IQが低い人の特徴|高い人との違い&知能を高める習慣を解説!

IQが低いと言われやすい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、IQが低い人に共通しているポイントを詳しくご紹介します。一般的にどんな特徴があるとIQが低いと言われやすい傾向にあるのか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、「IQ」とは?

IQとは

IQは「intelligence quotient(インテリジェンス・クオーシェント)」の略で、知能指数を表す数値です。

100を基準にして数値が大きいと知能指数が高く、小さいと知能指数が低いと判断されます

IQの違いは会話や態度、振る舞いに違いがあり、IQが低いと話にまとまりがなかったり、理解力が少なかったりします。

ですが、IQが低くても生活にはあまり支障はなく、「IQが高い=勉強ができる」ではありません

IQが高くても、勉強が苦手なことはありますよ。


IQが低い人の特徴|IQが高い人との違いも解説!

IQが低いと言われやすい人の特徴

IQが低い人がどのような特徴があるのか、気になる人も多いはず。

ここからは、『IQが低い人の特徴』を紹介!

IQが高い人との違いも解説しているので、一つずつチェックしていきましょう。


特徴1. 話が長く、まとまりがない

IQが低い人は会話が苦手

IQが低いと会話をしていても、「昨日友達と遊びに行くときに電車に乗ったんだけど財布を忘れちゃって…どこに忘れたのかなと思ったら…」などと、長くなりがち。

会話にまとまりもなく、伝えたい内容が相手に伝わりにくい傾向があります

逆にIQが高い人は、話し方にまとまりがあり、相手に内容を伝えるのが上手。IQが低いと思われないようにするために、順序立てて説明するように意識してみましょう!


特徴2. 「うざい」「嫌だ」など感情論が多い

IQが低い人は、論理的に考えることが苦手。話が伝わらなくても「なぜ伝わらないんだ!」と苛立った態度になることも。

例えば、周りから少しでも嫌味を言われたりすると、論理的に言い返したりせず、「うざい」など感情論で話してしまうことも。

対してIQが高い人は、論理的に考えて問題を解決する傾向に。そのため、冷静でいることが多いですよ。


特徴3. 一つの情報だけを見て、鵜呑みにする

IQが低いと言われやすい人の特徴は一つの情報を鵜呑みにする

IQの低い人は、自分の考えを持っていないことが多く、周りからの情報を鵜呑みにしてしまいます

例えば、テレビや人から聞いた話をそのまま信じてしまいがち。「テレビでやっていたから間違いないよ。」といって行動するなど、的外れな情報でも簡単に信じてしまいます

反対にIQが高い人は、自分なりの価値観を基に行動します。本やインターネットなどの情報を取り入れて、しっかりと物事の正しさを考える癖がついていますよ。


特徴4. その場で決めていることが多く、言動に根拠がない

IQの低い人は、論理的に考えることが苦手。直感やノリなどで言動をしてしまう傾向にあります

例えば、

何となく。
楽しそうだから。

など、明確な理由がなく行動しているパターンが多いですね。

対してIQが高い人は、必ず行動に対する根拠を考える癖があります。仕事ではプロジェクトが成功するために「成功するためには何が必要なのか?」を考えて実行することが多いですよ。


特徴5. 壁にぶつかったら、すぐに諦める

IQが低い人は、物事を深く考えることができず、何かうまくいかないことがあると、すぐ諦める傾向があります

「新しい仕事の売り上げがなかなか上がらない。」など、少し失敗しただけで、諦めモードに。どのように問題を解決できるのかを考えられないので、「もうだめだ…。」と感じるまでの時間が早いです。

反対に、IQが高い人は仕事でトラブルが起きた場合でも「なぜ問題が起きたのか?」「どうしたら問題を解決できるのか?」など、冷静な態度で対処できます

IQが高い人と思われたい方は、常に冷静な気持ちでいることを意識してみましょう。


特徴6. 言われたことしかできない

IQが低いと言われやすい人の特徴は言われたことしか出来ない

IQの低い人は、自分で物事を考えるのが得意ではない傾向に。

何をすべきか分かってなく、人に言われたことや、マニュアル以外のことに対応できない場合が多いです。

逆に、IQが高い人は、「あの人がこう動くなら自分はこれをやるべきだ。」など、自分が何をするべきなのか考えて行動します。今の状況を踏まえた上で、行動ができる傾向がありますよ。

まずは、常に自分は何をすべきなのかを考える癖をつけるようにしましょう。


IQを上げる方法|知能を高める簡単な習慣を紹介!

Qを高める方法とは

ここまでIQが低い人の特徴を紹介しました。

該当していると感じた方は、少しでもIQを高めていきたいですよね。

そこでここからは、IQを高める方法を紹介します。

誰でもできる簡単な方法ばかり。知能を高めるために、ぜひ実践してみましょう!


IQを高める方法1. 毎日少しずつでも読書をする

読者は基本的に、文字から物事を考えなければいけません。読書は自分以外の人の感情や考え方を理解したり、状況を想像したりする力が養われます

IQを高めたいなら、読書を習慣化しましょう。まずは小説でもビジネス書でも、なんでも構いません。興味がある書籍を、手に取ってみてください。

読書を習慣化することにより人の考え方や状況を理解できれば、論理的な行動を取れるようになりますよ。


IQを高める方法2. わからないことは即ネット検索する

ネットで新しい知識を得ると、色んな考え方が知れたり知識が増えたりします

多くの知識を得ようとすることで、脳を刺激し、知能レベルが向上する可能性がありますよ

わからないことがあったら、すぐにネット検索する習慣をつけること。情報をたくさん取得すれば、物事をもっと論理的に考えられるようになりますよ。


IQを高める方法3. 脳トレ系などのゲームアプリを使う

Qを高める方法とは脳トレアプリを使う

先を読むゲームはIQを上げると言われているほど。

脳トレやボードゲームなどには、集中力を高めたり問題解決能力を高める効果があります

脳トレや、チェスなどボードゲーム系のゲームを、習慣的に遊ぶようにしてみてください。右脳と左脳の両方が刺激されて、IQが高まっていきますよ。

スマホアプリであれば無料で今すぐに始められるので、遊びながらIQを高めたい人は、ゲームアプリを活用しましょう。


IQが低いと思ったら、日々の習慣を意識してみて。

IQによって振る舞いや行動に差が出る

「IQが低い=頭が悪い」ではありませんが、少なくとも振る舞いや行動に特徴が現れ、頭が悪いと思われてしまうことはあります。

少しでも低IQかもと思う方は、自分の知能を高めるために、IQを上げる習慣を実践してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事