【診断】あなたは男性脳?性格の特徴や恋愛傾向から女性脳との違いを解説

論理的で男性的な考え方をする「男性脳」。男性だけでなく、「男性脳女性」という女性もいます。今回は、男性脳と女性脳の違いと見分け方から男性脳診断まで詳しくレクチャーしていきます。また、男性脳女性の恋愛傾向も解説するので、自分が「男性脳かも?」と思う女性はチェックしてみてくださいね。

自分で「男性脳かも」って思う瞬間ありますよね。

男性脳の女性

男性脳と聞くと男性だけが持つイメージがありますが、実際に女性でも男性脳を持っている人がいます。男性脳と女性脳は恋愛傾向が違うので、この2つの違いを知ることで相手との相性やどんなアプローチをしたら良いかもわかります。

そこで今回は男性脳と女性脳の違いやその違いによる恋愛傾向について紹介します。自分がどちらの脳を持っているか診断してみてくださいね。


男性脳とは?女性脳との違いは?

男性脳とは、空間認識能力に優れ、論理的思考ができる脳です。集中力に優れていて、他の人と比べて勝ち負けにこだわる傾向があります。恋愛においては、性欲が強く、過去の女性が忘れられないという特徴があります。

女性脳は、空間認識能力が劣っていて、感情的に考える脳とされています。マルチタスクに優れていて、色々なことを同時にできてしまいます。女性脳の人は、共感を求めるとされています。

【参考記事】はこちら▽


男性なのに女性脳?男性脳の割合

男性なのに女性脳、女性なのに男性脳という人は、どれくらいの割合でいるのでしょうか。

帝京短期大学の渡辺久子氏らが行った調査では、男性のうち、男性脳を持っていたのは70%、女性脳を持っていたのが12%で残りは中間的な脳でした。(出典:https://ci.nii.ac.jp/

女性も、女性脳を持っていたのは45%、男性脳を持っていたのが25%で残りは中間的な脳でした。男性の場合、1割の割合で女性脳を持っていて、女性の場合、3割の割合で男性脳を持っていることになります。


「男性脳」の7つの特徴

続いては、男性脳の特徴を見ていきましょう。男性脳には、空間認識力に優れているや論理的思考ができることなどがあげられます。

また、シングルタスクで1つのことに集中する傾向もあります。男性脳女性や女性脳男性もいますので、自分がどちらの脳を持っているか診断してみてくださいね。


特徴1. 空間認識力に優れている

空間認識能力とは、物体の位置や方向、大きさ、形状などをすばやく正確に把握する能力のことです。男性脳を持つ人は、地図を読むのが得意なことからわかるように空間認識能力が優れています。

「話を聞かない男、地図が読めない女」という本が、日本だけでも350万部のベストセラーになったことがあります。その本によると、女性脳を持つ人は、空間認識能力が劣っていて地図を読むのが苦手なようです。


特徴2. 論理的思考で、会話に結論を求める

男性脳の人は、論理的思考で会話に結論を求める傾向にあります。論理的思考ですので、物事を順序よく考えたり、話したりするのが得意です。

論理的思考ですので、会話には目的があり、会話の最後に結論を求めます。男性が女性に「話の落ちは?」と聞いてしまうのはそのためです。

また、論理的思考ですので、悩み事について話していると、すぐに解決法を話してきます。このように男性脳の人は論理的思考論をするのです。


特徴3. シングルタスクで1つのことに集中する

男性脳の人は、周りが見えなくなってしまい、1つのことに集中して行ってしまう傾向があります。

仕事において、1つのことを終えてから次に移っていく人は男性脳だといえます。

プライベートでは、家事を1つ1つ行っていくのが男性脳の人の特徴です。掃除をしたら、掃除に集中します。食事を作っている時は、食事を作ることに集中して、食事を作っている最中に洗い物を済ませてしまうようなことはしません。


特徴4. 女性脳に比べ、性欲が強い

男性脳の人は、男性ホルモン・テストステロンの影響で、快楽や性的な満足感を求める傾向が強いとされています。

また、本能の影響を受ける脳の視床下部が男性脳の場合、女性脳の2倍あるともいわれています。男性脳の人は、本能の影響を受けて性欲が強いのです。

男性脳の人は、毎日のように性に関して考えているという研究結果もあるほどです。このように男性脳の人は、女性脳の人に比べて性欲が強いのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 競争することが好きで、勝ち負けにこだわる

男性脳の人は、誰かをライバルと見なしてしまう傾向があります。ですから競争心が強い人は男性脳の持ち主といえるでしょう。

男性脳の人は、会社の同期や同僚、学校のクラスメイトをライバルと見なし、自分を比べて、勝とうとするのです。

また、ゲームやギャンブルなどにも熱くなりやすいです。仲良く遊ぶよりも、勝ち負けをつけたがります。このように男性脳は競争を好む傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 過去の恋人を忘れられない

男性脳の人は、過去のことを引きずる傾向があります。ですから過去のことを引きずり、過去の恋人も忘れられないことがあります。

女性脳を持つことが多い女性は、過去の恋人を忘れるのが早く、失恋から立ち直るのも早いとされています。女性の約40%は、1週間で失恋から立ち直るという調査結果もあるのです。

過去の恋人が忘れられず、失恋から立ち直るのが遅いと自覚しているなら、男性脳を持っている可能性が高いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 女性脳に比べ、鈍感で察する力が弱い

男性脳の人は、マイペースで自己主張が強いです。ですから鈍感で、人の気持ちを察するのが苦手です。

会話していても、相手の話を聞くのは苦手で、自分の話を聞いてほしいのです。ですから会話している最中、相手の気持ちを考えていないことがあります。

一方で女性脳の人は、自分の気持ちを理解してもらいたいので、相手の反応を見ながら会話します。些細な顔の表情や態度から相手の気持ちを察しようとするのです。


男性脳な女性の5つの恋愛傾向

男性脳女性の恋愛傾向を説明します。男性脳の女性は、男性との関係も論理的に進めます。また、男性に追われるよりも男性を追いかけていたい気持ちが強いことなどがあります。

もしあなたの気になる女性が、男性脳女性と診断できた場合、男性脳女性の恋愛傾向を理解していれば、恋愛が成就する確率は上がりますよ。


恋愛傾向1. 男性との関係も論理的に進める

男性脳女性は、論理的に物事を損得で考える傾向があります。ですから男性との関係も利害関係を考えて付き合うことがあります。

「男性に収入はあるのか」「その男性は結婚相手に向いているのか」「その男性と結婚したら自分は幸せになれるのか」などと考えます。

そのため男性脳女性に自分と付き合うと、得と思わせる強みをアピールするのが大切になってきます。一緒にいたら得することを、根拠を示して伝えるのです。


恋愛傾向2. 男性を追いかけていたい

男性脳女性は、狩猟をするハンターのような思考を持っています。ですから男性から声をかけてもらうのを待つのではなく、男性を追いかけていたいと思っています。

そのため男性の方から追いかけて行くと、逃げて行く可能性が高いです。そこで、男性脳女性には、追いかけさせるようにしましょう。

最初は男性脳女性の相手に自分を意識させるためこちらからアプローチしますが、急にアプローチを止めるのです。そうすると、男性脳女性の相手はあなたのことを追いかけてくるかもしれません。


恋愛傾向3. プライドが高く、頑固な一面がある

男性脳女性はプライドが高いので、相手に褒めてもらいたいと思っています。褒められて自尊心を満たしたいと思っているのです。

しかし容姿が良い場合は、そこは褒められ慣れている部分かもしれませんので他の部分が良いでしょう。

例えば、ファッションのセンスだったり、あるいは内面だったりを褒めることができます。

ただし追いかけられると逃げてしまう男性脳女性ですので、しつこく褒めるのは厳禁です。さりげなく褒めましょう。

【参考記事】はこちら▽


恋愛傾向4. 向上心があり、新しいことに対しても積極的

向上心があり、新たなことにチャレンジする男性脳女性には、ポジティブで前向きな話をするのが良いでしょう。

将来の夢や目標について話すのを、男性脳女性は好みます。彼女がまだ行ったことのないことを一緒に行ってみるのも良いでしょう。

一方で、過去のことやネガティブな話題は避けた方が良いです。前向きな彼女はすでに切り替えていて、ネガティブな話題はしたくないという可能性が高いです。


恋愛傾向5. 頼りがいがあり、包容力がある

男性脳女性には、世話好きで何か頼み事をされると、放っておけなくなります。ですから男性に何か頼まれた時にも嬉しくなります。

頼られることになれていますので、男性脳女性の彼女は、「あなたと一緒に居て楽」あるいは「あなたの力になりたい」と感じるでしょう。

一方で、男性に甘えたいと思っていても甘えられないのが男性脳女性の特徴です。甘えてきた時には、冷やかさずに甘えさせてあげるのも恋愛を成就させるカギでしょう。

【参考記事】はこちら▽


男性脳・女性脳診断!見分け方は?

相手が男性脳か女性脳の見分け方も紹介します。地図を的確に読めるタイプは男性脳です。また、手の指が、人差指よりも薬指が長い人は男性脳と診断できるとされています。

それぞれの見分け方を詳しく見ていきましょう。自分自身に、あるいはあなたの気になる相手に当てはめてみてくださいね。


見分け方1. 地図を的確に読めるタイプは男性脳

男性脳の人は、空間認識能力が優れているので地図を的確に読むことができます。

一方で、空間認識能力が低い女性脳の人は、地図を読むのが苦手です。ですから地図を読むことができないなら、あなたは女性脳です。

気になる人がどちらかの見分け方としては、相手に地図を渡してみてください。そして、適当な場所の道案内をお願いしましょう。

女性脳の人は、自分がどこにいるかわからなくなり、地図の向きをクルクルと変えだすでしょう。


見分け方2. 手の指が、人差指よりも薬指が長い人は男性脳

見た目で判断する見分け方として、手の指の長さを見る方法もあります。手の指で、人差し指と薬指の長さを比べます。そして、薬指の方が長ければ、男性脳の可能性が高いとされています。

一方で、薬指よりも人差し指が長ければ、女性脳の可能性が高いのです。ホルモンが指の長さの比率に影響を及ぼすためだといわれています。

自分や気になる相手の指の長さを見て、男性脳か女性脳か見分けていきましょう。気になる相手の手をなかなか見る機会がない人は、「手の指で、どういう人か診断できるんだよ」と言って手を見せてもらう方法もありです。


自分は男性脳と女性脳、どちらに当てはまっていましたか?

今回の記事では男性脳の特徴についてお伝えしました。男性脳といっても、男性だけが持っているわけではなく、女性の3割近くは男性脳の可能性が高いです。

それを踏まえて男性脳女性の恋愛傾向もお伝えしましたが、男性脳女性は追いかけると逃げていき、また損得を考える傾向がありましたね。

包容力がある男性脳女性に男性は甘えたくなるものです。見分け方を使って、気になる相手が男性脳女性の可能性があるなら、しつこくアプローチするのではなく、さりげない褒め言葉を使ってアプローチしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事