真面目な人の長所&短所となる特徴14選。恋愛や仕事での印象も解説

何に対しても真面目な人っていますよね。でも、真面目すぎるがゆえにデメリットに働くことも。今回は、真面目な人の長所や短所になる特徴を紹介!さらに恋愛と仕事における周囲からの印象や、真面目な人が損をすると言われる理由、最後に向いている仕事までお届けします!

どんな時でも真面目な人っていますよね。

真面目な人の特徴14選

真面目に仕事をしているのになぜかいつも損する役回りだったりと、時々真面目な性格は、一体どのように周りから見られているのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、真面目な人の特徴に加え真面目な人の恋愛や仕事について紹介します。

また、真面目な人に向いてる仕事も3つ紹介するので、今の職場で真面目すぎてちょっぴり疲れてしまっている人は、どのような仕事があるのか見てみることをおすすめします。


真面目ってどんな人?真面目な人の14個の特徴

真面目な人と言われることが多い人もそうでない人も、「真面目」とはどのような長所や短所があるか知っていますか。

真面目という言葉は、褒め言葉として使われることも多いですが、真面目な人も突き詰めすぎると短所に思われてしまうことがあるのです。

この章では、真面目な人の「長所」「短所」についてそれぞれ紹介します。


真面目な人の長所となる7つの特徴

「あの人は真面目で本当に信頼できる人」と真面目な人は長所として捉えられることは多いですよね。では、具体的に真面目な人とはどのような人を指すのでしょうか。

ここでは、真面目な人の特徴を7つ紹介します。自分が真面目と言われることが多い人はどのくらい当てはまるのか確認してみましょう。


長所1. 一から百まで完璧に計画を立ててから行動する

真面目な人の特徴として、物事を始める前には自分なりに計画を立てる傾向です。

「とりあえずやってみるか」といった考えはなく、むやみやたらに手を付け始めることはありません。必ずきっちりと計画を立ててから行動に移します。

計画を通りに行動を移すので、大きなミスをすることもなく周囲に仕事に真面目な人、信頼できる人という印象を与えます。


長所2. 仕事では100%の成果を追求する

真面目な人は、仕事でも全力投球で、自分が100%だと思うまで徹底的に突き詰めます。

一緒に働く仲間としては信頼できて安心もできるのですが、完璧主義すぎるがゆえに、自分が納得するまで仕事が終わらないこともあります。

これぐらいで十分という内容でも、自分が気になれば手を止めることはありません。そのため、仕事は手を抜かずに最後までやり通す人です。


長所3. 学んだことを、ノートにみっちり書き込んで何度も復習する

1度教わったことは、何度も聞いてはいけないと考えているところがあるので、メモに書き込み何度も復習します。

社会人になると一層その考えは強くなり、教わっていることを聞き逃さないよう必死でノートに書き込むようになるのです。

本人は当たり前としていることも周囲から見れば「真面目な人」という印象になります。


長所4. 責任感がとても強い

真面目な人は何においても一生懸命に取り組みます。責任感が強いので、一度任された仕事は途中で投げ出したり、雑に仕上げたりすることは滅多にありません。

たとえ体調不良であっても、言い訳をすることなく最後まで粘り強く諦めないので、周囲からは信念の強い人と見られます。

人望も厚く、周囲から信頼されることも多いです。


長所5. 彼氏、彼女に対して決して浮気をしない

真面目な人は、仕事に真面目なだけでなくパートナーに対しても誠実です。浮気をしないのは、相手を傷つけないようにしているからです。また、真面目な人ほど嘘をつくのが下手なのです。

パートナーに対して嘘を付くことは、後ろめたさがあることや嘘を付くことで辻褄を合わせなければいけないことになります。

真面目な人ほど、嘘をつくの苦手で自分で墓穴を掘る可能性があることを考えるので最初から浮気をしようとしないのです。


長所6. 約束は絶対に守る

真面目な人あるあるに「自分との約束」は守るということがあります。他の人との約束は信頼関係に影響するので守る人も多いですが、真面目な人は自分との約束でも守ります。

自分との約束を守ることで、自信に繋がって達成感を味わえることを知っているからです。もちろん、人との約束もしっかり守りますが真面目な人は些細な約束も守ります。

例えば、何気ない会話で話した自分のおすすめのレストランを話し相手に「今度教えますね」と伝えたら忘れずお店の情報を教えてあげるといったことです。些細な約束を守るのも、真面目な人の特徴なのです。


長所7. 探究心や向上心が人一倍に強い

真面目な人はのめり込むと、「もうこのぐらいでいいのでは?」という周囲の声は聞かず、自分が納得するまで徹底的に行う傾向があります。

途中で投げ出すことを嫌い、向上心が他の人よりも強いので何かスキルを取得しようと思ったら、メキメキと力を付けていきます。

他の人からしてみれば、粘り強さや探究心は一体どこから出てくるのだろうと羨ましく思われることも。

【参考記事】はこちら▽


真面目な人の短所となる7つの特徴

「真面目」と聞けば、信頼できて頼りがいのある人という印象を持たれますが、真面目な人の短所はちょっとやっかいだなと思われる部分もあります。

本人は真面目なので悪気はありませんが、周囲から見れば「ちょっと面倒な人かも」と思われてしまうことも。

自分のことを真面目だなと認識している人は、どういったことが短所と思われているのか7つの特徴から確認してみましょう。今までいいと思っていたことが、実は周りから見ると嫌がられていたかもしれません。


短所1. ルールをきっちり守るため、イレギュラーなことに対しては対応が遅く融通が利かない

真面目な人ゆえに、頭が固くルール通りに物事を遂行しようとします。そのため突発的な対応に弱く、自分の考えだけでは決断を下すことができず対応が遅くなります。

真面目な人からすれば、イレギュラーとはいえ段取りを組んでから進めているので悪気はありません。

そのため、周りの人からは対応に時間がかかりすぎて仕事ができないといったマイナスのイメージを持たれてしまうこともあります。


短所2. 冗談が言えず、面白みに欠ける

真面目な人の中には、そもそも面白いことを言おうと考えていない人もいます。

常に気難しそうな雰囲気や、話しかけにくいオーラさえ漂っていることもあるので、気軽に話しかけられない人と思われている可能性も

そのため、周囲から「いつ話しかけても真面目な話ばかりで冗談一つも言わない人で、話が堅苦しくて会話が楽しくない」と思われているかもしれません。


短所3. 仕事や相談など厄介事を何でもかんでも引き受けてしまう

真面目な人が損をすることの1つに、頼まれたことを断れないという特徴があります。

断れば相手が嫌な気分になるかもしれない、相手との関係性にヒビが入るかもしれないなどと色々考えているうちに引き受けてしまうのです。

断らないことで、他の人からも色々と頼まれてしまい結局自分のキャパを超えてしまい体を壊したり、提出物が遅れたりとマイナスに働いてしまうのです。そういったことが続けば、仕事ができないというイメージを持たれてしまうことさえあります。


短所4. 少しでも気を抜くと、一気に仕事や恋愛の評価を落とされる

周囲から「真面目な人」というイメージを1度持たれてしまえば、そのイメージをキープするのは大変です。

例えば、付き合い始めたばかりの恋人と一緒に過ごしている時に、だらしない格好や態度を見せたとしましょう。相手は「真面目な人」というイメージがあるので、家の中でもキチッとしているはずと勝手に想像していたら、ギャップがありすぎて幻滅されるといったこともあります。

真面目な人に見られるのは信頼も高くなりますが、些細なことで評価もすぐに落とされる可能性があるのです。


短所5. 自己責任のマインドが強いため、他人を頼れない

真面目な人ほど「自分がやらなければ」といった考えが強く、人に頼ることをしません。

そもそも、人にどうやって頼ったらいいのかもわからないので、自分一人で抱え込んで解決しようと考えてしまうのです。

頼まれたことは基本的に自力で解決するといった考えを持っているので、キャパを超えるぐらい受けてしまうこともあります。


短所6. ちょっとしたことでも、一人で深く悩んでしまう

真面目な人は「頭が固い」「融通が効かない」「完璧主義」「正義感強すぎる」といったイメージを抱く人も多いですが、実はとても繊細で他の人が気にしないような些細な出来事でも悩んでしまうのです。

親しい人に相談すればすぐに解決できることも、周りに迷惑をかけたくと思いがあるので1人で解決しようと深く悩んでしまうのです。


短所7. 正義感が強く、周囲の人と馬が合いにくい

真面目すぎるがゆえに、正義感が強く間違ったことは嫌いなので周りの人の意見に合わせられないという方もいます。

融通が効かないため、周りの人からは「つまらないやつ」「頭の固いやつ」と思われることもあるでしょう。

真面目な人からしてみると、周りの人があまりにも不真面目な人に見えてしまうのです。そのため、敵を作ることも多く、真面目な人が損をすることもあるのです。


周りから見た真面目な人の12の印象とは?

真面目な人は一体どのように周囲から見られているのでしょうか。

「責任感がある」「正義感強い」といったポジティブな印象から「話しかけづらい」「堅物」といったネガティブな印象まで持たれていることも。

そこでこの章では、真面目な人はどのように周りから見られているのか恋愛と仕事の両方を紹介します。


真面目な人の「恋愛」における6つの印象

真面目な男性や真面目な女性との付き合いは、周囲の人はどのような印象を持っているのでしょうか。

ここでは6つの印象について紹介します。ポジティブなイメージは嬉しいですが、ネガティブな部分は誤解されていることも。それぞれ見ていきましょう。


恋愛1. 女遊び、男遊びなどの心配がなく、絶対に浮気をしなさそう

真面目な人は隠し事や嘘をつくことを嫌います。辻褄を合わせるために、色々と言い訳を考える必要があり、真面目な人にとってその時間は無駄だと考えているからです。

そのため、真面目な女性や男性は浮気をする心配が少ないのです。

結婚相手には、真面目な女性や男性を選ぶことで、いい奥さんや旦那さんになる可能性も高いでしょう。


恋愛2. 真面目な彼氏であれば、髪型や髪色、メイクなど少しの変化でも気付いてくれそう

真面目な男性は細かいところによく気がつくので、彼女の髪型やメイクなどの些細な変化もすぐにわかります。

女性の髪型やメイクの変化に全く気が付かない男性も多い中、真面目な男性はすぐに気がついてくれるので女性から喜ばれます。

しかし、万が一何かやましいことがあった時も、真面目な男性は小さな変化を感じ取り、すぐにバレる可能性もありますよ。


恋愛3. デートプランを全て考えてくれそう

真面目な人はイレギュラーの対応を苦手とする方が多いです。そのため、デートプランは前もって計画を立ててくれそうなイメージを持たれます。

デートは好きな人同士なら行き当たりばったりでも楽しめるものですが、計画性を持ってデートを楽しみたいが計画を立てるのは苦手な人にとっては、真面目なパートナーはぴったりです。


恋愛4. 真面目だから困っている時に頼ってくれなさそう

「責任感が強い」「正義感が強い」ことから真面目な人は、人に頼るといったことをせず、自力で解決する傾向にあります。

力になれるかどうかは別として、好きな人が困っている時は相談してほしいという気持ちになるのは当然です。

しかし、真面目すぎるがゆえに相手に迷惑をかけてはいけないと思いがあるので、「自分に頼ってくれるのだろうか?」と付き合う前から相手を不安にさせることもあります。


恋愛5. 冗談が通じないので疲れそう

真面目な人の中でも冗談を言う人はいますが、「真面目な人」と印象が1度つくことで、相手が勝手に「真面目な人との恋愛は冗談が通じなくて大変そう」「つまらない人かも」と思われていることがあります。

真面目な人に対する先行したイメージが、冗談が通用しないと思わせてしまうのです。


恋愛6. 嫌われない気持ちが強く、恋愛に刺激が無さそう

責任感が強く、完璧主義で繊細な心を持つ傾向にある真面目な人。恋愛面において、繊細さがマイナスイメージになっています。

付き合いが長くなれば次第にマンネリ化することはある程度仕方ありません。

しかし、真面目な男性は嫌われたくない気持ちから相手に気を使いすぎてしまい、逆にその対応が相手につまらないと思われる原因になります。


真面目な人の「仕事」における6つの印象

仕事をしていく上で、真面目な人がチームにいることはとても大切です。

しかし、真面目すぎて細かいところが気になって思うように仕事が進まなければ「仕事ができない人」といったイメージを持たれてしまうことも。

具体的にどのような印象を持たれているのかここで確認しましょう。


仕事1. 仕事で指導したことを、何度も復習して活かそうと考えてそう

真面目な人ほど教わったことはしっかりとメモを取り、反復して早く理解しようとします。

その理由は、自分が早く理解すれば他の人に迷惑をかけることも少なくなると考えるからです。なるべく人に聞く回数を減らし、自力で解決しようと思っています。

反対に、メモを取らず話だけ聞いている人を見ると「本当に仕事を覚える気はあるのか?」と不真面目な印象を持つ人も。


仕事2. スキルを身につけるために、必死で努力しそう

真面目な人は正義感が強く、1度目標に決めたことはブレずに達成するまで続けると思われていることも。

もちろん、自分が必要だと感じたことは計画を立ててスキルを身につけるために努力しますが、必死で努力しても計画が途中で挫折することもあります。

目標が達成できなかった時は、イライラから周囲に当たってしまうこともあるのです。真面目で努力をするがゆえの印象と言えますね。


仕事3. 品質の高い成果物を作り、仕事でとても評価されそう

真面目な人は、社内でも信用があり仕事に手を抜くイメージがありません。そのため、仕事でも高く評価される傾向にあります。

周囲も「あの人は真面目だから上司からの評判も高い」と思っている人がいることも。

イメージだけが先行しているので成果物がイマイチ、納期に遅れるといったことが起これば「仕事ができない」「不真面目」といったマイナスの印象を持たれてしまうこともあります。


仕事4. 体調が優れない時も、「定時までまだ時間あるから…」と仕事を優先してそう

真面目な人ほど体調不良ぐらいで仕事を途中で投げ出し、周りに迷惑をかけてはいけないと考えるので無理をして仕事を優先してしまう人は多いでしょう。

基本的に誰かに頼るということをしないので、「自分が頑張ればいいだけのこと」「迷惑をかけたらどうしよう」といった考えをしていそうと周囲から思われている可能性も。


仕事5. 相手の話術に丸め込まれそうで、営業など交渉事が下手に感じる

マニュアル通りにしか考えられない、頭の固い人と思われています。そのため、営業先で大切な交渉も事前に自分が練ったプラン通りに進まなければとっさの判断ができず、交渉をまとめることができないと思われていることもあります。

営業はイレギュラーだらけなので、お客さんからの無理な要求もNOと断れないのでは?と思われてしまうことも。


仕事6. ルール通りにしか出来ないマニュアル人間と思われる

頭が固い、完璧主義のイメージがあるので、ロボットのようなマニュアルに沿ったことしかできないと思われることも。

柔軟に考えて仕事をすることが苦手ではあるものの、色々と相談してくれれば一緒になって考えられたことも、「頭が固い」「融通がきかない」と先行したイメージだけで相談されないといったこともあります。


真面目な人は損をすることもあるので、真面目になりたい人は注意を!

相手に真面目な印象を与えると「信頼」「安心感」を持ってくれるので、仕事やプライベートでも色々と話を進めやすくなります。

しかし、1度ミスや裏切りに近いことがあれば一気に信頼をなくし悪い印象だけが相手に残る可能性があることも。

「他の人と同じことをしても真面目」というだけでマイナスの印象を大きく与えます。真面目な人が損をすることもあるので、真面目になりたいなと考えている方は、ほどほどにしておくといいでしょう。


真面目な人に向いている仕事とは?

計画性があり、慎重に仕事を行う人は一体どのような仕事が向いているのでしょうか。

今の職場で周囲が不真面目に感じているのであれば、1度職場を検討し直すことも考えてみるのもいいかもしれません。

ここで紹介するのは3つの仕事はどれも真面目な人に向いてる仕事です。


仕事1. 財務管理

真面目な人に向いてるの1つに、会社に必要な資金を考え数字とにらめっこする財務管理の仕事があります。

数字に強く計画的にプロジェクトを遂行できる人でなければ会社はあっという間に傾いてしまいます。そのため、真面目な人が重宝されるのです。

やりがいは十分にある仕事ですが、細かいところまで気が付き、計画通りに進められる実行力のある人でなければ務まりません。


仕事2. 薬剤師

薬剤師の仕事は薬を調合したり、間違えずに患者さんに薬を渡したりすることです。

患者さんに渡す薬にはどんな副作用があるのかをしっかりと把握するのはもちろんのこと、調合を誤れば人の命にも関わる重大な仕事です。

仕事に真面目なことはもちろんのこと、責任感を持って仕事に取り組むことが求められるので、完璧主義な人に向いている仕事です。


仕事3. 医療関係

真面目な人に向いてる仕事の中でも、1番責任のある仕事は医療関係です。人の命を預かる仕事なので、ミスが許されることはありません。

「これでいっか」「こんな感じで大丈夫かな?」「何とかなるでしょ」といった考えでは仕事として成り立ちません。

ミスの許されない仕事だからこそ、医療関係は真面目な人に向いてる仕事なのです。


真面目な自分を見つめ直して、恋愛も仕事も上手に進めていきましょう。

真面目な人ほど、真面目な性格に悩んでしまうのですが悩む必要は全くありません。世の中には意外と不真面目な人は多く、むしろ真面目な人は信頼できて頼りになる存在です。

しかし、たまに困ったことがあれば誰かに頼ってみることもしてみましょう。

周囲の人はきっと助けてくれます。真面目なことはポジティブに受け止めあなたらしくこれからも過ごしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事