別れそうな時に彼氏が出すサイン|別れの前兆と別れないための対処法を解説!

彼氏と別れそうな方へ。本記事では、別れそうな時に彼氏が出すサインから、別れそうな時の対処法まで大公開!別れそうな時にしてはいけないことも解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

別れそうな時に彼氏が出すサイン|男性が冷めている時に取る態度や行動は?

別れそうな時に彼氏が出すサイン

「彼氏が別れを考えているのか知りたい。」

「別れたくないから早めに関係を修復したい。」

彼氏との関係が良好に見えても、実際には男性側が不満や不安を抱えており、別れを考えていることも。

実は、別れたい彼氏には共通の前兆やサインがあります。

そこで、別れそうな時に彼が出すサインを紹介するので、いち早く彼氏の気持ちに気づけるようにしましょう。


サイン1. デートを断ろうとする

彼氏にとって大切な人との時間は何よりも優先しますが、会ってもきちんと会話できるか心配になると彼女に会いたくないと思うもの。

そのため、彼氏をデートに誘っても「仕事が忙しい。」「地元の友人と遊ぶ。」など、会う頻度が減ったら別れを考えているサインです。

特に、彼女へ迷惑がかかるドタキャンの回数が増えたら、より強く別れたいと思っているでしょう。


サイン2. デートの時間が前よりも短くなる

気持ちが冷めているとデートの楽しさは半減し、退屈さが増してしまうため、帰りたくなってしまうことも。

ショッピングなどで待ってくれる時間が短くなったり、「まだ?」など急かしてくることが増えたりしたら、

彼氏はあなたとの時間に退屈している可能性があります。

いつもなら解散しない時間でも、デートを終わらせようとしてきたら、彼氏は別れたいと思っていると判断できますよ。


サイン3. お家でのデートが増えた 

美術館やレストランなど、いろんな体験ができるデートは楽しいですが、それだけ費用がかさんでしまいます。

男性は好きな女性のためにお金をかけるのは躊躇しませんが、愛情のない女性に使うお金はもったいなく感じてしまうもの。

そのため、自宅でのデートなど、お金をかけないデートが増え始めたら彼氏の気持ちが冷めている前兆です。


サイン4. そっけない態度を取る

好きな人のことはどんなことでも知りたいと思うからこそ、様々な方法で気を引こうとしますよね。

しかし、彼女への気持ちが冷めていると、相手への興味がなくなり、「別に。」「どっちでもいいよ。」など、そっけない態度をとることが増えます。

また、分かりやすく自分の気持ちを態度で表して、自然消滅を狙っている可能性もありますよ。


サイン5. 顔を見て話してくれなくなった

隠し事などがあると、その人のことを正面から見ることができなくなります。

そのため、彼氏が自分の顔や目を見て話してくれることが少なくなったと感じたら、楽しさよりも不安や後ろめたさを感じているでしょう。

隠し事をする彼氏の中には、他に好きな人や彼女がいるケースもあり、関係の修復ができない可能性もありますよ。


サイン6. 一緒にいても会話が続かない

好きな人ほど「何を考えているのか知りたい。」と思う気持ちが強く、たくさん会話したいと思うもの。

しかし、興味のない人の話はつまらなく、自分にメリットがないからこそ苦痛に感じてしまいます。

つまり、今日あった出来事を話していても「そうなんだ。」と終わらせたり、話してしても上の空だったりする彼氏は、気持ちが冷めている兆しです。


サイン7. 記念日を忘れられた

誕生日や付き合った日などの特別な記念日は、相手への気持ちが強いほどお祝いしたい気持ちが強くなりますよね。

そのため、彼氏が誕生日などを忘れてしまっている場合、彼氏の中で彼女の優先度や重要度が下がっている証拠

彼女から記念日のことを伝えても「そうだっけ。」「忘れてた。」など、最初に謝らない彼氏はもう気持ちが切れている可能性がありますよ。


サイン8. 会ってもスマホばかりいじっている

仕事などで会える時間が限られているからこそ、一緒にいられる時には二人の時間を大切にするもの。

しかし、せっかく会えたのに彼氏がスマホばかりいじっている時は、彼女以外のことに関心や興味が向いている兆しです。

スマホに集中している彼氏の中には、「彼女といても退屈。」「早く帰りたい。」と思っている人も多いですよ。


サイン9. スキンシップが少なくなった

好きな人は、もっと仲良くなりたいと思っているからこそ、手や腕などに触れることが多くなりますよね。

一方で、好意のない人には触れたいと思うことがないだけでなく、触られることすら嫌に感じることも。

そのため、

  • 手を繋がなくなった
  • 腕を組ませてくれない

などスキンシップが少ないと感じた時には、倦怠期になり心も離れている可能性が高いのです。


サイン10. LINEの既読がなかなかつかなくなった

好きな人からの連絡は内容が気になるだけでなく、すぐに返信をして少しでも長くLINEを続けていたいと思いますよね。

そのため、LINEを送っても返信が来ない時は、彼女への興味や関心が薄くなっている証拠です。

特に、誕生日に「おめでとう。」などとメッセージを送っても、既読すらつかなくなっている時には、

LINEをしたくないことを示している可能性が高いですよ。


サイン11. 連絡頻度が減った

付き合っている時には、特別なことがなくてもLINEや電話をしてしまうことも多く、内容のない会話でも楽しく感じますよね。

しかし、こうした会話は彼女への気持ちがなくなるほど退屈になり、重要な時だけ連絡すれば良いと考え方が変化していきます。

その結果、3日に一回しか連絡をしないなど、今までよりも連絡頻度が大きく減少してしまうのです。


サイン12. 相談されることがなくなった

彼女は、自分の考えや好みなどをよく知っているからこそ、何かを買ったり人偏関係で悩んだりした時などに的確なアドバイスをくれる存在。

特に、彼女への信頼感が強いほど、「どっちシャツがいいかな?」「仕事でこんなことが会ってさ~」など、どんなことも相談してくれます

そのため、彼女への相談なくいろんなことを決め始めたら、彼女への信頼感が薄くなったり、意識しなくなったりしている証拠です。


サイン13. 適当な相槌が増えた

彼女の話をもっと良く聞きたいという気持ちは、相槌に現れやすく、

「僕もやってみたい。」 「めちゃくちゃおもしろそうだね。」

など、会話に興味を持っていることわ分かる相槌をしてくれますよね。

そのため、氏の会話中の相槌が適当になったと感じている時は、彼女への興味がなくなっている証拠

例えば、

「ふ~ん。」

「そうなんだ。」

など、会話が終わっても構わない相槌にはカレの適当さが表れています。

また、そもそも彼女の話を聞いていないこともあり、気持ちが冷え切ってしまっているケースもありますよ。


別れそうな時の対処法|彼氏とまだ別れたくない場合の引き止め方とは?

「彼氏のことが好きだから別れたくない。」

「頑張って彼氏の気持ちを引き止めたい。」

彼氏の行動に別れたいサインがあっても、別れたくない人は多いですよね。

そこで、ここでは気持ちの冷えた彼の引き止め方や、やり直していくための方法を解説していきます。

その時の状況などに合わせて、最適な方法を実践してみてくださいね。


対処法1. 挨拶や感謝の気持ちを言うようにする

男性は、女性と違って人の気持ちを読み取るのが苦手で、自分への好意や良いことに対しても鈍感です。

そのため、ストレートに気持ちを表現するようにして、きちんと自分の気持ちや好意を感じてもらうことが大切。

  • 挨拶や感謝の気持ちを言う
  • やってほしいことがあったら言う
  • 察してほしいと思わない

二人のために頑張ってくれる彼氏の気持ちを大切にするためにも、きちんと褒めたりお礼を伝えたりしてくださいね。


対処法2. 外見のイメチェンをしてみる

出会った頃や付き合い始めた頃は可愛いと思っていても、一緒にいる時間が長くなるほど彼女の魅力に慣れてしまいます。

そこで、

  • 今までとは違うヘアスタイルにする
  • ファッションやメイクの雰囲気を変える
  • ダイエットする

といった、外見のイメチェンをしてみましょう。

今までとは違う雰囲気の外見になり、改めて彼女への魅力やドキドキを感じてもらうことで惚れ直してもらうのです。

魅力的な姿は他の男性に取られるという危機感へと変わり、彼女をより大切にしてくれますよ。


対処法3. 内面の自分磨きを始める

男性は、なにかに頑張っている姿や努力する姿を素敵だと感じており、見た目以外にもたくさんの魅力を感じています。

そこで、仕事などで使う資格取得を目指したり、新しい趣味を始めたりするなど、いろんなチャレンジを通して内面磨きに力をいれてみましょう。

新しいことを頑張ると、自分から行動することの大変さや難しさを感じ、

  • 今までの彼氏への態度を見直す
  • 彼氏の頑張りを理解する

きっかけに繋がることも。

その結果、彼氏を大切にする付き合い方になり、また仲良く過ごせるようになりますよ。


対処法4. 料理のレベルを上げる

男性は彼女の手料理が美味しいほど、結婚した時のイメージを強く懐き大きな魅力を感じるので、料理上手な彼女ほど「一緒にいたい。」「結婚したい。」と感じるもの。

そこで、

  • 毎日レシピを見ながら料理をする
  • 料理居室などに通う
  • 彼氏の好みを把握する

のように、料理のレベルを上げて、彼氏の胃袋を掴むことで気持ちを引き止めることも有効です。

レストランなどのプロ並みの腕前になる必要はありませんが、料理のたびに彼氏が喜んだり褒めてくれたりするレベルを目指して頑張りましょう。


対処法5. 今までしてなかったデートをしてみる

彼氏が彼女への気持ちが覚める原因には、彼女と過ごす時間に飽きてしまっているからです。

そこで、

  • デートの時間帯を変える
  • いろんな場所へ行く
  • 期間限定のイベントを楽しむ

など、今までしなかったようなデートをして、デートのマンネリ化を防ぎましょう。

無理に遠出するよりも、その時にしかできないことをするほうが、今後のデートプランで被る心配がなくなるので、マンネリ化を防ぐのに役立ちます。

スケジュールなどに縛られない自由なプランで、新鮮な気持ちでデートを楽しみましょう。


対処法6. 思い出の場所に行ってみる

彼氏が別れたいサインを出していても、まだ別れを切り出していない背景には、彼女のことを大切だという気持ちがまだ残っているから。

そこで、彼氏にもう一度自分のことを好きだった気持ちを思い出してもらうために、二人の思い出の場所に行ってみるのも良いでしょう。

また、初めて出会った場所やデートに行った場所、付き合えた場所など、その場所に行ったら当時の思い出話をするのも効果的。

ふらりの思い出を振り返ることで、お互いに相手への思いやりや好意が強くなりますよ。


対処法7. 手紙で彼への思いを伝える

面と向かって自分の気持ちを伝えられないと、彼氏に自分の気持ちが伝わらず、すれ違いの要因になってしまうことも。

そこで、

  • 日頃の感謝の気持ちや好きな気持ちを書く
  • 素直に表現する
  • 二人の将来にまつわる内容を忘れない

といったように、彼氏への気持ちや思いを手紙にして、きちんと伝えることもおすすめです。

手書きの手紙だからこそ、書いた人の温かみや本気度が伝わるので、変に気取らず素直な気持ちをそのまま書いて純粋な思いを伝えましょう


対処法8. 話し合いをして、本音を言い合う

彼氏が別れを考えている理由には、彼女への言えない不満が原因であることがあります。

そこで、彼と本気で思いや気持ちを言い合う場を設けて、今まで溜めてたことを伝え合いましょう。

本音の話し合いは、あくまでもお互いの気持ちのズレを無くし、関係を改善させるためのもの。

  • 絶対に怒らない
  • どんなことも受け入れる
  • 最後は自分から謝る

のようなことに注意して、喧嘩にならないよう、きちんと相手の気持ちや不満を受け止めましょう


対処法9. 自分の非を改善させる

彼女に不満がある場合、上辺だけ繕っても関係は改善されず、むしろ「何も分かっていない!」と怒らせてしまうこともあります。

そのため、一度彼氏の立場になって自分の行動や言葉を見つめ直し、だめなところを改善しましょう。

  • 嫌だと言われた言動は素直に受け入れる
  • 注意されたことは二度としないように気をつける
  • 気を緩めたときに同じ言動をしないようにする

自分の間違いを改善することは、マイナスをゼロに戻す行為のため、『彼氏のための努力』とは少し違っているので、直したことをアピールしないように気をつけましょう。


対処法10. 距離を置いてみる

彼氏は別れたいと思っていても、別れたときの喪失感まで考えていないことがあります。

そこで、連絡をしないなど一度彼氏と距離を置くようにして、お互いに一人になれる時間を作りましょう。

  • 会わない時にたくさん努力する
  • 彼氏がゆっくり考えられるように配慮する
  • 彼氏からの連絡くれるのを待つ

距離を置いている期間に何もしなければ、彼氏が考えを変えてもまた同じことを繰り返すだけ。

会えない期間があるからこそ、たくさん努力をして自分の魅力を磨いておきましょう。


別れそうな時にしてはいけないこと|彼氏の気持ちがより離れていくNG行動とは?

彼氏の別れたい気持ちに気づいてしまうと、別れないようにいろんな行動をしてしまいますよね。

しかし、彼女の行動によっては、関係修復よりも別れの後押しをしてしまうことも。

そこで、最後により気持ちが離れるNG行動を紹介するので、行動を起こす時にはよく注意してくださいね。


NG行動1. 感情的になって強く当たる

彼への気持ちが強い人ほど、別れたい彼氏の気持ちを理解できません。

その結果、「こんなに尽くしているのに!」「なんで好きじゃないの?」と感情的になることも。

しかし、こうした行動は未練がましく、今別れたほうが良いと感じてしまうのです。

そのため、気持ちに気づいても冷静に対応したり、気づいていないふりをしましょう。


NG行動2. しつこく接する

別れを考えるほど彼女への気持ちが冷めているからこそ、彼女との時間を楽しく感じません。

このような中で「どうして会ってくれないの?」と問い詰めるなど、彼女にしつこくされても、「面倒だ。」「うっとうしいな。」と感じてしまうだけ。

そこで、新しい趣味を始めるなどのデート以外の楽しみを作り、彼氏に依存しない環境にすると、自然にしつこい言動がなりますよ。


NG行動3. 試すような言葉を言う

彼氏の本当の気持ちを確かめようとして、思ってもいないのに「大嫌い。」「じゃあ別れよう。」などの言葉をぶつけてしまうことがあります。

しかし、こうした言葉は「彼女も同じ気持ちだった。」と彼氏に思わせるだけで、別れることを後押ししてしまうだけ

試すような行為が自分から別れたいという意思表示になってしまうので、絶対にこうしたことを言わないようにしましょう。


NG行動4. 彼からの連絡を返さないようになる

彼氏からの連絡が少なくなると、同じような行為をして寂しくさせようとしてしまうことも。

自分も同じように返さなかったり無視したりすると、冷めた気持ちが彼に伝わるので、関係をより悪化させてしまいます

そのため、自分だけが寂しくても、彼氏からの連絡はきちんと返しましょう。


NG行動5. 昔の話しを掘り返して話す

彼氏が別れたがっている理由を聞いたときに、「自分も似たようなことをされたのに我慢した。」と、昔の話を掘り返してしまうことがあります。

自分も我慢したから彼氏にも我慢して欲しいという気持ちがあっても、それで彼氏が納得することはありません。

話の論点がズレたり、冷静な話し合いにならないので、今の話だけをするようにしましょう


別れそうな時こそ、二人の関係を見つめ直すきっかけにしてみて。

別れそうなカップルには、会う頻度が減ったり、電話する頻度が少なくなったりします。

倦怠期に現れやすいこれらの行動には、どうしたらいいのかお互いに分からないことも。

そこで、今回紹介した別れそうな時の彼氏の特徴や引き止め方を参考にして、じっくりと話し合いながら、また二人での楽しめる関係を築きましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事