気にしない生き方のメリットとは?人の目を気にしない性格になる方法を解説

周りを気にしてしまうと人生が息苦しく感じてしまいますよね。そこで今回は、人の目を気にしてしまう人の心理や気にしない生き方のメリットを解説すると共に、気にしない生き方をするための方法をレクチャーしていきます。自分を少しでも変えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

気にしない性格を手に入れたい方へ。

気にしない生き方のメリット

気にしないようにしたいのに、どうしても人の目が気になってしまう人は多いです。人間の悩みの大部分が人間関係によるものとも言われますが、とはいえ完全に人の目を気にしない方法などあるのでしょうか。

今回は人の目を意識せずにポジティブに過ごせる性格を手に入れる方法を解説します。きっと、細かいことが気にならなくなり、「人は人」と上手に割り切ることのできる強いメンタルが手に入るはずですよ。


細かいことや人の目を気にしてしまう人の心理

人の目を意識せずにはいられなかったり、細かいことが気になる人の性格には心理的な特徴があります。キーワードは「承認欲求」と「自己肯定感の低さ」それと「自信がない」ことです。人の目を気にしてしまうメンタルの奥にある心理について解説します。


心理1. 承認欲求が高く、人からどう見られるかを常に意識している

他者承認欲求が強いと、他人が自分をどのように見ているかがいつも気になります。他人に対して優れている自分を見せたいのです。人に認められたり褒められたりしてもらえないと満足できません。

人からの評価により、自分自身の価値を確認しているのです。承認欲求が高いと、人からどう見られるているのかを常に意識してしまうようになります。


心理2. 周囲の顔色をうかがうのが習慣になっている

自分の中に一本軸のようなものがなく、明確な判断基準や優先すべき事柄がわかっていない場合、他人の基準で判断するようになります。いわば感性が麻痺し、思考が停止した状態で、自分では何も決められない心理状態です。

「周りがどう考えるか、周りがどう感じるか?」が全ての基準になっているため、周囲の顔色をうかがうのが習慣になっています。


心理3. 自己肯定感が低く、自分に自信がない

成功体験が乏しいと自己肯定感が低い心理状態になります。自分で何かをやり切った達成感や、 「このやり方でやればうまく行くし自分がやればなんとかなるはずだ」という自己有用感がないのです。自己有用感がないと自分に自信を持てません。

自己肯定感が低く自分に自信を持てない人は、他人から認められることが全てとなり、人の目を気にするようになります。

【参考記事】はこちら▽


反対に、細かいことや人の目を気にしない人の心理は?

細かいことがどうしても気になってしまう人と反対に、多少のことは気にならないメンタルの人もいます。持って生まれたポジティブな性格とも言えますが、彼らがなぜ人の目を気にしないのかがわかれば、人間関係での悩みは少なくなるでしょう。

ここからは、人の目を気にしない方法について探っていきます。


心理1. 人は人、自分は自分と割り切っている

「人は人、自分は自分」と割り切ることができると、嫌われることを恐れなくなり、楽になります。人間の悩みのほとんどが人間関係に由来するとも言われています。

人間は全て独立した個性あふれる一個の存在です。それぞれ異なる経験をして考え方も別々。人は人、自分は自分なのです。人の目を気にしない人はその真理がわかっています。

【参考記事】はこちら▽


心理2. マイペースで自分さえ納得できればそれでいいと思っている

自分のペースで行動できないと疲労感や徒労感が高まります。人には得手不得手があり、うまくやれることとやれないことがあります。速いこと、多いこと、経済的に豊かであることを良しとする考え方は、ある一面的な価値基準に過ぎません。

人の目を考えすぎない人は、人のペースに合わせることよりマイペースで自分が納得できるやり方でやれれば、それで良いと思っています。

【参考記事】はこちら▽


心理3. 何をやっても全員から好かれるのは無理だと分かっている

人助けをしようが、努力して豊かになろうが、悪く言う人は言います。これだけ生き方が多様化し、立場も考え方も経験も複雑化している現代社会では、全員から好かれるのは無理な話です。

このことがわかっていると、人からひどいことを言われても、発言が炎上しても、相手にしません。何をやっても全員から好かれるのは無理とわかっているので、悪口も気にならないのです。


物事を気にしない人の特徴って?

物事を気にしない人にはいくつか共通点があります。精神的に自立していて依存心が少ないです。楽観的で気持ちの切り替えが早く、一つのことにいつまでも執着しません。

考えても仕方がないことについては考えすぎない、などなど、物事を気にしない人に共通する5つの特徴について本項では詳しく解説していきます。


特徴1. 執着心がなく、気持ちの切り替えが早い

執着心を捨てることで、気持ちが開放され、悩みや苦しみが減ります。執着とは、人や物事、何かに心がとらわれている状態です。

人間の悩みのほとんどが執着心から起こるとも言われています。くよくよと物事にこだわることを辞めて、気持ちの切り替えができると、心がぐっと軽くなって多少のことは気にならなくなります。


特徴2. 精神的に自立しており、自分のことは自分で決断している

依存心が少なく「何事が起きても自分の力で切り抜けるぞ」と精神的に自立した強いメンタルを持っていれば、周りが何を言おうが意に介しなくなります。

自分の発言や行動に責任を持ち、自分のことは自分で決断すると決めているので、無責任に「ああだこうだ」と言ってくる他人はどうでも良いのです。精神的に自立し、自分のことは自分で決められる人は、人の目など気にしません。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 楽観的で深く考え込まないようにしている

悩んでいても物事は解決しません。悩むのは時間の無駄。細かいことを気にしない人は、ポジティブで考えすぎない人で、悩んでいる暇があったら行動します。物事を前向きにとらえるようにすると楽になります。

月日が経てば、今悪いと感じたことも何かにつながるかもしれません。起きたこと、細かいことを気にしない人は物事を楽観的にとらえ、深く考え込まないようにしています。


特徴4. 自分のコンプレックスもネタにできるメンタルの強さを持っている

世の中に、全くコンプレックスのない人はいません。自信満満、誰もが羨む成功者であっても何らかのコンプレックスを持っています。コンプレックスを絶対人に知られないように隠していると、いつも人の目が気になってしまいます。

逆にコンプレックスをさらけ出してネタにできるほどの強いメンタルがあれば、人の目は気になりませんし、むしろ人からの共感を集めやすいです。気にしない人は自分のコンプレックスさえもネタにできるメンタルの強さを持っています。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. きちんと夢や目標を自分の中で設定している

「あなたの人生の目標は何?」と正面切って聞かれることはあまりないかもしれません。しかし、人生の目標を持っているか、達成したい夢や、描いているビジョンがあるかどうかは生き方に現れます。

きちんと夢や目標を持っていると、誘惑に惑わされず、ゴールに向かって努力を続けられます。他人が何を言おうが関係ありません。なりふり構わず目標に向かって突き進んでいる人は、細かいことは気にしない人です。


気にしない性格になりたい!細かい事や人の目を気にしないようにする方法

「人からどう見られるか、がんじがらめになって、自由に生きられないこんな性格はもう嫌だ!」と、細かいことや人の目を気にせず自由に生きたい人は、次からの項目をよく読んで下さい。

細かいことや人の目を気にしないで生きていく方法について、解説しました。


気にしない方法1. 自己肯定感を高めて、自分に自信をつけてあげる

ありのままの自分を自分で認めてあげられると幸福度が高まります。謙遜や謙譲の精神は日本では美徳とされますが、自分で自分を貶めたり、否定し続けていると、どんどん気持ちがふさいできます。

自分を下に見せるのは、社交の場だけで充分です。本心では自分を褒めて自己肯定感を高め、自分に自信をつけてあげましょう。

【参考記事】はこちら▽


気にしない方法2. 失敗してもくよくよしないで、「次は上手くいく」と切り替える

失敗は成功の母と言いますが、失敗を恐れないことが大事です。新しいことにチャレンジすれば、9割失敗します。

成功している事例は9割の失敗に支えられて存在しています。失敗を避けるべきことと考えず「経験が増えた」と前向きにとらえましょう。

失敗は避けるべき自体ではなく必要な経験であると認識できれば、失敗してもくよくよしないで「次は上手くいく」と頭を切り替えられるようになっていきます。  


気にしない方法3. 日頃からポジティブな口癖を心がけて、プラス思考を目指す

日頃からポジティブな言葉を口にするようにしましょう。耳から入った言葉には自分の内面を変える力があります。ポジティブな言葉を聞くと、気分が変わり、前向きな気持ちになって来るのです。

ポジティブな言葉は自分にどんどん刷り込まれていきます。自分で口にする言葉はポジティブなものにして、プラス思考の癖をつけましょう。


気にしない方法4. くよくよ悩んで時間を使うのは、もったいないと思うように意識づける

悩みがあると、ついつい何時間も同じことを頭の中でくよくよ悩み続けてしまいます。しかしこの世の中でお金を出しても買えず、貴重な資源は時間です。悩んでも1ミリも前進することはありません。

結果を出すためには悩むのではなく行動することが大切です。「悩む時間があったら行動しよう」「いつまでもくよくよ悩んで時間を使うのはもったいない」と意識を切り替えられるようになりましょう。


気にしない方法5. 悪口や嫌味を言われても、雑音だと思って聞き流すようにする

誰かが自分の悪口を言っていることが耳に入ってきても、相手にしないで雑音か騒音だと思って聞き流してしまいましょう。嫌味を言ってくる人に対しても、聞こえないふりをして無視するのが得策です。

嫌味であると感じるのも、相手の発した言葉を自分の頭の中で「嫌味」に変換して自分の中に取り入れているから。そんな作業はやめるのが吉です。悪口や嫌味は丸ごと受け止めずにスルーするのが一番と言えます。


気にしない方法6. とにかく自分がやりたい!と思ったことに全力を尽くしてみる

やりたいことを徹底的に、気が済むまで、全力でやり切ってみることが大切です。ひょっとするとその後燃え尽き症候群になるかもしれません。しかし、何かをやり切った経験は人の心を強くし、優しくします

やらない理由は色々あるかもしれませんが、全部無視して、自分がやりたい!と思ったことに一度は全力で取り組んでみると良いでしょう。


気にしない方法7. 人に何を言われても叶えたい夢や目標を設定する

叶えたい夢や目標があると、人に何を言われようと気になりません。外野からできるわけがないとバカにされても、陰で笑われていたとしてもそんなことは目に入らないでしょう。

夢を持つ人の目に見えているのは夢に到達するまでの道だけで、意識は常に目標の実現に向けられているからです。夢や目標を持っている人は他人の言動は気にならないのです。


気にしない生き方にはメリットがたくさん!

人目を気にしないようになると精神的に楽になり、何が起きても素直に受け入れられるようになります。他人の作った流れに流されないで、自分自身の人生を歩んで行きたい人に、人目を気にしない生き方の持つたくさんのメリットをお話します。 


メリット1. 人の目を気にしないため、精神的に楽になる

人目ばかり気にしている時は、他人の視線により監視され、縛られているような気分になっています。人がどう見るかを気にし過ぎるため、伸び伸び振る舞うことができません。

人の目を気にしないようになると、精神的に開放されて楽になります。自分なりのルールで判断し、自身の個性に素直に行動できるようになりますよ。


メリット2. 何事も自分で決めれるため、結果がどうであれ素直に受け止められる

決定権を自分が握っているということは、大事なことです。ある行動が自分の意思で実行したのか、他人を忖度して行ったのか、あるいはやらされて仕方なく行ったのか、には大きな違いがあります。

何事も自分で決められるようになると、起きたことは全部自分の選択の結果であり、何が起ころうが素直に受け止められるようになります。どんなことでも自分で決められることはメリットです。


メリット3. 自分の考えた通りの人生をしっかりと歩める

自分らしく生きていきたいなら、人目を気にすることはやめましょう。気にするのをやめると多数派の意見に振り回されなくなります。自分が求めることに忠実だと人生が変わるのです。

自分に嘘をつかず、自分の考えた通りの人生をしっかりと進みたいのであれば、グダグダ言う人は無視しましょう。人目を気にしなくなると、自分の考えた通りの人生をしっかりと歩いていけるようになります。


細かいことや人の目が気になる方へおすすめの本3選

細かいことを気にしないメンタルを手に入れるためには、本の力を借りるのも有効です。ここから先は、細かいことや人の目が気になる方へおすすめの本を3冊ご紹介します。

いずれの本にも、不安を解消してポジティブに割り切った生き方を手に入れるヒントがいっぱい詰まっていますよ。


おすすめの本1. 『気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント』名取 芳彦

気にしない練習: 不安・怒り・煩悩を“放念”するヒント (知的生きかた文庫)

現役住職の方が著された本です。仏教の教えを元に、悩みや心のもやもやを解消するヒントがたっぷり詰まっています。人生には気にしないほうが良いことがたくさんあるけど、「気にしない人」になるのはなかなか大変。

でもトレーニングを積めば、誰でもイライラやクヨクヨから開放されて、晴れ晴れとした毎日が手に入ると説いています。手元において「心が狭くなってきたな」と思ったら読み返してやるとスッと心が軽くなる本です。

販売サイトで購入


おすすめの本2. 『いちいち気にしない心が手に入る本』内藤 誼人

いちいち気にしない心が手に入る本: 何があっても「受け流せる」心理学 (王様文庫 B 62-9)

著者は対人心理学のスペシャリストです。読めば「心を変える」方法がわかる本です。自分を強くするちょっとしたコツがいくつも紹介されています。

いわく、「あれこれ気にしやすい人」はむしろ「言いたいこと」をどんどん口にしたほうが物事が好転するそうです。

読みやすく理解しやすい文章でさっと読めてしまいますよ。

販売サイトで購入


おすすめの本3. 『気にしない生き方』吉村昇洋

気にしない生き方 (幻冬舎エデュケーション新書)

禅僧でもあり臨床心理士でもある著者が、仏教の教えを交えながら現代人の悩みや不安や迷いを解消する本です。わかりやすい言葉で書かれていて仏教に馴染みのない人でも読みやすい1冊となっています。

現代人が自分と人を比べたり気にしすぎてしまうのは、何かに"とらわれ"ているから。とらわれから開放されるための方法について、一つ一つ丁寧に解説されています。

販売サイトで購入


気にしない生き方を手に入れて、自分の人生を謳歌しよう!

人目を気にする人にも気にしない人にも、それぞれ心理的な特徴がありました。人目を気にしない生き方には多くのメリットがあります。

とは言え、何かのきっかけでライバルが気になったり、うつうつとした感情を持ってしまうことは誰しもあり得ることです。

人目を気にしない性格は誰でも手に入ります。気持ちの持ち方次第で、心はすーっと軽くなりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事