簡単にできるストレス解消法10選。ストレスを減らす予防策も解説!

日々忙しく生活をしていると「ストレスが溜まったな」と感じる瞬間ってありますよね。そこで今回は、簡単にできるストレス発散方法を10個レクチャー!ストレスを減らすための改善方法も紹介していくので、疲れたなと感じた時はぜひ参考にしてみてくださいね。

簡単にできるストレス発散法ってあるの?

簡単にできるストレス解消法10選

現代人が多く抱えている体の不調や疾患にも深く関わりがあるのがストレスですよね。仕事や職場環境、人間関係などストレスの原因はたくさんあるため、ストレスが発散できないままの人も少なくありません。

そこで今回は、ストレスの原因から今日から簡単にできるストレス解消法、さらにストレスそのものを減らす対策法を紹介します。


ストレスの原因は大きく3つに分類される

自分に合ったストレス解消法や対策法を身に着ける上では、ストレスの原因を知るのも大切です。

まずは、現代人がストレスを受ける主な3つの原因を見てみましょう。自分では気が付きにくいストレスの発見にも役立てて下さいね。


原因1. 人間関係による精神的ストレス

人間が生活する上で必須となるのが人間同士でのコミュニケーションですよね。ところが、職場など生活環境の中では、考え方や育ち方などが違った人間同士が集まるので、当然自分と合う、合わないが出てきてしまいます。

合わない人間でも我慢して付き合わなければいけない場合は、特に人間関係による精神的なストレスが大きな負担となっていますよ。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 体の疲れなど体力的なストレス

生活する上では、仕事をしてお金を稼ぐなどの活動が必要です。ただし、仕事をするだけで体力を使いますし、毎日長時間の作業や通勤での移動を考えると、体へ大きな負担となっていますよね。

仕事を含めた日常的な活動で疲れてしまう体力的なストレスも現代人の大きなストレス原因の一つです。


原因3. 天気などの周りの環境によるストレス

現代人が抱えがちなストレスは、本人が直接精神的、体力的に感じるストレスだけではありません。ただ生活しているだけで受けてしまうストレスもあります。

台風などの気圧の変化や、暑さ寒さ、日差し、雨続きや感想など、気候や天候によっては不快感を感じることがあります。

環境によるストレスとして現代人に負担をかけることがありますよ。


手軽にできる!簡単にできるストレス解消法10選

ストレスの原因は大きく分けて3つありますが、いずれも原因の元を解消するのは難しいですよね。現代人がストレスと上手に付き合うには、自分でストレス解消法を身に着けるのが大切です。

次に今日から手軽にできる、簡単で効果的なストレス解消法を10つ紹介します。


解消法1. 湯船に浸かってリラックスする

日常的なストレス解消法として活用でき、かつ体力的精神的ストレス両面の解消法としておすすめなのがお風呂。

シャワーではなく、湯船に浸かってゆったり手足を伸ばせばリラックスもできますし、体の疲れも癒せますよね。

入浴剤を入れたり、音楽や読書をするなど、自分だけのお風呂のストレス発散法を見つけてみましょう。


解消法2. 部屋を掃除してみる

自分の視界に入る部屋が乱雑だと、それだけでイライラしたり不快に感じたりします。何より疲れて帰ってきても休みの日もリラックスできません。

疲れて帰ってきても落ち着ける空間を得るために、定期的に部屋を掃除してみましょう。

使わないものがあれば、思い切って断捨離してみるのもおすすめ。部屋がスッキリすると、気分もスッキリしてストレス発散法としても効果的ですね。

【参考記事】はこちら▽


解消法3. 思ったことを紙に書き出す

言いたいことを言えないままため続けるのは、ストレスの元。人間関係や仕事の上では、言いたいことがあっても我慢することが多く、結局我慢した分がストレスとしてたまってしまいます。

自分の心に溜まっているものを、思い切って外に出してみるのもストレス発散法として効果的ですよ。

手軽にできるのが、我慢していることを紙に書き出す方法です。発散できない我慢していたストレスを、簡単に外に出せますよ。


解消法4. 映画やドラマを見て、思いっきり泣く

怒りや悲しみなどの感情を我慢するのも、ストレスの原因となってしまいますよね。思い切り笑う、泣くなど感情を爆発させると、ストレス解消法として効果的です。

お笑い番組を観て思い切り笑ったり、悲恋ものや感動ものの映画やドラマを観て、思い切り泣いたりと、好きな作品をストレス発散法として活用してみましょう。


解消法5. 週に2〜3回は適度に運動をする

運動して汗を流すと気分も爽快になり、良いリフレッシュになり、疲労感もストレスも解消できます。

ストレス解消法として、適度に運動する機会を設けるようにしましょう。

手軽にジョギングやウォーキングを始める他、趣味と実益を兼ねてスポーツを始めてみる、ジムに通って運動を習慣化するなどがおすすめ。ストレス発散法としてだけでなく楽しみや健康面でもメリットが得られますよ。


解消法6. カラオケに行き、大声を出す

カラオケは楽しく心の中に溜まっている不満や感情を出すことができるので、ストレス解消に。

単に大声を出せる機会としてだけでなく、仲の良い友人同士で盛り上がって楽しい時間を過ごしたり、カラオケを趣味として楽しんだり、一人カラオケで失恋の歌を歌って思い切り泣いたりなど、色々なストレス解消法として活用できますよ。


解消法7. 仲の良い人と会話を楽しむ

一人で過ごしているとおのずと誰かと話す機会がなくなり、より孤独感を感じたりふさぎこんだりしてしまいがちですので、人と会話を楽しむだけでも簡単なストレス発散法として活用できます。

さらに不満はためずに外に出すのが、ストレス発散法として効果的。

人間関係や仕事の悩みがあれば、ためこまずに仲の良い人に話を聞いてもらうだけでもストレス発散になりますよ。


解消法8. ハーブティーを飲む

ストレス発散法としてスタンダードなのが、リラックスすることですよね。リラックス効果を簡単に得るには、ハーブティーを活用してみましょう。日常の中に簡単なリラックスタイムを設けるのもストレス解消法としておすすめ。

ハーブティーによって香りや味わいも様々。自分のお気に入りのハーブティーを見つければ、ストレスを感じても簡単にリラックスタイムを設けられるようになりますよ。


解消法9. スマホやパソコンを見ない時間を作る

人間関係での悩みは職場などの実生活だけでなく、SNSやインターネット上でも抱えることが多いです。

特に人からの評価が気になったり、ネット弁慶だったりする人は、ネット上でストレスを多く抱えがち。

ネット上の何かがストレスの原因の場合は、思い切ってスマホやパソコンを見ない時間を作れば、ストレスがたまるのを防げますよ。


解消法10. 趣味にひたすら打ち込む

自分が没頭できる何かの趣味を見つけて充実した時間を過ごすだけでも、仕事をしている時とは違う自分になれます。さらに、達成感や楽しみを得られて良いストレス発散法になりますよ。

読書やスポーツ、旅行など打ち込める趣味を何か持ってみましょう。平日は仕事、休日は趣味とメリハリをつけることで、人生ももっと楽しめますよ。

【参考記事】はこちら▽


努力いらず!職場で簡単にできる6つのストレス発散法

ストレス発散法は色々ありますが、すぐにストレスを感じても仕事中だと発散できないことも多いですよね。

そこで、次にストレスを感じたら職場でもすぐに実践できる6つのストレス発散法をご紹介します。

職場で発散できないストレスに悩む人も、ぜひ参考にしてくださいね。


発散法1. 外へ出て、深呼吸をする

仕事や人間関係に対してのストレスは、怒りや悲しみなど感情由来の精神的なストレスも多いです。

いったん高ぶった感情を抑えるには、クールダウンする時間を設けるのが効果的。

ストレスの原因から離れるために職場の外に出て深呼吸をすれば、高ぶった感情を抑えられるので、ストレスを感じた時にすぐに実践できれば、ためずに発散できます。


発散法2. ガムを噛んで気持ちを落ち着かせる

賢くなるには硬い物を食べると良い、と言われるように食べ物を噛む動作は脳に刺激を与えます

食事を取る以外でも、ガムを噛めばあごの筋肉を上下に動かして脳に刺激を与えて、頭をスッキリさせられますよ。

プロ野球選手などのアスリートが試合中に脳に刺激を与えてリラックスや集中力を高めるために、ガムを噛んでいます。イライラしたらガムを噛んでストレスを発散させましょう。


発散法3. 仕事を一度止めて、トイレ休憩を取る

仕事は同じ動作を長時間繰り返しているため、姿勢にも大きな負担がかかっていて、体力的なストレスの原因になりがち。パソコンも長時間だと目に負担がかかりますよね。

長時間の姿勢や負担によるストレスを抑えるには、一度仕事の手を止めて休憩のために席を立つのがおすすめです。

自分で意識してトイレ休憩を取ったり、深呼吸をしたりしてリフレッシュしてみましょう。


発散法4. 手や肩を簡単にマッサージする

長時間同じ動作を繰り返していると、手や肩にこわばりを感じてしまい、体力的なストレスとしてかかってきますので、固まってしまった手や肩をほぐすのも、ストレス解消法として効果的ですよ。

職場の椅子に座ったまま手や肩を簡単にマッサージしたり、少し席を立って軽くストレッチしたりして、体を適度にほぐしてあげましょう


発散法5. 身の回りに植物を置く

職場の規定で許されている範囲内で、植物を置くなど自分の作業環境を快適にしてみれば、ストレスを感じた時点ですぐに見ればリラックスできます。

植物を置く他、パソコンのデスクトップの壁紙を好きなキャラクターや芸能人の物にしたり、デスク回りに家族の写真を飾ったりがおすすめですよ。

ストレスを感じても、視覚的にリラックスできるのでストレス発散法として効果的です。


発散法6. ストレス解消グッズを職場に置いておく

ストレスを感じたら、職場でもすぐに解消できるようにすると、ストレスを日常的にためずに済みますよね。

イライラを感じたり、リラックスしたいと思った時にすぐに手に取れるように、ストレス解消グッズを職場に用意しておくのがおすすめです。

ストレス解消グッズも、手のひらサイズのものや目的に応じて使えるものがありますので、職場環境やストレスの原因に合わせて選んでみましょう。


ストレスを減らすための6つの方法と対策

ストレス解消法を実践しても、ついつい忙しくて発散できないストレスが溜まってしまう、ということもありますよね。

ストレスと上手に付き合うには、解消法を身に着けるだけでなく、受けるストレスを減らすのも大切です。ストレスを減らすための6つの方法を対策を見てみましょう。


対策1. ストレスを原因を突き止め、改善する

ストレス解消法を何度試しても、ストレスの根本を改善しないとストレスを受け続けることになりますよね。

ストレスの元を正すために、ストレスの原因を探ってみましょう。

ストレスの原因が仕事に対する精神的なプレッシャーだったら、もっとリラックスして仕事をしてみるなど、原因を知って改善をすれば、ストレスそのものをなくすこともできますよ。


対策2. 嫌なことがあってもポジティブな解釈をする習慣を付ける

ストレスの原因が「どうしても気が合わない人がいる」など精神的なものの場合、ストレスの原因を改善するのは難しいですよね。

原因の改善が無理な場合は、ストレスを感じにくくする考え方を身に着けるのがおすすめです。

例えば「気が合わない」とマイナスに考えるのではなく、「でも個性だし、仕事上だけの付き合いだし」と楽観的に考えましょう。嫌なこともポジティブに流せればストレスはたまりにくいです。


対策3. ストレスを感じないように周囲の環境を整える

寒い、周囲が散らかっている、うるさいなど、環境が不快な場合は小さなストレスも大きく感じがち。

さらにただそこにいるだけでストレスになってしまうため、まず周囲の環境を快適に整えてみましょう。

職場ならデスク回りの整理整頓を心がける、部屋なら暖房や冷房もきちんと完備させるなど、快適に過ごせるようにするのも大切ですよ。


対策4. 仕事に対して目的意識を持ち、前向きに仕事に取り組む

仕事から精神的なストレスを感じている時は、仕事に対して「嫌だ」「疲れる」「辛い」など、マイナスなイメージばかりを持ってしまいがち。さらにストレスを感じやすくなる悪循環になってしまいます。

仕事からのストレスを減らすには、仕事をマイナスではなく自分にとってプラスのものであると考えるのが効果的です。

仕事を自分にとってのプラスのものにするために、仕事で目標を立てたり、新しい仕事を受けてやりがいを見つけたりと、前向きに仕事に取り組んでみましょう。


対策5. 周囲と積極的にコミュニケーションを取り、良好な人間関係を築く

精神的なストレスの代表的な原因が人間関係です。人間関係からのストレスを減らすには、良好な人間関係を築くのが最適な方法でしょう。

職場や日常生活、趣味の仲間でも、人付き合いを面倒と思わず、自分から積極的にコミュニケーションをとるようにすると、自然と周りの人も親しみやすさを感じて近づいてくれますよ。

良好な人間関係を築けば、ストレスも怖くないですね。


対策6. ToDoリストを作るなどして仕事の作業時間を短縮する

仕事は長時間の作業や拘束をされると、肉体的にも精神的にもストレスを感じがち。なるべく仕事からのストレスを減らすには、仕事を楽に早く終わらせるのが効果的です。

できるだけ仕事を楽に早く終わらせられるように、ToDoリストを作る、便利なツールを取り入れてみる、無駄がないか仕事のやり方を見直すなど、業務効率を上げてみましょう。


簡単にできるストレス発散法を試してみて。

現代人を取り巻くストレスは幅広くありますが、発散できないままでいると精神的にも肉体的にも悪影響が出てしまいます。

趣味や運動を充実させる、職場でできるストレス解消法を試すなど、都度ストレスをためずに発散してみましょう。

さらに、ストレス対策を行えば受けるストレスを減らしたりなくしたりできますので、ストレス知らずの生活を送ってみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事