怒った理由について理解をしていないことが多いです。また、自分がミスをしたことも忘れてしまう場合も。

そういったことがきっかけで、何度も同じミスを繰り返してしまうケースがありますよ。

一度説明したのにまた同じ部分を間違えているので「なんで覚えられないの?」と相手をイライラさせてしまうことも。

何度も指摘されて間違えてしまう部分は、要領が悪い人にとっての短所といえるでしょう。


短所2. 自分の力量や限界のキャパを見極められていない

要領が悪い人は、上司から仕事を頼まれたときにNOと言うことはほとんどなく、仕事を多く受けてしまう傾向があります。

仕事を受けることに関しては問題ないですが、自分の力量の限界を知らずに仕事を受けてしまいます

とっくに自分のキャパは超えているに関わらず、請け負ってしまうため結果的に仕事をうまく処理することができません。

そのため、納期に遅れてしまったり、周りに迷惑をかけてしまうことが多いのでご注意ください。


短所3. 状況やTPOに合わせて臨機応変な対応ができない

要領が悪い人は、物事の全体の流れを見ていません。何が必要で、何が不要かを把握していないため、1通りのやり方しか準備していないんですよね。

そのため、状況の変化やTPOに合わせて、臨機応変に対応することができません。

生真面目だから一度言われたことに関しては愚直に遂行しますが、トラブルがあった場合の想定ができていないことが短所です。

常日頃から周りの状況をしっかりと把握しておくことと、トラブルを想定してイメージトレーニングをしておくことが重要といえるでしょう。


「要領が悪い人」が「要領が良い人」になる方法

要領が悪い人の長所と短所をご紹介しました。様々な特徴は分かりましたが、要領が悪い人はどう改善していったらいいのでしょうか?

「要領が悪い人ほど成功する」ということはあまりなく、やはり改善が大切。

ここからは改善策と、要領が良い人になるための方法について詳しくご紹介していきましょう。


1. 現在の自分の脳力やキャパを見極めることから始める

「仕事ができない」と考える方は、まずは現時点の自分の能力をしっかりと把握しましょう。日々の仕事や勉強を「頑張ればできる」と思い込んでいませんか?

頑張ればできることももちろん大切ですが、毎日頑張らないと行けない状態はきっとキャパオーバーということ。

要領のいい人、仕事ができる人になるには、まず自分の能力やキャパをしっかりと見極めることが大切になってきます。


例えば、業務や作業の時間をストップウォッチで計測してみるのも効果的

「自分のキャパを知るには一体どうしたらいいの?」と思う方もいますよね。そんな方におすすめなのが、日々の業務や作業にかかる時間をストップウォッチで計測をすることです。

自分がひとつの作業に一体どのくらいの時間がかかるのか?ということを知りましょう。

かかる時間を知ることで、たとえば急に仕事を振られても「受ける」「受けられない」ということがしっかりと分かりますよ


2. 自分のキャパを把握したら、それを基に無理のないタイムスケジュールを組む

上記の方法で自分が作業にどれくらい時間がかかるのか?ということが分かったら、あとは無理のないスケジュールを手帳に落とし込んでいきましょう。

要領が悪い、仕事ができないという人は、スケジュールをきちんと組めていないことが多いです。その日の気分で作業をしてしまうため、物事が進行しにくいという結果に。

まずは仕事の締め切りを把握したのち、スケジュールにやるべきことを書き込んでみましょう。

1つの仕事にどれくらいの時間がかかるのか?ということを分かった上で書き込むと、仕事は何時から行ったらいいのか?などの調整ができますよ。


3. 自分がどこに時間が取られているかを分析し、次はもっと早くなるよう心がける

少しずつ慣れてきたら、特に自分がどこに時間を取られているのか?という部分を把握しましょう。

作業を行う上で「ここはちょっとやりにくいな」「時間がかかってしまった」と感じる部分があるはずです。

そういった苦手分野を把握して重点的に意識をするだけで、よりスピードアップが目指せますよ

時間と作業内容を意識して、自分にとっての得意・不得意を見つけて、次はもっと早くなるように心がけてみてください。


4. 1〜3の工程を繰り返し続ける

時間を計る、スケジュールにしっかりと落とし込むといったことは、1回で終わらず何度も繰り返すようにしましょう。この繰り返しが重要です。

仕事ができる人は、かかる時間とスケジュール管理がとても上手。

いわば「PDCA」(Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Act=改善」)を何度も繰り返すことによって問題と改善点を把握しています。

要領の悪い人の場合は、1回やるだけでできるようになるわけではないので、ぜひ繰り返し挑戦をしてみてください。

この繰り返しによってきっと成長できることでしょう。


誰もが憧れる「要領が良い人」の7つの特徴も合わせて大公開!

ここまで、要領が悪い人の特徴や長所と短所、改善策などをご紹介してきました。

今まで「自分は要領が悪い」と感じていた人も、もしかすると「改善できるかも!」と思えたのではないでしょうか。

ここからは要領が良いといわれる人の特徴も合わせてご紹介をします。


特徴1. 物事にきちんと優先順位をつけて、大事なことから順番にクリアしている

男性・女性とも要領が良い人は物事の優先順位をしっかりと把握をしています。

「今なにを頑張らないといけないのか?」ということが分かっているので、急ぎではない仕事はうまく後回しをします。

優先順位をしっかりつけて、大事な順番からひとつずつクリアにしていますよ。子供の頃の夏休みの宿題では、難しい宿題こそ前倒しで行うことがありますよね。

そのイメージで、難しいものや期日が迫っているものをスケジュールを決めてから片付けましょう。


特徴2. きちんとタイムスケジュールを組み、目標から逆算して行動にうつしている

「要領が良いな」「仕事ができるな」と感じる人は、やはりタイムスケジュール管理がとても上手です。物事の優先順位を明確にして、目標から逆算をして行動に移しています。

「この仕事をするためには〇〇が必要ということを明確にしてスケジュールを決めていきます。

「仕事ができない」と感じる方は、まずは目標を明確にしてやるべきことを細分化してみましょう。

先ほどご紹介した方法で、時間を計ってスケジュールに落とし込んでみてくださいね。


特徴3. 自分一人で完結させようとせず、上手に周囲の人に頼れる

男性・女性に限らず、仕事ができるなと感じる人は、自分一人で物事を完結することは少ないです。「自分一人でできない」と感じた場合には、上手に周囲に頼ることができますよ。

要領が悪い人ほど、全て自分で完結をさせたがる癖がありますよ。自分でできないことはサッと誰かの助けを求めることも覚えておきましょう。

会社だけではなく、学校やバイトなどでも使えるので学生はもちろん、子どもにも教えてあげるといいかもしれません。


特徴4. 本質を見抜く力に長けており、まずは何をすべきか?がいつも明確

要領が良い人、つまり類語では「仕事ができる人」ということですが、この人たちは物事の本質的な部分をしっかりと把握しています。

「何が今重要なのか」という部分を見抜いているので、やるべきことが明確です。

そのため無駄な時間を過ごすことはなく、相手が求めていることが瞬時に判断できますよ。

瞬時に判断できる境地まで成長するためには、今担当している仕事の意味をしっかりと理解することが大切です。

ぜひ今日から意識をしてみてくださいね。


特徴5. 柔軟性が高く、状況に応じてベストな対応ができる

要領が良い人は、自分の仕事の流れだけ確認するのではなく、物事を俯瞰でみて全体的な役割を把握していることが多いです。

そのため、自分の担当外で何か問題が起きた場合も、臨機応変に対応することが可能なんですよね。

反対に要領が悪い人は、自分のことだけしか見ていないので、この対応力がうまくありません。。想定外のことが起こってしまった場合は、焦ってしまうので要注意。

状況に応じてベストな対応ができると、仕事やバイトなどで重宝されやすくなりますよ。結果的に仕事がまわってきやすくなったり、出世のチャンスにもなります。


特徴6. 自頭がよく、一度聞いたことはすぐに覚えられる

要領が良い人は、類語で分類すると「頭のいい人」ということ。

誰かから言われたことでも、一度聞いたらすぐに覚えられて、アウトプットすることができますよ。自頭が良いといえるでしょう。

頭が良いと「物事がなぜ起こったのか」「なぜ必要なのか」という部分まで考えることができます。

そのため仕事やバイトの業務の内容をすぐ把握でき、相手が欲しがっていることを瞬時に提案できますよ。

また、何度も教える必要はないので、上司にとっては楽な後輩ですよね。手がかからないことで、より重宝されやすくなりますよ。


特徴7. すぐに行動ではなく、頭で計画を練ってから行動に移す

要領が悪い人は、思いついたらすぐに行動してしまうことが多いです。

しかし、要領が良い人は、すぐに行動に移すのではなく、一度自分の頭で計画を練ってから行動に移します。

計画を練ってから行動に移すので、物事の成功率が格段にアップ。短時間であらゆることにチャレンジできるので、より多くの経験ができるといえるでしょう。

要領が悪いと感じる人は、ぜひ一度自分の頭で考えて行動してみることをおすすめします。

【参考記事】はこちら▽


「要領が悪い」から「要領が良い」を言われるように目指してくださいね

要領が悪い人の特徴と改善点、要領が良い人の特徴などをご紹介しました。

一見「たくさん失敗をした、要領が悪い人ほど成功するんでは?」と思いがちですが、やはり要領が良い人の方が成長がしやすいです。

短時間で成果を挙げられますし、信頼関係も作りやすいです。

もちろん要領が悪い人も長所はたくさんありますが、「自分の要領の悪さを改善したい」という人はぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事