嫌なことを気にしない方法|仕事や恋愛で悩まない心を手に入れよう!

職場の人間関係や恋愛の悩み事など、いちいち気にしない方法を知って、不安を感じないようにしたいですよね。そこで今回は、気にしてしまう原因や、いちいち気にしないための8個の方法を大公開!さらに、読んでおくと参考になるおすすめの本も紹介していきます。

嫌なことを気にしない強靭な心がほしい人へ。

気にしない生き方

過ぎてしまった嫌なことに対し、いつまでも切り替えられないことは辛いですよね。できれば何も気にしない方法を知って、早く前を向きたい人も多いでしょう。

そんな人のために、この記事では仕事や恋愛、人間関係の嫌なことを気にしない方法をレクチャーしていきます。

今現在、辛い思いをしている人は、ストレスのない明るい毎日を送るための参考にしてみてくださいね。


そもそも、何事も気にしてしまう原因とは

嫌なことがあるといつまでも気にしてしまうのは、そもそも何が理由になっているのかを把握しておきましょう。気にしてしまう原因の中でも代表的なものを4つご紹介するので、当てはまるものがないか確認してみてください。


気にしてしまう原因1. 失敗することに恐れを抱いている

気にしてしまう人は新しいことに挑戦したり、頑張らないと達成できない難しい課題にトライすることが苦手な傾向にあります。

それは、失敗に対して過剰に恐れを抱いていることが原因となっていて、なかなか動き出せません。

失敗することで、自分のアイデンティティに傷がつくようなイメージを持ってしまっていることが多いです。


気にしてしまう原因2. 神経質でささいなことに目が行き届いてしまう

完璧主義な一面をもっていて、自分が思うように物事が進まないことが許せないのも、気にしてしまう人の特徴です。

神経質で細かいところにも目が行き届いてしまうことが原因で、一つ一つにひっかかってしまいます

他人からの評価も気にしてしまうため、なかなか周りに表現できず、モヤモヤが続く状況になることも多いです。

【参考記事】はこちら▽


気にしてしまう原因3. 自分への自信がない

何でも気にする人は、いつも「どうしよう」「ピンチだ」と言う風に心配しマイナスなことを考えてしまう特徴があります。

それは、自分の能力や実力に対する、自信のなさの表れであることが多いです。

確固たる自信がないことで、仕事や課題に対してあらゆる角度から観察してしまい、なかなか行動できなくなってしまいます。


気にしてしまう原因4. 周囲からどう思われるかを考えてしまう

自信が持てないために、常に自分が正しいかどうかの判断が他人の評価でしか測れないのも、気にする人の特徴。

「周囲からどう思われているか」を最も重要視するため、普通の人であれば何でもないことまでを気にしてしまうというわけです。

人目を気にするあまり、視野がどうしても狭くなり、ネガティブな思考になりやすくなってしまいます。


嫌なことをいちいち気にしない方法はある?

いちいち気にしないために、何から変えていけばいいかイメージできない人も多いでしょう。

ここでは、気にしすぎる悩みを抱えている人におすすめの、具体的な気にしないための方法を8パターンご紹介します。


気にしない方法1. 気になってしまう原因を改善する

いちいち気にしないでいるには、むやみに明るくポジティブになろうとせず、冷静に自分を見つめることが重要。

自分が何に心配することが多いのか、また、悩みはどこから生まれてきているのかをきちんと把握しましょう。

はっきりとした原因がわかれば、それを解決するための対策を立てやすくなるため、おすすめです。


気にしない方法2. 楽観的に考える癖をつける

基本的に気にする性格は、元をたどればネガティブな考え方が理由になっていることが多いです。

そのため、仕事であれ恋愛であれ、結果に対して良かったことや、よくできたところを見つけて自分や周りを褒めてあげましょう。

そうすることで、嫌なことばかりでなく少しずつ物事の長所が見えてくるので、楽観的な考えも生まれやすくなります。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法3. 趣味を思いっきり楽しむ

趣味や自分が好きなことをしている時は、嫌なことやストレスを忘れることができるものです。

そんな自分が「楽しい」と思う感覚をじっくりと味わうと、気持ちの切り替えが上達してきます。

次第に嫌なことやストレスから、一時的にでなく完全に忘れるようになりますので、楽しめる趣味は大切にしておくといいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法4. 小さい目標を立てて達成し、成功体験を積み重ねていく

仕事をしても恋愛をしても自分に自信が持てないなら、まずは成功体験を積み重ねることを意識するといいでしょう。

1ヶ月に1kg痩せるというような、簡単にクリアできる目標でも、達成感を味わうことは可能

なるべく小さい目標を立てて、達成する習慣をつけることで、気にしすぎる性格が改善していくことを実感できます。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法5. 自分が思ってる以上に周りは気にしないことを理解する

気にする性格の人が思うほど、他人は自分も含めた他人のことを、あまりしっかり見ていません。

そのことを自分の中で理解できるようになると、人目を意識しすぎることなく、自然と主体性が身についてきます


人にどう思われるかよりも、自分がどうしたいかで考えるようにする

素直になって、自分で自分を評価する習慣さえついてしまえば、自分がどうしたいかもはっきりしやすくなります

最終的には人から何を言われても気にならなくなるので、とにかく自分で決断することが大切です。


今行っていることに対して、とにかく集中する

他人が気になってしまっている状態は、周りに気が散ってしまっていることが原因となります。

とにかく、自分のことだけに集中して行動できれば、無駄なストレスや悩み事も減って仕事の効率も上がっていくでしょう。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法6. 苦手な人がいるのであれば、距離を置く

人間関係をスムーズにしようと思っても、相手が苦手なタイプであれば、なかなか仲良くなるのは大変ですよね。

そのため、苦手としている嫌いな人がいるのであれば、一旦その人から逃げてみるのも効果的な場合があります。

嫌いな人と接する機会が減る仕事に集中してみたり、会話を挨拶程度にとどめておくと、自然に距離をおくことができるでしょう。


気にしない方法7. 周囲と自分を比較するのをやめる

気にしすぎる人は「自分は常に人よりも能力が足りていないのではないか」という劣等感を抱えています。

自分は自分、他人は他人と割り切ると、そんな余計な悩みを持ち続けることがバカらしくなるでしょう。

周囲と比較しても、絶対に他人はコントロールできないので、自分の仕事に集中するのが得策だと気付けます。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法8. 信頼できる友人に相談する

周りを気にしているのに偏った考え方をしているため、あまり客観的に捉えられていないのが、気にしすぎな人がよく陥る現象です。

そんな時に友人に相談することで、自分が異常に気にしすぎな感覚を持っていることに気がつく可能性も。自分一人で悩むのではなく、信頼できる友人に相談するようにしましょう。


職場の辛い人間関係を気にしない方法

気にしすぎる性格の人は、先輩や上司とのスムーズな人間関係を構築するのが苦手で、頻繁に悩みのタネになります。

ここでは、そんな職場の辛い人間関係を気にしない方法を3つ紹介するので、参考にしてみてくださいね。


職場で気にしない方法1. 理不尽なことを言われても聞き流す

どんな人でも、特に根拠なく叱られたり、怒られたりすることは経験するもの。気にしすぎな人は、一度強く指摘されるとずっと悩み続けるため、聞き流す努力が必要です。

自分に自信がついてきたら、聞いている振りはしながらも、うまく聞き流すことができるようになるため、まずは自信をつけることが先決となります。


職場で気にしない方法2. 上司からの評価よりも成果を残すことだけを考える

上司からの評価は確かに大切ですが、それだけにとらわれていては、自分のスキルはいつまで経っても上がりません。

なので、気にしすぎる性格の人は、何よりも仕事の成果を残すことを考えてみましょう。しっかりと結果を出せば、いつか必ず正当に評価される日がきます

そのため、他人の機嫌を伺うのではなく、しっかりと努力を重ねて成果を出すことに集中して、「評価は後からついてくるものだ」と考えましょう。


職場で気にしない方法3. 辛くて仕方がない場合は、異動願いや転職を考える

どれだけ前向きに考えても、どうしてもウマが合わない人がいることもあるでしょう。

そんな時は、異動願いを出したり、転職を考えたりすることも候補に入れて対策を検討していく必要があります。

苦痛に感じ続けながら無理して付き合うのにも限界があるので、物理的に必ず離れることができる転勤や転職は、おすすめの方法です。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法の参考になるおすすめの本を紹介!

なかなか気にする性格が改善しないのであれば、考え方の根拠となるものを本の中から見つけてみるのもいいでしょう。気にしすぎる性格を直したい人におすすめの本を3冊ご紹介しますので、悩んだ時は読んでみてくださいね。


おすすめの本1. 『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』武田友紀 (著)

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

敏感すぎる人の専門のカウンセラーをしている人が著者となっている本です。

些細なことに目がいってしまう人の、敏感すぎる五感を抑える方法について詳しく書かれているので、繊細でストレスが溜まりやすい人におすすめ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本』大嶋 信頼 (著)

「気にしすぎてうまくいかない」がなくなる本

「人の気持ちはどれだけ考えてもわからない」という観点から、まずは自信を持つべきであるという内容が書かれています。

新しいことを始める際に、いつまでも準備ばっかりで行動に移せない傾向がある人に読んでもらいたいです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント』水島 広子 (著)

「他人の目」が気になる人へ~自分らしくのびのび生きるヒント~ (光文社知恵の森文庫)

何をするにも人の目が気になってしまって、消極的になってしまう人におすすめです。

現在の相手の評価は絶対的な価値ではないし、その評価も正しいとは限らないため、気にする必要がないという観点から、自信を持つ方法について詳しく書かれています。

Amazonで詳細を見る


気にしない性格になると具体的に何が変わる?

いちいち気にしない性格に変わると、実はたくさんのメリットがあるんです。性格が良い方向に変化することで、具体的にどんな生活を送れるかについて、4パターンご紹介しますので、頑張るモチベーションを高めてくださいね。


具体的な変化1. ストレスが溜まりにくくなる

何かを気にするということは、そこにある程度の意識が集中している状態です。それらが蓄積することで疲れていき、最終的にはストレスに変わります。

気にしない性格になることができると、すぐに気持ちを切り替えられるため、ストレスが溜まりにくくなるでしょう。

悩みがないので、楽しいポジティブな考え方をしやすくなります。


具体的な変化2. 自分らしい生き方ができる

人目や人からの評価を気にする人は、ついそれらに合わせることばかり考えてしまい、自分のしたい行動ができません。

対して、何を言われても気にしないでいられると、人生を自分が思うように進めていくことができるようになります。

主体性を持って行動できるので、たとえ失敗しても成長につなげることができやすくなるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


具体的な変化3. 嫌なことがあってもすぐに立ち直れる

気にする性格の人は、失敗や恥をかいた記憶を強く残し過ぎてしまう傾向があります。そのため、あまり切り替えがうまくなく、立ち直るのも遅いです。

しかし、気にしない性格を身につけることで、すぐに忘れるように気持ちをコントロールできるようになります。

嫌なことがあってもすぐに前を向いて、プラス思考を保てるでしょう。


具体的な変化4. 人からの評価で自分の感情を左右されなくなる

他人の目線が基準になっているため、不安に思うことや、心配事が多いのも、気にする性格の人の特徴の一つ。

反対に気にしない性格になれると、全て自分の感覚次第で物事を判断できるようになるのを、実感できるでしょう。

「人から何を言われても関係ない」という発想ができるようになるので、感情を乱されることも減っていくメリットが期待できます。


気にしすぎる性格を改善して、自分の人生を歩みましょう。

気にしすぎる原因と、そんな性格に対する効果的な対処法についてご紹介しました。仕事でも恋愛でも、細かいことを気にしてばかりだと楽しくない時間が続きますよね。

まずは、自信をつけることから初めて、ネガティブ思考を脱却することが大切です。こちらを参考に、明るく周囲の人たちから、愛される存在になってくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事