声が小さい人の原因や心理を解説。声を大きく改善するトレーニング方法とは

周りから「声が小さい」と言われた経験がある人や、職場に声が小さい男性や女性がいる人って意外と多いですよね。今回は、声が小さい人に共通する特徴や心理だけでなく、声が小さくなる原因や理由を大公開!さらに、もう「声が小さい」と言わせないために、改善するトレーニング方法までご紹介します。

どうして声が小さくなってしまうのでしょうか?

声が小さい女性

「声がよく聞こえない」と聞き返されたり、雑音の多い場所で声が通らなかったりした経験はないでしょうか。自分の声が小さいことや滑舌が悪いことにコンプレックスを感じる人は意外と多いものです。

今回は、声が小さい人に共通する原因や心理、さらに、声が小さいことを改善するトレーニング方法まで、詳しく解説していきます。「声が小さい」と言われて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


声が小さいと言われる主な7つの原因や理由って?

「声が小さい」と言われる人には、いくつか共通点があります。ここでは、声が小さい人に見られる主な7つの原因や理由について解説していきます。

声が小さいことで悩んでいる人は、自分と重ねてチェックしてみてくださいね。もしかしたら、今まで気付かなかった原因や理由が見つかるかもしれませんよ。


1. もともと声が通りにくい声質だから

同じ大きさの声でも、声質によって聞き取りやすさは異なります。もともと声が通りにくい声質の人の場合、大きな声を出してるつもりでも周囲の雑音にかき消されてしまうというのはよくある話です。

街中の雑踏で会話をしている時に何度も聞き返される人や、飲食店で大きな声を出して店員を呼んでいるのに気付いてもらえない人は、声が通りにくい声質である可能性が考えられます。

実際は声量があるのに、声が聞き取りにくいことで「声が小さい」と言われている可能性もあります。


2. 口を大きく開けていない

「声が小さい」と言われる人には、口を大きく開けていないという傾向が見られます。

実際にやってみると分かりやすいのですが、同じ大きさの声でも口を大きく開けて発する場合と、あまり口を開けずに発する場合とでは、周囲に響く声の大きさがずいぶん変わります。

口の開け方が小さい場合、声が前方に飛ばず、こもった声になってしまいがちです。普段喋っているときに自分の口の開きを見ることがないため、無意識に口の開け方が小さくなっている人もいるかもしれませんね。


3. 緊張や恐怖から声が震えてしまっている

声が小さい原因として、緊張や恐怖から声が震えてしまっている場合があります。もともと緊張しやすい性格や、対人関係が得意でない場合、人と会話すること自体に苦手意識を持っていることもあるでしょう。

極度の緊張症や上がり症の人は、相手の反応が気になったり、「きちんと話さなければ」と焦ったりすることで、思うように声が出せなくなるのです。

人と関わることに緊張や不安が強い心理状態では、声が震えるのは仕方がないことです。自然と声が小さくなってしまうのも、自然なことだと言えるでしょう。


4. 姿勢が悪く声にハリがない

普段から俯き気味、または猫背であるという人は、姿勢の悪さが「声が小さい」と言われる原因になっている可能性があります。姿勢が悪い状態は、声の通り道を狭めてしまうことに繋がり、声をこもらせてしまいます。

また、俯き気味や猫背などの下を向いた姿勢では声が前方に飛ばず、その結果、「声が小さい」と相手に受け取られてしまうのです。

「声にハリがない」「声を出す時に喉がつまった感じがする」という人は、もしかしたら普段の姿勢に原因があるかもしれません。


5. 家の中で大きな声を出す習慣がなかったから

「声が小さい」と言われる人の中には、生まれ育った環境が影響している人もいます。

家族全員が静かに会話をする家庭で育った人や、大きな声で会話することがはしたないと教えられてきた人は、小さい声で会話することが習慣付いており、それが当たり前のことになっています。

大きな声を出すシチュエーションがないまま大人になれば、普段からもっと大きな声で話すことを求められたときに、戸惑いや抵抗感を覚えるのは当然のことですよね。


6. 発言して良いのか不安でボソボソ話してしまう

自分が発言して良いのか不安で、ボソボソと小声で話してしまう人がいます。「的外れなことを言ってしまったら恥ずかしい」「反論されたら怖い」など、自信の無さや不安な気持ちから、発言が相手に伝わらないように声が小さくなってしまうのです。

ボソボソと小声で話してしまうのは、自分自身の性格や容姿に自信が持てないことが原因になっている場合もあり、男性女性を問わず、内向的な性格で人とコミュニケーションを取るのが苦手な人に多く見られる特徴です。


【参考記事】はこちら▽


7. 声を出す筋力が低下している

声が小さいことの原因として、声を出すための筋力が低下している可能性も考えられます。大きくてよく通る声を出すためには、口周りの筋肉、舌の筋肉、肺活量に関する呼吸筋、腹筋の働きなどが必要です。

人間の体の機能は使わなければ徐々に低下してしまいます。もちろん、声を出すための筋肉も同様です。

仕事上あまり会話をする必要がない人や、休日を一人で過ごすことが多く話す機会が少ない人は、いつの間にか声を出すための筋力が低下している可能性があるかもしれません。


声が小さい人に共通しやすい心理とは

声が小さいことで悩んでいる人には、男性女性を問わず、いくつかの共通する心理があると言われています。

ここでは、声が小さい人に共通しやすい心理について、全部で5つ解説していきます。自分自身と照らし合わせることで、新たな気付きが得られるかもしれませんよ。


心理1. 恥ずかしがり屋で大声を出すのに抵抗があるから

声が小さい人には、控えめな性格でおとなしいタイプの人が多い傾向があります。恥ずかしがり屋で大きな声を出すのに抵抗があったり、大きな声を出して注目されるのが嫌だったりする理由から、声が小さくなりがちなのです。

中には、自分が目立つことを避けるため、そもそも大きな声を出そうと思ってない人もいます。

また、会議や打ち合わせなどで自分が発言する立場になった時、周囲から注目されることでさらに恥ずかしくなり、ますます声が小さくなってしまうこともあるようです。


心理2. 注意されるんじゃないかと、話し相手へ萎縮しているから

過去に強く怒られたり、厳しく注意されたりしたことのある相手と話をする場合、「また怒られたり、きつく注意されるんじゃないか」と怖くなり、声が小さくなってしまう人がいます。

特に、仕事で上司や目上の人から頻繁に怒られるような環境にいる人は、恐れや不安の気持ちから萎縮してしまい、無意識に声が小さくなってしまうのです。

また、幼い頃から家族や周囲の大人に厳しく怒られて育ったことが原因で、誰と話す時も委縮しがちになっている場合もあります。


心理3. 純粋に相手と会話するのが面倒くさいから

ただ純粋に、相手と会話をすることが面倒くさいという理由から、声が小さい人もいます。人と関わることを面倒に感じ、あまり人と関わりたくないため、あえて小さな声でしか話さないのです。

「出来るだけ余計な関わりは避けたい」という雰囲気を匂わすこのタイプの人は、自分の声が小さいことを自覚していることがほとんど。

人との関わりが面倒という心理が根本にあるため、声が小さいことを改善する必要性を感じていません。


【参考記事】はこちら▽


心理4. 自分の発言に対して自信がない

自分の発言に対して自信を持てないことが原因で、声が小さくなってしまった経験はないでしょうか。

普段の会話では普通の声が出せるのに、発表の場や意見を述べる立場になると「声が小さい」と言われる人は、発表する内容についての自信のなさが声に表れてしまっているのかもしれません。

また、発表の場に限らず、発言する際にいつも声が小さくなったり声が震えたりする人は、発言する内容以前に、自分自身に自信がないことが原因になっている可能性が考えられます。


心理5. あがり症で緊張して声が震えてしまうから

声が小さいことで悩んでいる人の中には、あがり症の人も多くいます。人から注目を集めることが苦手なあがり症の人は、発言する立場になると緊張して声が震えてしまいます。

震えた声は聞き取りづらいため、「声が小さい」「聞こえにくい」と何度も聞き返されてしまうことも。

あがり症の度合いは人それぞれですが、声が震えたり上ずったりしてしまうことがコンプレックスとなり、強いストレスを感じている人も少なくないようです。


実は、声が小さいことで起こり得るデメリットがある。

「声が小さい」と聞き返されることでストレスを感じたり、大きな声を出してるつもりでも呼びかけに気付いてもらえなかったりと、声が小さいことが原因で辛い経験をしたことのある人は、男性女性を問わず意外と多くいるものです。

ここでは、声が小さいことで起こり得るデメリットについて詳しく解説していきます。


デメリット1. 自信がないように見えてしまい、自分の意見や主張が伝わりづらくなる

大きな声で発言する人は、堂々としていて説得力があるように感じられますよね。それに反して、声が小さい人の発言はおどおどしているように感じられ、自信がないように見えてしまいます。

どんなに説得力のある内容の発言をしたとしても、声が小さいことが原因で、意見や主張が伝わりづらくなるのです。

仕事上の会議や打ち合わせなどで、自分の言い分を通したい時や強く主張したい時、声が小さいことで不利になってしまうこともあるかもしれません。


【参考記事】はこちら▽


デメリット2. 相手に聞き返される機会も増え、スムーズに会話が進行しない

声が通りにくい声質の人や、もともと声が小さい人は、人が多い場所や雑踏での会話になると、周囲に声が伝わりづらくなります。その結果、発言するたびに相手に聞き返されることとなり、スムーズに会話が進行しなくなってしまいます。

また、聞き返される機会が増えることで、相手も自分も「申し訳ない」という気持ちになり、何となく気まずい空気になってしまうことも。せっかく相手と親しくなるチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。


デメリット3. 消極的で暗い印象を相手に与えてしまう

ボソボソと小さな声で話す人は、消極的で暗い印象を与えてしまいます。単に声が小さいだけで実際はポジティブ性格だったとしても、声の印象からネガティブな性格だと誤解されてしまうこともあるでしょう。

また、本人は楽しく会話をしているつもりでも、受け答えの声が小さいことが原因で、「あんまり楽しくないのかな」と相手に勘違いされてしまうことも。

声が小さいことで誤解や勘違いが生じて人間関係に影響が出るのは、できれば避けたいものですよね。


デメリット4. 聞き手側が上手く聞こえないと、相手によってはイライラする恐れがある

人によっては、声が小さいことで上手く聞き取れないことを、ストレスに感じる人もいます。そんな人たちから、「何を言っているのか分からない」「もっと大きな声でハッキリ話してほしい」と強めに指摘されることもあるかもしれません。

このタイプの人は女性より男性に多く、体育会系のサークルなど大きな声を出すのが当たり前の環境で育った人に当てはまることが多いようです。

強めに指摘された時は、声が小さく聞き取りにくいことをストレスに感じ、イライラする恐れがある人もいるということを知っておくと安心です。


デメリット5. 声が小さいと、大人数で居る時に存在感が薄くなりやすい

声が小さい人は、大人数で居る時に存在感が薄くなりやすいというデメリットがあります。声を出してるつもりでも周囲の雑音に紛れて聞こえなかったり、他の人の声にかき消されてしまったりすることで、普段からあまり発言しない人として捉えられてしまうことも。

そんな状態では、大人数で居る時の存在感が薄くなってしまうのも仕方がないことだといえるでしょう。

「会話に入って一緒に盛り上がりたいのに声が通らない」「周りの声が大きすぎて自分の声がかき消されてしまう」というのは、声が小さい人にとって切実な悩みなのです。


声が小さいのを改善するトレーニング方法を教えて!

「声が小さい」と言われる原因や理由、その心理を詳しくお伝えしたところで、続いては、声が小さいのを改善するトレーニング方法について解説していきます。

声が小さいのを直したいと思っている男性、女性のみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。


改善方法1. 口を大きく開けて話すのを心がける

声が小さい人は、あまり口を開けずに話すため、声が口内にこもりがちになり、周囲に聞こえにくくなっています。その反対に、口を大きく開けて話すようにすると、声が外へ向かってまっすぐに響き、とても聞き取りやすくなります。

声が小さいのを改善するには、鏡に向かって普段通りに喋り、まずは自分の口の開き具合をチェックしてみましょう。

今の状態を確認した上で、大きく口を開けて話す練習を始めるのがおすすめです。大きく口を開けて話すのを心がけることで口周りの筋肉も鍛えられ、表情ももっと豊かになりますよ。


改善方法2. カラオケで思いっきり大きな声で歌ってみる

声が小さいのを直したい人は、カラオケで思いっきり大きな声で歌ってる発声練習もおすすめです。普段からあまり人と会話をする機会のない人は、声の出し方自体を忘れてしまっている可能性があります。

声を出し慣れてない人の場合、いきなり大きな声を出せと言われてもなかなか難しいものですよね。

カラオケで思いっきり大きな声で歌ってみることで、声を出す感覚を取り戻し、よく響く声の出し方や大きな声の出し方を体感できるはずですよ。


改善方法3. 思い切ってボイストレーニングに通ってみる

声が小さいのを本格的に直したい人は、思い切ってボイストレーニングに通ってみるのも一つの手です。ボイストレーニングでは、発声のためのインナーマッスルの鍛え方や腹筋の使い方、肺活量を増やすための呼吸の訓練などを丁寧に学べます。

ボイストレーニングに通い続けることで、次第に声の大きさや滑舌に改善が感じられ、自分に自信が持てるようになったという人もいるようです。モチベーションを維持するためには、自分に合ったボイストレーニングの教室や先生を見つけるのがポイント。

中には体験教室を開催しているところもあるので、いくつか訪れてみて選ぶのもおすすめです。


改善方法4. 声が通りやすくなるよう日頃から姿勢を正す習慣をつける

普段から俯き気味や猫背という人は、姿勢を正す習慣をつけることが大切です。下を向いたような姿勢が悪い状態では、声の通り道を狭めてしまい、声をこもらせてしまう原因となってしまいます。

背筋を伸ばして首の圧迫感を取り除けば、自然と声が出やすくなり、声も前方へ通りやすくなります。また、顎の角度にも要注意。顎を前に突き出すような姿勢や、逆に顎を引きすぎる姿勢も声が出にくくなる原因となるので気をつけましょう。


改善方法5. 滑舌の改善トレーニングを実践してみる

声が小さいことで悩んでいる人の中には、滑舌が悪いことを気にしている人もいるかもしれませんね。滑舌が悪いことで悩んでいる人におすすめなのが、自宅でできる滑舌の改善トレーニング。

アナウンサーが行うような「アエイウエオカコ、カケキクケコカコ」と発声するトレーニングは、手軽に取り組めるだけでなく、「滑舌の改善」「声量アップ」の2つの効果が期待できます。

実際にやってみると分かりやすいのですが、この発声トレーニングでは口を上下左右に大きく開ける必要があるため、口を大きく開ける練習にもなります。口を大きく開ける習慣が身に付くことで、滑舌の改善だけでなく、声が小さいことの改善へと繋がっていくのです。


改善方法6. ボイトレなどでも使用される“腹式呼吸”を試してみる

「大きな声で話そうとすると喉が痛くなる」「長い時間話していると喉が痛くなる」など、声を出すことで喉が痛くなる経験が多い人は、声の出し方が上手にできていない可能性があります。

改善方法としては、ボイストレーニングなどでも使用される腹式呼吸を試してみるのもおすすめです。腹式呼吸の練習を続けることで内側から腹筋が鍛えられ、お腹の底から強い空気圧で息を長く吐き出せるようになり、肺活量が増えます。

腹式呼吸が体に定着すると、喉にあまり負担をかけずに大きな声やよく通る声が出せるようになります。


【番外編】声が小さい人への対処法とは?

職場や身近な環境に声が小さい人がいて、どのように対応すればいいのか迷ってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、声が小さい人と話すときに気をつけることについて、詳しく解説していきます。


対処法1. 移動できるなら周囲の静かな場所で会話する

周囲に人が多くザワザワした場所や、大通りに面した雑踏では、声が小さい人が頑張って話そうとしても、その声がかき消されてしまうことがあります。

そんな時、もし移動できるなら、静かな場所へ移動して会話を続けましょう。静かな環境であれば声が小さい人とでも、問題なく会話ができます。

声が小さい人は控えめで繊細な人が多いため、「静かな場所に移動したい」と自分から言い出すことに気が引けてしまいます。周囲の音が騒がしいと感じたら、自然な感じで移動を提案できるとスマートです。


対処法2. 聞き取れないときは丁寧に聞き返すようにする

声が小さい人と会話をしていてよく声が聞き取れないときは、丁寧に聞き返すようにしましょう。細かく丁寧に質問を返すことで、相手が伝えようとしている内容を把握できるはずです。

特に仕事関係においては、よく聞こえないからといって適当に返事をしたり、聞き流したりすると、後々トラブルの元になることもあるので注意が必要です。

声が小さい人は聞き返されること自体を申し訳なく感じています。声が小さいことを責めるような態度は見せずに、丁寧な意思の疎通を心がけるといいでしょう。


対処法3. 怒ったり萎縮させたりしない

相手の声が小さく聞き取りづらいことで、イライラしてしまうこともあるかもしれません。しかし、声が小さいことに対して怒ったり、不機嫌な態度で委縮させたりするのは、やってはいけないことです。

声が小さい人はもともと内向的な性格でおとなしいタイプが多いため、委縮させると余計に声が小さくなったり、言葉を発することさえできなくなったりする可能性も考えられます。イライラした態度は見せずに、冷静に対応するようにしましょう。


対処法4. 職場の場合、対面ではなくメールでやり取りに切り替える

職場で声が小さい人と会話をするとき、周囲の雑音で相手の声がうまく聞き取れないことがあるかもしれません。もし、大切な伝達事項や報告事の場合、聞き間違いが起こると後々大きなミスに繋がってしまう恐れがあります。

そんな時は、対面で会話をするのではなく、メールでのやり取りに切り替えると間違いがなく安心です。そうすることでお互いにストレスを感じることがなく、スムーズに仕事を進めることができるでしょう。


対処法5. 声が小さい自覚がない場合は優しく指摘する

声が小さい人の中には、自分の声が小さいという自覚がない人もいるでしょう。自覚がないゆえに、声が小さいことで損をしていることもあるかもしれません。声が小さいことを初めて指摘されるのは、恐らくとてもショックなことです。

指摘する場合は、優しく丁寧に伝えるように心がけましょう。上から目線のようなきつい言い方ではなく、相手の気持ちに寄り添うような、委縮させない言葉選びをすることが大切です。


声が小さい原因を理解して改善していきましょう。

声が小さいことの原因や心理、改善するためのトレーニング方法、さらに、声が小さい人との接し方についてお伝えしました。

周囲によく響く声が出せるようになると、人間関係がスムーズになり、自分への自信に繋がります。

声が小さいことでデメリットを感じることも多いでしょうが、声が小さいこと自体はその人の個性であり魅力でもあります。あまり気負わずにゆっくりと改善していくのがおすすめです。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事