集中力が続かない原因とは?手軽に集中力を高める5つの方法を解説!

集中力が続かないと悩んでいる方へ。本記事では、集中力がない人の特徴や原因から、集中力を高める方法まで詳しくご紹介します。さらに、集中力が切れてしまった時の気持ちをリセットする方法も徹底解説。仕事や勉強にフル集中したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

集中力を高めたい人必見!

集中力が続かない原因

仕事や勉強をしていると「集中力が切れてしまう」「思ったように続かない」と感じる人もいるはず。そこで今回は、集中力が切れる原因や集中力が続かない人の特徴、そして集中力を上げる方法をまとめてご紹介します。

自分に合った方法を知ることで、集中力を鍛えることができるはず。ぜひ、参考にしてみてくださいね。


集中力が続かない人に見受けられる特徴とは

まずは、集中力が続かない人に共通している特徴をご紹介します。集中力が続かないのには、意外な理由があります。

集中力が続かない理由を紐解くヒントとなるはずなので、どのような特徴があるのか、チェックしてみてくださいね。


特徴1. 常に睡眠不足で寝不足な状態で仕事や勉強に取り組んでいる

集中力が続かない人は、やりたいことに集中できるようなコンディションになっていないことが多いです。特に、寝不足の状態で仕事や勉強を継続しようとすることが。充分に疲れが取れないまま集中しようとするので、持っている力を発揮できません。

また、寝不足だと脳も疲れている状態なので、記憶力が低下したり思うように考えることができなかったりします。


特徴2. 体力や筋力が不足している

「頭を使っていると太らない」と聞きますが、一つのことに集中すると、カロリーを消費します。体を動かしていなくても脳がフル稼働するためです。そのため、そもそも体力がないと、少し集中をしてカロリーを消費するだけでも疲れてしまいます。

集中力がないと感じている人は、体力が不足していたり疲労が溜まっていたりすることが多いです。


特徴3. デスク周りが整頓されておらず、作業環境が整っていない

脇目も振らずに集中するには、集中できる環境を整えることが大切です。部屋が散らかっていたり勉強や仕事をするデスク周りが整理整頓されていなかったりすると、それだけでも気が散ってしまいます。

特に、デスク周りは集中している時に視界に入るため、余分なものが置いてあると気になってしまうことも。漫画や雑誌が立て掛けてあると、ついつい読んでしまい集中力がないと感じてしまいます。


特徴4. 飽きっぽい性格で、一つのことを極めるのが苦手

今まで趣味や運動が続かなかった人や、単純作業が苦手な人は飽きっぽい傾向があります。

一つのことをこだわって極めると思考が身についていないので、少し理解できるようになればそれで満足してしまうことも。掘り下げて探求しようとしません。

そのため「集中するぞ」と意気込んでも、短時間で集中力が切れてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. プレッシャーに弱く、勝負時に100%の力が発揮できない

試験や大会、重要な仕事など、ここぞという場面で集中力がない人は、プレッシャーに弱い可能性があります。普段は持ち前の能力を発揮できても、シチュエーションが変わることで、モチベーションが保てなくなります。

「失敗できない」「失敗したらどうしよう」など、不安な気持ちや緊張感が邪魔をしてしまうので、一つの物事に気持ちを向けることができません。


集中力がすぐ切れる!仕事や勉強にうまく集中できない主な原因

ここからは、集中力が切れる主な原因をまとめてご紹介します。仕事や勉強の途中で、急に集中力がなくなるとやる気やモチベーションが低下してしまいます。

どのような原因があるのか、チェックしてみてくださいね。


原因1. 物事の段取りを決めず、ダラダラと作業に取り組んでしまう

誰でも1日中集中力を持続させることはできません。1日のスケジュールや仕事の段取りを考えないでダラダラと仕事や勉強をしようとすると、集中力が切れる原因に。

時間経過とともにやる気やモチベーションが下がるので、他の事をしてしまうこともあるでしょう。その結果、時間をかけても思うように進まないケースもあります。


原因2. 仕事や勉強に対して、やる気や危機感が足りない

「今日中にここまで終わらせないといけない」「明日までに提出しなければならない」などの危機感がないと、そこまで頑張らなくてもいいと思ってしまいます

また、目標ややる気がない場合も、仕事や勉強を今しなければならない理由がないので、本腰を入れることができません。

このような状態だと、ついつい他のことを考えてしまい、集中力がないと感じてしまいます。


原因3. 雑音が多い場所など、集中しにくい環境で作業している

一つのことに打ち込もうとすると、そこに神経を集中させなければなりません。周囲の環境が整っていないと、他に気を取られてしまうため集中力が切れる原因に。

例えば、賑やかで人が多いカフェや大ボリュームで音楽がかかっている場所、知り合いが話しかけてくる環境では、気を取られることが多く思うように集中できないでしょう。


原因4. 心身ともに疲弊している

集中力がないのには、自分のコンディションが関係している場合があります。心配ごとや気になっている問題を抱えている場合は、それに気を取られてしまい、集中しようとしてもついつい考えてしまいます。

また、寝不足や疲れが溜まっている状態では集中するための体力が充分にないため、集中しようとしてもすぐに切れてしまうことが多いです。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 集中力の持続時間の限界を超えても、休憩せずに作業に取り組んでいる

誰でも集中できる時間には限界があります。それを超えてまで勉強や仕事に取り組もうとしても、思うように集中できません。また、思うように集中できないことがストレスとなってしまう場合も。

また、休憩を入れないでずっと勉強や仕事を続けている場合も、心身ともに疲れが溜まりどんどん集中力が低下してしまいます。


そもそも人の集中力が持続する時間の限界は何分くらいなの?

ある調べによると、人の平均的な集中力の持続時間は、約50分だと言われています。

もっとも集中できるのは15分程度で、15分という単位で集中力が切れそうになったり繋がったりを繰り返しています。

そのため、無理矢理長時間続けても集中力が低下する一方で、思うように作業効率が上がることはありません。15分という集中力の単位を意識しながら、休憩を取り入れるのが良いでしょう。


手軽に集中力を高めるトレーニング方法を大公開!

ここからは、集中力を高めるトレーニング方法や集中力を鍛える方法をご紹介します。意外と簡単なポイントを気をつけるだけで、今よりも集中力を高めることができますよ。

もっと集中して仕事や勉強に取り組みたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


高め方1. 何から取り組むべきか、段取りを決めてから作業に取りかかる

集中力がない人は、ダラダラと仕事や勉強をしてしまうことが多いです。これでは時間をかけても、作業効率は上がりません。人の集中力には限界があるので、それを踏まえた上で取り組むことを決めてから集中するトレーニングをしましょう。

「よし、やるぞ!」という前に、やるべきことを明確にすることがおすすめ。集中力を高めるだけでなく、必要なことに使えるようになります。


高め方2. こまめに休憩して、常に100%のパフォーマンスを発揮できる状態をキープする

集中力を上げるには、集中できる状態を持続できるよう工夫することも大切です。人の集中力は50分前後が限界なので、それを目安に休憩を挟むようにしましょう。

作業部屋や勉強部屋から離れて休憩をすることで、一度リセットをします。10分から15分ほど休憩をしてから再開することで、集中力を上げることができますよ。


高め方3. 集中力を高める音楽やBGMを聴く

音楽が流れているほうが集中できるという人は、お気に入りのBGMを用意してみましょう。

集中する時専用の音楽を決めておくと、それが流れることで集中モードに入ることができるように。集中できる環境を整えることも大切です。


高め方4. 体を鍛えたり運動をしたりするなど、体力をつける

集中するためには、気力も体力も使います。体力がないと疲れやすくなり、集中力を持続できなくなることも。

そこで、気分転換も兼ねて定期的に運動やトレーニングをするといいでしょう。体を鍛えることで、集中するための体力を補うことができます。勉強や仕事の合間に走ったりジムに通ったりして、無理なく続けられる方法を取り入れてみてください。


集中力が完全に切れた際、少しでも早く復活するためのリセット方法とは

最後に、集中力が切れたときに、少しでも早く集中力を回復させるリセット方法をご紹介します。

集中力が切れたまま無理に作業を続けても、効率が悪くなるだけ。ご紹介する方法を参考にして、リセットしてみましょう。


リセット法1. 仕事や勉強する場所を変えて、気分転換する

集中力が切れたときに、同じ環境で続けようとしても代わり映えがなく単調に感じてしまいやる気が起きません。

そこで、デスクから離れて違う場所で作業をしてみましょう。環境が変わることで一度リセットし、もう一度集中できる状態を作ります。部屋の中でも何か所か作業できる場所を確保しておくと、交互に利用できて便利ですよ。


リセット法2. 思い切って休憩や仮眠をとって脳を休ませてあげる

集中力が切れる時は、脳も体も疲れていることが多いです。このまま継続しても、疲れが蓄積してしまいどんどん集中力が落ちるだけ。

一度、思い切って休憩を取り、ホッと一息つくのがおすすめです。疲れが酷い場合は、仮眠を取ってもいいでしょう。

一度、休憩を挟むことで疲れが和らぎ、集中力を高めることができます。


リセット法3. 運動で汗を流してリフレッシュする

誰でも同じ作業ばかりしていると、どうしても飽きてしまい集中力が続かなくなります。そんな時は、一度全く違うことをしてリセットしましょう。

特に、運動をして汗を流すとスッキリするはず。今までの疲れも吹き飛びます。

疲れたなと感じたら、運動をする習慣をつけることで、もう一度集中できる環境を整えることが可能です。


集中力を高めて、効率よく仕事に励みましょう。

今回は、集中力がない人の特徴や原因、そして集中力を高める方法をまとめてご紹介しました。誰でも集中力には限界があります。だからこそ、無理をして続けようとせず、自分のタイミングで休憩や運動を取り入れることが大切です。

また、集中できる環境を整えることで、より効率よく勉強や仕事ができるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事