関わってはいけない“やばい人”とは|距離を置くべき人の特徴や見分けるポイントを解説

関わってはいけないと直感で思うやばい人の特徴について知りたい方へ。今記事では、やばい人の特徴について詳しくご紹介します。人の不幸を好んだり、喧嘩っ早かったりなど、なるべく距離を置きたい人の特徴を解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

「やばい」と感じる人とは距離を置いた方が得策

関わってはいけないヤバい人

近所の人や、職場などに「この人やばいな」と感じる人と出会うケースがあると思います。

見るからに「近寄りたくない」と感じる人もいれば、一見すると普通なんだけど、なんとなく不穏な空気が漂っているようなやばい人もいるでしょう。

近くにいるやばい人に深く関わると、もめ事など無用なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

お互いに平穏にすごすためにも、なるべく距離をとって関わらないほうがおすすめですよ。


やばい人の特徴とは|なるべく距離を保つべき人を見分けるポイントを解説

「やばい人とは関わってはいけない」といっても、やばいとは抽象的な表現でわかりにくい人もいるでしょう。

ここではなるべく距離を保ちたい、やばい人を見分けるポイントを紹介

会社など身近にいる「やばそうな人」が本当にやばい人なのか見分ける参考にしてみてくださいね。


やばい人に多い「性格」の特徴

やばい人を見抜くポイントの一つが性格から見分けてみる方法です。

やばい人は一見普通の人のようでも、コミュニケーションとってみると性格にクセが見られるもの。

ここではやばい人に多く見られる性格の特徴を紹介します。


やばい人に多い性格1. 感情の起伏が激しい

やばい人はその時の感情だけで、考えなしな配慮に欠ける行動をとってしまう傾向が見られます。

職場の上司など機嫌のいいときと悪いときで指示や指導が変わってしまい、部下はみんな辟易しているケースなどありがちなもの。

感情の上り下がりで周囲の人は対応を変えざるを得なくなってしまい、「この人はやばい」と思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


やばい人に多い性格2. すぐに苛立ってしまう

自分の感情の乱れが制御できずに、それを表に出してしまう傾向がやばい人には見られます。

会社の同僚などでさっきまでは全然普通だったのに、ちょっと上司に仕事のミスを指摘されただけでイライラを隠せなくて周囲に「怖い」と思われる人を見受けられるもの。

通常の人は感情が乱れても、それを制御しようと心がけます。しかし、やばい人は気持ちをコントロールできない上に苛立ちを表に出してしまいます。


やばい人に多い性格3. 嫉妬心が強い

自分よりも他人が評価されていることや、人気があることなどに対してガマンできない。そのような性格的特徴をやばい人は持っています。

自分よりも男性に人気がある女性社員に対して嫉妬して、あることないことウワサを言いふらすような会社の同僚などはその典型といえるでしょう。

自分が一番でいたい心理や、他人が良い思いをするのを許せないなどの強い嫉妬心で周囲に被害を及ぼしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


やばい人に多い性格4. 物事を超ネガティブに考える

あらゆることを悲観的にとらえすぎると、「あの人ネガティブすぎて怖い」と周囲の人は引いてしまいます。

ほんの些細なミスをして誰も気にしていないのに「自分は許されない失敗をした」とか「みんな自分の無能さを裏で笑っているんだ」とネガティブすぎる考えにとらわれて落ち込む姿などを見せるもの。

「誰も気にしていないのに、イチイチ慰めるのは面倒……」そんなふうに思われて、やばい人認定されるのです。

【参考記事】はこちら▽


やばい人に多い性格5. 物事を金銭で考える

やばい人の中には損得勘定でしか物事を判断しない人や、金銭的な利益のためならばなんでもやるという人などがいます。

困っている時に助けてくれたと思ったら、後で金銭を要求してきたり、お金のためには人をだますこともいとわなかったりする人はその典型。

他人の気持ちや道徳観よりも自分が金銭的な利益を得ることを最優先してしまうのです。


やばい人に多い「行動」の特徴

やばい人は通常の人ではあまりとらない行動を見せがちです。

行動に違和感を覚えているなら、その人は「やばい人」の可能性があるでしょう。

ここではやばい人に多く見受けられる行動面での特徴を紹介したいと思います。


やばい人に多い行動1. 人の悪口ばかり言う

他人に対する不平不満をすぐに抱いて、その気持ちを隠さない傾向が、やばい人にはありがち。

職場や近所に常に身近な人の悪口ばかり口にするような人が一人はいますよね。

人の悪口を言うことはみっともないことだと通常の人は考えて、できるだけ言わないように自重するもの。やばい人はそんな意識を持ち合わせてしないので、悪口が止まらないのです。

【参考記事】はこちら▽


やばい人に多い行動2. 平気で人を裏切る

親しい人や恩義がある人に対して通常であれば、裏切れば心が痛むもの。しかし、やばい人にはその気持ちが希薄な面があります。

小さなころからの親友がいじめられている姿を見て、助けるどころか、自分の保身のためにいじめに加わるような人がやばい人といえるでしょう。

どんなに大切な関係性でも、自分の保身や利益のためには裏切るのをいとわないのです。


やばい人に多い行動3. 平気でお金を騙し取る

お金は誰にとっても大切なもの。それを人をだまして奪うなど、普通ならできない行為をやばい人は抵抗なくおこないます。

「今さえ乗り切れたらお金が入るから自分を信じて貸してほしい」などど本当は返せるあても、返済する気持ちもないのに借金をしてしまうようなお金にだらしない人はやばい人といえるでしょう。

お金に対する欲望が強い上に、人をだましてでもお金を得ようとする行動がやばい人には見られるのです。


やばい人に多い行動4. 人をコントロールしたがる

やばい人は、「周囲の人間は自分のために行動すべき」と、意識しているいないに関わらず、深層心理ではそのように考えている傾向があるもの。

他人が自分の意にそぐわない行動をすると露骨に不機嫌な態度をとって、相手が常に自分の顔色をうかがう状態にします。そして、思い通りにコントロールしようとするような面があります。

他人が自分に迷惑をかけないことは当然として、自分の意のままに動くことにも喜びを抱いているのです。


やばい人に多い行動5. すぐに手を上げようとする

社会人であるとか大人であるとか以前に人として他人に暴力をふるうという選択を普通の人はしないでしょう。しかし、やばい人にはその常識が通用しません。

近所などで騒音を出すような迷惑行為をしておきながら、自分が注意をされると暴力をふるおうとする関わらないほうが良い人がいますよね。

自分に対して異を唱えるような行動をされると、暴力的な行為で相手を威圧しようとするのです。


やばい人に多い「見た目」の特徴

やばい人には「関わらないほうが良いな」と思わせる見た目の特徴があります。

ここからはやばい人に多く見られがちな見た目の特徴を紹介。

人を見た目で判断してはいけないとはいえ、やばい人には独特の雰囲気があるものですよ。


やばい人に多い見た目1. 目つきが悪い

「目は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、その通りで性格的な特徴は目つきに現れます。

荒っぽい性格の人は相手を威圧するような怖い目つきをしているものですし、他人を平気でだますような人は人のいい笑顔を浮かべても目は笑っていない傾向があるもの。

その人の持つ性格はある程度、人相に出るものですが、特に目つきにはよく現れるのです。

【参考記事】あああああああああ太字ああああああ▽


やばい人に多い見た目2. 清潔感があまりにもない

最低限の見出しなみを整えるのは常識的なことで、個人の自由というわけにはいきません。しかしそれを守れないのがやばい人の特徴の一つといえるでしょう。

仕事の場にボロボロの服を着てきたり、髪型やヒゲがボサボサ。風呂に入っていないのか悪臭がする。そのような特徴がある人は普通の人とはいえないですよね。

「一緒に行動したくない」「この人とは距離を置きたい」そう思わせる不潔感がやばい人にはあります。


周りにやばい人がいたら、深く関わらないように距離を取りましょう。

やばい人は裏切る、暴力的に威圧する、平気でだますなど、なるべくなら関わりたくない特徴を持っている人のこと。

深く関わりを持ってもメリットはないといえるでしょう。

会社や近所などにやばい人がいて、付き合い方に悩んでいる人もいるかと思います。

対策法としては「関わらない」のが一番。性格や行動、見た目などから慎重にやばい人なのか見極めましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事