楽観的な人の性格/行動の特徴とは?魅力的な楽観的になる方法を紹介

貴方の周りにも楽観的な人はいますか?本記事では、楽観的な人の意味はもちろん、楽天的との違いや楽観的な人の考え方、楽観的な人の特徴について解説!さらには、楽観的な人の短所から、楽観的になるための方法までお教えします。メリットと・デメリットを理解して上手に真似していきましょう。

楽観的な人になって気楽に生きる方法をレクチャー

楽観的な人の性格と行動の特徴

楽観的な人は、周りを見渡すと案外多く存在します。楽観的ではない人にとって、楽観的な人が考えていることって良く分からないことも多いですよね。

楽観的な人は一体どんなことを考えているのでしょうか。

本記事では、楽観的な人の性格や行動の特徴について解説していきます。楽観的になるための方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


楽観的とは?意味を詳しく解説します

楽観的とは「物事はきっと上手く進んでいく」と明るい見通しを持つことを意味します。

楽観的な人は失敗やリスクについて深く考えることはせず、物事の良い面ばかりを見る傾向が強いです。

「楽観的」という言葉の対義語として「悲観的」という言葉があり、こちらは「物事はきっと上手くいかない」とネガティブに考えることを言います。


楽観的と楽天的は何が違うの?

楽天的とは「嫌なことがあってもくよくよしない」という前向きな考え方のことを言います。

楽観的と楽天的は似た言葉ではありますが、楽観的は「何も考えない」というイメージが強く、楽天的は「前向きでポジティブ」というイメージが強いといえます。


楽観的な人の3つの考え方とは

楽観的な人の考え方は、周りの人から見てもよくわからない部分が多々あります。楽天的な人は、普段どんな考え方を持って生活をしているのでしょうか。

まずは、楽天的な人の考え方について紹介していきます。


考え方1. 過去に固執しない

楽天的な人は過去を後悔しない考え方を持っています。

多くの人は過去の失敗や過ちをもとに次どのように行動するべきかを考えますが、楽天的な人は過去に固執しないため、常に今この瞬間のことを考えて行動します。

過去の失敗や過ちを引きずらず、物事を出来るだけ前向きに捉えるのが楽天的な人の考え方の特徴です。


考え方2. 未来を気にしすぎず、今を楽しむ

多くの人は将来のことを考えて行動や選択をしますが、楽天的な人は今を最も大切にしています。

「上手くいかなかったどうしよう…。」「失敗したらどうしよう…。」といった先の心配はせず、とにかく今が最も楽しくなるような行動や選択をするのが楽観的な人です。

楽観的な人は、未来よりも今を大切にして生きていると言えるでしょう。


考え方3. 人生に完璧を求めすぎない

楽観的な人は、人生に完璧を求めても良いことはないと考えています。

完璧を求めるよりは、自分らしくのびのびと生きていた方がよっぽど楽しいと割り切っている傾向が強いです。自分らしく生きることこそが、人生を最も楽しむコツだと考えています。

人生に完璧を求めず、今この瞬間を楽しむというのが楽観的な人の考え方です。


長所が多い!楽観的な人の性格や行動の特徴10個

楽観的な人の考え方には、周りの人が思っている以上に長所が多いです。

楽観的な人のどんな性格や行動が長所に繋がるのでしょうか。

続いては、楽観的な人の長所となる性格や行動の特徴について紹介していきます。


特徴1. 常に明るく振る舞う

今この瞬間を生きることを楽しんでいる楽観的な人は、考え方も常にポジティブです。

考え方がポジティブであるが故に、性格も明るくなるのがポジティブな人の特徴です。他人に対しても、常に明るく振る舞うことができます。

楽観的な人は性格がポジティブであることから、どんな時でも周りの人に対して人当たりよく接しています。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 大らかで、怒ることがほとんどない

楽観的な人は自分の失敗や過ちに対して寛容なだけでなく、他人の失敗や過ちに対しても寛容です。

失敗や過ちに対して「次はきっと上手くいく」と考えているため、他人に対して怒ることもほとんどありません。

過去や未来のことを気にしない楽観的な人は、他人に対しても大らかで、怒りという感情を抱くことが少ないです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 人のミスを寛容に受け止める

楽観的な人は他人のミスに対して「大したミスではない」と考えがちです。

例え他人が大きなミスをしたとしても「次から気をつけてくれれば良い」と考え、怒るようなこともせず、何事もなかったかのようにミスを受け止めます。

楽観的な人は考え方も寛容であるため、他人のミスに対していちいち怒るようなことはしません。


特徴4. 他人の良い所を見つけるのが上手い

物事を良い方向に捉える楽観的な人は、他人の悪い所ではなく良いところだけを見ようとします。

そもそも他人の悪い所を見ることにメリットはないと考えているため、悪い所を探すようなことはしません。

他人の良い所を見つけ褒めてあげることが、お互いの幸せに繋がると考えています。楽観的な人は他人の悪い所ではなく良い所を見つけ、それを褒めてあげることができます。


特徴5. 社交的で交友関係が広い

楽観的な人は他人との付き合いに損得勘定を挟みません。

基本的に友達や知り合いは多い方が人生は楽しいと考えているため、交友関係は広くなっていきます。他人のことを拒まないその性格が、他人からも好かれる要因の1つです。

どんな性格の人でも受け入れることができる楽観的な人は、交友関係も広い傾向にありますよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 決断が早く、すぐに行動へ移す

失敗やリスクを恐れない楽観的な人は、直感で決断や行動をします。

多くの人は失敗の可能性やリスクを計算して決断や行動をしますが、「やってみれば何とかなる」「とりあえず行動すれば上手くいく」と考えるのが楽観的な人の特徴です。

直感を信じて素早く決断や行動ができるのは、楽観的な性格の長所でもあります。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 物怖じせず、何事も積極的にチャレンジする

楽観的な人は常に今この瞬間のことを考えているため、先のことが怖いと考えません。

先のことが怖いと思わないが故に、やりたいと思ったことにチャレンジできます。チャレンジした結果失敗したとしても、「次はきっと上手くいく」と考えることでしょう。

先のことを考え過ぎない楽観的な人の性格は、チャレンジを恐れないという長所に繋がります。


特徴8. 肩の力が抜けており、常にリラックスしている

「全ての物事はきっと良い方向に進んでいく」という楽観的な考え方は、人生を気楽に生きることに繋がります。

先のことに身構えることなく、今この瞬間を楽しむことを意識することで、自然と肩の力も抜けていくもの。

楽観的な人はその気楽な考え方故に、常にリラックスしてのびのびとした人生を歩むことができますよ。


特徴9. 異性からモテやすい

楽観的な人の性格は大らかで寛容であり、また他人に対しても優しいことが多いです。

その人当たりの良さが、周囲の異性からモテることにも繋がります。特に「優しい男性(女性)が好み」という人から、楽観的な人はモテやすいです。

他人を受け入れることに寛容でもある楽観的な性格は、周囲の異性からも人気が高いです。

【参考記事】はこちら▽


特徴10. 落ち込んだり悩むことが少ない

物事をポジティブに捉える楽観的な人は、失敗をしてもくよくよしません。

「次はきっと上手くいく」と前に向きに捉えるのが楽観的な人の考え方であり、嫌なことや辛いことがあっても落ち込みにくいです。

楽観的な人は常にポジティブな考えを持って生きており、ネガティブな感情になる瞬間が少ないという特徴があります。


デメリットもある?楽観的な人の短所

一見長所が多いようにも思える楽観的な性格ですが、実は短所もいくつか存在します。

楽観的な人の性格には、一体どんなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、楽観的な人の短所について解説していきます。


短所1. マイペースすぎて、周囲に迷惑をかけてしまう

自由気ままに生きている楽観的な人は、周りの人に合わせるのが苦手です。

周囲のペースを乱し迷惑をかけることも多く、マイペースな人だと思われがち。自分はこれで良いと思っていても、周りの人からは反感を買ってしまうこともしばしばあります。

楽観的な性格は、特に集団生活において周囲への迷惑になっていることもあります。


短所2. あまり計画をせず見切り発車で行動をしやすい

楽観的な人は今この瞬間の気持ちを大事にしているため、先のことを深く考えていません。

計画性がないあまりに、それが失敗に繋がってしまうこともあります。もちろん見切り発車が良い方向に転ぶこともありますが、毎回毎回成功するとは限りません。

楽観的な人は基本的にしっかり計画を立てて行動することが少ないです。

【参考記事】はこちら▽


短所3. ミスをしても反省をしないことがある

過去の失敗をあまり気にしないのは楽観的な人の長所である一方、短所でもあります。

ミスを反省しないことで、同じ失敗を繰り返してしまうこともしばしば。また自分のミスを反省しないことに対し、周りの人から反感を買ってしまうこともあります。

ミスをしてもあまり反省しないのは、楽観的な人の典型的な特徴です。


短所4. 細かい事を気にしないので、雑にこなしてしまう

楽観的な人は、細かい事を気にしないことこそが人生を楽しむコツだと考えています。

細かい事を気にしていても仕方ないという気持ちが、雑な考えや行動に繋がってしまいがちです。雑に物事を進めることで、失敗に繋がったり周囲から反感を買ったりしてしまうこともあります。

細かい事を気にしない楽観的な人は、物事を雑にこなしてしまいがちです。


短所5. 危機感がなく、無責任に見える

物事を楽観的に捉えるということは、基本的にリスクについて考えないということです。

楽観的な人の危機感のなさは、周りの人から見ると無責任なようにも見えてしまいます。特に集団生活においては楽観的というだけで、周りの人からの反感を買ってしまうことも珍しくないです。

楽観的な性格は、時に無責任と捉えられてしまうこともあります。

【参考記事】はこちら▽


良いとこ取り!楽観的になるための7つの方法

楽観的な性格にはメリットが多い反面、デメリットもあります。楽観的な人を目指すのであれば、楽観的な性格の良いところだけを取りたいですよね。

最後に、良いところだけをとって楽観的な性格になるための方法について解説していきます。


方法1. 物事をシンプル考える癖をつける

選択や行動をする際、あれこれ考え過ぎると次々と不安や心配が生まれてきます。

不安や心配が生まれてしまうと、思考がネガティブになり楽観的な性格からは遠ざかっていきます。楽観的になるためには、選択や行動をする際に難しく考え過ぎないのが大切。

物事をシンプルに考えると、自分の気持ちに忠実に生きられるようになります。


方法2. 大きな期待を持たないようにする

期待感が大きいと、期待を裏切られた時に落ち込みやすくなります。

感情の起伏をなくし気楽に生きるためには、常に物事に対して過度な期待をし過ぎないのが大切です。大きな期待を持たなければ、もし期待を裏切られても落ち込みにくくなります。

物事に対して大きな期待をせず、気楽に生きることこそが楽観的になる方法です。


方法3. 小さな努力を重ね、自信をつける

自分に自信のある人は「物事は常に上手くいくだろう」と思い込んでいます。

自分に自信をつけるためにも、小さな努力を積み重ね、成功体験を味わうのが大切です。成功体験を繰り返せば、少しずつ自分に自信がついてきます。

楽観的な人生を歩むためにも小さな努力を継続して、少しずつ自分に自信をつけていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法4. 規則正しい生活をして、前向きな気持ちを維持する

不規則な生活は、ネガティブな感情を生み出しがちです。

人の体は朝起きて太陽の光を浴びると、正しい生活リズムを自然と生み出してくれます。また、毎日十分な睡眠時間を取れば、疲れが取れてストレスも軽減されるでしょう。

楽観的な生き方をするにはまずは規則正しい生活を心がけ、ポジティブな感情を毎日維持することが大切です。


方法5. 他人と自分を比べないようにする

劣等感は不安や心配を生み出す原因です。

無駄な劣等感を感じないようにするためにも、他人と自分を比較しないことが大切。自分は自分と割り切ることで、自分が本当にやりたいと思ったことにチャレンジできるようになります。

楽観的に生きたいのであれば、他人と比較しない自分らしい人生を生きるという心構えをしましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法6. 自分の意見は我慢せず伝える

自分の意見を他人に伝えられないと、次第にストレスが大きくなっていきます。

自分の意見を他人にストレートに伝えられれば、自由気ままに生きられるはずです。良い事は良い、嫌な事は嫌と主張するのが、楽観的な生き方と言えます。

楽観的に生きたいのであれば、思ったことは我慢せず相手に伝えるようにしましょう。


方法7. コントロールできない事に一喜一憂しない

天気、過去、人の気持ちなどは、いくら努力しても変わりません。

コントロールできないものに一喜一憂するのは、ただの時間の無駄です。努力で変えられるものだけに意識を集中することで、有意義な人生が送れるようになります。

コントロールできないものに不満を抱かず、リラックスして生きることこそが楽観的な生き方です。


楽観的な人の長所を真似していきましょう。

周りから見るとちょっと羨ましくも思えてしまう、楽観的な人。自分も楽観的な生き方がしたいと思っても、なかなか実現できないことも多いですよね。

しかし、楽観的な生き方ができるようになれば、前向きな人生を歩めるようになります。

楽観的な性格の良いところだけを取って、毎日を楽しくポジティブに過ごしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事