“堂々とする”メリットとは?自信がない自分を卒業する10の方法

堂々とする方法が知りたい方へ。本記事では、堂々とすることで得られるメリットから、堂々とするための方法まで大公開!気になった方はぜひ参考にしてみてください!

そもそも『堂々とする』の意味とは?

堂々とするの意味とは?

堂々とするとは、物応じせずにどっしりと構える様子を意味します。

例えば、大きなプレゼンを前に緊張することなく、自分を信じて平然としている姿を見て「〇〇さんは堂々としている」という使い方をしますよ。

また、困難なことがあっても負けないで立ち向かう態度や萎縮しがちな場面でも平然としている態度を示すことも。

堂々としている人は安心感があり、頼れる存在に映ることが多いため、仕事で信用されるようになったり、異性から注目されたりするメリットがあります。


堂々とすることで得られる6つのメリット|仕事や恋愛でも役立つってホント?

堂々とすることで得られる6つのメリット

言葉の意味からも分かるように、堂々とする立ち振る舞いに憧れる人は多いはず。

まずは、堂々とした立ち振る舞いをするメリットをご紹介します。

堂々とした態度ができるだけで、仕事や恋愛に差がつきます。どのような差がつくのかメリットをチェックしてみましょう。


メリット1. 自信がついて、積極性が増す

自分に自信がないと萎縮してしまい、ついつい消極的に考えてしまうもの。

しかし、堂々とする人は、くよくよ考えることはなく「まずは挑戦してみよう」と常に前向きな姿勢です。

その結果、様々なことに挑戦して成功体験を重ねることができるため、さらに自分に自信が持てるように。

「大丈夫!自分ならできるはず」と積極的に取り組む姿勢でいられます。


メリット2. 周囲の視線を集めることができる

仕事や勉強に不安を抱えている人は、内気な発言や動作をするので、傍から見ても頼りなく見えます。

しかし、堂々とする人はどっしりと構えており、立ち振る舞いや発言に威厳を感じます。

少々のトラブルや逆風ではびくともしないので、周囲からは「凄いな」「信用できるな」と思われることが多いです。

その結果、自然と注目されるようになり一目置かれる存在となります。


メリット3. 何でもできるように思える

何でもできるように思える

堂々とする人は、常に感情が落ち着いています。周囲の言動や行動に惑わされることなく、前向きで明るい気持ちをキープできる特徴があります。

気持ちを落ち着かせてどっしり構えることができると、自分には何でもできそうな気分に。

果敢にチャレンジする気持ちを忘れないため、仕事で成功したりいち早く昇進したりできることが多いです。


メリット4. 魅力が増してモテるようになる

不安そうな雰囲気や自信のない発言が目立つと「この人について行っても大丈夫かな?」と感じますよね。

特に恋愛では異性に安心感や包容力を求めるため、頼りがいがあることが大切です。

堂々とする人は、何があっても物応じせず穏やかな雰囲気を与えるため、「頼りになる」「一緒にいて安心できる」とモテるのです。


メリット5. 仕事で頼られる存在になる

仕事にはトラブルやミスなどイレギュラーな対応がつきもの。トラブルが発生する度に焦ってしまうと、安心して任せられないと思われてしまいます。

堂々とする人はトラブルやミスが起きても責任感のある冷静な判断ができ、最小限の被害で抑えられます。

人前で慌てたり怒ったりしない冷静な姿を見て、仕必要不可欠な人材だと感じてもらえるようになります。

【参考記事】はこちら▽


メリット6. 他人の幸せを素直に喜ぶことができる

他人の幸せを素直に喜ぶことができる

堂々とする人は自己肯定感が高く、自分に自信を持っています。自分軸で物事を考えて自分で自分の気持ちや欲求を満たせるので、周囲の幸せを妬むことがありません。

その結果、他人の幸せを素直に喜ぶことができるように。

結婚や給与アップなどに「おめでとう」「すごいね!」と言った言葉をかけて、一緒に喜べる心の余裕を持っています。


今日からできる“堂々とする方法”10選|自信をつけて魅力的な人になるコツとは?

今日からできる“堂々とする方法”10選

「堂々とする人になりたい」

「自信を持って堂々とするにはどうしたらいいの?」

周囲から一目置かれる堂々とした人に憧れる人は多いはず。

ここでは、堂々とするために実践したい方法をまとめてご紹介します。

誰でもちょっとした心がけで、堂々とする人に生まれ変われます。簡単に真似できる方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。


方法1. 正しい姿勢でいる

背筋が丸まっており全身が縮こまっていると、それだけで頼りなく感じるもの。堂々とする人は威厳があり、物応じしない雰囲気を出しています。その秘訣は、姿勢。

  • 背筋を真っ直ぐ伸ばしてしっかりと前を向く
  • 胸を張って自分を大きく見せる

というポイントを押さえるだけでも、堂々として見えるから不思議。

まずは自分の姿勢を鏡で見て、堂々としているか確認してみてください。頼りなく感じる場合は、意識的に背筋を伸ばして堂々とする人の姿勢を真似しましょう。


方法2. 元気に挨拶をする

第一印象が暗いと、それだけで「頼りないな」「不安だな」と感じられてしまうでしょう。堂々とする人は、第一印象で明るく前向きな印象を周囲に与えています。

堂々とする人に近づくためには、第一印象を改善し「明るくて元気がある」「信用できそう」と感じてもらうことが大切。

  • 相手が挨拶をする前に元気よく挨拶をする
  • 表情にも気を遣い笑顔で挨拶をする

など、好印象を与える挨拶で堂々とする人と同じインパクトを残せるようにしましょう。


方法3. 何事もポジティブに考える

何事もポジティブに考える

「自分には無理だな」「不安や心配で前に進めない」と考えるネガティブな性格だと、言動や行動の節々に自信のなさが現れてしまいます。

堂々とする人になるには、前向きに考える癖をつけることが重要です。

  • 「自分なんて」「自分にはできない」などネガティブな言葉を使わない
  • 「自分にはできる」、「大丈夫」など前向きな言葉を口癖する

など、まずは考え方や言動を変えてみましょう。

言葉や思考が変わると自然と自分に自信が持てるようになり、堂々とする人に見えるようになります。

【参考記事】はこちら▽


方法4. 本などを読んで知識を得る

トラブルやミスなどイレギュラーなことが起こると慌ててしまうのは、知識や経験がないから。

あらかじめ知識があれば落ち着いて対応できるようになりますよ。知識を養う時におすすめの本は、下記の2冊です。

これらであらかじめ知識を養い、どのようなことが起きても冷静に対応できるようになりましょう。


方法5. ゆったりとした行動を心掛ける

立ち振る舞いは、自信や余裕が現れる部分です。いつも急いでいたり雑さが目立ったりすると、周囲から堂々とする人には見えません。

堂々とする人になるには、ゆったりと落ち着きのある振る舞いを心がけましょう。具体的には、下記のポイントを守るといいでしょう。

  • ドアはゆっくりと閉める
  • 時間に余裕を持ちゆっくりとした動作を心がける

落ち着いた行動ができるだけでも、どっしりと構えた雰囲気を出せるので、気を付けてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法6. 相手の目を見てちゃんと話しを聞く

相手の目を見てちゃんと話しを聞く

堂々とする人は相手の話をしっかりと聞いてリアクションが取れるので「親身になってくれる」「いつも真面目で責任のある対応してくれる」という雰囲気を与えます。

傾聴力を身につけるには、話を聞く姿勢が大切です。

  • 相手の目を見て頷きながら話を聞く
  • 相づちや同意などのリアクションをする
  • 相手が話している時にスマートフォンを触るなど他事をしない

ということを注意して、しっかりと他人の話に耳を傾けましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法7. 気取らずに自然体でいる

自分の欠点や至らないところを隠そうとすると、よそよそしくなったり萎縮してしまったりすることが多いです。

「失敗や欠点は誰にでもあるもの」と捉えて、無理に隠そうとしないほうが周囲から堂々と見られます。

  • ミスや失敗をしても隠そうとしない
  • どのような自分も受け入れて飾ろうとしない

という2つが、堂々とするためには大切です。

仕事でミスをしても自分で受け入れることができれば、焦らず的確な対応ができるようになります。


方法8. 小さな成功体験を積む

自分に自信を持つには、成功体験を重ねることが大切です。

成功体験があると「あのチャレンジも達成できから次もできるはず」と前向きに取り組めるようになり、堂々とした態度になっていきますよ。

ただし、急に大きな成功体験を掴もうとしても途中で挫折しやすいため、小さな成功体験を積めるようにしましょう。

  • 腕立て伏せや読書など1週間継続する目標を立てる
  • 毎日7時起床を2週間続ける

など小さな目標で構いません。

コツコツと達成していくことが、大きな自信に繋がります。

【参考記事】はこちら▽


方法9. 堂々としている人の真似をしてみる

堂々としている人の真似をしてみる

堂々とする人になるには、堂々とする人の動作や言動を真似することが効果的です。

ただし、自分がイメージをする人物像では曖昧な部分が多く、真似ができているのか分からないため、実際にいる人をロールモデルに設定しましょう。

会社の上司や友人など、身近にいる人は細かくチェックしやすいのでおすすめです。仕草や立ち振る舞い、言動を確認しながら同じように行ってみてください。

繰り返し行うことで板につき、自分自身も堂々とする人になれるはず。


方法10. 自分のことを好きになる

自分自身を否定していると、周囲の言動や言葉に気持ちが揺さぶられます。

そのため、周囲の言動や行動に振り回されることなく感情が安定しているのです。

堂々とする人になるには、自分自身を好きになることも重要です。

自分のいいところをたくさん見つけて、自分を否定しないことを大切。堂々とする人はどのような自分も受け入れて「自分は自分、人は人」だと割り切っています。

ありのままを受け入れるように心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


堂々とした人になって、仕事も恋愛も楽しもう!

堂々とした人になって、仕事も恋愛も楽しもう!

堂々としている人は何があってもどっしりと構えており、周囲からの信頼が厚く責任のある仕事を任せてもらえます。

それだけでなく、頼りがいのある人だと思ってもらえるので、異性にモテるようになるからいいこと尽くしですよね。

「自分には無理…」と思っているかも知れませんが、堂々としている人には今からでも充分になれます。

今回ご紹介した堂々とするための方法を参考にしながら、堂々とする人を目指しましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事