悲しい気持ちになりやすい人の特徴とは?悲しくて辛い時の対処法を紹介

人生を生きていくと、悲しい気持ちになることってありますよね。本記事では悲しい気分になる瞬間や、落ち込みやすい人の特徴を解説!さらには、悲しい気持ちになっている人の対処法から、悲しい人におすすめの歌や言葉までお教えします。自分の気持ちと上手く向き合い、前向きに生きていきましょう!

悲しい気持ちになった時の対処法が知りたい方へ。

悲しい気持ちになりやすい人の特徴

日々の生活の中で起こる感情の波。いつも安定してくれればいいのですが、悲しい波が押し寄せることもありますよね。悲しみに強くなれればいいのですが、我慢するほど胸が苦しくてどうすればいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は悲しい気持ちに焦点を当てて、特徴や対処法、歌や言葉までご紹介します。悲しい気持ちを解消できるよう、とことん向き合ってみましょう。


悲しい気持ちになる5つの瞬間から心理を解説

毎日の生活の中で、悲しいことは突然やってきて、時には薄っすら先に見えてしまうこともあります。もしかしたら、まだ経験していない悲しみもあるかもしれません。

まずは、悲しい気持ちになる5つの瞬間をご紹介します。


悲しい瞬間1. 恋愛で大切な人と別れることになった時

恋愛では2人で紡いできた思い出が色濃いほど別れの悲しみが押し寄せてきます。好きでいることさえ許されない現実に、悲しみは悔しさに変わってしまうことも。

別れてほしいと告げられた瞬間や別れたい理由を躊躇なく告げられた時、お互いの気持ちはあっても背を向けて歩き出すと決めた瞬間などに、悲しい気持ちがやってくるのです。


悲しい瞬間2. 信頼していた人に裏切られた時

絶対的に心を預けられる人とは、そうそう出会えるものではありません。信頼して言葉や物、心までゆだねていたわけですから、裏切られれば二度と人を信用できなくなるくらい、悲しい気持ちに押しつぶされていきます。

誰にも打ち明けられなかった悩みを周囲に言いふらされる、助けたつもりのお金が帰ってこないといった裏切られた瞬間に、深い悲しみに震えてしまうのでしょう。


悲しい瞬間3. 頑張ったにも関わらず、期待した結果に到達しなかった時

何かに本気になってチャレンジする時、全身全霊で臨み、悩み、日々明け暮れた努力を、結果を出して自分の自信につなげたかったはず。力を出し尽くしたにもかかわらず、結果が出なかった悲しみは、無力な自分への怒りや憤りがもたらすものでしょう。

あんなに頑張った、みんなが応援してくれた、期待に応えたかったなど、自分と周囲の人の夢を掴めなかった瞬間に悲しい気持ちが湧いてきてしまいます。


悲しい瞬間4. 仕事で大きなミスをしてしまった時

仕事で与えられたチャンスには「期待に応えたい」「成し遂げて成長したい」と意気込むのは、誰しも経験があるでしょう。

しかし大きなミスをして上司に叱られ、大勢の前でプライドを傷付けられることがあれば、悲しい以外に自分が情けないとも感じてしまいます。

業績を上げたかった、役に立てなかった、笑われたなど無力さを周囲に知らしめた後悔の瞬間に、悲しくて落ち込んでしまうのです。


悲しい瞬間5. 自身の体調が思わしくない時

体調ばかりは嘆いても仕方ないという人もいるでしょう。しかし、何か重要な予定が入っている日や自分が休むことで多くの人に迷惑が掛かってしまう日には、申し訳なさと不遇な自分に悲しみを感じ、深いため息を落とします。

また、実際は自分が不在でも仕事が回っている時や、休み明けに聞かされる大変だった報告にも悲しい瞬間は何度も訪れます。


悲しい気持ちになりやすい人の特徴7つ

「楽天的な人のように、なぜもっとライトに考えられないのか」と、悲しい気持ちになってしまう人はいつも悩んでいます。

ここでは、悲しい気持ちになりやすい人の特徴をご紹介します。自分に当てはまる項目があるかどうか確認してみてくださいね。


悲しい人の特徴1. ネガティブ思考で落ち込みやすい

悲しいことが起こると、人は自信を失います。周囲がいくら励ましても、自分で次のステップに前進し、誰かに悲しみを話せるようになるまで、悲しみが晴れることがないのです。

口を開けば「どうせ」「無理」「そんなはずない」など、自己否定につながる言葉がでる人は、大きな悲しみを経験していることも少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


悲しい人の特徴2. 完璧主義者で100%を求める

悲しい気持ちになる人は、「失敗するのが怖い」と思っています。打たれ弱く、自尊心を失っているため、自分を厳しく律し乗り越えることで、自尊心を取り戻そうとするのでしょう。

悲しい感情を経験しているからこそ、失敗がないように完璧主義者になってしまいます。100%の結果が出せれば良いのですが、出せなかった時は、必要以上に落ち込んでしまいます。

【参考記事】はこちら▽


悲しい人の特徴3. 繊細で傷つきやすい人

悲しみを感じやすい人は、感受性が高い傾向があります。自分が手に取る本の文章や話す人の口調からも相手の感情をキャッチして、共鳴してしまうのです。

相手がどんな風に思っているのかを常に考え、アンテナが敏感に反応してしまうので、人付き合いも苦手なことが多くなります。

冗談を本気にとらえてしまう、自分に対する言葉じゃなくても気にしてしまう、といった傾向のある人は、悲しくなりやすいでしょう。


悲しい人の特徴4. 人に愛されたことが少なく愛情不足

人は愛されることで幸せを感じるようになります。家庭や恋人、友人などとの間に愛のある人間関係が築けていれば、悲しい気持ちにはなることも少ないでしょう。

しかし、DVやモラハラ、否定や比較などによって「愛されていない」「嫌われている」と感じてしまうと、深い悲しみを感じるようになります。共通して人に愛されたことがない人は、悲しみを抱えやすい特徴があるのです。


悲しい人の特徴5. 成功体験が少なく、自信がない

経験値を増やすことはトライ&エラーの繰り返し。何度チャレンジしてもできないことが増えると、「他の人より劣っている」と自己評価が低くなってしまいます。また、結果ばかりを求められるため、次の挑戦をする気力も湧いてきません。

何に対してもすぐに諦めてしまうのも、悲しい気持ちをこれ以上抱えたくない人の特徴です。

【参考記事】はこちら▽


悲しい人の特徴6. 自分の意見が言えず、人に流されてしまう

人は、周囲の人に少しでも自分を認めて欲しいという心理を誰もが持っています。なぜなら肯定されることで、自分の存在価値があると感じるから。

しかし悲しみを抱えやすい人は、過去に意見を激しく否定された経験があり、自分の意見をいうのが怖いと感じています。意見を抑えストレスを溜めこんでいる特徴があり、「自分に価値はない」と感じ、悲しい気持ちになるのです。


悲しい人の特徴7. 人と比較して劣等感を感じやすい

人にはそれぞれの長所や短所があり、完璧な人間などいないはず。

しかし、悲しい気持ちになりやすい人は、自分にないものを持っている人に強い憧れを抱いているため、人と自分を比較して劣等感を感じてしまいます。自分の劣っているところを探すクセがついているのでしょう。

「何をやってもダメ」と自信が持てずに悲しくなっていくのです。

【参考記事】はこちら▽


悲しくて辛い。悲しい気持ちになった時の15個の対処法

瞬間的な悲しみも、なかなか拭えない深い悲しみも、いつかは消化して笑顔で過ごせるようになりたいもの。

ここでは、悲しい気持ちになった時の対処法をご紹介します。悲しみを癒す方法にはどんな方法があるのでしょうか。


悲しい時の対処法1. 家族や親友などに相談をして、話を聞いてもらう

悲しい気持ちになる人は、自分の悲しい気持ちを溜め込んでしまうため、発散できずにストレスを抱えてしまいます。心の思うままに表現できず、精神的に病んでしまうことも多いです。

この対処法のポイントは、自分を無条件に愛してくれる人に話すこと。悲しい気持ちを話すことで安心感を得られ、受け止めてもらうことでスッキリ消化できるでしょう。


悲しい時の対処法2. なぜ悲しい気持ちになっているのか自己分析する

悲しい気持ちをもつ人は、何か達成できない・納得がいかない・今後どうすべきか分からないという迷える気持ちが残っていることが多いです。それが何なのか見えてこないうちは、解消できる方法も分かりません。

なぜ悲しい気持ちになっているのかを、まずハッキリさせ自己分析します。自分はどうしたいのかを明確にして、勇気を出して実行し、解消させるように手段の選択をしていきましょう。


悲しい時の対処法3. カラオケに行き、大好きな歌を歌う

悲しい気持ちになる人は、自分の気持ちを上手に表現できません。カラオケがストレス発散方法としても有効なのは、大きな声で叫べる・歌詞に気持ちを代弁してもらえるなどといったことがあるためです。

選ぶ曲によっては涙が溢れてしまうものもあるでしょう。それでも感情を爆発させること事態が対処法として大変効果がありますので、思いきり泣いて、最後は明るい曲で前を向いてくださいね。


悲しい時の対処法4. 好きな曲を聞き、気持ちを落ち着かせる

音楽は、メロディーやテンポが心を癒すこともあるでしょう。中でもヒーリングミュージックは、心のストレスを抑え、落ち込んだ気持ちを安定させる効果も期待できます。

嫌なことがあって悲しい気持ちの時には、心も体もリセットが必要です。ヨガをしながら、入浴をしながら、目を閉じて横になりながら、好きな曲を聞いて悲しい気持ちを落ち着かせて。


悲しい時の対処法5. 名言や本に触れて元気を出す

心理学に詳しいカウンセラーや医師など、専門的な資格を持つ人からのアドバイスが多い名言や本には、自分が求めていた救いの言葉や助言が数多くあります。悲しい気持ちが何度もぶり返してしまう時、いつも側にあれば心強い味方になるでしょう。

休憩時間や通勤時にもバッグの中に入れておけば、いつでも読むことができます。またPC周りに名言を貼って、仕事中でも心が折れないようにするのもおすすめです。


悲しい時の対処法6. 没頭できる趣味に打ち込む

悲しいことを考えてしまうのは、考える時間があるからです。考える時間を他のことに向けておけば、悲しいことを考えずに済むでしょう。

一番おすすめなのは没頭できる趣味を作ること。悲しみを忘れられスキルの身につくものが良いですね。

資格取得やスポーツなどもいいですが、創作系もおすすめです。創作系は作品としても手元に残り、かなりの集中力を必要とするので、悲しみを忘れる時間が増えますよ。

【参考記事】はこちら▽


悲しい時の対処法7. 悲しむ暇がないくらいに忙しくする

「悲しみが頭から離れない」と悩む人は、自分で忙しい状況を作りましょう。それは仕事でもいいですし、友人と会う約束でもいいでしょう。旅行や習い事などでもいいのです。

悲しい原因を忘れるくらいスケジュールを埋めるポイントは、人と一緒にいる時間を増やすこと。悲しみで引きこもるより、足を外に向けながら解消していきましょう。


悲しい時の対処法8. 悲しい気持ちを紙に書き出す

悲しい気持ちを自己消化できない人は、喜怒哀楽の感情が頭の中でごちゃごちゃしています。そのため一旦感情を紙に書き出し、思考を整理しなければなりません。

感情を紙に書きだすことだけでもストレス解消になります。それは、自分の感情を振り返り客観視できるから。繰り返すことで感情に振り回されず、感情をコントロールできるようになりますよ。


悲しい時の対処法9. 早く寝て、気持ちを切り替える

悲しいことを考えてしまう時間が増えることは、悲しい記憶を自分に残していることにも繋がります。対処法の一つとして睡眠が効果的で「考える時間をいかに減らすか」という点でもおすすめです。

睡眠することで自分の感情から離れ、現実逃避することもでき、リフレッシュできます。向き合っても答えが出ないことで苦しむのは、自分を追い詰めるだけです。早く寝て気持ちを切り替えましょう。


悲しい時の対処法10. 運動をして汗を流す

悲しい気持ちになる原因には運動不足があり、体が重く感じて本来の力を発揮できないといったことも挙げられます。

最初は無理せず、家の中でのストレッチやヨガなどから始めてみて。ラジオ体操などでもいいでしょう。掃除で汗を流すのも運動になります。

運動と言っても、疲れすぎず楽しみながら行うのがコツ。汗を流して空気をたくさん吸い込めば、悲しい気持ちもスッキリします。

【参考記事】はこちら▽


悲しい時の対処法11. お風呂に入り、リラックスする

悲しい時にお風呂に入ると安心感がありますよね。温かいお湯が心地よく包んでくれます。なぜお風呂で悲しみが癒されるのか、それは1人の空間で羽を伸ばせる開放感があるから。

入浴剤や石鹸の香りもリラックス効果がありますし、お湯の中なら大声を出しても響きません。悲しい気持ちをサッパリ洗い流して、リフレッシュしましょう。


悲しい時の対処法12. 身だしなみを整えて気分を上げる

「男性と別れたとき女性は髪を切る」という昔から言われるリセット習慣があります。これは、現状に変化を加えることで、気分を一新することができるためです。もちろん、髪を切ることだけではありません。

メイクや髪型、服装のカラーを変えるなど、身だしなみを整えることに繋がるものは、今の自分に変化を加えられるもの。身近な変化を試みて、気分を上げてみましょう。


悲しい時の対処法13. 部屋の掃除をしたり、身の回りの物を断捨離する

人は、自分の好きなものに囲まれて過ごすと幸せを感じることができます。綺麗な部屋、緑のある部屋、大好きな服、可愛い小物たち。環境を変えて好きなものを残していけば、気持ちも前向きになれるのです。

そのためにおすすめなのが、掃除の習慣や断捨離。不要なものや古いものを捨て、必要なものと好きなものに囲まれる生活にチェンジしていきましょう。悲しい気持ちも一緒に捨てられます。


悲しい時の対処法14. 思いっきり気が済むまで泣く

悲しい気持ちをなくしたいと思っても、「どうしても悲しい!」という人もいるでしょう。きっとそれは、自分の悲しい気持ちにフタをして、涙をこらえてきたから。

悲しみがなくならないなら、気が済むまで泣きましょう。我慢しすぎて涙も出ない人は、DVDなどで感動作を借り、涙活してみてください。

不思議と泣き終わったあとは、心もスッキリ。感情を吐き出すことの大切さを身をもって体験できます。


悲しい時の対処法15. 座禅を組み、瞑想する時間を作る

頭の中にいろいろな思いや感情が入りすぎてしまうと、自分の本当の気持ちが見えなくなってしまうこともあります。そんな時におすすめなのが、瞑想です。

瞑想は自分以外の「音」に注意して、集中できる場所を選びます。自分の呼吸だけに意識を傾けて呼吸を続けましょう。

座禅をしている自分を瞑想の中に想い描き、自分の悩みを客観的にみて、悲しい気持ちを分析し、マインドを強くもてるようにします。

【参考記事】はこちら▽


悲しい気持ちの時に聴きたい歌や曲5選

涙が溢れてしまう悲しさに、歌詞やメロディーが情景をつけて気持ちを代弁してくれる曲があります。

ここでは、悲しい気持ちの時に聴きたい歌や曲をご紹介します。多くの人に愛される、悲しい時に励まされた名曲を見ていきましょう。


おすすめの歌や曲1. 「言葉にできない」オフコース

小田和正さん率いるオフコースの名曲。単調なメロディーの中では、悲しい気持ちを短い言葉で綴り、最後はこの曲の名フレーズ「あなたに会えて本当に良かった」が涙を誘います。

家族や友人・恋人などとの別れで一人が辛い悲しみを背負う人や、頑張ったのに果たせなかったものがあるなど、責任を感じ悔しさが涙に変わった人におすすめです。

自分で認めてあげられなかった思いが歌詞になり、ダイレクトに心に響きます。


おすすめの歌や曲2. 「奏」スキマスイッチ

好きだった人の新しい生活のために遠距離を選び、自立していく心情をリアルに歌い上げた名曲です。悲しい気持ちを押し殺して見送る人の切ない歌詞が、愛や応援で溢れています。

「君が大人になってくその季節が悲しい歌で溢れないように」「君がどこに行ったって僕の声で守るよ」など選びきれない印象に残る歌詞ばかりで構成され、悲しみをこらえ、新しい道を選ぶ人たちに支持されています。


おすすめの歌や曲3. 「ひまわりの約束」秦基博

何気なく過ごす場所の大切さを思う歌詞が、家族や恋人、友人などとリンク。引っ越しや就職などで大切な人たちと離れることがある人に、あたたかい歌詞が寄り添う一曲です。

「いつも君に ずっと君に 笑っていて欲しくて」という歌詞が、離れた場所から残される相手を心配する様子が伺えます。それでも前に進んで、もっと恩返しできるように成長したい気持ちを代弁しています。

大切な人を残して進むべき道がある人に聞いてほしいですね。


おすすめの歌や曲4. 「栄光の架橋」ゆず

冒頭の歌詞「誰にも見せない泪があった、人知れず流した涙があった」という歌詞から、困難なことに立ち向かっている、諦めそうでも頑張っている多くの人達が涙した一曲です。

大人になって辛い事や悲しいことがあっても、簡単に投げ出すことのできない中で頑張る人達には、心に沁みる曲なのではないでしょうか。

「悲しみや苦しみの先にそれぞれの光がある」という歌詞もまた、立ち上がる勇気をもらえます。


おすすめの歌や曲5. 「Story」AI

悲しみから救う側と、救われる側の気持ちを友情の中で教えてくれる名曲。孤独になりながらも前を向こうとする人に聞いてほしい一曲です。

「無理して笑うこともしなくていいから」「頼って欲しい」「疲れたときは肩を貸すから」などの言葉は、悲しい気持ちの人を支えてくれるでしょう。また、自分のままでいいんだと勇気をくれるメッセージがたくさんあります。


悲しい気持ちを励ましてくれる!おすすめの言葉や名言5選

どんなに辛いことや落ち込むことがあっても、心に響く言葉や名言はいつも「また前を向こう」と思わせてくれます。

ここでは、悲しい気持ちを励ましてくれるおすすめの言葉や名言をご紹介します。


おすすめの言葉や名言1. 「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。」ボブ・マーリー

レゲエの神様として有名なボブ・マリー。メロディに乗せられるメッセージの中には、自分が本当に正しいと思うのかどうかが、いつも問われているような感じがしてなりません。

「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。」という言葉も、悲しい気持ちを励まし、「もっと自分に自信をもっていいんだ」と気付かされる名言です。


おすすめの言葉や名言2. 「何事も成功するまでは不可能に思えるものである。」ネルソン・マンデラ

ネルソン・マンデラは南アフリカの政治家で、ノーベル平和賞を受賞しています。人種差別を撲滅するために尽力していましたが、多くの困難があった時代にも関わらず努力を続けてきた人です。

成功者も最初は「成し遂げられない」と思うもので、努力し続け行動すれば成功に近づけるという意味の名言です。悲しみで歩みだせない人に響くでしょう。


おすすめの言葉や名言3. 「速度を上げるばかりが、人生ではない。」ガンジー

かつてイギリス領だったインドを独立に導いたガンジー。激しい人種差別で苦しんだ人でもあります。

この名言は「遠回りも勉強になり遠回りしなければみえない事もある」という意味で、自分の活動してきた道は間違っていなかったと、長いインド独立までの活動を振り返った言葉です。なかなか成果が出ず悲しい時に励まされるはず。


おすすめの言葉や名言4. 「雲の向こうは、いつも青空。」ルイーザ・メイ・オルコット

ルイーザ・メイ・オルコットはアメリカの小説家です。若草物語などは、日本でもアニメになりご存じの方も多いのではないでしょうか。

この名言は、様々な苦難や煩悩があって光がハッキリ見えなくても、わずかにみえる光があると信じて進めば必ずたどり着けるという意味があります。悲しみに暮れる人でも、乗り越えて新しい道を進もうというメッセージがあります。


おすすめの言葉や名言5. 「幸せかどうかは、自分次第である。」アリストテレス

アリストテレスは古代ギリシャの哲学者です。自然学に精通する学者でもあり、「万学の祖」とも言われています。

アリストテレスは、「自分の幸福は、自分が幸福だと思う方向へ向かって行動すれば手に入る」という意味で、この名言を発しました。たとえ周囲からみて辛そうでも、本人が幸せだと感じていれば、それは幸せなのだと。救われる名言ですね。


自分に合う対処法を見つけて前向きになりましょう。

悲しい気持ちが押し寄せてしまうと、人はどうしても言葉を失い、下を向いて過ごしてしまいます。周囲の人も助けてあげたいけれど、実際は本人が自力で立ち上がるのを待つしかないのでしょう。

どう言葉にしていいか分からないほどの悲しみは、歌や音楽、本や名言が救ってくれることも忘れてはいけません。悲しみを忘れる方法も取り入れながら、また立ち上がって進めるように自分の感情をコントロールしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事