涙もろい人の心理と特徴|すぐ泣く原因&涙もろさを克服する方法とは

些細なことで泣いてしまう涙もろい方へ。今記事では、すぐに泣いてしまう原因から、男女別の涙もろい人の特徴や改善する方法まで詳しくご紹介します。さらに、涙もろい人の心理も解説。ぜひ参考にして、涙もろすぎる性格を克服してみてください!

涙もろい性格を改善したい人へ。

涙もろい人の心理と特徴

映画やテレビを見ている時にすぐに涙が出てしまう、人の話を聞いて自分のことのように涙してしまうなど、涙もろい人っていますよね。泣きたくない場面でもすぐに涙腺が緩んでしまうのは、どうしてなのでしょうか。

一般的に涙もろい人は、感受性が豊かで情に流されやすいと言われます。今回は、そんな涙もろい人の心理や特徴を深く探っていきましょう。

涙が出てしまう原因を見抜き、涙もろさを克服する方法も紹介するので、すぐに泣く性格を直したい人は参考にしてみてくださいね。


前提として「涙もろい」の言葉の意味とは?

涙もろいの「もろい」は漢字では「脆い」。「もとの形や状態が崩れやすい、持ちこたえる力が弱い」という意味があります。涙が崩れやすい、涙の持ちこたえる力が弱いと考えると、「涙もろい」のイメージが掴みやくなりますね。

涙もろいとは、些細な刺激でも涙が流れやすいということ。ちょっとしたことでもすぐに泣いてしまう人、共感しやすく情に流されやすい人が、涙もろい人と言えるでしょう。


どれくらい涙もろいか知りたい!手軽にできる診断テスト

自分の涙もろさは、なかなか自分では気が付かないもの。普段は大丈夫と思っていても、あるシチュエーションではめっきり涙もろくなってしまうという人も少なくありません。

ここでは、自分の涙もろさが分かる診断テストをご紹介します。自分がどれくらい涙もろいか知りたいという人は必見です。


診断1. 悲しい事だけでなく、嬉しいことでも涙する機会が多い

涙もろい人が泣いてしまうのは、悲しい時だけに限りません。嬉しいことがあった時、嬉しさ余って思わず涙する、いわゆる嬉し泣きをしてしまう人は、涙もろい人である可能性が大です。

嬉しい時に涙が出てしまう理由は、心から嬉しく思うポジティブな感情があふれ過ぎ、その感情をコントロールするために涙が出てしまうから。嬉し泣きは感動や感激をしやすいことの証拠で、嬉し泣きをする人は全体的に涙もろい傾向にあります。


診断2. セルフコントロールが苦手ですぐ感情的になってしまう

「この場では泣きたくないな」と感じると、普通の人はぐっと涙をこらえて我慢します。悲しい気持ちや嬉しい気落ちが暴走してしまわないよう、心の中でブレーキをかけるのです。

ところが涙もろい人は、心の中で感情にブレーキをかけるのが苦手。悲しい気持ちや嬉しい気持ちを抑えることができず、感情が高ぶって涙が出てしまいます。

【参考記事】はこちら▽


診断3. 周囲から感受性豊かと言われる事が多い

涙もろい人は、基本的に感受性が豊かです。悲しい時はその悲しさを、嬉しい時はその嬉しさを、怒っている時はその怒りを、普通の人より強く受け止める傾向にあります。

感情のふり幅が人よりも大きく、些細な事でも傷ついたり悲しくなったりすることが多いのが感受性豊かな人。

感受性が豊かと周囲から言われる事が多い人は、ちょっとしたことでも泣いてしまう涙もろい人であることが多いのです。

【参考記事】はこちら▽


診断4. 幼い頃から泣き虫と言われている

幼い子供はちょっと痛かったり不満を感じたりすると、すぐに泣いてしまいます。

成長するにつれ子供はだんだん自分の感情をコントロールできるようになるものですが、ちょっとしたことでもすぐ泣いてしまう子もおり、周囲からは泣き虫と呼ばれてしまいます。感受性が豊かであったり心優しい子も、泣き虫であることが多いですよね。

小さな頃に泣き虫と呼ばれていた人は、大人になっても基本的な性格は泣き虫のまま。涙もろい大人になっている可能性が高いです。


診断5. ドラマや映画を見ても涙を流しやすい

涙もろい人は、感情移入しやすい傾向にあります。ドラマや映画での悲しい場面、小説を読んでいる時など、主人公の気持ちにどんどん自分も入り込んでいきます。

悲しい出来事や辛い出来事がまるで自分の身の上に起こっているかのような気になり、思わず涙してしまうのです。

感受性が強く共感力も高いため、物語の世界に自分も入っていけるのです。

【参考記事】はこちら▽


些細なことで泣いてしまう!涙もろい人の心理とは

時には周囲の人を驚かせたり、恥ずかしい思いをしたりして、時には自分の涙もろさに困ってしまうこともありますよね。涙もろい人が、些細なことでもついつい涙を流してしまうのは、どうしてなのでしょうか。

ここからは涙もろさの奥にある、心理を考えていきます。


心理1. 心の底から感動している

涙もろい人が涙する時は、必ずしも悲しい場面ばかりではありません。人に親切にされたり、何か美しいもの素晴らしいものを体験したりなど、深い感動を覚えた時も思わず涙が出てしまうことがあります。

この場合の涙もろさは、心の底から深い感動を覚えているという心理の表れです。自分では制御しきれない感情の高まりに対し、涙が流れてしまうのです。


心理2. 深い悲しみにかられている

現在進行形で深い悲しみを味わっている、あるいは過去に深い悲しみにかられた体験がある場合も、涙もろくなることがあります。

ドラマや映画で肉親や友人が亡くなったり、辛い別れを体験したりなどの悲しい場面では、自分の実際の体験した悲しみが呼び起こされてしまうのです。

また、深い悲しみを心に抱えている人は、ちょっとした人の親切や優しさに触れた時にも、心が揺れてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


心理3. 幸せな気持ちで満ち溢れている

人前でも思わず泣いてしまう心理には、幸福感の表れであることも少なくありません。嬉しい、楽しい、幸せであるなど、ポジティブな感情を感じやすい人は、涙もろくなりがちです。

気持ちが高揚しやすく感化されやすい感激家さんと呼ばれる人が、このタイプ。普通の人よりも幸福感を感じる度合いが高いため、高揚感から涙が出やすくなります。


心理4. ショックを受けて失望している

仕事で怒られたり、人に何か言われたりした時に、すぐに泣いしまう人っていますよね。精神的に脆く打たれ弱いタイプの人の涙は、ショックを受けているという心理状態の表れです。

普通の人なら受け止められる批判や忠告も、繊細な人にとっては大打撃。強いショックを受けて失望してしまい、どうしようもなくなって涙するしかないのです。


【男女別】涙もろい人の特徴10選

ちょっとしたことでも涙が出てきてしまう涙もろい人は、男性でも女性でもいるもの。

ここからは男女別に涙もろい人の特徴をご紹介します。皆さんの周りにいる「涙もろい男性」や「涙もろい女性」の特徴と、ぜひ比較してみてください。


涙もろい男性の特徴5選

「男は涙を見せるものではない」とも言われますが、涙もろい男性だって少なくありません。涙もろい男性は心優しく感受性が強いといった良いイメージを持たれる場合もあれば、女々しくて情けないと悪いイメージを持たれる場合もあります。

涙もろい男性にはどんな特徴があるのか、深く掘り下げてみましょう。


男性の特徴1. 面倒見がよく情に厚い

後輩や仲間に慕われる面倒見が良いタイプの男性は、基本的に優しい心の持ち主。周囲にいる人のことを常に思いやり、情に厚いところがあります。

周りの人の気持ちもわかるので共感能力が高い傾向にあります。同性でも異性も関係なく友人が多く仲間意識も強いので、何かを一緒に成し遂げた時は感激のあまり涙することも。

また、周りの人の痛みや悲しみも手に取るように分かるので、もらい泣きをしてしまうことも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


男性の特徴2. 素直な性格で何事にも真っ直ぐ

人前で涙を見せないということは、自分の感情をごまかし隠すということ。逆に、人前で思わず涙してしまう男性は、自分の気持ちをごまかしたり隔したりするのが苦手な人と言えます。

大抵の場合、涙もろい男性は裏表がなく素直な性格の持ち主です。涙もろさは素の自分をさらけ出すことを恐れていないという証拠でもあり、ひねくれたところがなく何事も真っ直ぐに受け止めます。

【参考記事】はこちら▽


男性の特徴3. プライドが高く、人一倍負けず嫌い

男の流す涙にはいろいろな種類がありますが、嬉し涙や感動の涙と少し意味合いが違うのが悔し涙。悔し涙を流してしまう男性は、プライドが高く負けず嫌いなのが特徴。

自分の思い通りの結果が出なかった時、敗北感を感じてしまった時など、悔しさや自分に対する苛立ちから涙が出てしまうのです。

このタイプの男性は、ストイックで自分に対して厳しいのも特徴。人一倍負けず嫌いなので、悔し涙をバネにして再チャレンジしようとうする努力家な一面も持ち合わせています。


男性の特徴4. 生真面目な性格で必要以上に自分を追い込みすぎてしまう

生真面目さが強過ぎる男性も、何かの拍子に精神的に持ち堪えられなくなり涙もろくなってしまうことがあります。神経質で必要以上に自分を追い込み、メンタルが弱くなってしまうのです。

このタイプの男性はあるラインまでは弱音を吐かずに気丈に頑張り続けますが、我慢できるラインを越えてしまうと、それまでの気丈さが一気に崩れ落ち、涙もろくなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


男性の特徴5. すぐに感情移入してしまう

感受性が高く、相手の気持ちが手に取るように理解できる男性も、涙もろい傾向にあります。このタイプの男性は、共感能力が高いのが特徴。映画、テレビドラマ、小説など、すぐに感情移入をしてしまうので、悲しい場面や辛い場面では思わず涙してしまいます。

また、人から辛い話や悲しい話を聞かされた時も、相手の痛みに共感してもらい泣きしてしまいます。また人の話を聞いている時に、自分自身の辛い経験や悲しい出来事を重ね合わせることも少なくありません。


こちらの記事もおすすめ

涙もろい男性の特徴はもっと他にもある?泣いてる時の対処法も解説!

タップすると他の記事に移動します

涙もろい女性の特徴5選

「涙は女の武器」と言う言葉にある通り、女性の流す涙は好意的に受け止められることが多いです。また、女性の涙に弱いという男性も少なくありませんよね。

ここからは、涙もろい女性に焦点をあて、すぐ泣く女性にはどんな特徴があるのか掘り下げていきます。


女性の特徴1. 寂しがり屋で1人が好きじゃない

涙もろい女性は、寂しがり屋でかまってちゃんタイプが多いです。彼氏に依存しがちの人恋しいタイプの女性は、一人でいることが苦手で基本的に甘えん坊です。

何か悲しい事や辛い事があった時に、ぐっと堪えて我慢するということができないため、すぐにほろりと涙ぐんでしまうのです。

寂しがり屋の度合いが強い場合は、情緒が不安定であることも少なくありません。その場合は、些細なことでメソメソしたり落ち込んだりする傾向が強く、彼氏に少しでも冷たくされるとすぐに泣きだしてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴2. 泣けば周囲の気を引けると考える

自分の思い通りにならないことがあったら、すぐ泣く子供っていますよね。泣くことで自分の思い通りになる、自分の欲しいものが手に入るという幼児体験から、大人になっても涙を流すことで自分の利に繋げようとする女性がいます。

このような女性の場合、泣いている自分を意識しているのが特徴。泣くことで周囲の気を引ける、自分お思い通りになるなどと計算づくで、したたかさのある涙です。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴3. 気分屋な性格で感情のアップダウンが激しい

感情の起伏の激しい女性も涙もろくなります。「女心と秋の空」と言われるようにコロコロと気持ちが変わりますが、喜怒哀楽のふり幅が広いため、悲しい時や嬉しい時には大袈裟なくらいの反応を見せます。

気分の浮き沈みが激しく、どんな気分になるのかは自分でも予測不能。感極まって涙を流してしまうことも多いのですが、時には彼氏や友達を振り回すこともあります。

【参考記事】はこちら▽


女性の特徴4. 打たれ弱く、ちょっと注意されただけで泣いてしまう

親から厳しく怒られたことのない女性や、甘やかされて育った女性も涙もろい傾向にあります。仕事でちょっと注意されたり、人にやんわりと嫌味を言われたりしただけでも、ひどく傷つき泣いてしまうのがこのタイプ。

人に否定されることが苦手で打たれ弱く、ちょっとしたことでも落ち込んでしまいます。涙もろいというよりは泣き虫に近く、すぐ泣いてしまう自分に自己嫌悪感を抱いていることも少なくありません。


女性の特徴5. 意地っ張りな性格でストレスを抱えやすい

人前では滅多に泣かないけれど、実は涙もろいという女性もいます。職場で多くのストレスを抱えている女性、周囲からできる人と一目を置かれている女性によくあるタイプ。

普段はガードが固く意地っ張り。しかし日頃は張り詰めた気分でいる反動で、何かの拍子に涙腺が弱くなるのです。また、恋人や気の置けない友達の前では、素の自分をさらけ出しやすく涙もろさが出てしまいます。

【参考記事】はこちら▽


すぐ泣く原因は何?涙もろい理由とは

大の大人が人前で泣いてしまうと恥ずかしい思いをしたり、周囲の人を驚かせてしまったりと、面倒なことも少なくありません。泣きたくない場面でも思わず涙が出てしまうのは、どうしてなのでしょうか。

ここからは、すぐに泣いてしまう原因や涙もろくなってしまう理由を考えていきましょう。


すぐに泣く理由1. ストレスや不満が溜まっているから

涙もろさの原因の一つに、自律神経の乱れがあります。仕事が忙しかったり、人間関係で不安を抱いていたりすると、自分では気づかないうちにストレスや不満がつのっていることがあります。

ストレスや不満が溜まりすぎると、何気ない出来事でもひどく精神的にショックを受けたり、感情が不安定になったりして涙が出やすくなってしまいます。


すぐに泣く理由2. 加齢により、涙腺が弱くなった気がするから

「年を取ると涙もろくなった」と感じる人は多いですよね。年齢を重ねるて涙もろくなるのは、共感能力が高くなるから。人生の経験を重ね悲しい場面や辛い話を聞いた時に、自分の体験も踏まえてその気持ちを感じられます。

また、幸せを感じたり素晴らしいものを目にしたりなど、深い感動を覚えた時も、その感動を素直に表現できるのです。加齢を原因とする涙もろさは、人生経験の豊富さや成熟さの証とも言えるでしょう。


すぐに泣く理由3. 怒られるとすぐに心が折れてしまうから

涙もろさが、メンタルの弱さに起因しているケースも少なくありません。人から怒られたり間違いを指摘されたりすると、精神的にショックが大きくすぐに心が折れてしまう人は、涙もろくなってしまいます。

涙を止めようと思ってもコントロールできないんことが多く、すぐに泣いてしまう自分に嫌悪感を抱いてしまいます。また、人前で涙してしまうことが度重なるにつれ、ますます心が折れやすくなる傾向があります。


泣きそうな時に実践したい涙の止め方とは

職場や大勢の人のいる前など、普段は涙もろいと自覚している人でも、どうしても涙を見せたくない場面はありますよね。

ここでは、泣きそうになってしまった時にぐっと涙をこらえる方法をご紹介します。涙もろくて困っているという人は必見です。


涙の止め方1. 顔を上に向ける

涙が出そうになると、恥ずかしさから反射的に下を向いてしまうことが多いですよね。しかし、下を向いて顔を隠すと、目をつむってしまいがち。ただでさえ溢れそうな涙が、かえって出やすくなってしまいます。また顔を隠すことで、ガードが緩んでしまいます。

決して泣きたくない場面なら、あえて顔を少し上に向けるのがベスト。上を向いて目を見開くことで、涙が蒸発しやすくなります。そして、周囲から表情が分かる状態にすることで、泣きたい気持ちを無理やり抑えられるのです。


涙の止め方2. 楽しいことを頭で考えて気を紛らわす

悲しい時や辛い時、そのことを考え続けていると涙を止めることはできません。楽しいことや嬉しいことなど、無理にでも頭に思い浮かべて、気を紛らわす努力をしてみてください。

旅行で行った場所の美しい景色、友達と笑い合った会話など、思い浮かべることは何でもOK。とにかく自分の頭の中で悲しいことから楽しいことへと、無理やりスイッチを切り替えることで、涙をぐっと堪えられるようになります。


涙の止め方3. 飴を舐めたり、ガムを噛んだりする

映画やドラマを鑑賞していて泣きそうになった時におすすめの方法です。

涙は意識をするとかえって多く分泌され、我慢しようとすればする程、出てきてしまうもの。飴を舐めたり、ガムを噛んだりすることで、意識を涙腺から逸らすことができるのです。

【参考記事】はこちら▽


涙もろい性格を改善して克服する方法とは

身体的に涙をぐっと堪える方法をご紹介しましたが、涙もろさの原因は性格にもあります。打たれ弱い、感情の浮き沈みが激しいなど、涙もろくしてしまう性格そのものも改善していきたいものですよね。

ここからは、涙もろい性格そのものを克服する方法をご紹介します。


改善法1. 小さな成功体験を重ねて自分に自信を持つ

涙もろい人は何でもすぐに諦めてしまうなど、精神的に弱い人が多い傾向にあります。また、すぐに泣いてしまう自分に嫌悪感を抱いており、「自分は何をやってもダメ」と自信を喪失している人も少なくありません。

このようなタイプの人は、小さな成功を体験を積み重ねていくことが大切。些細なことでも何かを成し遂げたという達成感から、自分に自信が持てるようになるのです。

【参考記事】はこちら▽


改善法2. 泣きそうになったら深呼吸して気持ちを落ち着かせる

感極まって涙が出やすい人におすすめなのが深呼吸。感情が高ぶってくるのを予期したら、まずは鼻から大きく息を吸い口からゆっくり吐き出すという、深呼吸を試してみてください。

何度か深呼吸を繰り返すと、そのうち緊張状態がほぐれ心拍数も下がっていきます。心を落ち着かせることで、高ぶる感情から溢れそうな涙もコントロールできるようになります。泣きそうになったら深呼吸で、気持ちを落ち着かせてみてください。


改善法3. 定期的にストレス発散をして溜め込まないようにする

ストレスが溜まって涙もろくなっている人は、ストレス解消を心がけましょう。仕事が忙し過ぎるという人も、あえて趣味の時間を作ったりスポーツをしたりして、気分転換できることを探してみてください。

また、気の置けない友達に悩みを打ち明けたり相談したりして、自分一人で抱え込まないことも大切

また、あえて一人で泣ける映画を見ることも、良いストレス発散になります。映画を見てわっと泣いたら、意外と気分がすっきりとしてストレスを溜め込まずにすみますよ。

【参考記事】はこちら▽


改善法4. 日頃から笑顔で過ごすことを意識してみる

何に対してもクヨクヨ、メソメソとネガティブに物事を考えてしまうタイプの人は、そのネガティブ思考から変えていきましょう。

「笑う門には福来る」という言葉があるように、笑顔を心掛けていると自然と元気が湧いてくることも。

クヨクヨしているよりもにっこり笑っている方が、周りに人が集まってきます。日頃から笑顔を意識してするだけで、ポジティブなオーラが出てくるのです。

【参考記事】はこちら▽


改善法5. 涙が出そうになったら全く違うことを脳内で考えてみる

涙が出そうな場面になってしまったら、いくら「泣きたくない」と思っていても我慢できない時もあります。そんな時は頭の中で、全く違うことを考えてみましょう。

頭の中で暗算をしたり、英語でこういうシチュエーションは何て言うんだろうと考えたり、自宅にいるペットは今何をしているのかか想像したりなど、想像することは何でもOK。

とにかく全く関係のないことを考えて、自分の意識を「泣きそうな場面」から遠ざけるのです。

【参考記事】はこちら▽


自分に合う対処法で涙もろさを克服してくださいね。

涙もろい人は情に厚い、性格に裏表がない、感受性が豊かなど、決して悪いイメージばかりではありません。しかし、大人としては泣きたくない場面、涙を見せたくない場面もありますよね。

自分の涙もろさに悩んでいる人も、涙もろさの原因や涙もろくなりがちな性格の特徴を把握しておけば、良い対処法が見つかります。

この記事を参考に、涙もろい人との付き合い方や、自分の涙もろさをうまく克服する方法を探してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事