すぐ泣く女の心理&原因とは?性格の特徴と上手に付き合う対処法も解説

あなたの周りにすぐに泣く女性はいませんか?今記事では、すぐ泣く女性の心理や原因から性格の特徴を大公開!すぐに泣く女性に対する男性の本音も紹介するので、自分がすぐに泣く女の特徴に当てはまっている方は、是非参考にしてみてくださいね。

すぐ泣く女っていますよね。

すぐ泣く女の心理

職場や学校などで、話している時にすぐ泣いてしまう女性がいると、なぜ彼女はすぐ泣くのか不思議に思うものです。

特に自分が対峙している相手がすぐ泣く女性だと、どう対応していいか分からず困ることもあるでしょう。

今回は、周りにすぐ泣く女性がいて困っているという人のために、すぐ泣く女性の心理や特徴を解説した上で、女性が泣く原因や上手な対処法をご紹介します。


涙もろいだけ?すぐに泣いてしまう女性の心理とは

仕事で失敗したり、対人関係のトラブルがあるとすぐに泣いてしまう女性がいます。我慢しようと思っても、ついぽろりと涙が出るという場合もあるようです。

ここからは、すぐに泣いてしまう女性の心理についてご紹介します。


女性心理1. 本当に悲しい気持ちでいっぱいになっている

会話の中のちょっとした一言が引っかかったり、相手の態度がそっけないと感じたりした時など、ショックを受けてしまうと涙が出るということがあります。

相手に悪気がないと分かっていても、悲しくなって泣いてしまうのです。

自分の中でショックを受けた後の気持ちの整理がつかず、泣くことで気持ちを落ち着かせています。


女性心理2. 泣きたい訳ではないのに自然と涙が出てしまう

すぐ泣く女性本人も、何かあるとすぐ泣いてしまう自分を何とかコントロールしたいと思っています。

しかし、例えば職場で無理な頼み事を押し付けられたり、苦手な上司から叱られたりといったストレスを感じる出来事が起こると、それまでの我慢が限界を超えて涙が溢れてしまうことがあるのです。

普段から「わがままを言わず我慢しなければいけない」という心理が働いていると、ストレスを受けて苦しい感情に耐えられなくなって涙が出るのでしょう。


女性心理3. 泣けばどうにかなるだろうと思っている

我慢しすぎた結果涙があふれるケースもあれば、逆に我慢するつもりがなく泣いているケースもあります。

例えば仕事で失敗した時、職場の人たちにきちんと原因や経緯を説明できないため、何とかごまかそうとする心理が働いて涙を流す女性は珍しくありません。

周囲の人たちが「仕方ないなあ」と言ってくれるのを待っていて、泣いてどうにかこの場を切り抜けようとしているのです。


すぐに泣く女性はどんな性格?泣き虫な女性の性格に関する特徴

すぐ泣く女性は対応が難しい、そんな印象が強い人は多いでしょう。ちょっとしたことで泣いてしまうのは性格によるものなのか、気になるところです。

泣き虫な女性はどういった性格なのか、その特徴をご紹介します。


性格1. とにかく負けず嫌いな性格で気が強い

すぐ泣く女性は、一見精神的に弱そうに見えるかもしれませんが、実は気が強い女性が多いです。

物事に取り組む時、基本的に人に負けたくない、できないと思われたくないという気持ちがあり、常にプレッシャーを感じています

緊張状態が続いているため、ストレスを過剰に感じてしまい、いざという時に限界がきて泣いてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 末っ子タイプで甘えん坊

ちょっとしたことで涙が出てしまう女性は、打たれ弱い性格という特徴が見られます。小さい頃から周囲に甘やかされてきて、あまり叱られずに育ってきた女性は、社会に出て厳しいことを言われたり責任ある立場に立ったりすると、重圧を受け止めるだけの余裕がありません。

誰かが何とかしてくれるという甘えが通用しないので、パニックになって泣いてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


性格3. 自己顕示欲が強く、泣くことで周囲から注目されたい

すぐ泣く女性は、実は冷静に物事を判断できる性格という特徴を持っていることが多いです。どうしたら自分が注目されるのかを考えていて、泣くことも周囲から注目される手段の一つと考えています。

「どうしたの、大丈夫?」と声をかけられることで満足し、「泣けば優しくしてもらえる」「かわいいと思ってみんなが同情してくれる」と勘違いしているのです。


性格4. 感受性が豊かで外的要因に感化されやすい

何かとすぐ泣く女性は、思い込みが激しく感受性が強い性格という特徴があります。相手の表情や言葉遣いから「私のせいで辛い思いをさせたかも」とすぐ不安になるのです。

細かいところに気がつく反面、気が付きすぎて相手に感情移入してしまい、自分だけの想像で落ち込んだりショックを受けたりします。

そして「私のせいで傷つけてごめんなさい」という気持ちから涙が出てしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


女性がすぐに泣いてしまう主な原因は?

仕事でも恋愛でも対人関係でも、様々なことが起こるものです。しかし、冷静に対応できず、すぐに泣いてしまうのは、泣きたいと感じる原因があるということ。

ここからは、女性がすぐに泣いてしまう原因を4つご紹介します。


原因1. 失敗したり、怒られたりしてショックを受けたから

仕事で失敗し職場の上司に叱られた、彼氏とささいなことで喧嘩した、こうしたことは珍しくありません。大抵の人は「次は頑張ろう」と前向きになったり、「さっきはごめんね」と謝って関係を修復したりします。

しかし、すぐ泣く女性は、ショックを受けたままで、自分で何か工夫しようという気がありません。ただ悲しくてどうしたらいいか分からず、泣くことしか思い当たらないのです。


原因2. 自分の力不足を感じて情けなく思うから

自分で何もかもきっちりやりたいと思っている女性は、それができないと分かった時に悔しくて泣くことがあります。

いわゆる完璧主義者で、こまかく計画を立てて進める習慣がありますが、予定外のことが起きると対応できません

その結果失敗したり遅れたりすると、自分が力不足だったと情けなくなって涙が出てしまうのです。


原因3. 悲しみをこらえきれないから

すぐ泣く女性は、感情表現の仕方が上手でないのが特徴の一つです。

嬉しい気持ちや楽しい気持ちといったポジティブな感情は、表情や仕草で表現できますが、悲しい気持ちや辛い気持ちといったネガティブな感情を言葉や仕草で伝えられません。

悲しくなってもうまく言葉で表現できず、一人でパニックになってしまってぽろりと涙が出てしまうのです。


原因4. 純粋に感動しているから

すぐ泣く女性は、単に感動しやすく涙もろい性格である場合もあります。

職場の誰かが大きな賞を取った、彼氏からサプライズを受けたなど、嬉しいことがあった時に、相手に感情移入したり感極まったりして涙が出るというパターンです。

感じたことを素直に受け取るため、感動した時にその気持ちを言葉に表す前に感情が高ぶってしまい、泣いてしまいます。


すぐに泣く女性に対する男性サイドの本音とは

同性である女性としては、近くにすぐ泣く女性がいると対応に迷うものですが、異性である男性も同じです。感情の波が小さい男性は、泣くというのはそう簡単にできることではない行動と考えています。

すぐ泣く女性に対して男性はどう思っているのか、本音をご紹介します。


男性の本音1. 「大丈夫?」と心配になる

職場の同僚や彼女などに目の前で泣かれると、男性はまず驚きます。なぜ急に女性が泣き始めたのか理由がわからず、どう対応していいのか分かりません。

ただし仲が良かったり好意を持っている女性なら、なぜ泣くのか、自分が泣かせたのかと心配な気持ちがあるので、女性がどうしてほしいのかを知りたくて「大丈夫?」と戸惑いながらも確認します。


男性の本音2. ちょっとの指摘で泣かれると「めんどくさい」と思ってしまう

会話の途中で急に女性に泣かれると、男性としては戸惑う気持ちが大きいでしょう。話の流れで 「それは違うんじゃない?」と軽く指摘しただけのつもりなのに、目の前で女性がぽろぽろと涙を流し始めたら、「なぜ泣くの?」と感じます。

大した指摘ではないのだから、泣かなくてもいいのに」という気持ちが生まれるでしょう。女性と話すことが面倒になって、敬遠するようになるかもしれません。


男性の本音3. 女性非がある場合、「泣けば済むと思ってんのかな」と思ってしまう

話の内容によっては、すぐ泣く女性にうんざりしてしまう男性もいるでしょう。例えば付き合っている彼女と喧嘩をしている最中に泣かれると、泣いてごまかそうとしているのではないかと勘繰りたくなります。

女性に非があって、自分も傷ついたりショックを受けたりしているなら、なおさらイライラするもの。泣けば済むと思っているとように見えて、女性に対して憤りを感じる可能性もあります。


男性の本音4. 「自分に心を開いてくれてるのかな?」と好意的に思う

女性が泣く状況によっては、女性の涙を好意的にとらえる男性もいます。

例えば、日頃からいいなと感じている女性が、会話をしている時に涙を見せたら、驚くと同時に嬉しく感じることも。

特に普段しっかりしているように見える女性であれば、「自分に心を開いてくれている、かわいいな」と思って、相手の女性への好意が増す可能性があります。


男性の本音5. 職場ですぐ泣かれる場合、「仕事なんだから頑張ろうよ」って呆れてしまう

すぐ泣く女性が職場にいる場合、男性としてはあまりいい感情を抱きません。男性にとって職場は戦場のようなもので、仕事が辛くても頑張って成果を出すためにある場所です。

仕事でミスをしたり、職場の先輩や上司から指摘されたりした女性が泣くと、感情に左右されて仕事の質が安定していない印象を受けます。

そういう女性に付き合わされることに疲れて、「もうちょっと我慢して頑張ろうよ」と言いたくなるのです。


周りにすぐ泣く女性がいる場合の最適な対処法は?

職場や学校、交流の場などですぐ泣く女性がいると、会話が中断したりして雰囲気が変わるものです。

女性が泣いた場合、上手な対応方法を知っておけばストレスがたまりません。ここからは、周りにすぐ泣く女性がいる場合の対処法について、最適な対処法を3つご紹介します。


対処法1. 相手が泣き止むまで側で励ましてあげる

急に女性が泣き出すと、周囲にいる人としては心配になるもの。何が悲しいのか気になりますし、泣き方によってはかわいそうに感じることもあるでしょう。

そのまま放置するのは気が引けるなら、女性が泣き止むまで側にいて励ましてあげるのも一つの方法です。女性も励まされることで早く落ち着くことができるでしょう。


対処法2. 泣き止むまでとりあえず放置しておく

すぐ泣く女性がいて、泣かれることに慣れているという場合もあります。

会話の途中で泣き始めても、「彼女は涙もろいから」などと泣く理由がわかっていれば、泣き止むまで放置しておいても大丈夫です。下手に励ますくらいなら、泣き止むまで待ってあげるほうが親切なこともあります。

女性も単に感情移入しているだけであれば、涙が止まるまでそっとしておいてもらう方が楽でしょう。


対処法3. 「スッキリするまで泣いていいよ」と言ってハンカチを渡す

女性が泣く理由によっては、そのまま泣かせてあげたいと思うこともあるでしょう。

励ましようがなかったり、関わるのがめんどくさい場合は、ハンカチを渡して「好きなだけ泣いていいよ」と女性の思うままにさせてあげるのがおすすめ。

ある程度泣くと人は気分がスッキリしますから、女性が泣き止むまで待っておくというのもある意味では優しさと言えるでしょう。


すぐ泣く女性には、優しく上手に接してあげましょう。

すぐ泣く女性が近くにいると、どう対応したら女性によっても自分にとってもいいか迷うものです。

かわいいと思うこともあれば、めんどくさいと思うこともありますが、泣く理由によって対応方法は変わります

女性に泣かれた時、状況を判断しながら上手に接したいと思っているなら、この記事を参考に最適な対応法を取ってあげてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事