自分を変える方法11選。習慣化するためのモチベーションUP術も解説

「自分を変える方法」を知って、自分を変えたい人へ。本記事では、自分を変えるために始めにやるべきことから、自分を変える方法を見た目、内面、行動に分けて解説!さらに、自分を変えるためにモチベーション持続させる方法や心に刻みたい名言、参考になるおすすめの本まで紹介していきます。

自分を変えたい!その方法をすべて解説します

自分を変える方法11選

「なんでいつもうまくいかないんだろう」「どうしていつも私はこうなんだろう」と、今の自分に満足できず、もっと違う自分になりたいと思ったことがある人は多いでしょう。

実際に自分を変えようとしても、何から始めれば自分を変えられるのかわからない人もいますよね。そこで今回は自分を変える方法を徹底解説していきます。


自分を変えるには?はじめにやるべき6つのこと

自分を変えるためには何からはじめれば良いのでしょう。自分を変えるためにも、まずやるべきことを把握するところから始めましょう。

ここでは自分を変えるためにやるべきことを6つピックアップして紹介します。


やるべきこと1. 今の自分の現状を把握する

自分を変えようと思った時、まずはどんな自分になりたいのか想像しますよね。なりたい自分を想像することも大切ですが、まず始めにやるべきことは、今の自分の現状を把握することです。

今の自分には何が足りないのか、自分のどこを変えたいのかなど、自分の現状をはっきりさせるためにも、できるだけ具体的に自分の現状を明確にしてきましょう。


やるべきこと2. 目標を明確に決める

現状が把握できたら、次は目標を明確に決めていきましょう。例えば「考えるよりもすぐに行動できる人間になりたい」「もっと自分磨いて綺麗な自分になりたい」など、どんな自分に変わりたいのか具体的にイメージすることが大切。

具体的なイメージをもとに、どんな自分に変わりたいのか目標を明確に決めていきましょう。


やるべきこと3. 変わった後で、どうしたいのか考える

目標を達成するためには、達成後の自分を想像することも必要です。自分が変わった後にはどうしたいのかを考えることが大切。

例えばすぐに行動できる人間になれたら効率良く仕事をこなしたいなど、変わった後に挑戦してみたいことを具体的に挙げてみましょう。

漠然と自分を変えようとするより、変わった自分がどうしたいのか目的があれば、自分を変えようという気持ちを維持しやすくなりますよ。


やるべきこと4. いつまでに変わるのか期限を設定する

どんな自分に変わりたいのかを把握したら、いつまでに変わるのか期限を設定しましょう。

期限を設定しておかないと「いつか達成できればいいや」「後でやろう」とダラダラとしてしまい、結局自分を変えられないままになってしまいます。

目標にもよりますが、期限が長すぎると途中で挫折することがあるので、6ヶ月前後を目安に期限を設定するのがおすすめです。


やるべきこと5. どんな方法で変わるのか検討する

ただ何となく効果がありそうな方法に取り組むのではなく、計画的に自分を変える方法を検討しておくことが大切です。

例えば、効率良く仕事をこなせるようになりたいのであれば、必要なスキルを空き時間で勉強するなど、具体的な方法を挙げていきましょう。

期限をもとに、どんな方法なら期限内に自分が変われるのか検討しましょう。


やるべきこと6. 具体的な行動計画に落とし込む

目標や変わる方法を検討しても行動を起こさなければ自分を変えられません。ここまできたら、あとは目標を達成のためにどのような行動が必要なのか明確にしていきましょう。

例えば、効率良く仕事をこなせる人になるのが目標の場合、空き時間でスキルアップできる本を週に3冊読むとか、早寝早起きで朝型生活にするなど、具体的な行動計画を落とし込んでおけば、あとは行動あるのみです。


プライベートも仕事も上手くいく!自分を変える方法11選

自分を変えるためにやるべきことがわかったら、今度は具体的に自分を変える方法を探っていきましょう。

自分を変える方法として、「見ため」「内面」「行動」に分けて11個の方法をピックアップして紹介します。


自分の「見た目」を変える方法

自分を変えるためにはまずは「見た目」から変えていきたい人もいるでしょう。特に失恋したり好きな人が出来たりすると見た目を変えてくなりますよね。

ここでは自分の「見た目」を変える方法を3つ紹介していきます。


見た目1. 理想とする人の容姿を真似る

自分を変えるためには、なりたいイメージにあったお手本になるような人を探します。服装やメイク、髪型など、自分がなりたいイメージの人を真似てみるところから始めるのがおすすめ。

身近にいる素敵な人でもいいですし、テレビや雑誌に出てくる有名人でもいいので、理想とする人を見つけましょう。同じようなメイクや髪型にしてみるなど、具体的に行動することが大切です。


見た目2. 筋トレをして体を絞る

見た目を変えるには体型を変えるのも効果的です。ジムなどで筋トレをしてボディメイキングすれば、体のラインが変わって魅力的な自分に変われるでしょう。

体型が気になる人は筋トレだけでなく、ダイエットに挑戦してみるのもおすすめですよ。

理想の体型を手に入れることができたら、その結果が自分の自信につながるので、内面からも魅力的な自分になれます。

【参考記事】はこちら▽


見た目3. 似合うファッションを勉強する

いつも同じような洋服を着ている人は、服装を変えてみるだけで印象ががらりと変わるでしょう。

自分が着てみたいファッションに挑戦するのも良いですが、自分に似合うファッションを勉強するのもおすすめ。

体型や骨格などから自分に似合うアイテムは何なのかがわかれば、見た目からイメージを変えられるだけでなく、自分に似合うファッションが選べる知識が身につきます。


迷ったら人気店の店員さんに選んでもらうのもアリ!

自分では似合うと思うファッションでも、人から見るといまいちパッとしないという場合もありますよね。

迷った時には日々たくさんの人を接客している人気店の店員さんに似合う洋服を選んでもらうのもおすすめですよ。


自分の「内面」を変える方法

周りの人からもっと素敵だなと思われたい気持ちは誰にでもあるはず。自分の内面を変えることで、より魅力的な自分に変わることもできるでしょう。自分の内面を変える方法を3つピックアップして紹介します。


内面1. 意識的にポジティブな考え方を定着させる

ポジティブな考え方ができれば人生を前向きに明るく過ごせるでしょう。魅力的だなと感じる人は考え方もポジティブで前向きな人が多いです。

例えば渋滞に巻き込まれて「嫌だ」と思うよりも「音楽を楽しむ時間ができた」というように、受け止め方次第で前向きになれますよね。

意識的にポジティブな考え方を定着させることで、ポジティブに考える思考回路を身につけていきましょう。

【参考記事】はこちら▽


内面2. 笑顔の癖をつける

いつも笑顔に溢れている人は明るくて素敵に見えますよね。内面から自分を変えたい人は笑顔で過ごすことを意識することで、不思議と内面からポジティブな気持ちになれるものです。

笑顔は見た目にも明るい雰囲気を演出できるため、周りからも好印象を抱かれるでしょう。笑顔の癖をつけておけば、内面が変わるだけでなく周囲からの印象も変えられますよ。

【参考記事】はこちら▽


内面3. 休日を趣味に費やす

自分を変えるためには、趣味を持つことがきっかけになることもあります。休日は趣味に費やすことで、気持ちがリフレッシュでき、仕事の質も上がるでしょう。

映画鑑賞やスポーツ、写真やものづくりなど趣味になりそうなことには様々なものがあります。自分の価値観を磨くこともできるので、趣味を通して自分を変えることができるでしょう。


モテたいなら異性にウケる趣味であれば、なお良い!

自分を変えてモテるようになりたい人は、あえて異性にウケる趣味に挑戦してみるのもおすすめ。

男性ならサッカーやスノーボードなどのスポーツ、女性なら料理やスポーツ観戦など、モテやすさを意識した趣味を探してみましょう。


内面4. 他人に思いやりのある言葉をかけるよう意識する

周りから好感を持たれるような人になるためには、人を思いやることが大切です。

自分には人を思いやる気持ちが足りないなという人は、他人に思いやりのある言葉をかけるように意識することで、自然と相手のことを思いやる習慣が身に付きます。

例えば些細なことでも「ありがとう」など感謝の気持ちを口にする習慣を身に付けておけば、周囲からも好感が持たれ、円滑な人間関係を築けるでしょう。


自分の「行動」を変える方法

自分を変えるためには行動を変えていくことも必要です。ここでは自分の「行動」を変える方法を3つピックアップして紹介します。早寝早起きなど、少し意識すればできる方法ばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。


行動1. 早寝早起きを習慣化する

前向きに明るくなりたい人は、早寝早起きを習慣化してみましょう。早起きして朝日を浴びるとネガティブな気持ちを抑えられます。時間にゆとりが持てるため、心にも余裕が生まれてくるでしょう。

また、朝は夜と比べると集中力が高まるため、勉強や仕事が効率良くできる時間帯です。仕事を効率良くこなせるようになりたい人も、早寝早起きを習慣化するところから初めてみましょう。


行動2. 理想とする人の行動を真似する

自分を変えるためには、なりたい自分の理想に近い人の行動を真似するのも効果的です。人の考え方は行動によって変えることができます。

理想とする人の行動を真似することで、始めはうまくいかないこともあるでしょうが、次第に自分の中で習慣化し、理想とする人の行動が自分のものになるでしょう。

次第に行動だけでなく考え方も自分の理想に近づけることができます。


行動3. 関わっている人の環境を変える

今まで自分を変えられなかった人の中には、環境に流されてしまい、変われなかった人もいますよね。自分が変わりたい時には、思い切って関わっている環境を変えてみるのも良いでしょう。

今までの環境では当たり前だったことも、環境が変わると当たり前ではなかったこともあります。環境の変化は自分を変えるきっかけとしておすすめですよ。


行動4. 悩んだ時に、即行動する

「どうやったら自分は変われるんだろう」と考えるだけではなく、自分が変わるためには行動を起こす必要があります。

なかなか自分を変えられない人は「いつかやる」「そのうちね」など言い訳をすることがあるでしょう。

自分を変えるためにはどうしたらいいのか悩んだときは、考えるよりも即行動することを心掛けてみてください。


自分を変える方法を習慣化するためのモチベーションUP術

自分を変えるためには、自分を変える方法を習慣化することが大切です。そのためにはいつもモチベーションを高くキープしておかなければなりません。

自分を変える方法を習慣化するためにすべき、モチベーションUP術を紹介します。


メソッド1. 一日単位で行動した自分を褒める

自分を変えるために動き出したら、一日単位でどんな行動をしたのか振り返りましょう。

毎日行動を確認しておけば、もしもできなかった場合「なぜ出来なかったのか」「どうすれば出来るのか」を考えられます。

もし出来ていなくても、自分を変えるために努力している自分を褒めることが大切です。ポジティブな言葉を自分にかけることで、モチベーションがUPしますよ。


メソッド2. 目標や期間を、周りにいる人に宣言する

誰しも自分に甘い部分があるので、自分だけで変わろうと決意しても努力が続かないことがあります。

本気で自分を変えたいと思うのなら、「私はこんな風に変わります!」と目標や期間を、周りにいる友人や家族など周りの人に宣言してみましょう。

自分一人では変われる自信がない人は、周囲の人に助けてもらうのもモチベーションUPのコツですよ。


メソッド3. 目標を紙に書いて、部屋に貼っておく

自分を変えるためには、どんな自分になりたいのか頭の中でイメージするでしょう。そのイメージした目標を紙に書いて部屋に貼っておくことで、目で自分がなりたいイメージを確認できます。

目標を紙に書いて見えるところに貼っておけば、いつも視界に目標が入ってくるので、自然となりたい自分を意識できるようになります。モチベーションUPにも効果的ですよ。


メソッド4. 励まされる曲を聴いたり映画を観たりする

音楽や映画などの芸術作品には人の心を揺さぶるパワーがあります。

頑張っている自分を励ましてくれる曲、自分も頑張ろうと思えるような映画などに触れることで、自然とモチベーションがアップするようです。

音楽や映画は心に影響を与えてくれるので、素敵な作品や楽曲を探して自分の中に取り入れてみるのも良いでしょう。


自分を変える方法ために覚えておきたい名言集

偉人たちの名言は、ときに自分の背中を後押ししてくれることがあります。ここでは自分を変えたい時に覚えておきたい名言集として4名による名言を紹介していきます。

これから自分を変えたいと思う人は、ぜひ名言を覚えてみてくださいね。


名言1. 『自分自身を信じてみるだけでいい。きっと、生きる道が見えてくる。』ゲーテ

自分自身は唯一無二の存在だと気付かせてくれるゲーテの言葉です。

自分の力を発揮するためには、自分を信じて自分の力をしっかりと発揮することが大切です。努力をすれば、そのうち生きる道が見えてくるでしょう。


名言2. 『世の中には二種類の人間がいる。「努力する人」と「その努力に頼る人」である。』エラ・ウィーラー・ウィルコックス

世の中の人は「努力する人」と「その努力に頼る人」の2種類に分けられます。

行動を起こさずに誰かの努力に頼ろうとするより、自分を変えるためには「努力する人」になって行動を起こしたほうが、人生は楽しくやりがいのあるものだと感じられるでしょう。


名言3. 『何かを失うと言うことは、別の何かを得ること』渡辺和子

シスターとして活躍した渡辺和子さんの著書「置かれた場所で咲く」の言葉です。

人生の中で何かを失うのは悲しいことですよね。しかしただ失うだけでなく、その代わりに得られる何かがあるということに気付かせてくれる名言です。


名言4. 『人間の成長とは、自分の上に新しいものをプラスしていくことではない。逆に自分がたくさん身につけているムダな鎧をはいでいく作業だ』中谷彰宏

中谷彰宏さんの著書「自分塾」の中の言葉です。人間は、何かを学ぼうとする時には、知識を身につけることを考えます。

しかし、身につけるだけでなく、今身についている余計な知識に気づき、それを排除していくことも大切だと教えてくれる名言です。


自分を変える時に参考になるおすすめの本

自分を変えるために悩んだときや行き詰まった時には、本を参考に自分を変える方法を考えてみるのもおすすめ。自分を変えたいと思った時に読むおすすめの本を4冊ピックアップして紹介していきます。


おすすめの本1. 『図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォード大学の心理学者ケリー・マクゴニガル氏による著書。世界20カ国で愛読されているベストセラーです。自分を変えるためのノウハウをイラストと図解によってわかりやすく解説されています。

「なぜ自分は同じ失敗ばかりを繰り返してしまうのだろう?」と思っている人におすすめ。失敗をなくすための具体的な方法が参考になるでしょう。

販売サイトで購入


おすすめの本2. 『自分を変える習慣力』三浦 将

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

多くの人々を成功へと導いてきたコーチングのプロである三浦将氏による、自分を変える方法が詰まった一冊です。

あれこれ色々なことを変えるのではなく、自分を変えるためには潜在意識を味方につけることが重要。たった1つの習慣を変えることで、それがスイッチとなり潜在意識を味方につけられるそうです。

この本ではたった1つのスイッチになりそうな習慣がたくさん紹介されています。

販売サイトで購入


おすすめの本3. 『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎、古賀 史健(著)

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

フロイトやユングと並んで心理学界では三大巨匠とされるアルフレッド・アドラーが提唱したアドラー心理学を、哲学者と青年の対話形式で簡単に解説しています。

「どうすれば幸せにいきられるのか?」をテーマとして、一冊に渡ってその応えを提示しています。

嫌われる勇気というタイトルにもあるように、他人から嫌われることを恐れず、自分らしく生きるためのヒントが書かれている一冊です。

販売サイトで購入


おすすめの本4.『「変われない自分」を一瞬で変える本 ~一番カンタンな潜在意識のあやつり方』井上裕之

「変われない自分」を一瞬で変える本 ~いちばんカンタンな潜在意識のあやつり方~

この本では自分の願望を実現させるための潜在意識の活用方法について書かれています。潜在意識を操ればすぐに自分を考えを変えて願望が実現できるそうです。

不安を取り除くのには何をすればいいのかや、「過去の解釈」を変えれば、未来が変わること、潜在意識をクリーニングする8つの要素、など、やるべきことを網羅している実用マニュアルです。

販売サイトで購入


自分を変えるコツを掴んで、新しい自分を手に入れましょう。

自分を変えるのは簡単そうに見えますが、実際に変えようとすると意外と難しいですよね。

見た目を変えるのは簡単ですが、内面を変えるためにはくじけそうな時もあるでしょう。それでもコツコツと努力を重ねていけば新しい自分に生まれ変われます。

自分を変えたいと思う人は、今回の内容を参考にできるところから行動してみましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事