自分らしく生きるとは?ありのままに生きる方法や心に響く名言も紹介

他人の意見に流されて悩んだりすると、自分らしく生きたいなと感じますよね。そこで今回は、自分らしく生きる意味やメリットから、自分らしい生き方をする6つの方法や捨てるべき今の自分をレクチャー!さらに、併せて確認したい心の響く名言を紹介します。悩んだ方は、参考にしてみてくださいね。

自分らしく生きたいと思う時ってありますよね。

自分らしく生きるとは

自分らしく生きることは、自分の人生を楽しむことに繋がります。しかし、自分らしく生きたいと思っていても、なかなか思うようにはいかず、自分の人生が自分らしくないと感じてしまっている人は多いはずです。

自分らしく生きるとは、一体どういうことなのでしょうか。

本記事では、自分らしく生きるという意味や、自分らしく生きる方法について解説していきます。自分らしい生き方を見つけて、一度きりの人生を思いっきり謳歌しましょう。


自分らしく生きるとはどういうことか?

自分らしく生きるとは

多くの人は、他人の意見や評価を気にして行動や選択をしています。承認欲求という言葉があるように、人は他人に認められることで喜びを覚えます。

しかし、自分らしく生きるとは、自分の気持ちに誠実に生きていくことを意味します。

他人の意見や評価を気にせずに、自分の楽しいと思うことや、やりたいと思うことを選択していく生き方こそ、自分らしい生き方と言えます。


では、自分らしさの意味とは?

自分らしさとは、その人独自の個性や長所・短所、考え方などのことを意味します。

最も自分らしさを簡単に表現できるのが、髪型や服装といったその人の見た目です。髪型や服装はその人が好きなもの、自分に似合うと思うものを選択するため、自分らしさが顕著に出ます。

他には趣味や特技といったものにも、自分らしさが現れやすいです。


自分らしく生きることのメリットとは?

自分らしく生きるメリット

「自分らしく生きることが大切」という言葉をよく耳にします。

しかし、そもそもなぜ自分らしく生きることがそんなに良いことなのでしょうか。ここでは、自分らしく生きることのメリットについて解説していきます。


メリット1. 本当の自分のことを理解してくれる人と関われる

自分らしく生きていると、時には関わる人間が限られてくることもあるでしょう。しかし逆を言えば、自分らしく生きている自分のことを理解した上で関わってくれる人は、自分のことを理解してくれている人と言えます。

自分らしく生きていれば、本当に自分のことを理解してくれる人と関われるというメリットがあります


メリット2. ストレスが溜まりにくい

多くの人は、他人の目線や評価を気にし過ぎて、行動や選択が制限されてしまいます。日々他人の目線や評価を気にしていると、非常にストレスが溜まります。

しかし、自分らしく生きていれば、他人の目線や評価は気にならなくなります

他人の目線や評価を気にせず、自分の好きなことややりたいことだけに取り組んでいれば、ストレスは溜まりにくくなります。


メリット3. 自分の生き方がはっきりする

自分らしく生きるとは自分の生き方がはっきりする

物事を判断する際、時には他人の客観的な意見を聞くことは大切です。しかし、他人の意見にばかり耳を傾けていると、自分の本当の気持ちを見失ってしまいます。

自分らしく生きていれば、自分の気持ちを最優先に行動することができます。自分の気持ちを最優先にすることで、自分の生き方がはっきりするはずです。


自分らしく生きたい!自分らしく生きる6つの方法

自分らしく生きる方法

自分らしく生きたいと思っても、具体的に何をすれば良いのか分からないという人は多いでしょう。自分らしく生きるには、まず何をすれば良いのでしょうか。

ここでは、「自分らしく生きたい」と思った時に実践すべき、自分らしく生きる方法について解説していきます。


方法1. 興味のあることをやる

自分らしい生き方をしたいなら、まずは自分の好きなこと、もしくは得意なことを見つけることが大切です。好きなことや得意なことは、その人を象徴するものと言えます。

まずは、少しでも興味があると思ったことはとりあえずやってみましょう。様々なことに挑戦することで、自分の好きなことや得意なことは自然と見つかるはずです。


方法2. 自分がどういう人間かを知る

自分の性格や価値観がわからないままだと、どんな生き方が自分に合っているのかを見つけることができません。自分の価値観や性格を把握することで、自分に合った行動や選択ができるようになります。

自分がどういう人間かどうしてもわからない時は、友達や家族に聞いてみても良いでしょう。客観的に見た自分を知ることが、自分がどういう人間なのかを知るヒントにもなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 物事の好き嫌いをはっきりさせる

自分らしく生きる方法は好き嫌いをはっきりさせる

自分らしく生きるなら、嫌いなことはなるべく避けて生きていきたいものです。好きなことだけを全力で楽しむ人生こそ、自分らしい生き方と言えます。

好きなことだけに集中するためにも、物事の好き嫌いははっきりさせておきましょう。物事の好き嫌いはっきりさせておくことで、嫌いなことを避けて好きなことだけを選ぶことができます。


方法4. 自分が理想とする人の生き方を真似してみる

いきなり自分らしい生き方を実践しようと思っても、具体的に何をしていいのかわからなくなってしまうものです。そこで、自分が理想とする人の生き方を真似してみましょう。

自分の理想とする人の生き方は、自分の憧れの人生とも言えます。自分の理想とする人の生き方を真似ることで、自分の理想とする生き方に一歩近くことができます。


方法5. 一人旅に出かけてみる

一人旅は、みんなでワイワイ楽しむ旅行とは違い、自分の意思で決定をし、自分の意思で行動をする必要があります。自分の意思で行動や選択をすることで、自分らしく生きていくためのトレーニングになります

ハードルは上がりますが、行ったことのない海外の国へと一人旅するのもおすすめです。

全く知らない土地だからこそ、より自分の意思で行動や選択をすることが求められ、自分らしく生きる力を育てることができます。


方法6. 常識という概念に縛られないようにする

自分らしく生きるには常識に縛られない

常識とは、多くが共通して持っている価値観や考え方のことを指します。しかし、多くの人が持つ価値観や考え方が、自分という人間に当てはまるとは限りません。

自分らしく生きたいなら、他人の価値観や考え方に合わせるのではなく、自分の中にある価値観や考え方に従うべきです。自分らしく生きるには、常識という概念に縛られないことが大切です。


自分らしくない人生になる原因はこれ!自分らしく生きるために捨てるべき今の自分

自分らしく生きるために捨てるもの

もしあなたが自分らしくない人生を送っていると感じているなら、そこには何かしらの原因があるはずです。自分らしく生きたいなら、今の自分から捨てるべきものもあります。

ここでは、自分らしく生きるために捨てるべき今の自分について解説していきます。


捨てるべき自分1. 他人の意見に流される自分を捨てる

自分らしく生きるとは、自分の気持ちに忠実に生きるということです。他人の意見で物事を判断する生き方は、自分らしい生き方ではありません。

自分らしく生きたいのなら、物事を判断する基準は自分の意見です。他人の意見を聞くことは時には大切ですが、あくまでそれは物事を判断する上での1つの材料に過ぎません。

まずは、他人の意見に流される自分を捨てましょう。


捨てるべき自分2. 「でも」「だって」などの言い訳する自分

何かにつけて言い訳をし、行動を起こせない人は、心のどこかで自分の人生が自分らしくないと思っているはずです。

「でも」「だって」などの言い訳は、自分の気持ちに嘘をついているのと同じです。

自分らしく生きたいなら、「でも」「だって」など言い訳を一切しないようにしましょう。言い訳をしないことで、自分の気持ちに忠実に行動をすることができます。


捨てるべき自分3. 他人からの評価を期待する自分

自分らしく生きるために捨てるものは評価を期待する自分

自分らしく生きるとは、他人の評価など気にせず、自分の思った行動や選択をすることです。

他人の評価を気にして行動や選択をすることは、自分らしい人生ではありません。

自分らしく生きたいなら、他人の評価を期待することはやめましょう。他人の評価を気にしないことで、自分の気持ちに忠実な行動や選択ができるようになります。


捨てるべき自分4. 過去のトラウマを気にする自分

過去のトラウマは、行動や選択を制限してしまいます。過去のトラウマのせいで自分の気持ちに忠実になれないのは、自分らしい生き方とは言えません。

自分らしく生きたいのなら、過去のトラウマを気にするのはやめましょう。自分を縛る過去のトラウマを忘れることができれば、人生における自分らしさを取り戻すことができるはずです。


捨てるべき自分5. コンプレックスを気にする自分

誰にでも自分に対するコンプレックスはあるものです。

しかしコンプレックスを気にしていると、自分に自信がなくなり、やりたいと思っていることでもチャレンジできなくなります

自分らしく生きたいなら、コンプレックスを気にするのはやめましょう。コンプレックスを気にしないことで、本当にやりたいと思っていることに積極的にチャレンジできるようになります。


捨てるべき自分6. 将来に不安を抱えている自分

基礎代謝を上げるストレッチ:ふくらはぎのストレッチ

多くの人が自分の将来に不安を抱え、今本当にやりたいことや挑戦したいことに対して躊躇ってしまいます。仕事に関しても、本当はやりたくない仕事だけど、将来を考えると安泰そうだからという理由で仕方なく続けている人もいるでしょう。

自分らしく生きたいなら、将来に対する不安は考えないようにしましょう。将来に対する不安を考えず、今本当にやりたいことや挑戦したいことに向き合うことが大切ですよ。


自分らしく生きると思った時に響く名言3選

自分らしく生きるために聞きたい名言

自分らしく生きるには、座右の銘を持つことも大切です。座右の銘は、自分が何か行動を起こす際の指針となります。

ここでは、自分らしく生きると思った時に響く名言を紹介していきます。気に入った名言があれば、ぜひ自分の座右の銘にしてみてください。


名言1. 『自分が一番好きなことをやりましょう。お金はその後です。』マーシャ・シネター

人生とお金は切り離せないものであり、多くの人がお金を得るために仕事をしています。

しかし、お金を得ることを目的とした仕事は、多くの場合自分が本当に好きなこととは一致しません。

本当に好きなことであれば、がむしゃらに頑張れるし、成果も出しやすいはずです。自分が一番好きなことを選び、自分らしく働くことで、お金も自然とついてくることでしょう。


名言2. 『もしあなたが私を嫌いでも、あなたに私は変えられないわ。だって私は私だもの』アヴリル・ラヴィーン

アヴリル・ラヴィーン氏の「自分を決めるのは自分であり、他人ではない」という強い思いが込められています。

多くの人は他人の評価や意見を気にして、行動や選択をしてしまいます。しかし他人の評価や意見に流されてばかりの人生に、自分らしさなどありません。

「自分を決めるのは自分」という強い意志こそが、自分らしく生きることに繋がります。


名言3. 『ハングリーであれ。馬鹿であれ。』スティーブ・ジョブス

スティーブ・ジョブス氏がスタンフォード大学の卒業式で、学生達に向けて送った言葉です。現状に満足せず、貪欲に挑戦し続けろというメッセージが込められています。

現状に満足し、挑戦することをやめてしまったら、そこから成長することはできません。自分の好きなことや得意なことを徹底的に突き詰めていく人生こそ、自分らしい人生と言えます。


自分らしく生きるのは難しい…。自分らしくなくても自分を責めないこと

自分らしくなくても自分を責めない

自分らしく生きていくと決めたとはいえ、時には自分らしくあるのが難しいと感じてしまうものです。そんな時、自分らしくなれない自分を責めてしまっては、ただネガティブになるだけです。

人はそんなにすぐに変われるものではありません。自分らしくなれない自分を責めるのではなく、一歩ずつ自分らしさを出していきましょう。


少しずつ自分らしい生き方を送ってみましょう。

自分らしい生活を送ろう

自分らしく生きるとは、自分の気持ちに忠実に生きていくということです。自分らしく生きていくことで、人生の本当の楽しさを見出すことができます。

しかし、自分らしく生きることは時に難しいと感じてしまうものです。

それでも、自分らしさの意味を日々考え続けることで、一歩ずつ自分らしい人生に近づいていくことができるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事