人の目を気にしない方法9選。周りの目が気になる心理&原因も解説!

人の目を気にしない人に憧れることってありますよね。今回は人の目を気にしてしてしまう人の心理や原因から、人の目を気にしてしまう人の特徴までレクチャー。さらに、人の目を気にしないようにするための方法までお教えします。自分らしく生きてない人は是非、参考にしてくださいね。

人の目を気にしない方法って気になりますよね。

人の目を気にしない方法9選

他人と関わっていると、ついついその人の目を気にしてしまいよすよね。でも本当は人の目を気にせず、過ごしたいと思っているにも関わらず、上手くいかないという方に向けて、人の目を気にしないための方法を紹介していきます。

人の目を気にしてしまう人の特徴もお教えするので、自分の性格と比べながら確認してみてくださいね。


人の目を気にしてしまう人の心理や原因とは?

他人の目が気になってしまう人は、無意識の内に他人に対して気を遣っている人が多い傾向にあります。ここでは、他人を気を遣ってしまう理由について心理面から解説していきます。

5つの要因に分けて細かく分析していくので、ご自身がどのタイプの当てはまるのか考えながら読んでみてくださいね。ご自身の対応が分かると、対策も立てやすくなりますよ。


心理や原因1. 常に他人の評価が気になってしまう

人の目を気にする心理状態の1つに、自分の価値を他人の評価によって決めているというものがあります。こういった方は自分で自分のことを評価することができません。

また承認欲求が強いので、他人に認められて初めて自分が評価されていると感じます。自分への評価が完全に他人に依存しているために、人の目を気にしてしまうのでしょう。


心理や原因2. 自己肯定感が低く、自信がない

次の心理的な特徴は自己肯定感の低さです。経験がなかったり性格的に自分のことを信じることができなかったりする人は、不足している自信を他人からの評価で埋めようとします。

他人から良い評価をもらうために、自分の選択を自分だけの意思で決められず、他人から良い評価が得られる選択肢を選んでしまい、自分らしい生き方ができなくなっているのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


心理や原因3. 他人から嫌われることがとにかく怖い

世間体を気にする人がいますが、彼らは世間からハブられることが怖いからこそ、極端に世間体を気にするのです。

世間一般的な像から離れてしまうと、誰かに嫌われてしまうのではないかと考え、自分で自分の行動を抑制しているのです。

こういった人は自分は自分、人は人と自分と他人を割り切って考えられていないことが多い傾向にあります。


心理や原因4. 人に怒られることを恐れている

誰でも怒られると不快な気分になりますよね。怒られることを回避するために、他人が喜ぶことは何かを考えてその通りにしている方もいるでしょう。

相手との関係性が表面的なものであるため、怒らせて関係性が崩れることを警戒しています。

そのため、機嫌を損ねないように相手に同調したり、相手が望むことを言ったりしてしまうのでしょう。


心理や原因5. 自意識過剰で常に周りから見られていると思っている

人目を気にする心理状態の1つが自意識過剰です。頭では誰も見ているはずがないと分かっていても、電車や職場で見られていると感じてしまいます。

こうした人は身なりも小綺麗にしますし、話し方もいつも丁寧です。

常に視線を感じているので、家の外では自分の思う通りに行動することができ、人を不快にしない、振る舞い方をする傾向にあります。


人の目を気にしてしまう人の5個の特徴

ここからは人の目を気にしてしまう人の特徴について性格的な面から見ていきたいと思います。ここで挙げる例は5つともネガティブな性格ですが、人の目を気にすることで得られるメリットもあるかもしれません。

具体的にどのような特徴があるのか見ていきましょう。


特徴1. 負けず嫌いで、人と比べる癖がある

自分の自信のなさを他人からの評価で担保しようとする人は、他人と自分を比較してしまう癖があります。他人の業績などを見て「あの人には勝っている」と思うことで、自信を得ようとするのです。

こうした方は他人に負けたくないという強い思いがあるので、負けず嫌いなところがあります。勝負事になると、急に真剣になるのはこのタイプでしょう。


特徴2. 見栄っ張りで理想が高い

理想が高い人は自分自身の目標も高い傾向にあります。こうした方が人目を気にする理由は、高い目標を失敗して無くした自信を取り戻そうとするからです。

落ち込んだ気持ちを自分では上げられないので、見栄を張って自信を取り戻そうとします。自分では自分のことを認められないので、他人から認めてもらおうとするのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 引っ込み思案で目立つことが苦手

これは生まれ持った性格だと思いますが、もともと引っ込み思案で自己主張があまり得意でない人は、人目を気にする傾向にあります。

引っ込み思案な方は注目を浴びることを嫌うので、人目を集めることに敏感です。少しでも注目をされないようにと、相手の意見に同調して、自分の思っていることには蓋をしてしまうのでしょう。


特徴4. ネガティブで被害妄想が激しい

被害妄想が激しい方は他人からの悪口に敏感です。言った本人が悪口だとは思っていなくても、どんどん悪い方向に捉えてしまいます。

こうした方は人一倍他人からの感情に敏感で、他人からの批判によって自分が傷つくことを恐れています。

自分が傷つかないため、他人に噂される話題をできるだけ作らないので、誰かに楯突くことは滅多にありません。結果として自分の思うようには生きられないのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 嫉妬心が強く、劣等感を抱きやすい

性格の特徴として他人の成功を素直に喜べず、嫉妬してしまうというものもあります。

嫉妬心は特に同性に対して抱きやすく、成功している人に対して「同じようなタイプなのに何故あの人だけ」といったような気持ちを抱いてしまいます。しかし、嫉妬している方には、その嫉妬心を隠したいという思いも。

嫉妬しているという事実を隠すために、人目を気にするのでしょう。


人の目を気にしない人になるための9つの方法

毎日人の目を気にして生きていたら、だんだんと息苦しさを感じてしまうでしょう。ここでは、人の目を気にしないで生きるための方法についてお教えします。

もし自分らしく生きたいと思っている方がいたら参考にしてください。


方法1. 思い切ってSNSをやめる

インスタグラムやTwitterは、人間の気分を下向きにさせるSNSだと言われています。

インスタグラムの中では人生を充実しているような投稿が並んでいます。それを見て焦って自分も何かをしてみたという方も多いかもしれません。

このようにSNSは皆が一番良い部分を載せるので、どうしても他人と自分を比較してしまいがちです。インスタグラムをやめることで、比較して劣等感を感じることが少なくなるので、ストレスも減りますよ。


方法2. 自分の意見を主張する習慣をつける

他人の意見に流されてしまう人は、主体性を発揮する訓練をしたことがあまりないのかもしれません。まずは自分の意見を持つようにしましょう。

自分の意見を持つことで、他人の意見に流されない判断基準が作られます。人生を主体的に歩んでいけるようになるので、人目を気にしてばかりな人生よりも、自分らしさが追求できるかもしれません。


方法3. イメチェンをして、自分に自信を持つ

自己主張ができない方は自分に自信がない方が多い傾向にあります。自信を持つためには様々な方法がありますが、その中でも手っ取り早いのがイメチェンです。

イメチェンをすると印象がガラリと変わるので、これまでと違った自分を作ることができます。周囲の人も今までと違うという印象を持つので、多少性格が変わっても受け入れてくれやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


方法4. 「すいません」を「ありがとう」に変換する

発する言葉によって人格は変わってきます。悪いことをしていなくても「すいません」と言っている方は、知らず知らずのうちに自己肯定感を下げています。

改善するためには「すいません」を「ありがとう」に変えてみてください。自分を下げるのではなく相手を上げる言葉なので、自信がつき、人目もそれほど気にしなくなります。


方法5. 見栄を張らず、全てをさらけ出せる友人を作る

自分らしく生きるためには、その生き方を受け入れてくれる人を作ることが大事にです。気が許せない友達ばかりだと、どうしても本当の自分を出せなくなってしまいます。

逆に、自分の汚い部分をさらけ出しても受け止められると、自分の存在を肯定されたという安心感があります。自分らしく生きていても帰ってこれる場所を作るようにしましょう。


方法6. 転職や引っ越しをして、周りの環境を大きく変える

自分を変えるには周囲の人を変えることが一番だと言われています。特にこれまで付き合ってきた人と付き合い続けていると、どうしても今まで通りの振る舞いになってしまい、自分が望むような振る舞い方はできません。

本当に変わってみたいと思うなら、新しい人間関係に飛び込み、その中で今までと違った自分の性格を築いていくのもいでしょう。


方法7. "人は人、自分は自分"という考え方を持ち、比較することをやめる

自分と他人は違うと割り切ってしまえば、感性の違いについても腹落ちできてしまいます。人間は1人1人持っているものが違うので、他人が成功している分野で成功するとは限りません。

比較するのをやめることで、「どうしてできないのか?」と考えるストレスから解放され、自分が本当に興味のある分野に取り組むことができます。

【参考記事】はこちら▽


方法8. 成功している人の本や名言に触れて生き方を学ぶ

成功している人の名言には自分らしく生きるヒントがたくさんあります。どんな方であれ成功している人は、自分が信じた道を歩いた方です。そうした人が遺した本や名言はその人の実体験から出てきたものです。

自分らしく生きたいけど、どうしたらいいのか分からないという方は、本や名言を呼んで勇気をもらってみてもいいでしょう。


方法9. 全ての人に好かれる事は、不可能であることに気づく

人間は1人1人価値観が異なるので、全ての人が好意を持つ人物になることは不可能です。当たり前のようですが、普段生活している時には忘れてしまい、誰かと合わないと感じると落ち込んでしまいます。

全ての人に好かれることはできないと割り切ってしまえば、合わない人に変に気を遣うこともなく、自分らしく生きやすくなりますよ。


人の目を気にしない方法を試して、もっと充実した毎日を!

ここまで、人の目を気にしてしまう人に対して、他人を気にせずに生きる方法について紹介してきました。人生において金銭と時間は有限です。今変りたいと思っているなら、挑戦すべきタイミングなのかもしれません。

せっかくの機会なので、少しずつ自分らしさを見つけていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事